忍者ブログ
故国の滅亡を伍子胥は生きてみれませんでしたが、私たちは生きてこの魔境カルト日本の滅亡を見ます。
工作員云々は、言い過ぎていたと思う。

その辺は謝りたいです。

本当にごめんなさい。すいません。


あと、嫌なら関わらんでいいでしょう。





PR
二重HNとか、即アク禁にします。

あと天皇制擁護論者は、多分アク禁にすると思います。


もう少し緩くいきたいけど、想像以上に、天皇界隈の謀略が激しくなってきたようです。

已む得ません。





私のブログは、神戸だいすきさんや新井先生の系統とは少し違うと思う。
菊池さんやねここねこさんやDEEPLY JAPANに近いように思う。

神戸さんとか新井先生のように、豊かな家庭に生まれたわけでない。まあ神戸さんなど「そんな」っていうけど、私の家は父の発達障害気味もあって、収入も少なかったし、農家の三男で実家にタダ働きもさせられていたし。

あと、私自身「踏みつけられるものの視点を忘れない」って思っている。


中学高校時代に、今考えると発達障害の影響なのか、体育が全然ダメだった。今の30年前だ。

当時は、何故自分が、特に逆上がり・逆立ち・腕立て・懸垂ができないのか・・・わからなく、いくら努力しても、空しかった・・・しいて腕立てはできるようになったが、他は全然。

体力も、やはり、今同様に無く・ある意味で今以上に学生時代の方が、弱く・鎮痛剤とかで誤魔化しながら、学校に通っていた。

体罰も、いかに理不尽で行われるも、実体験している。

いくら死ぬほど頑張っても、出来ない逆上がり・逆立ち・懸垂を要求される。

自分への体罰ならまだ少し気が楽だ。

でも「連帯責任」とかいうことで、私ができないことで、クラス全員が、罰のトレーニングを加算される。

気の毒さと、後で恨まれていじめられることと、自分のふがいなさと、そんなにも頑張ってもどうしようも成らない絶望と、そんなに絶望しても誰にもそれが理解されない絶望と、

何度も死にたいと思った。

体罰容認論者って、体罰での、この冤罪を科せられるような「絶望」など一向に理解できないのは、おおよそ検討は、ついていたが、神戸だいすきさんも「やはりね」だったので、諦めて「一線を引く」つもりでいたのである。



ブログのスタンスに大きな影響を受けたのは「誠天調書」さんと、10年ほど前に閉鎖した「ミギー」さんの「ちらしの裏」だ。

お二方の思いとスタンスを確実に継承できているとは思えないけど。

少なくとも私なりに「権力や多数者に踏みつけられる側の視点・集団にて弾かれてそれを冷めた目で見ている視点」を忘れないようにしている。

誠天調書 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・


誠天調書 2009年09月23日 貴様らには広大無辺の大地を見渡す目と億の民を食わせる気概が足りぬ!
http://mkt5126.seesaa.net/article/128630327.html
確かに闇であろうと異端であろうと
人は人である限り政(まつりごと)を語ってよい

しかし貴様らには広大無辺の大地を見渡す目と億の民を食わせる気概が足りぬ!

ふたたび関羽の呼びかけに応じるならば 命を張った言葉で天下を語りに来い!


侠客、邪教徒、異民族……中華の裏社会の実力者たちを政治の場に呼び込んだ関羽。
官僚達では到底口に出来ない様な言葉を、しかし好き勝手に撒き散らす彼らを
曹操が一喝する。

国一国を如何にするか 何億もの民をどうするか、
公の場に立つ者になるのならば その辺を見据えて考えてから モノを言えと。
政治は誰にでも語る事が出来る。むしろ多いに語っても良い。
けれども その才が無い者には その才より以上の事が当然に理解できない。
サルへ因数分解を求めるような事だ。

そして大概の者達は“自分の政治的な才が そこまでに欠落している”という事が自覚すら出来ない。
なぜなら“政治は誰にでも語る事が出来る。むしろ多いに語っても良い。”だからだ。

多いに語る者は 分かって無いはずが無い と自己暗示に掛かる。
 カルトが信者へ教条を繰り返し詠唱させる
 詐欺師のセミナー(笑)で「必ず成功する」とか連呼させる
のも似たような話だよね。
それは宗教右翼カルトや旧式左翼カルトの両方に共通する特徴でもある。
だから「日本人と日本」の向こうへと自力で進む事が出来なかったのだが。


・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり



あとミギーさんがカウンセラーのいう「ネオコン的価値観」・今でいうと妙な成功哲学ぽい言葉に違和感と怒りを感じていたことを書かれていたことも、私は深く覚えている。

成功している人・勝ち組って人たちの、薄っぺらさと残酷さが、成功哲学めいた励ましの言葉で見え隠れするのを感じていたのを、覚えている。


いくら頑張っても認められない・
冤罪なのに社会に潰される・
たとえて言えば、右腕を失ったのに、権力や社会にそれが有るよう振る舞うことを強制されるような絶望・


そんなものを忘れずに書いていきたいと思う。


ねこたさんとかと結構話があったのは、そんなところもあるし、逆に神戸さんとどうしても一線を引いて少し醒めてコメントとか書いているのは、そんなところにあると思う。


こんな感じで。










なんか拍手欄の書き込みで

電話かけて・・・など書かれている人がいるけど。

なんにも思想なりスタンスも表明してない無い人に、なんもできません。


ただ、捨て身で「自分の電話番号」らしきものを書き込むのは勇気があると思い、それには敬服はします。

でもそれは所詮、蛮勇で自他を破壊するようなモノ・・



その自殺行為には付き合わない。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク政治向けメインですけど。
ブログ内検索
プロフィール
HN:
遍照飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
Copyright ©  -- 日本天皇国滅亡記。{渾沌堂主人雑記} --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by White Board

powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]