忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

糺すべきは、天皇だった。

なぬとチャンネル より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
明治以来の「皇国日本」の道義上の精神基準を「世界は糺そうとしている」のかもね!!


今月30日、1年ぶりに京都で皆神塾をします。これからの「お代替わり」で、日本列島に何が起きるのか、を検討します。単に明治維新からの利権を構成した「マトリックス」の解消だけではすみません。ことは、米ドル基軸だった戦後の国際通貨体制の変革に関わります。もちろん、世界の各国がどこも巨大な金融危機にある中でどう修復するのか、どこまで壊して、どんな新制度を立ち上げるのか、という視点も不可欠です。大きな流れは「マネーでの均衡を取り戻す」。これは間違いないが、これが国家主権と各国の経済権益が絡むと、現象面で意図されたカタストロフィーも起きかねない。アメリカの特別行政自治区の日本ですが、ここが今、
半島情勢の解決は、そのまま、東アジアの戦後の終わりになります。これに抵抗する勢力は何をしでかすか?これには、日本にも北にも南にも、中国にも、アメリカにもいます。そのとき、列島での災害が起きた時にはそのダメージによっては、列島の経営資源(国家資金・人材・権限)の分配問題もあり、今の日米合同委員会以上の、金融ワンワールド(奥の院)の力が「国連」(?!)の仮面をかぶって、直接、指揮に入る事態もありうるかもしれません。

 不比等によって日本列島に仕掛けられた「意識の枠」を取り外す。列島に生きる人間が、ストレートに、北極星「太一」やシリウスの情報庫にアクセスし、得た情報をどんどん自分の世界の実体化に活かす。自分の心の内に湧き上がるモノを、人とは抗争せずに、自然の中にどんどん自分の創作物にして世に出し続ける。こうした生き方を純粋に続けていたのが、奈良に大和朝廷ができてから後も田地も持たないサンカの人たちでした。
 
明治になって伊藤博文らイギリス帰りの「長州ファイブ」の設計図通りに中央主権国家となったとき、新たに11皇族が設定され、その中に在ったのが竹田宮です。昭和になって天皇の横にいて活躍したのが竹田恒徳氏でした。2020年東京オリンピック招致のJOC会長の竹田恒和氏はその実子です。恒和氏は6月に任期満了で退任とのことですが、この人物をフランスの司法当局はどう扱うのでしょうか?今、フランスでは、「イエロー・ベスト」運動が終息しません。
 竹田氏は明治以後の日本列島でその血統ごと大いに保護を受けていた一族ですが、戦後もその影響力が続いた裏にはアメリカの戦争屋の意向もありました。竹田恒徳氏が戦時中、どんな立場で、何をしたのか、これを決して見逃さない人たちがアジアにはいます。
 戦後、アメリカの戦争屋との取引で無罪放免となったのはハルピンでの731部隊の関係者です。また、18世紀末に列島から流出した大量の金塊が、ボルネオ島の羅芳公司に一旦集められた後、アジア諸国に振り向けられるところを日本軍によって強奪され、それが終戦時にフィリピンや台湾に隠匿されていたが、それが今どうなっているか?この点を新しい国際金融の枠組みの発動の前にその真実を知りたいという勢力もありましょう。

 日本の戦後は、開戦の詔勅をだした昭和天皇について、東京裁判で無罪にする、という約束の中で「米ドル」の支配体制が始まっていますが、今は、その次の体制への移行期です。戦後、明治以来の門閥層と軍人と軍属、さらに、エリート官僚たちが、国連やアメリカの思惑の中で、断罪されたり、赦免される中で、そのときに誕生した列島における「戦後の権力構造」に取り憑いたのが、戦中、列島に入り込んだ半島系の日本人です。もちろん李王家もいれば朝鮮総督府の周りの人間がいました。この人たちにとって、日本人とは何なのか、というと戦前の論理しか知りません。国家のあり方も「一君万民」の同心円のピラミッド構造しか知りません。明治に作られた「神武からの血」が今も続いて、それを支えるのが日本国だという、宗教的政治概念に、拠るしかなかった。また、それを、占領軍も利用した。
しかし、戦後、この姿勢に強く反発したのが皇族の中で最も真摯に列島の事実史を研究をした三笠宮でした。神武実在論を真っ向から否定し、自らオリエント学会の設立メンバーになり、ヘブライ語を話し、突厥(トルコ)の研究を生涯のテーマされた方でした。
今、列島の普通の人間のイノチが、明治からの「権力」と「権威」の中でいいように弄ばされています。道義のありかも基準も全く失って、漂流を始めたアメリカの特別行事地区の日本。何が待っているのでしょう。

