忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

カテゴリー「政治向けかも  生きるイロハというか考える作法というか」の記事一覧
ネットゲリラ より

上記文抜粋
・・・・・・・・
おれたちのホラッチョが帰ってきた

野次馬 (2017年12月19日 02:48) | コメント(5)
ショーンKがいよいよ復活! というので、ネットではこの人、妙に人気があるんだよねw この人の嘘は、純粋に嘘であって、それで得をしようとか、薄汚い下心がないところがいいねw あれだけ上手に嘘をつける人だったら、政治家だって詐欺師だって務まるだろうに、単に、偽外人になりすましただけw 女を騙した結婚詐欺師でもないので、クヒオ大佐よりずっとマシだw


TOKYO MXが18日、来年1月1日放送の元日特別番組
「世界見聞録~モンゴルで経済と豊かさを考える旅」(16時~17時)のナビゲーターにショーンKを起用したことを発表した。ショーンKは昨年3月に経歴詐称問題が発覚。同年4月スタートのフジテレビの報道情報番組「ユアタイム」を降板するなど、活動自粛に追い込まれていた。
 ショーンKは企画、調査、検討からロケにも積極的に参加したといい、同局を通じ談話としてコメントを発表。「国の経済成長とそこに暮らす人々の幸福感を探るという企画趣旨、優秀なスタッフの皆さんの熱意に賛同し、貴重なプロジェクトへの参画機会を頂きました。今後もライフワークとして、この様に社会的にも意義のある企画があればぜひ参加させて頂きたいと思っています」とライフワークという言葉を使い、思い入れの深さを説明した。

与えられた仕事はマジメにコツコツとやるみたいなので、案外、生き残るかも知れないw ナレーターとかも向いてるだろうw


・・・・・中略・・・・・・



ショーンK復活、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
ホラッチョ頑張ってるやん
-----------------------
つーかもうばれちゃったんだから外人のふりするのはやめろよ・・・
-----------------------
俺はこいつ好きよ
-----------------------
↑ワイも(^ω^)
-----------------------
まだ名前はショーンKなのかよw
-----------------------
こないだ死んだサチヨなんか、俺ん家の近くの小学校出ただけのパンパンだったのに、コロンビア大卒になりすまして国会議員候補として選挙出てたじゃん
あれが割と許されてこれが結構許されないってのも、何か釈然としないなあ
-----------------------
↑立候補時の経歴は小学校卒業で出ていたよ、さすがにそこでは嘘は書けないからね。
落選してウヤムヤだったけど急遽騒動が勃発だったわ。
-----------------------
ショーンKサンクスに生まれ変わりました
-----------------------
全て完璧だが身長だけが残念
-----------------------
↑確かに
-----------------------
誰も怒ってないんだけどな
-----------------------
芸名までホラッチョにしろよ
-----------------------
俺の予言通りお前らの再就職より早かったな
-----------------------
ホラッチョ安倍のせいで嘘つかれることに慣れちまった
-----------------------
バレる前は何とも思わなかったけどバレてからは嫌いじゃないふしぎ
-----------------------
ホラッチョ消えてからの報ステやべえぞ
馬鹿と馬鹿が仮定に仮定を重ねて陰謀論披露する番組になってる
-----------------------
いかにも巧妙な詐称や詐欺だったり
また発言等が賛否両論で嫌われる要素が多かったら、今でももっと叩かれてた

