忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

朝鮮を侵略したことで滅びなかったのは唐と清だけ・・・。

金玉満堂 ブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・
糞詰まりの群像2 吉田松陰

「今、急に武備を修め、則ちよろしく蝦夷(北海道)を開墾し、諸侯を封 建し、すきに乗じてカムチャッカ(原文は漢字表記)、オホーツク(同じ) を奪い、琉球に諭し、・・・・朝鮮を責めて質を入れ、貢(みつぎ)を奉る こと、古(古)の盛時の如くならしめ、北は満州の地を割き、南は台湾、 呂宋(フィリッピン)の諸島を攻め、漸に進取の勢いを示すべし」
「幽閉録」
ーーーーーーーーーーーーーー

偽アインシュタインは自信がないけど褒めて欲しくて仕方ない帝大出のインテリがでっち上げた、いわば思想的センズリなわけなんです。まぁ、認知欲求に駆られた老人から金を騙し取るダシに使う程度の害悪です。学生時代にマルクスレーニンだった老人もころっと騙されましたw。

それに比べると吉田松陰の毒は強烈です。何せ侵略される相手のあることです。作用あれば反作用ありでその毒殷々あるいは裊裊として今に及びます。

吉田松陰は29歳で首を斬られて死んじゃったんで世間に無知でした。大日本の歴史に照らせば白村江の戦いといい、豊富の朝鮮出兵といい朝鮮半島にチョッカイを出せば必ず国が滅びるという教訓を理解できませんでした。あるいは今回だけは違うと詐欺師独特の心理状態だったのかもしれません。

で吉田松陰の弟子は先生のいう通り長州中心の陸軍を作り、アヘン戦争でガタガタになった中国の土地をもぎ取りやがて満州国をでっち上げ、ロシアに喧嘩を売って史上初めて白人を打ち破って馬関戦争の屈辱を晴らして朝鮮を併合してイケイケどんどん! 反対する奴は非国民と特高警察が拷問で殺す体制を築きあげます。

ところが天網恢恢疎にして漏らさず大東亜戦争となって原爆二発を浴びて無条件降伏します。
ということで落ち目になってくると西田さんと吉田さんが合体して出てきて表面上華やかその実悲劇に向かうことを吹聴するオッチョコチョイが知性の仮面を被って出てきます。

中国は日清戦争当時とは違うしアメリカもまだ日本を抑える力はあるし、ロシアが日露戦争の教訓を忘れるほどバカじゃないでしょうから今回の騒ぎは喜劇に終わります。
朝鮮を高く買って南朝鮮を貶め、北と謀って満州を云々
ロシアもアメリカも日本にぞっこん、と調子のいい言葉を見たら松蔭の弟子の不始末を思い出した方がいいですよw。

・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

朝鮮半島を侵略して大過なかったのは唐と清だけ。

唐も、滅びはしなかったが、武則天の簒奪もあった。て直接的な影響は双方全くなかったが。

清など、太閤さんの軍よりもずっと屈辱的なことをやった。

李朝 仁祖 ウイキ

さすがに事大主義の朝鮮でも、「清から送られた王さんの名前は使わん」ってしていた。
内心、あまりのことで許せんのだっただろう。
参考
清ほどの国力もないのに、清や唐以上に完全に支配して、その反作用で、今の日本社会は、かなりやられている・・・・。


田舎者で視野の狭い人間は、厄介で政治的には面倒である。まさに夜郎自大


日本人はいつまでも夜郎自大かね・・・


誇りを持つのと、おごりは違うのだけど。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR

菅直人でも総理になれた。真由子もお遍路しろ!!て、言い過ぎかもね。

超高層マンション スカイヲーカー  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
豊田真由子は、菅直人のように頭丸めてお遍路しかない