以下に、今回のJOCの竹田会長の「任期終了」に関しアエラの記事です。ご参考まで。

《退任表明したJOC竹田会長が仏当局に起訴される確率は「70%以上」》
日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が19日の理事会で6月の任期で退任する意向を表明した。同時に、国際オリンピック委員会(IOC)の委員も退任するという。
 取材に応じた竹田会長は「定年であり、若いリーダーに後を託す」などと退任の理由を語った。そして、
 仏検察当局は2016年、日本の招致委員会が国際オリンピック委員会(IOC)委員だったラミン・ディアク国際陸上競技連盟(IAAF)前会長の息子に2800万シンガポールドル(約2億2000万円)のコンサルタント料を支払ったとされる疑惑の捜査を開始したと明らかにしていた。
 2億円あまりのコンサルタント料が、開催地選定の集票の見返り、賄賂ではないかと仏当局に事情聴取を受けていた竹田会長。
それが表面化すると、今年1月に記者会見はしたものの、コメントを読み上げ、質問にも応じず7分間で終了。批判が殺到し、より疑惑を深めることとなったことについて、竹田氏は「質問にも答えるつもりでおりましたが、応じないと決まり、私としては不本意な形で終わった」と述べた。
 あるJOCの関係者は竹田会長のコメントについてこう話す。
「竹田会長は捜査が始まっても『自分の手で2020年の東京五輪は招致した』と周囲に堂々と話していた。多くの関係者は、ことの重大さを認識していないなと感じましたね。1月の記者会見を7分間で打ち切ったのを他人のせいにしたのも、自分で責任をとらない竹田会長らしいと思ったね」
 疑惑が発覚以降、JOCは対応に追われた。だが、当事者である竹田会長自らが動くことはほとんどなかったという。
「すべて、周囲に任せきりですよ。普段もそうなんですが、JOCから渡ったカネが賄賂だとフランス司法当局の捜査を受けても変わらなかった。五輪開催地の会長が、スイスのIOC本部に行くと、逮捕されかねない。つまり、IOC本部に行けないというとんでもない状況であるにもかかわらずです。『日本での調査は終わったからシロ』と口にするだけの竹田会長。『これじゃダメだ』とJOCの幹部は、頭を抱えていた」
 竹田会長の思惑とは反対に、着実に追い込まれていた。東京五輪の開幕1年前のイベントにIOCのバッハ会長が出席しないという。
「IOCから『竹田会長は、逮捕の可能性があり、IOC本部に来ることができないですよね』というシグナルは何度も送ってきた。IOCは、フランス司法当局の捜査情報が入っており、甘い話ではないと、伝えてきた。竹田会長側はメッセンジャーがいるだけで『もう日本では結論が出ている』というばかり。プリンス竹田は、何もわかっていないな、とIOCの幹部は怒っていた。竹田氏は会長をやめたからといって、フランス司法当局の捜査から逃れることはできない。IOCが集めた情報の中には70%以上の確率で起訴されるというものも、あったほど厳しい状況だ」(前出のIOC関係者)
竹田会長が6月に退任してからも「名誉会長」などの肩書で、JOCにとどまるという話も出ているという。「竹田会長のシンパがご機嫌とりで名誉会長などと言っている。まったく、責任を感じていない」(同前) 疑惑が晴れるまで棘の道が続きそうだ。(今西憲之)


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり
天皇制にモラルなど無い。

それを断罪しないと、人間は滅亡する。


戦いである。天皇と人間の。


お読みくださりありがとうございます。

追記

天皇をなぜ執拗に糾弾するかって・・・

そりゃ、多分現在なら謝って多少賠償したら済むような戦争責任の問題を、未だに謝罪せずに延々と無責任体制と自己の権益とメンツの保護しか考えてない外道になってしまったからです天皇ってのが。


モラルを破壊するモノは、社会・国家を破壊するモノ。

それを一応国家の象徴なり準元首の存在が自ら糺そうとしない・・・

私が糾弾しなくても、世界中のまともな人が「日本人を飼うのは天皇をいじればいい」「日本人の諸悪の根源は天皇だ」って気が付くでしょう。このまま謝罪も賠償もしないと。

となると、天皇は消滅するか、このまま日本人が死滅するかです。

天皇が頭を下げたら、少なくとも天皇も日本人も生存し繁栄する道があるのに、それをせず日本人を殺し続けるのなら、崇徳院や菅公さんも、激怒でしょう。

このまま「悪の権化」でしかなくなった天皇を存続させるのは、少なくとも江戸までの天皇家や天皇家以外の日本の衆生に対する、反逆で冒涜であると思います。


もう、天皇と日本人はとも存在できなくったのです。その選択をしたのは天皇家でした。

それだけです。

拍手[0回]