なんというか、ギャグのようなあまりにも杜撰で無理矢理な詐称と
そのくせ毒にも薬にもならないトーク術と潔い撤収で
一周回って面白いやつになってしまった人
-----------------------
↑的確
-----------------------
中卒の人か
-----------------------
ホラッチョの芸風は、チャップリン的喜劇をはらんでいるよね
真面目な顔をして笑わせる天才だと思う。M1グランプリとかに出場すべき
-----------------------
待ってたぜ!!!!
そこらのコメンテーターよりまともだったから応援する
空っぽ言われてるけど他の奴らなんてひどい中身詰まってんだから、あるより無い方がマシというテレビにピッタリなキャラだw
-----------------------
詐称した経歴利用して悪どい詐欺商売してたわけでもなく
詐称した経歴に乗っかって間違った知識を専門家顔で吹聴していた訳でもなく
ただ当たり障りのないこと言って、整形したカッコいい顔でテレビに出て
人に認められたかっただけの人
-----------------------
デーモン小暮がありならホラッチョKもありだろう
報道は無理だけどな
-----------------------
そもそも大卒でMBA持ちじゃなきゃテレビに出演できなかったから、ずるいわ。
テンプル大中退、MBAの講座受けただけの人間にコメンテータの仕事させるわけねーんだもん。
-----------------------
生まれたときから日本人とか嘘付いて国会議員続けてる人もいるしなぁ
-----------------------
むしろ田舎の青年が、整形をし身体を鍛え、勉強をして肩書きを作り上げ、のし上った話しをしてほしいわ。
-----------------------
叶姉妹と同じ枠の人間
もう許した
-----------------------
詐称はしてるけど、キャラを作り上げる努力に同情してしまう感じがあるんだよなあ。
でも現実の高学歴ハーフはモーリーなのが笑える。
-----------------------
モーリー・ロバートソンが文春でショーンKに言及した記事の一部抜粋
「本物のハーバードMBAでなくても、番組はそつなくこなしていたんだし、品はいいわけだし、それなりに使えばいいじゃないか」
と。しかしこの判定は間違っている。ハーバードのMBAや海外留学を詐称し、それで甘い汁を吸うことは、がんばって本当に資格を取った人から機会を奪うことになるからだ。
また、報道を扱う番組で視聴者をも欺いている。さらに言えば、テレビ局の甘すぎるチェック体制を増長させる。
テレビ局は「ショーンK」の国際人ぶりが嘘っぽいものだと、薄々わかっていたはずだ。でも便利だから使い続けた。
こういう業界の体質は一度きちんと検証し、自浄することが望ましい。
http://bunshun.jp/articles/-/2
-----------------------
↑今はもうバレてるからその枷は外れた
それなりに使っても有資格者と競合しない
-----------------------
落合信彦とか テレンス・リーとかはどうなん?
-----------------------
長い間バレなかったのは、他の経歴だけ立派なコメンテイターも大した事言ってないからやろな。
-----------------------
バレた時にスパッと辞めたし、
グダグダ立場にしがみつく奴らと違って潔い対応だったと思う。
裸一貫での出直し、応援したい。
-----------------------
復帰はTOKYO MXかアベマだと思った
-----------------------
あの事件のときに、「ショーンKは芸名、経歴はキャラ作り」と開き直れば良かったのに
それをしなかったのは、本人のこだわりだろ
そこに病的なものを感じてたんだが・・・
-----------------------
ショーンKのKはコネリーのK
これ豆な
-----------------------
↑実際には川上のKなのがかわいい
-----------------------
おれたちのホラッチョが帰ってきた
-----------------------
ワシはディーン・フジオカより好きやで
-----------------------
↑なんか同じ匂いがするなw
胡散臭さがプンプン
-----------------------
ユアタイムにそのまま起用しとけば一年で番組終わらないで済んだのに
-----------------------
偽物の国ジャップランドにふさわしい人物であることは間違いない
-----------------------
ホラがばれたせいで九州のご両親のところへレポーターが殺到し、
たまらずご両親が実家を離れたおかげで熊本の災害をまぬがれてほんとうによかったっていう話、
本当に大好きで本当に良かった。
-----------------------
↑運が良いなあ
なにかもってるんだろうなぁ
-----------------------
もうお前ら許してやれよ
ショーンよりJD社長とかいう女の方がよっぽど怪しさ満点だろ
-----------------------
クリスペプラーいい迷惑だろうなw
-----------------------
芸能界には永遠の17歳とかうんこしない女とか10万歳の悪魔とか色々いるんだから、この程度の経歴詐称許してやれよと思ってた
-----------------------
ハッタリだけで帯のニュース番組のコメンテーターまで登り詰めた人だからな
度胸と行動力のある奴はそのうち成功するよ
-----------------------
ただの川上さんが整形してショーン・K・マクアードルって名前を名乗ってそれを演じきって上り詰めたってのは本当すごいことだと思う
日本人が外人顔や名前に弱いってのを改めて感じたわ
-----------------------
俺、彼のあの胡散臭い西海岸のセレブリティキャラがめちゃくちゃ好きなんだよ、憧れのライフスタイルをテンプレ通りに演じきってる努力が。
小麦色の肌にグラサン、捲った白いシャツとネイビーのショーツにドラシューで、LAの海とサーフボードをバックに、ネイティブな英語で仕事の電話してるみたいな、わかる人いる?
-----------------------
体を張った本物の芸人だったな。
-----------------------

