忍者ブログ
故国の滅亡を伍子胥は生きてみれませんでしたが、私たちは生きてこの魔境カルト日本の滅亡を見ます。

* admin *  * write *  * res *
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
<<04 * 05/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  06>>
品川心療内科  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
すでに「男らしさ」から距離を取る男性も増えつつある
#MeToo時代は男性の危機なのか? 英米メディアで沸騰する「男らしさ」論争
「男らしさの有毒性」に気付かない男
ハリウッドの映画プロデューサーであるハービー・ワインスタインのセクハラ問題や、性的嫌がらせを受けた人が自らの体験を伝えるハッシュタグ「#MeToo」など、これまで黙認されてきた女性の被害に注目が集まりはじめた。
犯罪者を擁護するつもりはまったくないが、その一方で男性側の思考形成過程や男性から見る男女平等など、“男性アイデンティティ”を見直す動きも台頭している。
2017年10月、英保守党の有力議員が「貧困層出身の未婚男性は“機能を果たさない”人間となり、社会にとって問題になり得る傾向がある」といった趣旨の発言をした。
この発言をうけ、英国人小説家ロス・レーズンは英紙「ガーディアン」に寄稿。議員の発言は「マスキュリニティ(Masculinity、男らしさ)が“有毒”、“壊れている”、“危機に瀕している”といった、ここ最近の表現を反映している」と解説した。
レーズンは、イングランド北東部で男性の自殺率が最も高いのは、失業者の多さや平均労働時間の少なさに関連付けられると説明。男性らしさの象徴とされてきた「収入をもたらす」行為が男性だけのものでなくなり、自信を喪失しているとみる。
カナダ人ビジネス・人材コラムニストのハービー・シャクター氏もカナダ紙「ザ・グローブ・アンド・メール」で、「マスキュリニティは文化に強く根付いており、男女いずれにも影響を与えている」とコメント。歴史的な観点から、職場においてはリーダー格の人間に男らしさが求められてきたと指摘した。
英国のヒップホップグループ「Rizzle Kicks」のジョーダン・ステファンズも同じく「ガーディアン」において、「トキシック・マスキュリニティ(男らしさの有毒性)」はどこにでもあり、男性が解決しなければならない問題だと主張。
「セクハラ問題関連の記事を読んで『自分のことじゃない』と思っている人は、そう思っていること自体がまさに特権で、力で、権力だ」と話すステファンズはこう指摘している。
「女性の尻を触り、女性に命令し、ポルノを見すぎたり女性の居場所を否定したりする。家父長制がこうした行為を『他の人間に対する態度』として受け入れてしまったならば、どうして自分がそれらの権力を求めるようになったのか、理解する機会を失ってしまう」
さらに「男性の脆弱さを否定する風潮は、トラウマを抱えた少年たちの傷にも蓋をしている」と分析した。
「男らしさ」が告発の障壁にも
2018年1月、男性モデル十数人が有名写真家のブルース・ウェーバーとマリオ・テスティーノから性的搾取を受けたとカミングアウト。ウェーバー氏は「呼吸エクササイズ」と称して、男性モデルの裸体を触ったり逆に同氏の局部に触らせたりしたという。
権力を悪用したセクハラは男性にも及ぶことが浮き彫りとなったが、男性ファッション誌「ザ・カット」によると、告発したジェイソン・ボイス氏は「『殴ることだってできたはず、なぜそうしなかったのか?』と突き返されたのが一番心に刺さった」と発言。これまで経験したことのない場面に出くわし、精神的に追い込まれると、身体的能力なんて関係ないと吐露した。
また、「男らしく」騒がずに受け流すべきという思い込みも苦しみを増強したと振り返る。
そんななか、ロンドンでは、「21世紀の男性アイデンティティに立ちはだかる壁や圧力」に焦点を当てる「Being A Man」フェスティバルが毎年開催されている。
4回目となる2017年は男性コメディアンや作家、人権活動家らが、マスキュリニティと権力、父性、いじめ、ポルノ、未成年のナイフ犯罪など多岐にわたるテーマについて議論し、「男らしさ」に疑問を呈した。
その1人である米国人活動家のケビン・パウエルは幼少期の体験談や大学時代のロッカールームトークの内容などを例に、偏った男性像を植え付けられ、感情表現を制限されてきたと告白。
「男らしさの概念を変えなければならない」「女性の気持ちに共感しなければならない」といったメッセージを伝えている。
主催のサウスバンク・センターはゲストスピーカーのポッドキャストを配信している。
米ノートルダム大学の心理学者、ジェームズ・ウィルキーは「男性のほうが女性よりも“らしさにこだわる”傾向が強い」と主張。だが、すでに「男らしさ」から距離を取る男性も増えつつあるようだ。
グローバル市場調査会社「ミンテル」の調査では、米国人男性の18%が、「男性用化粧品の広告にセクシズムを感じる」と回答。25%は「広告に採用されるモデルやセレブ、アスリートは、自身を表していない」と答えた。
特にミレニアル世代では、「よりリアリティがあり、親近感を感じる広告を好む」とした人が25%と、全体(19%)を上回ったという。
フェミニズムや女性の権利が声高に叫ばれる半面、女性ばかりがジェンダー議論の場に集まる傾向がある。男性側の視点にも注目し、男らしさから男性を解き放つことが、真の男女平等への近道かもしれない。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