PR

日本の足かせ・・・原発が日本を植民地化を固定させる。耶蘇金の奴隷のそのまた奴隷に・・

文殊菩薩 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
戦後史の正体のさらに奥深くへ

孫崎享氏著の『戦後史の正体』はベストセラーとなり、日本が米国の植民地のような状態にあったことが明らかになってきた。

ところが、「放知技」の書き込みに「戦後史の正体」のさらに奥に迫る、日米の密約についての書き込みがあったので紹介しよう。

日本を植民地化した日米地位協定などの裏にはユダヤ系財閥サッスーン家(HSBC)から融資された、巨額復興資金があったというのだ。

227 名前:Conganas 2019/03/20 (Wed) 17:25:01 host:*.canvas.ne.jp

朝鮮戦争勃発後、1951年9月8日にサンフランシスコ講和条約で日米平和条約、日米安保条約に署名、52年2月28日に日米行政協定(日米地位協定)が結ばれ52年4月28日から効力発生した。

講和の舞台裏で米国は非公表裡に日本の戦後復興資金30億ドル(現在価値でおよそ30兆円)を長期融資することを決定した。

日本政府は復興融資の担保に国防権、電波権、航空管制権を米国に差し出すという枠組みである。

この資金を実際に融資した金主は英サッスーン(HSBC)基金で、米国はこの長期融資を裏書き(政府保証)しただけだ。

国民にはとても発表できないような内容の公国間の約束を密約という。

日米安保・地位協定はこの密約の氷山の一角だ。

いずれにしても米国は巧妙な方法で日本から独立国家に必須の三権を取り上げたわけだ。

戦後復興融資は60年ローンだった。日本政府は約束通りこれを2012年4月に完済した。

金主のサッスーンは大儲けしたのかどうかは不明だ。なぜなら利息は当然複利だろうがインフレで相殺されるから。

いずれにしても日本は2012年に米国から融資の担保として押さえられていた国防権、電波権、航空管制権を実質的に取り戻していたのだ。

とうぜん密約上は日米安保条約、日米地位協定は融資完済後に失効させる約束であろう。

すなわち2012年以降は安保条約、地位協定は弾力的に(失効までてごころを加えて)運用する過渡期に入っているのだ。

12年5月から東京スカイツリーが営業を開始した。電波権の実質的回復の段階を得ているということだろう。

羽田の発着枠もそれまでの年6万回から13年に年9万回に拡大した。航空管制権も暫時回復の途上なのだろう。

国防権についてもトランプ政権の誕生で在日米軍撤退も米国政府の政治目標となっているし、安倍さんは新防衛計画大綱を打ち出した。

野田政権の面妖な自滅解散選挙で第2次安倍政権が成立したのはまさに2012年末。

安倍内閣はただちに4月28日を日本国主権回復の日と定め13年から施行した。

政治書籍ではベストセラーとなった孫崎享の「戦後史の正体」が12年8月、前泊博盛・矢部宏治の「本当は憲法より大切な日米地位協定入門」 が13年3月の発行である。

読んだ当時は非常に勉強になった本だが。

しかし2012年4月という密約の自己完結的幕引きのタイミング後に、密約の表面だけに相当する「安保・地位協定の正体」本が出てベストセラーになりマスコミで議論解禁になったんだからね。

意識高い系の床屋談義のための必読書という位置づけだろうナ。

このConganas氏の情報には大変に重要な指摘があって、日米安保と地位協定のさらに深層にまで踏み込んでいる。

しかし、せっかく2012年に借金のカタが外れて独立できると思ったら、日本はフクイチで重い足かせをはめられることに。

そういう意味では、まだ連中との戦争は終わっていないし、日本が独立に向かっていると手放しには喜べないのだが。

野崎晃市(44)

・・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり
>野田政権の面妖な自滅解散選挙で第2次安倍政権が成立したのはまさに2012年末。
>安倍内閣はただちに4月28日を日本国主権回復の日と定め13年から施行した。


福一クラッシュで、また植民地を続行できる。

ので、「独立の日」となった。

ていうのが、真相のようである。


で、それを容認している・ゴーを出したのは、多分天皇と天皇家だ。

あの「ミニチェルノブイリ」だらけになった東京に住み、日本人を全員放射能で殺すために、チキンレースをやっているのだろう。


まずは天皇家と福一の首を斬れ!!