「元政策秘書への暴行・暴言問題で自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区)が18日、地元の埼玉県新座市で、支援者らへの説明会と記者会見を相次いで開き、来月に行われるとされる衆院選に出馬する意向を明らかにした。ただ、説明会には離党した自民党所属の地元市議などの姿は見られず、豊田氏にとっては厳しい選挙戦となりそうだ。

 「18日の説明会の案内があったが、市議団全員が出席しないことで一致した」と明かすのは地元の自民党所属の市議。この市議は豊田氏が初めて、4区から出馬したときから支援してきたが、党の厳しい目もあり、次の選挙の支援は難しいという。」



まあ、まあ、本人は、このように反省していることですし・・

・・とはいえ、今回の選挙は落選確実・・


官僚で仕事してたら、ふんぞり返っていられるのに、何で政治に世界に入ったのか・・

国Ⅰから入れば、大組織の親分になって、

年上のハゲオヤジの部下も当たり前にいて、顎でこき使うことなんて日常茶飯事のはず。

ましてや、自民党の衆議院議員なんかになると、立場的には事務次官か局長くらいになって、

20代後半から30代前半の若者に、定年前のハゲオヤジが部下になってへこへこするのも当たり前。

しかも、私大卒ならまだしも、

豊田真由子は、東大法卒で、ハーバード卒なんだから、

つまり、東大法卒+ハーバード卒+高級官僚出身+与党衆議院議員=葵の御紋の印籠

ということで、怖いもんなしとなっているハズだ。

・・なのに、何たることだ・・

落選間違いなしだなんて・・夢だ・・夢に違いない・・

これは悪い夢なんだぁぁぁぁーー。

と思っているんだろう、どうせ。

私としては、そんな我儘な豊田真由子を許して、国会に復帰されてやりたい。

しかし、世論一般としては許さない。

だから、自民党も庇い切れない。


・・仕方がないので、4.5年の間、国会から離れて雑巾拭きでもやるしかない。

菅直人のように、頭を丸めて、お遍路するしかないだろう。


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


菅直人さんは、「気は山を抜く」人だ。

でもそういう意味で総理は難しいと思ったが、お遍路の功徳か、総理になって失敗も多かったが、福一事故ではそれなりに激烈化防止に貢献した。

まあ一種の傲慢さと独善は治らんかった・・・一周では菅さんの悪弊は治らんかったようで・・・

で、豊田真由子さんも、菅さんに倣いお遍路したら、大臣くらいなれるかも・・・

でかなり冗談だが、その根性はあるのかね・・・それがあるなら政治家続けても良いけど・・
ないなら辞めときな・・・・政治家も・・・・


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

ファンが増えるのはうれしい。

産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して)))  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
空海について  