男らしさ ていっても、DQNの妄想するのと、張良やリュウチェルのとは、全然違うが、同じ男らしさが、実は貫徹しているが、まあだいたいの人がわからない。

女らしさ っていっても、カトリーム・メディチや北条政子や、もっと物騒な武則天シャジャル・アッ=ドゥッルとかや、あるいは普通にイメージする女性も、おなじ「女らしさ」ってあるけど、それも同様。

男らしさの否定は、なんか正味、いびつなモノを感じる。

NWOの系統の「人間家畜化政策」の片棒を担ぎかねない。

要するに人間の平準化・ロボット化だ・・・。

が、そもそも男らしさって、普通にイメージできるような、安易なモノでは実はないのであるから。

容易に「男らしさ」って決めける愚かな事は辞めていった方が良いとは思う。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
どっかの新聞の立ち読みをしていて

「日本電産とか、良い時期の日本企業が、どこか狂気ががっていた。」

という文章を読んだことがある。

で、当の日本電産も、すさまじいブラック労働で忌避され始めていた。で今「働き方改革」だって。


日本の組織って、今のを見ると、どこも「狂気」を普通のテンプレートにして、運営されている。

法律すら、過剰に会社有利の労働基準法だ。これも狂気。


で、学校の部活も、狂気に走ったところが、いい成績を収めていて、その狂気の犠牲者は「弱い脱落者・社会不適合者・運が悪い人」で斬り捨てていた。

でも、そんな「道にはずれる」狂気が、長く続けるはずもない。

「不道は早く已む」と老子。


昨今は、長時間労働で、過労死が続出。要するにスマホや過度のストレスで、心身が休まらないので、以前と同じ長時間の労働が不可能になっているし、そもそもその長時間労働での「父親不在等の機能不全家族」で人々の労働者としての質も低下している。


目先の利益と、一時的な高揚で、狂気をだらだらと容認して、挙句に自爆する。


それが、日本の社会組織の「テンプレート」になっている。


それが「過剰にまで構成員・特に下っ端に、奮闘を要請する」という思想・有り様が、元になっている。

その原因の人が「天皇制」で、トップの責任は問わず権威権力に従順な豚で有るのを至上するとカルト宗教だからってのもある。


あと、人々が、目先の利益や一時の高揚・知的レベルが高くないので、戦略・兵法の知見がほとんど無い。てのもある。
戦略・兵法の知見があると、天皇制ってのがきわめて不合理かつ理不尽で、戦いや政治や生活の害毒でモラルを破壊する悪徳の権化であるのが分かってしまうから、教えない。


戦略戦術は、モラルをへいぜんと逸脱するところもあるが、より以上に合理性・戦略を大事にする。

でも日本の組織や社会の運営は、その合理性すら飛ばした「狂気」を抱え込む。

では狂気は無用か?っていうとそうでもない。
武術家に言わせると戦う瞬間だけ狂気になって、即正気に戻る。さもないと、この社会・世界で生き延びれないから。

また孫子が長期戦の不利を並べ立てているが、戦争状態という「狂気」「非常事態」が続くと、人々が狂い始めて、その戦果を得ることはできずに「無駄な勝利なり駐留」という事態になって、それが長期的な目で見た「勝利・生存」を失わせるのである。

そんな狂気を「日常」にしてしまえば、長期戦どことか、日常・平常時が無い紛争状態で、まともに成長も生活もできるのかね。

で、まともに人間として生きるのさえ、困難になる。

て現に困難になっているのだ。


まずは不合理・理不尽の権化の天皇制の根絶やしを、お薦めする。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

匿名党 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
日本航空123便墜落事故で親戚6人を亡くした檸檬会の理事長

2019年5月8日水曜日
大津市の「レイモンド淡海保育園」の園児らの列に車
http://tokumei10.blogspot.com/2019/05/blog-post_88.html

・・・・・中略・・・・・・・

「御巣鷹の尾根」で日航社員、相馬裕さんが滑落死 - 匿名党
tokumei10.blogspot.com/2016/07/blog-post_183.html
2016/07/23 - 23日午前9時40分頃、群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」で、登山道を整備していた横浜市磯子区岡村、日本航空社員相馬裕さん(59)が約50メートル下に滑り落ち、頭などを強く打って ... 毎年8月12日に遺族が慰霊登山をするため、日航社員らが登山道を事前に整備している。 ... 日航機123便 via kwout ... モハマド尾崎さんから必死に小保方春子さんを擁護されてた反米サマナの皆さままで芋づる式に via kwout.