この人、出は高卒で、ベンチャーリンクという会社の営業だった。田舎のロードサイドで飲食店に向いてるような土地を探して、地主と交渉する、という仕事です。ベンチャーリンクは「株券印刷界隈」と呼ばれたりするんだが、今は村上ファンド傘下。広義では、経営コンサルタントと呼べない事もない。ベンチャーリンクがやっていたFCというと、牛角とかそういうの。田舎の街道筋にちょっとした土地を持っていると、そういうのが飛び込みでゾロゾロ来るw まぁ、ショーンKが可愛く見えるような、詐欺師だらけの業界ですw




・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり



>バレる前は何とも思わなかったけどバレてからは嫌いじゃないふしぎ
-----------------------
>ホラッチョ消えてからの報ステやべえぞ
馬鹿と馬鹿が仮定に仮定を重ねて陰謀論披露する番組になってる

>待ってたぜ!!!!
そこらのコメンテーターよりまともだったから応援する
空っぽ言われてるけど他の奴らなんてひどい中身詰まってんだから、あるより無い方がマシというテレビにピッタリなキャラだw

なんか不思議な人だ、ショーンKさんは・・・

おなじくらい嘘をついているアベシンゾウは、毛嫌いされていて、同じくらい嘘ついてアベと原発を擁護する連中は、まぎれもなく売国奴で憎まれているのに・・・

不思議な人徳・・・・



>体を張った本物の芸人だったな。


多分、そうだからかだろう・・・・

なんか、妙な悪意なり利権がないから、「悪く言われない」ってことに思う・・・。


不思議だけど、少し納得する・・・


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
道教法師 鮑義忠 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
すでに始まっていた!

・・・・中略・・・・

”魔”と名の付くものには最大の注意が必要である!
魔にも種類があり
自我と無我がある。
自我は我で無我は自然
自然はどうすることができなくても
我の部分くらいは自らが精進して節制するしかない。


・・・・・中略・・・・

今回は明治に起きた廃仏毀釈と
易経の誤解釈などによって
この国では宗教絡みの事件がとても多く
そのメチャクチャな宗教や
中には犯罪集団にまで発展することに
なり、現代の宗教界へ影響を与えたと思われる事柄や
現在の先祖供養の
在り方に関して書きました。

道教の世界では先祖供養は亡くなり方(死因)
などによってそれぞれ異なる護符が存在します。
例えば
盲目、餓死、首吊り、断首刑、戦死、弓に射られた、
墓の問題、獄中死、邪霊や妖の障り、三世代続く災禍、馬に踏まれて死亡、溺死、突然死、圧迫死、獣に襲われて死ぬ、蜂に刺されて死ぬ、落雷死、先祖の不信心による災禍、刑罰や拷問による死などなど
さまざまな理由で亡くなった方を弔う護符が
存在します。