ブラタモリで空海をやっていて。。。。

空海が慕われる本質はあの曼荼羅なんかにはない

密教はすでに廃れて、真言宗の葬式で口走る呪文も効力は全くない。なんじゃそれの世界。

大乗仏教自身が原始キリスト教と仏教徒地元の宗教の混合物で

釈迦の始めた原始仏教とどういう関係があるかどうか怪しいが

思想というものは科学と似ていて、使えそうなものはなんでも取り入れるのである。


それは思想も生きる技術の一つであるから

役立ちそうなことはなんでも取り入れる。

で、空海が今でも生き延びている理由は。

人間を大切にしているからである。彼は邪教を殺せとか言ったことはない

仏教が優れていると言っただけである。この道で行ってみるということで

今なら私は民主主義にかけてみようと思うとかバイオテクノロジーで人間の矛盾を解決するということである

だからあの無意味な観念図式は効力を全く失っていて、かえって

ただ空海の心だけが露出している。

事情は、法然や親鸞も同じであって

坊主どもの生活の問題を全部剥ぎとると

教祖の素朴な願いが露出してくる。

その心根がそこかしこに流れ出てくるから

空海は空海なのである

一方、道元なんかは本質的に思弁者である。

だからあまり大衆に好かれない。人々はわけのわからない思弁より情が欲しい。

墓守不動産業となってしまった、仏教界にあって、今も教祖だけは存在意味を持っている。

その中で最大の存在はやはり空海だろう。

誰が仕掛けたアイデアか、まだ生きているかのように扱うことで、彼特有の優しさを高野山から日本全土に放射している

要するに「空海という人物が真言密教の全て」「エネルギー発生源」なのである。


今となっては、わけのわからぬ曼荼羅なんか関係ない。



・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


>で、空海が今でも生き延びている理由は。

>人間を大切にしているからである。彼は邪教を殺せとか言ったことはない

>仏教が優れていると言っただけである。この道で行ってみるということで

>今なら私は民主主義にかけてみようと思うとかバイオテクノロジーで人間の矛盾を解決するということである

>ただ空海の心だけが露出している。

同感。


>墓守不動産業となってしまった、仏教界にあって、今も教祖だけは存在意味を持っている。

>その中で最大の存在はやはり空海だろう。

>誰が仕掛けたアイデアか、まだ生きているかのように扱うことで、彼特有の優しさを高野山から日本全土に放射している

>要するに「空海という人物が真言密教の全て」「エネルギー発生源」なのである。

同感。


徳は弧ならず・・・

これが死なないって意味でもあるのかもね。


にしてもファンが増えるのはうれしいモノです。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

但馬日光院の謎。

但馬の日光院ってお寺があります。

日光院 ウイキ

そこもHPは無くなりやすい。あるいは見にくくなりやすい。


で、養父市で、耶蘇金とか入って、急に開発を進めている。

もう少しいうと、寺の境内の一部の名草神社が、明治維新の時に勝手に独立して、逆に日光院が追い出されそうになった。

今でもGPSや地図は日光院でなく名草神社の表記。


明治カルト政権が、日光院を完全に国家神道というカルト宗教で乗っ取りを計っていたと思える。

で、また養父市に耶蘇金という明治カルトの親玉のテコ入れ。

それほどまでにして略奪に来るのだから、こりゃ、なんかあるのかも。

神社本庁は、原発に反対する同僚を暗殺できる「人でなし」ばっかりになっているからな・・。


参考 1

参考 2

参考 3

参考 4

意外と重要拠点で、パワースポットで、同時に非日本勢力の侵略の形跡が見える但馬日光院。



なんとかく思ったこと。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

日本語も使えないのに、英語英語いうな。

ハウスコム より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
TOEICのスコアと国際化は全く関係ない「母国語で学問が学べる日本人は本当に幸せである。」

日本では小学5年生から英語を正式教科とする取り組みが2018年度より部分的に実施される事が決定し、中には算数や理科まで英語で勉強する学校が出てくるなど、世界で高いポジションを得るために英語を話せる能力を開発する事が教育の最優先課題に掲げられています。

しかし、OECD(経済協力開発機構)が2015年に実施した国際学力調査において、日本人の子供たちに著しく目立ったのは国語の読解力の低下です。

実際に大学生の語彙力を調べた調査によると、5人に一人が中学生レベルの語彙力しか持ち合わせておらず、知的好奇心の表われである蔵書数が東大生の中で急激な勢いで減ってきているなど、子供たちは本や新聞どころか漫画さえ読まなくなっている今、英語の運用能力以前に母語の運用能力が明らかに不自由になってきていると考えられます。(1)(2)



↑日本人にとって深刻なのは、英語力より国語力の低下

数年前、「英語化の中、逆に重要なので日本語で失礼しますという言葉が流行ってきた」というつぶやきがツイッターに出て、これをつぶやいたのは英語を社内公用語とする楽天の社員なのではないかと噂が立ち、ちょっとした話題になりましたが、このことは面白いネタとして留まるだけの話ではありません。