で、大津と言えば天台宗。


キルギス側から内柴正人の契約打ち切りの発表 - 匿名党
tokumei10.blogspot.com/2019/05/blog-post_4.html
5 日前 - これまた「断腸の思い」でしょうか?(爆wwwwww 要するに天台宗とか後藤組とかオウムとかわかり松とか苫米地とか統一教会とか便所民とか千代姫モールなわけですよ。(爆wwwww site://tokumei10.blogspot.com 内柴正人. Guilty認定された柔道界に「断腸 ...



・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

天台宗と言えば、日本会議の仏教系。

弁財天さん風にいうと、台密の秘法「玄旨帰命壇」だろう。

呪術的に、子供の死を有効利用するなんかあるのかな。

延暦寺・三井寺・・・と山門・寺門の天台宗の総本山があるし、真言宗でも明治維新に便乗した石山寺もあるし。

さらに大津は、天智天皇を祀る大津神社・・。

怪しいね・・


前に、大津市でいじめ自殺に・・また似た事件が大津で続いて、さらに、この事件。


怪しいね。


追記  

ねことそらのあいだ より

上記文抜粋
・・・・・・・・
大津市大萱の事故について



かなりの精神的ダメージ。
でも、書く。

いままでためらってストレートには云わなかったけど、東日本大震災以降、大津市は事象エネルギーがとぐろをまいている。
大洗→日光二荒山→日吉大社(比叡山)、そしてナガサキ(片足鳥居)をむすぶ、オオナムチのヤバいエネルギーだ。
"父なる火の禊"につながる。

それはたとえば鹿沼のてんかんクレーン車暴走事故や、祇園のてんかん軽ワゴン暴走事故を起こした流れ。
皇子山中学校のいじめ自殺事件や、国内最大級の琵琶湖のハス群生地の絶滅もそう。

それが、「もうひとりの菅」の「令和」と、新天皇の即位でまた活気づきやがった。

くらやみ祭りの府中を襲い、東京競馬場雹のレースを中止させた雹の雨も、その東京競馬場でおこなわれた令和初のG1で、戦争の神マーズと軍歌と、大聖堂(カテドラル)=火の禊の十字を示したのも冥界の王オオナムチ。

ちなみに高浜原発プルサーマル3号機「みらいくん」が再稼動した2017年6月6日(恐怖の日)に、大洗でプルトニウム被曝事故をおこしたのもそう。
大洗といえばオオナムチ。
プルトニウム(プルート)といえば、やっぱりオオナムチだ。

おなじプルサーマルの福島第一原発3号機の核燃料取り出し開始と、ノートルダム大聖堂の"火の禊の十字"の連動。
前に太宰府市に行かないでと云ったのも、ひとつは天満大自在天神(道真公)がオオナムチのもとに動いているからだ。
オオナムチに使われてる理由は太宰府天満宮の裏手に行けばわかる。

そういった意味では、東日本大震災の菅直人も、安倍晋三もおなじ。


東京競馬場で令和初のG1がおこなわれた5月5日。
大津市ではすでに、9歳の子が亡くなる衝突事故が起きていた。
現場は大津市北比良の見通しのよい国道161号。
 ☞ https://www.sankei.com/west/news/190505/wst1905050007-n1.html
神社は天満宮。
どちらがセンターラインをオーバーしたかは不明だが、対向車の男性の名は、「令和」おじさんとおなじ漢字。
読みは、大震災おじさんとおなじ。

いくら目をつぶろうとしたって、令和と菅公とオオナムチの事象ってのは見え見えだ。
ね、国内危機管理ほっぽっといて外交デビューの官房長官さん。
そういうときに起きなきゃいいけどね。

大津市大萱6丁目のT字路で、保育園児13人が死傷した8日の痛ましい事故も、バックには令和とオオナムチ。

逮捕されたのは新立容疑者。
新しく立てられたのは、なんだ?