腰痛なのに歯医者に行くのは

お門違いなのと同じです。

それと同じですべて一律で行って先祖の魂が

浮かばれるわけがありません。

その諸悪の根源である間違った風習のせいで

現在では目に見えないものに対する

畏敬の念が損なわれたせいで

先祖供養の仕方が

かえって不幸になるものばかりです。


・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


旅の密教僧 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
略法のツケ

今日は子の日、大黒さまのご縁日です。

大黒さまの秘法の一つに 「一時千座法」 という法があります。

この法は、一升枡に納めた大黒さまに米や大豆などを一粒ずつ丁寧にお供えをしていきます。

この際、阿闍梨は秘印を結び、印をもって真言と共に供えます。

この法の功徳は 「大黒法」 を修法し、初めて効験を発揮します。

「一時千座法」 のみでは、形だけのものとなり、その効験は現れません。

もし 「一時千座法」 のみで効験をいただいてしまうと、その後のツケが大変だと先師さまが書き残された書物で読んだことがあります。

常日頃から行法により、招き接待(供養)をする積み重ねでいただくことができる功徳を 「一時千座法」 のみでいただいてしまうと、美味しいとこ取りと同じで、その後、何十年、何百年に渡り、いただいた何百倍もの功徳をもっていかれるそうです。

これは 「略法」 や 「一印法」 「小供養法」 などにも同じことが言えます。

辯天さまにも 「一印法」 や様々な小作法がありますが、これも日々の行法、辯天法あってのものとなります。

こういった略法など、それのみで得られる効験は、神佛の功徳ではなく、行者の自力、命を削って得られているものです。

これを繰り返す行者の最後は、悲惨だと学んでおります。

私自身も、数々とそういった行者さんの最後を見てきましたが、やはり悲惨な最後を迎える傾向にあると感じます。

密教における効験の原点は 「行法」 であり、これが全てです。

常日頃からの積み重ねる行法なしに、読経のみでの供養や回向は成立しません。

行法の功徳が読経によって供養という効験を発揮します。

俗世間も出世間も 「積み重ね」 から得られる結果は変わりません。

常にこの心構えを失わないよう、密教僧として神佛に勤めたいと思います。

合掌



・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

>現在では目に見えないものに対する

>畏敬の念が損なわれたせいで

>常日頃から行法により、招き接待(供養)をする積み重ねでいただくことができる功徳を 「一時千座法」 のみでいただいてしまうと、美味しいとこ取りと同じで、その後、何十年、何百年に渡り、いただいた何百倍もの功徳をもっていかれるそうです。

>こういった略法など、それのみで得られる効験は、神佛の功徳ではなく、行者の自力、命を削って得られているものです。

>これを繰り返す行者の最後は、悲惨だと学んでおります。


なんとなく、大事に思った。

特に、略法の件は、「新自由主義経済やバブルで景気が良くなった、その事の反動」と似ていると思う。
数字の詐術と弱い者いじめの誤魔化し・・・


特に、自称好景気が、延々と続いている日本の現状は、まさに

>これを繰り返す行者の最後は、悲惨だと学んでおります。

これを繰り返した日本経済の今後は、悲惨でしょう・・・・


>常日頃からの積み重ねる行法なしに、読経のみでの供養や回向は成立しません。

>行法の功徳が読経によって供養という効験を発揮します。

>俗世間も出世間も 「積み重ね」 から得られる結果は変わりません。


我々在家は、せいぜい「読経」「真言念誦」くらいしかできないが、それの積み重ねが肝心。

というか、日常茶飯事を大事にする・当たり前の日常を大事にする。ってことの繰り返しなくして、真っ当に幸いな生活は、無いのだろう。


なんか上手く言えないが・・・


お読みくださりありがとうございます。







拍手[1回]

中外日報 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
松下幸之助による寺院への寄付活動
PHP研究所主事 坂本慎一氏

2017年12月6日付 中外日報(論)

さかもと・しんいち氏=1971年、福岡県生まれ。大阪市立大大学院経済学研究科後期博士課程修了、博士(経済学)。専門は日本経済思想史、近代仏教。著書に『渋沢栄一の経世済民思想』『玉音放送をプロデュースした男 下村宏』『戦前のラジオ放送と松下幸之助』など。