小説家の村上春樹さんが外国に出て小説を書きたいと思いアメリカに行った際、どう転んでも英語で小説は書けず、思考システムはどうしても日本語になって、日本と自分を分離させるのは不可能だと言っており、日本語で生まれ育った人がハイレベルな思考や知的イノベーションを生み出すのは、母語である日本語でしか成し得ないのではないでしょうか。(3)



↑日本語で育った人が外国語で新しいアイデアを出すことは困難

公立のすべり止めだった灘高校を日本一の東大合格者数にしたと言われる伝説の教師橋本武さんは、国語の授業で二百ページあまりの一冊の文庫本を高校の三年間じっくり時間をかけて生徒たちに読ませたといいます。

橋本さんの授業は、国語とは日本語のため日本人であればうまく使えているはずで、そんなに勉強する必要はないという思い込みを取っ払う内容に溢れており、例えば、文中に凧揚げのシーンが出てくれば実際に生徒たちに骨組みや形から何もかも自由に凧を作らせたり、寿司屋が出てくれば魚のつく漢字をすべて集めさせ、干支が出てくれば昔の時間の捉え方を学ばせました。(4)



↑「日本人であれば誰だって日本語を使いこなせている」は大きな間違い

これらの授業を通し、橋本さんは国語とは古文や熟語をただ丸暗記するだけの科目ではなく、人生の幅を広げる探究心の宝庫だという事を生徒たちに伝えたのです。(5)

国語を学ぶということは、ただの言葉の意味がわかり、日常生活に間に合えばよいというものではありません。日本の歴史とともに日本語がありました。日本語のなかに日本人のすべてがあるのです。国語を尊重することは、歴史を尊重し自らの生活に誇りをもつことです。
TOEICのスコアが日本より120点高い韓国はノーベル賞受賞者が生まれにくく、日本のノーベル賞受賞者は2000年以降、17名。


言語学者で慶應義塾大学名誉教授の鈴木孝夫さんによると、そもそも非西欧世界において、国内で英語、フランス語、スペイン語、ロシア語といった西欧の大言語に頼ることなく、母語で日常生活から政治経済や自然科学の分野、そして幼稚園から大学院まで教育を受けることができるのは日本だけなのだそうです。(6)

それに比べて、例えばインドではイギリスの植民地であった歴史的背景により、英語で教育を受けて英語で西洋発の学問を学ぶことでしか、インド人がエリートの道を歩む術はありませんでした。(7)

この母語で高度な学問を学べる日本人は、精神科医の和田秀樹さんがどんなに外国語の才能に長けている日本人であっても、国語以外の言語を使うと思考力が半分ないし三割程度に低下すると示唆している通り、大変恵まれた環境に生きていると考えられます。(8)



↑「なかなか英語が話せるようにならない日本人」言い換えれば、日本語だけで生活できる幸せな国民

日本よりTOEICの平均スコアが120点ほど高い英語力を誇る韓国でノーベル賞受賞者がなかなか出ないのに比べて、日本で2000年以降に計17人(米国籍含む)ものアメリカに次ぐ水準で、ノーベル賞受賞者が生まれているのは、日本人科学者が英語に頼らず母国語の日本語で最先端の科学ができているからではないでしょうか。

江戸時代の蘭学医である杉田玄白はオランダ語の医学書を日本語に翻訳し、明治・大正期の作家森鴎外はイギリス文学シェイクスピアを日本語に翻訳するなど、日本は様々な外国語を日本語に置き換え、近代的な知の体系を作り上げました。

江戸時代で200年以上も続いた鎖国によって近代化の遅れた日本が明治以来わずか100年足らずで西欧諸国にあらゆる面で追いついたのは、日本語で西洋の技術や文化を理解したからです。(9)



↑英語に頼らず母語で最先端の科学を学べる国は世界にそれほど多くない

ノーベル物理学賞を受賞し、受賞講演会で「アイ キャン ノット スピーク イングリュシュ」と冒頭で述べて日本語で講演をした益川敏英さんは、あらゆることの基本は国語であり、物理で一番きちっとしなければならない数式ひとつとっても基本的に言葉で成り立っているもので、言葉がわからないと答えなんて導きだせないと述べています。(10)