衝突したふたりの名をあわせると、真文。仏の経文。
現場の湖岸道路は草津市の烏丸半島とつながっている。
ハスが全滅したトコだ。
仏といえば、ハスの花(蓮華)だよね。

現場に近いのは桜谷稲荷神社(2014年に解体って記事あったけど)。
この「桜谷」って名、たぶん「さくなだり」と関係してる。
現場から瀬田川を下っていくと佐久奈度神社あるし。
セオリツヒメだ。
2013年に『オオナムチとセオリツヒメ』って記事を書いたことがある。新コンビ結成 ⁉、って。

大萱は萱野神社。もと九帝王神社。ここでも「9」だ。
祭神は第9代開化天皇。
もともとは彦坐王ら、五柱の皇子皇女も祀ってあったらしい。
彦坐王命の四世孫が開拓した土地だそうだ。

彦坐王といや高浜原発3号機「みらいくん」の闇の王陸耳御笠(くがみみのみかさ)。
彦坐王の子は、11代垂仁天皇暗殺に失敗した狭穂彦王。
ことし正月早々に原宿の竹下通りで暴走した、日下部姓の説明で紹介した。

陸耳御笠や奥州安倍氏とおなじ、闇の勢力だ。
こちらも動かしてるのはイザナミではなくオオナムチである。

周囲の地名も気になる。
月輪に、大将軍(方位神)。
容疑者の一里山は、旧東海道につながる。

とくに大津市の場合は、太宰府や府中とおなじで、局所的な事象で終わる話じゃないんだよね。
神功皇后VS忍熊王や、大海人皇子(天武天皇)VS大友皇子もあるし。

もし今回の事故が、三ノ宮の神戸(かんど)バス暴走と関係するなら、瀬田川に身を投げた忍熊王の線も出てくる。
だとしたら、オワリの織田家の氏神、ミロクラインの越前国二宮劔神社とも。
大津とはそういうポイントだ。

亡くなった男の子とおなじ名の神社が、奈良県天理市にあった。
祭神は天押雲根命、その父、天児屋根命。そして、蛭子神。

ミロクの犠牲の十字。
「藤原氏R369ライン」の神。2ndステージの藤原氏の祖神。
そしてヒルコというのが、事故を思うとやりきれなくて、いたたまれなくなる。

・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


大津・・・相当に来ている・・・。




お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

ゆるねとにゅーす より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・


山口真帆さん、これまで沈黙を続けてきた秋元康氏に対する意味深な「賛辞と感謝」を表明!ネットでも動揺・混乱の声や様々な推測が飛び交う!

・・・中略・・・・

そして、山口さん自身も、秋元さんのことをこうして「心配してくれた」ってたくさん持ち上げることで、秋元さんが安易にAKSの側に付けないような状況を作り出したことが考えられるわ。
「秋元さん”だけ”は、自分を散々貶めた運営とは違う」っていう既成事実を作り上げれば、秋元さん自身も運営を「裏切り」つつ、彼女たちをサポートせざるを得ないような状況に追い込まれてしまうものね。



「極悪人だと思っていたことをここでお詫び申し上げます」っていうお詫びメッセージも、真摯な内容とは少し異なっているように思えるし、「色々な意味」が含まれていそうだね。

このように考えると、恐らく、(自分と同じく)脱退することになった2人のメンバーの「今後のこと」を案じていた山口さんは、(自分も含めて)2人の今後の活動のために、秋元氏を上手に利用しようと考えている可能性がありそうだ。
こうして「今回の動きの背後にあるもの」を考えてみると、山口さんの動きはある意味で非常にトリッキーだし、実はとてもよく計算された動きなのかもしれないね。

自分たちの今後の芸能活動の「場所」を確保しつつ、これまで散々酷すぎる扱いを受けてきた運営をより追い詰めていくために、秋元さんを「自分たちの傘下」に上手く取り込んだということなのかもしれないわ。
運営の会見中に敢行されたリアルタイムでの「奇襲攻撃」の時も感じたけど、山口さんって、メンタルが強いだけじゃなく、頭の回転もとっても速い女性なのかもしれないわ。

そうだね。
これで、秋元氏も下手に山口さんを切り捨てることが出来なくなってしまっただろうし、次々とボクたちの予想を上回る行動を続けている今後の山口さんの動きに目が離せなさそうだ。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり


相当に山口さんは、頭もいい。相当な軍師もいるな。

山本太郎と一緒のようなにおいも感じる。


アヴァンギャルド精神世界  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
NGT48山口真帆さんが卒業宣言

◎青森の女

NGT48から被害者である山口真帆さんが卒業宣言したが、会社から彼女が会社を攻撃する加害者だとまで言われていることを明かし、それがNHKのトップニュースに並ぶほどの扱いになっている。