浅草寺雷門の再建 名の非公表申し出

松下電器(現パナソニック)の創業者であった松下幸之助(1894~1989)は、生涯にわたって仏教各宗派に多額の寄付をした。年間納税額1位を合計10回(歴代1位)記録した松下は、戦後日本においてもっとも財を成した人物であり、仏教界への寄付においても群を抜くと言える。

一般に日本の財界人は、寄付行為をあまり公にしたがらない傾向にある。昭和33(1958)年12月11日、松下が浅草寺雷門の再建費用2千万円以上(現在価値で約1億5千万円)を寄付すると申し出た際、貫首の清水谷恭順氏に対し、「なるべく名前を出さないで下さい」と述べている(『雷門昭和再建誌』)。財界からの寄付で通常知られているものは、一部にすぎないと言えよう。

喜捨の実例
松下による寄付の例として、ここでは天台宗の寺院を二つ紹介したい。

京都で松下は三十三間堂奉賛会信徒総代として活動した。同じ明治27(1894)年生まれで親友でもあった太田垣士郎・関西電力社長が中心となり、財界有志で妙法院を盛り立てようとしたのである。

三十三間堂は、明治初期の廃仏毀釈により甚大な被害を受けたのち、昭和初期から仏像の修復作業が始まり、昭和30年代になってようやく観光事業を積極的に展開しようとしていた。妙法院門跡の三崎良泉氏の記録によれば、松下は昭和32(1957)年12月2日、100万円(現在価値で約600万円)を寄付している(『風來門自開』)。昭和37(1962)年3月20日に松下は、「三〇〇〇万円の銀行借金を寺債によって返済するという話であったので、自分も賛成し、うち一〇〇〇万円(現在価値で約5千万円)をもってあげる旨伝えた」と述べた記録がある(PHP研究所内部資料『松下会長日誌』)。同年9月14日、松下は同寺院より宸翰の進贈を受けており、これで寺債抹消という形にしたのであろう。同年12月26日、三崎氏はPHP研究所を訪問し、親交を深めている。

平泉の中尊寺には、茶室・松寿庵を寄付した。寄付当時の貫首であった今東光氏とは、さかのぼる昭和30(1955)年ごろにはすでに面識があり、懇意になったのは昭和35(1960)年、雑誌『財界』2月1日号の対談がきっかけと思われる。

昭和42(1967)年7月12日、今東光夫妻は裏千家の千宗室氏(現千玄室氏)とともに、PHP研究所を訪れている。松下はこの時、中尊寺に茶室を寄付したいと申し出たのであった。金額は不明であるが、同じころ四天王寺に寄付した茶室・和松庵はひと回り大きく3020万円だったので、2千万円以上(現在価値で約1億円)と推定される。

松寿庵は単独の建物ではなく、本堂や庫裡と直接つながっており、寄贈は寺院の増築工事を負担した形であった。中尊寺もまた、廃仏毀釈の傷跡を戦後まで引きずっていたのである。今氏は「松下さんによって初めて東北六縣に誇る名席が残る」とし、「請ふ。わが山房に来って茶を喫せられよ。すなはち四疊半の茶席にあって横に四世界を鋪き、竪に一乾坤を蓋う底を掴み給へ」と述べていて(「松寿庵の記」『松下真々庵茶室集録』)、これによって在家の人を集めようとした意図が読み取れる。二人はその後も長く親友であった。

数々の寄付の内容を見ると、集会所となる施設(高野山大松下講堂など)や観光資源となる建造物(四天王寺の極楽門など)を寄付することが多い。寺院がこれらを積極的に活用して人集めを行い、観光収入が得られるように初期投資を援助した形である。

真言宗への寄付では、高野山金剛峯寺、紀三井寺、信貴山朝護孫子寺、醍醐寺、泉涌寺、根来寺に寄付の記録やその形跡がある。松下電器の会社としての菩提寺は、高野山西禅院としていた。

奈良の寺院では薬師寺に多額の寄付をしており、松下が提唱して高田好胤管主が創始した「日本まほろばの会」は、「薬師寺まほろば塾」として今日も継続されている。末寺の少なかった臨済宗大徳寺の復興にも協力し、管長代務者の立花大亀氏とは終生懇意であった。海外布教の援助としては、南禅寺の柴山全慶管長、正眼寺の梶浦逸外管長、米ロサンゼルス高野山別院の高橋成通主監があげられる。