そう、科学の基本は国語ですよ。何にしてもすべて文章の言葉から入ってくる。読んでその世界が頭に思い浮かべられるかどうか。その力があれば、理解していける。そのあとは、吸収した知識を頭の中で思い描いて発展させていけるかどうか。


↑数学だって、なぜその数式を立てたのかを日本語で説明する力が必要

もちろん英語は国際共通語であるため、学んだり話せるようになることは極めて重要です。

しかし、平成27年度英語力調査結果(高校三年生)の速報によると、日本の高校生の英語レベルはボロボロで、英検であれば高校卒業レベルとされる2級レベルの力を持つ高校生は全体の2パーセントしかおらず、英語教育の充実を目指せば目指すほど、子供たちの英語力が下がっているのはどうしてでしょうか。(11)

物理学者の木下是雄さんは学習院大学理学部の教授だった時に、「理科系の作文技術」という本を書き、この本を書いた理由は生徒たちが英語で論文を書いても仕上がりがめちゃくちゃで、それは英語を知らないから英語で書けないのではなく、日本語を知らないから英語も書けないのだと気づいたからなのだそうです。(12)



勝海舟に国語力がなかったら、坂本龍馬に殺されていただろう。


実際に、ワシントン大学学習脳科学研究所所長のパトリシア・クールさんが東京とシアトルの赤ちゃんにraとlaを聞き分けるテストをしたところ、生後6〜8ヶ月までの赤ちゃんでは違いは見られませんでしたが、ほんの数ヶ月後の10ヶ月頃になると違いが現れはじめたと言います。

それは、rとlの区別が重要なシアトルの赤ちゃんは聞き分けることができる一方、東京の赤ちゃんはrとlの区別が重要ではないため、聞き分けることが難しいというものです。

つまり、人間の脳は生まれてから最初の誕生日を迎える前には既に母語の言語に縛られ、外国語の音は聞き分けにくくなり、日本語が母語で日本語に囲まれて暮らしている人が英語を学ぶ際は、英語をいったん日本語に置き換えて解釈しなければならないのです。



↑人は赤ちゃんの頃から母語に縛られてゆく

これだけ日本が英語教育に熱心になっているのは、コミュニケーションとは自分の意見を誰にでもわかるように伝える能力だという価値観の前提があって、そうなると最も多くの人間が使う英語を使える方が有利という発想になっているからでしょう。

しかし、哲学者で神戸女学院大学文学部名誉教授の内田樹さんは、本来のコミュニケーションとは、言いたいことをすらすら明確に相手に伝えるというよりは、停滞したコミュニケーションを復活させ、そこに言葉が通じるようにする能力であり、これが国語教育の最終的な目標だと考えています。(13)



↑国語力がないと、いつもマニュアル通りの対応しかできなくなる

例えば、司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく(三)」の中で印象的なのは、坂本竜馬が全く政治的意見の違う勝海舟を斬りに海舟の自宅を訪れたにも関わらず、海舟がいともあっさり竜馬を自宅に上げてしまうシーンです。

海舟は世界に対する自分の考えを竜馬に説き聞かせ、その話を聞いた竜馬はすっかり海舟のことが好きになり、「勝先生、わしを弟子にして下さい」と平伏したという逸話が描かれています。(14)(15)

勝海舟は自分を殺そうと考えていた坂本竜馬との間にコミュニケーションを立ち上げる必要があったわけですから、もし海舟が定型的な言葉や普段どおりの言葉を繰り返し話していただけなら、彼の命はなかったにちがいありません。

世界の様々な言語、思想、信条の違う相手と、どうしてもコミュニケーションが取れなくなった時に、その局面を打開する新しい言葉やアイデアを生み出せるかどうかは、日本人であれば日本語においてしか成しえないのです。