疑似恋愛を男を釣る餌にする商売は昔から尽きないものだが、それをショービジネスにした場合、舞台裏はこうなってしまうのだということがわかる事件となった。

実業の世界では、大組織であればあるほど、人のローテーションや給料の配分は、業績、挙績、あるいは年功序列で行われる。これが虚業芸能界になると永世お山の大将が至るところに君臨し、取り分をほぼ独り占めし決して民主的、公平になど分配はされないし、そういうところにまた反社会勢力やスキャンダル専門マスコミがつけこんでくる部分があるのだろうと想像される。

さはさりながら、合法的奇麗事だけでは現実は回らないということもあり、唐人お吉の昔から外交面などで女性の必要が必ずあったもの。昔フォード大統領が京都にいった時に接待する芸妓さんのインタビュー(怖くないって言われました、みたいな)をやっていたが、よくインタビューするものだくらいに思ったものだ。
カリフォルニアの映画産業では、役者などのユニオンがよく整備されていると聞くが、映画がビッグビジネスであるが故に歴史的に整備せざるを得なかったところがあるのだろうと思う。

やくざ映画ばかり作っていた日本の映画産業はいつのまにか衰退し、インディはできるが、資金調達には大変苦労しているらしい。

実業の頂点は、昔も今も世界的には軍需産業であることは変わりなく、そのテクノロジーが民生に時々こぼれてくる。虚業サイドは、暗幕の裏を明かさないことで命脈を保っているが、それも賞味期限切れは近いのかもしれない。

山口真帆さんも青森の女、ダンテス・ダイジの奥さんも青森の女というところは、日本の辺境から来た女ということで注目される。歴史学者トインビーは、文明の変革は必ず辺境から起こるとしている。


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

銀河英雄伝説で、ユリアンが「辺境こそ、異端者の聖地、人類社会の最先端」とかモノノーグしている場面がある。



東京に明日は無い。福一事故の放射能だけでも無いようだ。経済の一極集中やその腐敗もあるし。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

闇の正体は 偽ユダヤ (グローバリズム)  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
プーチン氏と正恩氏   

プーチン氏へ贈り物

4.25 金正恩氏がプーチン大統領に朝鮮の刀を贈答 「力と民族の魂の化身」【動画】


朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩労働党委員長はウラジオストクでの会談後、プーチン大統領に朝鮮の刀を贈った。

贈答の瞬間はロシアのRTテレビが報じた。


金正恩氏は刀について「力の化身であり、あなたを支持する私と私たち民族の魂の化身だ」と説明した。


プーチン大統領は金正恩氏に謝意を示し、手を握った。



こうした一方でプーチン大統領は、

ロシアでは民間信仰では武器を贈ることはあまり縁起がいいこととはされていないと説明し、


コインを取り出すとそれを金正恩氏に渡し、こうすることで

象徴的に金氏から刀を「買いあげた」ことにした。




正恩氏の緊張

https://twitter.com/Kremlinpool_RIA/status/1121357251875352576


4.25 正恩氏はトランプ氏とさえこれほど緊張しなかった=露朝会談について専門家

・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

>金正恩氏は刀について「力の化身であり、あなたを支持する私と私たち民族の魂の化身だ」と説明した。

武人の伝統では、こういうのはよくあると思う。

中国でも武芸者や、日本では武士がそういう行動をする。信長・秀吉・家康が、良く名刀を集め、贈答していたのもある。


また古い歴史書では、光武帝が献上品の剣を近衛兵に下げ渡ししたり、唐代の詩でも「道で武芸者にあって剣を贈る」とかある。

光武帝の息子の明帝も、忠臣三人に剣を贈呈した。参考 および 韓稜 ウイキ

>こうした一方でプーチン大統領は、
>ロシアでは民間信仰では武器を贈ることはあまり縁起がいいこととはされていないと説明し、
>コインを取り出すとそれを金正恩氏に渡し、こうすることで
>象徴的に金氏から刀を「買いあげた」ことにした。

これは、文官や統治者の思想での礼儀。剣を贈ることは「自殺しろ」ってことの隠喩。

なんかこれは、「変に武張るのでなく、タフに交渉や駆け引きが大事だ」ってことを、プーチンは暗に諭していると思う。

プーチンも武人でもあるので、剣の贈答の武人的な「魂のエールの交換」はわかっているけど、あえて、大統領・文官{国家の指導者}としての面を出したと。


学が無いのでこんな感じで。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク政治向けメインですけど。
ブログ内検索
プロフィール
HN:
遍照飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 日本天皇国滅亡記。{渾沌堂主人雑記} All Rights Reserved