廃仏毀釈と松下の思想

松下が多くの寺院に寄付をした理由は、一つは日本の伝統文化を尊重したことがあげられよう。彼のこの種の活動は仏教以外にも、神道大系編纂会会長、伊勢神宮崇敬会会長、飛鳥保存財団初代理事長、霊山顕彰会会長など十指に余る。そしてその言説を見ると、次のような点も読み取ることができる。


得心できなかった 本願寺派門主の言

松下家は明治になってから浄土真宗本願寺派に転宗しており、先祖代々の宗派は松下自身も知らなかったようである。門主であった大谷光照氏とは、門徒の一人として昭和23(1948)年4月5日に本願寺で会った。京都市内でも路上で餓死者が出るほど困窮した終戦直後の状況を踏まえ、こうした時こそ仏教者は世を救う活動をすべきだと訴えたのである。しかし門主は、世を救う活動より、「生死観を究めるということのほうが大事」(『松下幸之助発言集』第四十二巻)と答えたという。松下は強い不満を感じ、後々にいたるまでこの逸話を繰り返し口にしている。

昭和26(1951)年9月、松下は自身が主宰する月刊誌『PHP』第50号に「人間宣言」を発表した。「人間はまことに偉大な存在である」と述べ、人間の尊厳を強く主張したのであった。これは、本願寺に行って得心できないものがあったので書いたと述べている。

同じころ大谷氏は自著の『教を仰ぐ』で『教行信証』信巻の一節を引き、「人間というものは、如何に行いすましても、結局清浄なるもの真実なるものには容易に近づき得ないばかりでなく、生活の現実は却って逆に虚仮の連続であって、まことにあさましいという外はない」と説いていた。松下の「人間宣言」は、門主に対する不満が込められていたと解釈できる。これは昭和47(1972)年5月「新しい人間観の提唱」に発展し、「まことに人間は崇高にして偉大な存在である」と主張したのであった。

仏教の多様性求め 衰退した宗派補強
明治初期の廃仏毀釈において、仏教界がもっとも痛手をこうむったのは、政府が寺領を没収したことである。山林経営によって経済的に成り立っていた奈良の寺院や天台宗、古義真言宗や根来寺、臨済宗の中小の寺院などは、托鉢や乞食も禁止されたことで収入を得る道が突然断たれ、壊滅的な被害を受けた。檀家からの収入もあり、末寺も多かった浄土宗や臨済宗妙心寺派、曹洞宗、日蓮宗、真言宗智山派・豊山派などは比較的軽傷で済んだと言えよう。これらに対し、檀家からの収入のみで成り立っていた浄土真宗は難を逃れ、明治時代の経済発展に乗って仏教界を席巻することになる。

こうした情勢を受けて、「浄土真宗は教えが近代的で優れているから隆盛になった」とか、「密教などは前近代的で迷妄的であったから衰退した」という主張が、広く説かれることになった。同様の考えは、戦後日本のインド哲学においても暗黙の前提になっていたようである。『歎異抄』の「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」を重視し、人間を「あさましい」と説く大谷氏の思想は、本人が意図する以上に影響力を持ったのであった。

松下家が明治になって浄土真宗に転宗したのは、おそらく廃仏毀釈の影響と思われる。しかし松下にとって、門主の考えは妥当だと思えなかった。実際のところ、浄土真宗が寺領没収の影響を受けない経済構造だったのは、教えの優秀さが要因というよりは歴史上の偶然であろう。松下は衰退した宗派を補強することで、日本仏教の多様なあり方を求めたと考えられる。

現在まで、廃仏毀釈の研究は決して十分ではない。戦後財界人による寺院への寄付活動を調べると、その損傷が戦後まで残っていたケースが多いことに驚かされるし、現代の奈良の寺院や密教寺院が観光事業に力を入れるようになった歴史的経緯についても、あまり関心が払われていない。さらに言えば、近年は廃仏毀釈を軽視する宗教学者も多く、浄土真宗に偏った見方ではないか省みる必要がある。松下による寄付活動が宗派を超えて行われたように、われわれはより広い視野で仏教を見るべきであろう。