国語力こそが創造力「日本語力を磨けば、英語力なんて後からいくらでもついてくる。」


国語力とは創造する力そのもので、今日に頻発しているセクハラやモラハラと言われる不祥事というものは、そもそも狭い語彙力の範囲内でしか思考したり感じたりすることのできない人同士の問題とも考えられるのではないでしょうか。

自分の言葉が相手にどう受け止められるのか、また自分に向けられた言葉には複数の解釈があるということを想像できない、まさに国語力の欠如のために起っている可能性だってあるのです。

国語の力がないと、例えば「Are you a boy or a girl ? という疑問文が実際に使われる状況を想像して、ふさわしい日本語に訳せ」という問題一つとっても、英文だけでなく日本語の出題内容が理解できないため、「あなたは少年ですか、それとも少女ですか?」という実際にあり得ない訳をしてしまうことになります。(16)



↑これからの英語教師は日本語教師としての役割も兼ねる必要があるかもしれない

この問題は東京大学名誉教授の行方昭夫さんが実際に生徒たちに出したものですが、1ヶ月でTOEICスコアを100点あげる方法とか、聞くだけで英語力がUPする方法といった、最小の学習時間で最大の効果を求める英語教育に慣れれば慣れるほど、定型文やマニュアルで攻略しようとし、こうなると答えや意味のわかるものだけしか受けつけないという感覚になってしまうでしょう。

漫画家のやくみつるさんは、世間で何か問題やニュースになっていることを漫画に描くとき、その問題をただ単純に、誰々がこうしました、ああしました、と描くだけでは面白くなくて、その問題とかけ離れている概念を一緒にくっつけて表現できた漫画こそに笑いが生まれると考えています。(17)

やくさんの様に、全く関係ない事柄の隙間に意味のつながりを見出す力は、言葉を使って文脈をつなぐ国語力がないと発揮できません。



↑わかるものだけしか受けつけなくなると、みんな同じ発想になり、世の中どんどん面白くなくなる

行方さんは「Are you a boy or a girl ? という疑問文が実際に使われる状況を想像して、ふさわしい日本語に訳せ」と問題を出した時、生徒たちに想像力を働かせて「非難を表す疑問文である」と判断して欲しかったそうです。(18)

しかし、文章の余白や行間を楽しむ創造性が失われ、わかるものだけしか受けつけなくなると、「Are you a boy or a girl ?」を機械的に訳することしかできず、非難を表明している実際の会話シーンを想像した訳なんて出てくるはずがないのです。



↑外国語を学ぶ土台は国語力があってこそ

今日、英語教育の重要性を声高に謳う学校はあっても、国語教育にいかに力を入れているかについて触れている学校はあまり見かけません。

日本は日本語を大切にしてきたからこそ、西欧に追いつけたのであり、その日本語が英語にとって変わられてしまうのは、自分たちの知的創造力や思考力のアドバンテージを自ら放棄してしまうのに等しいでしょう。

これから日本人が本気で国際人を目指すのであれば、英語よりもまずは母語の日本語力を磨くことが世界に通用する日本人になる近道なのです。
・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり



受験英語などしていると、99パーセントの日本人が英語などしゃべれないのは当然だ。

そもそも英語を話す為でなく、脳を壊し従順であるようにさせるための「調教」が、学校教育の英語なのですは。


南方熊楠は、英語も達人クラスだが、そもそも日本語が桁違いにすごいからできたこと。

漢語・梵語を流暢に操る弘法大師空海も、そもそも日本語ではもっとすごいからね。


で、そもそも母国語で学問できることが、その国の文化力・地力の証拠だが。
まあ、それを損なうために、英語教育を失敗させて、日本人の文化力を損なうのが、明治日本帝国と耶蘇金の陰謀であったのだ。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[3回]