参考に

上記文抜粋
・・・・・・・・
明治宮家に関する怪しげな話  NWOはオリンピックを利用する

JOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長が3月19日にJOC理事会で退任の意向を表明、

IOC(国際オリンピック委員会)委員も辞任するという。

2020年に東京で開催が予定されているオリンピック・パラリンピックの招致に絡む贈賄容疑でフランスの司法当局を予審手続を開始したと伝えられているが、それが影響したのだろう。

​2013年9月7日に行われたプレゼンテーション​で安倍晋三首相は

「福島の状況はアンダーコントロール」であり、「汚染水による影響は0.3平方キロメートルの範囲内に完全にブロックされている」と語っていたが、

言うまでもなく、これは真っ赤な嘘。

安倍首相の発言が嘘だということをプレゼンテーションを聞いていた大半の人は知っていただろう。

その3年後、フランスの検察当局は

日本の銀行から2013年7月と10月に、IAAF(国際陸上競技連盟)前会長のラミン・ディアクの息子に関係するシンガポールの銀行口座へ180万ユーロの送金があったことを把握したと発表、

昨年(2018年)12月に竹田はパリで事情聴取されたという。

竹田恒和の父、竹田恒徳もJOC会長を務めていた。

1962年から69年にかけてのことだ。

この竹田恒徳は日中戦争の際に秩父宮雍仁の下で財宝略奪作戦、いわゆる「金の百合」を指揮していたと言われている。

その相当量はフィリピンに隠されたが、一部は日本へ運んだと考えられている。

戦後、竹田は邸宅を西武グループへ売却、その土地へ「高輪プリンスホテル」が建てられた。

西武グループの堤義明は1989年から90年にかけてJOC会長を務めた。

1998年の長野オリンピック開催が決まったのは91年だが、

国際オリンピック委員会の会長だったフアン・アントニオ・サラマンチと親しかった堤義明の果たした役割が大きいと言われている。

オリンピックの開催には何かスポーツ以外の目的があるという噂がある。

オリンピックには大規模な建設がつきもので、大きなビジネス・チャンスだが、それだけではない。

例えば、2012年のロンドン・オリンピックでは治安/監視システムが強化された。

街中に顔の識別も可能なCCTVのネットワークが張り巡らされ、無人機も監視に使われたという。

通信内容の盗聴、携帯電話やオイスター・カード(イギリスの交通機関を利用できるICカード)を利用した

個人の追跡も実用化させた。

治安部隊の配備も徹底したもので、海兵隊や警察の大規模な警備訓練も実施され、

本番では警備のために軍から1万3500名が投入された。

オリンピックを口実にしてロンドンを巨大な刑務所に変えたと言われたほどだ。

2004年にオリンピックが開かれたギリシャの場合、経済破綻の一因になっている。

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201903210000/





・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

天皇家の悪が、日本人を殺す。

天皇は父祖の仇で、日本人の宿敵で許してはいけないのである。

それを許しているから、原発が6機も爆発する。

天皇制がなくなるまで、天皇と天皇家を許してはいけない。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]


面白い話。

酔生夢人のブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・
日本近代の対外戦争への空想

気まぐれに市民図書館から借りてきた佐藤晃著「大東亜戦争『敗因』の検証」という本が案外面白くて、八割がた読んだが、これを読むと、大東亜戦争の敗因は、これまでの「陸軍悪玉論」に反し、主に海軍の我がままな行動にあったことが分かる。つまり、統帥権が事実上陸軍と海軍に分裂し、それぞれ独自に行動しながら、海軍の主張に押し切られることが多く、そのために戦域が(最初の構想であったアジア大陸東部を主戦場とするものから)太平洋中央部に無謀に拡大したのが主敗因だ、という主張だが、この主張を裏付けるのが、ミッドウェー以降の海軍の連戦連敗であり、実は「真珠湾奇襲」以外のほとんどの戦いで海軍は負けており、その「戦果」は嘘だらけだったということだ。しかも、ガダルカナルなどの戦いでも海軍は兵站の役目をほとんど放棄しており、陸軍の責任とされている膨大な兵士の餓死の原因も海軍にあるとも言える。(ガ島攻略作戦自体が、海軍主導だったらしいが、途中で責任放棄したわけだ。)要するに、戦後の記録や証言などのほとんどは「上級軍人の中で生き残った連中」が手に握り、主張しているから、「陸軍悪玉論」は頭から信じるべきではない、ということである。