・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


松下幸之助ってのが胡散臭いが、松下がやがて一種の邪宗・耶蘇モドキになるのは、仏教界の衰退もあった。

>門主であった大谷光照氏とは、門徒の一人として昭和23(1948)年4月5日に本願寺で会った。京都市内でも路上で餓死者が出るほど困窮した終戦直後の状況を踏まえ、こうした時こそ仏教者は世を救う活動をすべきだと訴えたのである。しかし門主は、世を救う活動より、「生死観を究めるということのほうが大事」(『松下幸之助発言集』第四十二巻)と答えたという。松下は強い不満を感じ、後々にいたるまでこの逸話を繰り返し口にしている。

>松下家が明治になって浄土真宗に転宗したのは、おそらく廃仏毀釈の影響と思われる。しかし松下にとって、門主の考えは妥当だと思えなかった。実際のところ、浄土真宗が寺領没収の影響を受けない経済構造だったのは、教えの優秀さが要因というよりは歴史上の偶然であろう。


浄土真宗は、末端では社会活動に熱心な人が一番多いが、集団では、一番冷淡な面もある。

真言律宗叡尊さんやその思想の系統の人なら、別の反応をしていただろう。


江戸の「檀家制」である意味での「社会性の鍛錬」が、仏教集団として為されなかったうえに、明治の「天皇神道原理主義国家~和風耶蘇国家」で、仏教は隠れた「攻撃目標」だったので、さらに集団して活性を失ったといい得る。

明治以降の明治阿呆帝国・耶蘇の「仏教攻撃」の成果が、松下や稲盛とかが、怪しげな「和風耶蘇モドキのカルト信徒になる」というモノであるかもしれない。



>「浄土真宗は教えが近代的で優れているから隆盛になった」とか、「密教などは前近代的で迷妄的であったから衰退した」という主張が、広く説かれることになった。同様の考えは、戦後日本のインド哲学においても暗黙の前提になっていたようである。『歎異抄』の「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」を重視し、人間を「あさましい」と説く大谷氏の思想は、本人が意図する以上に影響力を持ったのであった。


こういう考えが「人生は苦だから、学習も労働も苦しめ」となったように思える。

「あさましいから「早く死ね」」が、この行き着く先の一つ。

これが「ブラック企業の繁栄」の一因ではないのか。



近代から脱出も重要ではないのか。そもそも明治を「ご聖代」とする思想から早急に仏教界が離脱しないと、多分、日本は危ない。
まあ仏教界など無くてもいいが、一人でも多くの仏者が「明治と言うテロ・巨悪」に気づき
「明治維新からの解脱」をするのが肝心ではないのか。


お読みくださりありがとうございます。





拍手[1回]

序列の王は日本では天皇。でも革命がないので、序列は変わらず新陳代謝も無い。

そう思った。

マボサク的な見方をしつつ・・・


なぜ革命が他国ではよく起きるか?

簡単にいうと、序列が人々が生きていくのに不都合になると、その序列を変える必要が生まれて、革命で、人事・制度が新陳代謝し、モラルも回復する。
序列が機能不全になると、それの影響もあるモラルも、機能不全になる。
そのモラルと人事の機能回復のために、革命が起きる。


でも、日本は革命がなかった。

革命するほどの「序列の機能不全」でも幸いか不幸か人々の生活・モラルには差し障りがなかったのある。外国との戦争が無いのもそれが大きい。


でも、明治以降、対外戦争しまくり、挙句の大敗北。

「終戦」と言う名の敗戦で、少し是正されたが、革命が必要なほどの「序列の機能不全」だったのを宣伝と詐術でごまかし続けたのが、今の日本ってことに思う。

対外戦争や外との交流があると、序列の機能不全によるモラルの崩壊は、その人たちの存続にきわめて危険で致死的なものになる。


あと、コメント欄で

>海外ニート氏のように脅迫されてブログ閉鎖に追い込まれたのはまだ軽い方で
別方面では「外こもりのすすめ」という海外生活体験記の著者が
訪問して来た日本人に殺されたという最悪の事例もあったりします。