それに関連して考えたのが、日本の軍隊上層部のとんでもない無能さで、まあ、これは今さら言うまでもない常識なのだが、この無能さは、実は江戸幕府末期から(明治維新にも関わらず)続いているのではないか。要するに、戦国時代の優れた武将たちが江戸幕府上層部にいたら、明治維新も起こらず、欧米への属国化も起こらなかったのではないか。欧米の開国要求は突っぱねて、日本独自の近代化を成し遂げたあと、対等な条件の下で和平条約を結んだだろう。
そこで、私が考える内閣だが、(現代の役職名で言うと)


総理大臣 織田信長
副総理大臣 豊臣秀吉
大蔵大臣 徳川家康
防衛大臣 武田信玄
外務大臣 勝海舟(戦国武将ではないが、この役職には最高の人材だろう)

などで、防衛大臣には真田幸村でもいい。上杉謙信だと、やたらに戦争ばかりしたがりそうであるwww




私が一番不満なのは、黒船による脅迫に江戸幕府が簡単に屈服したことで、あんな船など、100艘くらいの小舟に決死隊の武士や忍者を載せて黒船を襲わせれば簡単に占領できたとしか思えないのである。で、次の黒船が来たらまた同じようにする。大砲があろうが、船内への侵入には無力である。米国がいくら黒船を寄こそうが、長距離派兵の兵站の問題があるから、何度でも撃退すればいいのである。英国などの脅迫も同じことだ。黒船を破壊せずに占領できれば、それだけで日本の所有物になる。


(追記)勝海舟の見識の高さや判断力の明晰さは、自慢話半分とはいえ、「氷川清話」ではっきり分かる。勝海舟の言うように、清国との融和政策を採っていたら、その後の不幸なアジア史は別の展開を見せただろう。なお、注意しておくが、上の方に書いた「大東亜戦争『敗因』の検証」は、思想そのものはかなり右翼的なもので、戦史以外の発言はあまり感心しない。戦史の分析は、専門家(軍人、学者、御用評論家)の「ポジショントーク」とはまったく異なる、「思ったとおりに正直に発言している」刺激的で啓発的なものだ。こういう書物は読む側に「是々非々」の態度が要る。若いと、そういう読み方は難しい。




・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

三国魏の名将の鄧艾がいうには、
「国家を守るの二つの大事なモノがある。それは農業・防衛。で特にこの順番で大事なのだ。」

ようは「庶民が食えるようにすることが、最大の国家防衛」ってこと。

まあ、天皇カルトは庶民を喰いモノにするのが国是なので、そんなの関係無いので、ドンドン戦争して、国土を焦土にした。


にしても、結構面白い話。

私なら、総理は家康だな・・・信長は天皇制廃止後なら大統領で、秀吉も。彼らは「天皇の権威を乗り越える」ことを「外征」で成し遂げようとした人たちだから・・・天皇があると厄介で。
天皇の「政治的な不合理性」など信長には耐えれないだろうな・・・

あと防衛大臣は、私も幸村推し。で次官に兄貴の信之だな。彼も名将で行政手腕も高い。

にしても勝の予言っていうか指摘は正しいよな。

西郷もその路線でいこうとして殺された面もあるし。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]


めでたいか・・・

ねことそらのあひだ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
来たよ日本武尊、&カグツチ事象


ピエール瀧は静岡市葵区。
一昨日、「瀧」姓について調べてたら、いちばん多いのは静岡市清水区の草薙だった。

草薙.....。

げ、ピエール瀧も日本武尊のオワリの流れってか?

こりゃオレも気をつけんといかんばい。
と思ってた矢先。
きのうチャリ乗ってて車とぶつかった。

いくら気をつけてたって、ウインカーなしで急に左折されちゃあね。
運転してた女性、どうやら道に迷ってテンパってたらしい。

よけようとしたけど間に合わず、右腕から肩のあたりを車で強打。
行徳総合病院に救急搬送された。
人生二度目の救急車。

骨折はなかったけど、痛くて腕が上がらない状態。
歩くと肩に響く。
痛みどめ飲んでもイテェ。

現場はR357。南船橋駅付近。
例の「ホタカの障り」の事故と、去年の「へびふんじゃった」とおなじ通り。
今回は船橋市の日の出。

よほど船橋大神宮(意富比神社)にきらわれてるらしい。
いや、逆に好かれてるというべきなのかな(T^T)。

主祭神は日の出=太陽神の、天照皇大御神。
葵の御紋の徳川家康公を配祀。
ピエール瀧の静岡市葵区の由来も葵の御紋。
家康の駿府城があったトコ。

2017年静岡セッティング(日本列島の十字)の「家康公の金時計」以降、葵や日光といった家康系ワードはタイムスイッチとして動いてる可能性がある。
ピエール瀧のニュースもそうかもしれない。

4月5日に公開の映画『麻雀放浪記2020』では、杜(もり)元五輪組織委員会会長役らしいし。
戦争で中止になった、「東京2020」の...。

船橋大神宮がある船橋市南部一帯は、かつて伊勢神宮に寄進された土地で、船橋御厨(みくりや)、または夏見御厨と呼ばれていた。

おまけに創祀は、日本武尊。
東征のとき、東国平定を祈願したことにはじまるという。
>逆に好かれてる
と書いた理由はソコ。

まあ、足が三重に折れんでよかったけどね。

日本武尊+伊勢神宮(倭姫)とくれば、草薙剣。
草薙剣といえば、「瀧」姓の静岡市の草薙に、オワリの熱田神宮。
そして熱田神宮といえば、10月22日=オワリのはじまり。

そのはじまりとは、秋葉原通り魔事件を起こし、のちにイザナミのカグツチ出産(フクシマ)へとつながった、日本武尊&カグツチ事象のはじまりでもあった。

カグツチ=秋葉神。

でさ、相手の保険会社の担当者が、よりにもよってその「秋葉」なんだよね。
フクシマのときの広島市長とおなじ姓。
アキバと聞いて、漢字はどう書くのかあえて確かめたら、「秋葉原の秋葉です」だってさ。
まんまじゃん。
電話口で思わず「はっ」って笑っちゃったよ。
できすぎくんかよ。

あきらかに去年の10月22日=僕自身のオワリのはじまり、のつづき。
僕の流れも、ピエール瀧に出た東京2020への世の事象の流れもおなじ。

ちなみに相手方のワードは「楠」。
楠は木の南と書く。
木国=紀国(きのくに)。
紀の南=南海トラフだ。



 ※ちとPC打つのしんどいんで、痛みが引くまでコメントの返信はご勘弁を。
  こういう流れなんで、みなさんもじゅうぶん気をつけてくださいね。
・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


産めよ増やせよ大和撫子 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・・
英国は明治維新で天皇を捏造し、日本民族全部を奴隷化した  


(家康を、天皇をすり替えたとか色々話があるがすり替えは写真や遺伝子検査のない時代、日常茶飯事だったのでまあいいとしよう。北朝も怪しいし、南朝も怪しい。それ以前はもっと怪しい。出来上がった権力構造が大事なんである)


英国女王からガーター勲章をもらうということは臣下だということです。

そこから離れようと昭和天皇は自立路線を進めたが

破れて

雛人形にされ

ガーター勲章を再交付された

そもそも日本の明治維新の権力構造を設計したのは

誰あろう

謀略と語学の天才アーネストサトウだと思われる。

本来なら徳川と天皇が組んだ立憲君主国家になっていたはずである。

この男、話せるだけでなく多分、日本の文章を読めた。漢文も読めたのだろう。

もちろんこういうことは文書には残りません。

あるいは大英博物館にあるかもしれないが出さないでしょう。

だから歴史学には限界がある。

考古学だとインを滅ぼした周の叛逆盟約文が出てきたそうだが

そんなことがごく稀にありうる

信長暗殺計画を書いた近衛前久の文書が襖の下張りから出てきたり


そんな「ひょんなこと」がないと出てこない。

記録しなかったらそもそも出てこない。

人類が生きていくとはそういうものだ。

ガーター勲章はここ

ウイキはCIA製です。そのつもりで読んでください。


(わかっておればそれなりに使える。)

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
抜粋終わり


>そもそも日本の明治維新の権力構造を設計したのは

>誰あろう

>謀略と語学の天才アーネストサトウだと思われる。

>本来なら徳川と天皇が組んだ立憲君主国家になっていたはずである。

同感。

天皇ってやつの「キチガイ性」を上手く利用して、田布施の若者をさらに魔改造して、カルト国家にした。





なんか読んで下さいって感じ。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]


アベノミクスとは、日本社会退化運動で、日本人退化工作である。

逝きし世の面影  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
アベノミクスの親米売国と嫌韓ヘイト



FNN.jpプライムオンライン‏ @FNN_News

韓国の空港で職員に暴行 厚労省課長を“更迭”

厚生労働省のキャリアの課長が、韓国の空港で、職員を暴行していたことがわかった。
https://www.fnn.jp/posts/00414591CX …
#FNN

@marusun0303
朝の9時に泥酔?搭乗拒否られて当然でしょうが
常識のかけらもない奴が厚労省?
本当に情けない
そもそも酩酊して我を忘れるなら酒飲むな

@marusun0303
何より最低なのはFBに嘘書いてたことだよ!
自分が悪いのに、さも不当な扱いされたみたいなことでっち上げて、このまま厚労省で働き続けて、そんなろくでもない奴に税金で給料払うなんて絶対嫌だね
それこそ不当じゃないか



早川由紀夫‏ @HayakawaYukio

なんで母語の日本語でなく、英語で「アイ・ヘイト・コリアン」と言ったのだろうか?