>そして今回の記事の本文にも書かれていた内容と重複しますが
同じ海外在住日本人でも日本企業の現地駐在組や大使館員等の
帰国が保証されてる一時的滞在勢は日本人同士で固まるけど
日本に嫌気が差して海外に脱出した海外永住希望勢は
現地の人々と積極的に交流して現地に溶け込むと先述の海外ニート氏のブログか
2chの日本人だけど日本のここが嫌いスレで言われてたように記憶してます。
(海外ニート氏も現地で知り合った女性と結婚して永住権を得たようです)

>しかし日本の異常な労働慣行や民族的体質を批判されたからって脅迫、
ひいては殺害までするあたり標準的日本人って異常過ぎやしませんかね?


てあるが、なぜ日本の労働慣行・民族的体質のゆがみを指摘することで、「殺される」こともあるのか?

それは序列システムを破壊するからであり、それが「天皇」の威光を侵す面もあるからである。

天皇を序列の王とする序列システム。それに寄生する既得権集団・指導層・それを神とあがめるカルト集団。

その人たちには、日本の異常な労働慣行や民族的体質を批判するのは、自分たちの攻撃と見えたと思っていい。
また、「日本の異常な労働慣行や民族的体質」で、物心ともに日本人から収奪して物心を富ませているので、彼ら「自称普通の日本人=天皇真理教カルト信者」には、許せないのである。



序列を壊すにしろ、序列を更新してモラルを回復させるにしろ、天皇制・天皇は、最大の障害で巨悪で敵である。


だから、滅天皇制・卒天皇・入日本列島の人間。


お読みくださりありがとうございます。





拍手[2回]

産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して)))

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・・
還暦を過ぎたら生活力の回復に専念するべきkamo?  

生活力というのは仕事以外の話です。

女と百姓が長生きなのは

#1 自分のペースでしている(ストレスが少ない)
#2 体を動かす(家事は非常に体を使う)
#3 多種多様な頭の使い方をする(感情と理性がバランスしている)
#4 自分で買ってきて自分で作った料理を食っている
#5 さらに百姓は、農薬も使わない自分用に自分で作ったものを主に食っている。有機農法、減農薬は儲かるし健康的(有害物質をあまり摂取しない)
#6 手芸や大工仕事などの指と頭を使うことをしている。

これを我が物にする

そうすると、ボケ防止、筋トレ、生活力改善、全部できます。

それで、それを実行中。

そうすると暇が消えて、偉そうで口うるさいじじい出なくなり、ぐっすり寝ることができて、家庭内も円満である

女は子供が独立後は亭主に尽くす意味を失う。

(女は基本、脳も含め体のほとんどが子育てのためにできている)

妻にきらわれると、悲惨な老後が待っているのは明らかである。

それには生活力をつけ、分担し、妻にとってのトクな状況を作る必要がある

そうすると妻も私もトクとなって、世の中(退職後は家庭内が世の中である)が平和になる

還暦以後の三方トクは家庭内にある、という話でした。

ところで

それは

あまりに技術的に過ぎないか?

そりゃ、老後なんかほっとけば崩れるだけなんで

意図的技術的ですよね。

ゴーダマシッタルダの主張は、意識的に生きれば世界がどんどん変わって、見えてきて、平安になる、だ。

ほんとか?

ここまできたら、そんなことどうでもいいけど、といいうのが還暦以降です。

老化を遊び道具にすりゃいいのよ。元気なうちは。




・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


良い話。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新CM

[02/19 chtk217]
[02/19 chtk217]
[02/19 笑む]
[02/19 笑む]
[02/18 ナオト]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
忠武飛龍
性別:
男性

バーコード

P R

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 幕末維新新選組 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]