『家庭裁判所で刺された女性死亡 離婚調停中の夫を逮捕』2019年3月20日 NHKニュース

20日午後、東京 千代田区にある家庭裁判所の玄関付近で、女性が男にいきなり刃物で刺されて死亡しました。刺したのは離婚調停中の夫で、現場近くの公園で警察官に取り押さえられ、逮捕されました。
20日午後3時20分ごろ、東京 千代田区霞が関にある東京家庭裁判所の1階の玄関付近で、女性が首を刺されたという110番通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、埼玉県所沢市に住むウィルソン香子さん(31)が首から血を流して倒れていて、意識不明の重体になっていましたが、搬送先の病院で死亡しました。
警視庁によりますと、ウィルソンさんは離婚調停の協議のため裁判所を訪れ、ゲート式の金属探知機の手前で刺されたということです。
ウィルソンさんを刺したのは東京 板橋区に住むアメリカ国籍の32歳の夫で、現場から逃走しましたが、まもなく日比谷公園内にある交番の近くで取り押さえられ、殺人未遂の疑いで逮捕されました。
逮捕された際、折り畳み式ナイフを3本所持し、自分の腕を刺してけがをしていたということです。
これまでの調べで、夫は裁判所の玄関付近に座って待ち伏せ、ウィルソンさんをいきなり切りつけたとみられます。
夫は身柄を取り押さえられた際、無言だったということで、警視庁は、詳しいいきさつを調べるとともに刑事責任能力についても確認を進めるとしています。

憂国の民・憂被曝疾患蔓延‏ @taooret1943

アメリカ人男性が日本人妻を殺害、だが名前も出さない?恐らく米軍兵士ではないだろうか?日本人とアメリカ人の犯罪者扱いにも差別が見られないか?主権無き国家の姿、我々の姿だと推測する。ここはアメリカか?

過剰な忖度『不可解な挙国一致(横並びで匿名報道)の日本国のマスコミの怪』

裁判所内での殺人と言う日本では非常に珍しい事件だが、一番不思議なのは殺された日本人の被害者の方は実名がマスコミに報道されている。
これにに対して、NHKだけではなくて朝日や毎日など他の報道機関も全く同じように加害者側のアメリカ人の名前が出ていない(マスコミが実名を伏せている)ことでしょう。
(日本人なら逮捕された時点で実名報道になるが、今回は米軍関係である可能性があると思ったので遠慮したのでしょうか。普通では有り得ない異常事態である)

ハフポストNEWS
2019年03月20日 『性犯罪の法廷は、どれほど被害者を傷つけるのか 無罪判決の医師わいせつ事件を振り返る』Shino Tanaka

『被害を訴えた女性は「法廷を舞台とした『公開処刑』だと思った」と意見陳述した。』
『科捜研の検査、裁判所の認定は「誠実さに疑念」もねつ造までは否定』

『有罪の証拠をでっち上げたらしい検察と警察(科捜研)』

有能な刑事弁護士によって『疑わしきは罰せず』(疑わしきは被告人の利益になる)の司法の原則で凶悪犯罪を犯しながら無罪になるアメリカなどの先進国と、それとは大きく違っている(平和で安全な)我が日本国の『起訴されたら99・9%、必ず有罪になる』司法制度を混同した、世にも恐ろしい発想である。
我が日本国ですが。被告側が無罪を立証しない限り『疑わしきは罰する』(疑わしきは検察の利益)で有罪になっていた。この制度のお蔭で、日本は世界一安全で平和なのである。
今回の裁判所は、ハフポストの記事にもあるように具体的に警察庁の科捜研の技官が証拠を有罪にするためにでっち上げたとは断定していない。ところが、事実上『証拠の偽装』だと言っているのですよ。裁判官は明確に麻酔による譫妄(元々猥褻事件そのものが無かった)だと判断しているのである。だから無罪になったのですが、この因果関係を完璧に無視する非科学的な発想のハフポストは見上げたものである。(今まで、警察の『科捜研』の科学鑑定なるもので、どれほど多くの冤罪を生んだか、日本の司法の暗黒の歴史を知らないのだろうか)
★注、
無視やり警察が自然死を『殺人だ』と断定して准看護婦の西山美香さんを自白させ、(もちろん諸々の有罪の証拠を大量に集めて裁判所に納得させて)一旦は有罪が確定、懲役12年の刑になっていたが、3月18日再審請求(無実の心象)が認められた直後のハフポストは何を言いたいのだろう。実に不思議な記事だ。


prints21 (プリンツ21) 会田誠

2月22日、公開講座中のセクハラで精神的苦痛を受けPTSDになったとして、美術モデル(39歳)が 京都造形芸術大学を訴える不思議な事件が発生している。この人は美術の素人ではなくてモデルなのに、ロリコンと猥褻な暴力的表現のグロテスク、常識破り(道徳心 に対するアンチテーゼ)とセンセーションで売っている会田誠の名前を知らなかったのだろうか。

(民主主義のいちばん基本的な原則として)個人の聖域としての『内心』 

近代民主主義は個人の具体的な『違法行為』は処罰するが、それ以前の社会では重罪であると考えられていた個人の『内心』は、どれ程モラルに反する不思議な考えであれ凶暴であれ異常であれ『違法』とはせずに処罰しない。
民主主意とは、個人の『内心』を聖域として守ることで成り立っていた。しかも個人の内心の場合、(個性が尊ばれるので)同一ではなくて別々であることが重要なのです。(他と同一なら値打ちが下がる)

主観的な『内心を語るな』普遍的な存在は、客観的な科学的事実だけ

近代社会とは個人の内心である宗教(道徳)から、切り離す事で成立しているのです。政教分離や思想信条の自由の原則ですね。その為に宗教から科学が独立することが出来たし、それで近代社会は成り立っているとも考えられるのです。
民主主義の基本は、どれ程悪い事でも(あるいは良いことでも)内心である限り守るべき(誰も責任を問われない)ものなのです。近代以前の個人の『内心』を問題視する社会は、これはもう今よりも道徳的ではあるが矢張り住み難い堅苦しい社会ですよ。国家や社会が、個人の内心について『あれは良い、これは悪い』と判定して取り締まる社会は断じて許してはならないのです。
内心の内で、『よい物だけを保護する』は駄目で、例外なく(悪いものも)保護するべきなのです。それでないと良い物も結果的には守れないとするのが、長い歴史から我々人類社会が学んだ民主主義の基本原則なのである。


2020年東京オリンピックのヨイショ(宣伝)NHK大河ドラマ「いだてん」の準主役ピエール瀧のコカイン吸引

ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』、ノーカットで公開へ 東映が発表 2019年03月20日 ハフポスト日本版

映画配給大手の東映は3月20日、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者が出演する同社配給の「麻雀放浪記2020」について、予定通り4月5日に公開すると発表した。瀧容疑者の出演シーンについてもノーカットで公開するという。
同作をめぐっては、瀧容疑者の逮捕を受けてレコード会社が関連商品の販売を自粛するなど波紋を広げており、公開の行方に注目が集まっていた。
2019年2月に強制性交罪で起訴された俳優・新井浩文被告をめぐっては、公開予定だった出演作2作品のうち1本(「善悪の屑」)は公開中止が決まり、もう1本(「台風家族」)は公開延期が決まった。
こうした自粛の風潮が進む中、東映がノーカットでの劇場公開に踏み切ったのは、極めて異例の決断と言える。
(抜粋)

★注、
このピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』の公開中止云々の騒動については、この『逝きし世の面影』でも1カ月前に別の記事で書いていた。何とも『成り行き』が怪しいのである。

フクシマの核事故から8年目の言論事情

2019年02月15日 | 政治



【検閲】斎藤工主演の「麻雀放浪記2020」が公開危機?東京五輪が中止となる設定に国会議員からクレーム⇒ネット「戦中か」「悪夢の時代」

1月31日に国会議員の麻雀議連限定試写を開いた際、東京五輪が中止となる映画の設定に“クレーム”が入り、斎藤は「(公開中止になる可能性が)あります」と渋い顔。マスコミ向けの試写は行わない方針で「設定自体がお叱りを受けています。試写をしてしまうといろんな指摘を受けて、(公開予定が)ゼロになる可能性もあるので、強行していきたいなということですよね」と内情を明かした。
関係者によると、斬新過ぎる脚本に当初から「公開できるのか…?」と危惧する声が上がっており、昨年末の時点で作品は完成していたもののマスコミ向け試写の中止を決断。試しに議員試写を行ったところ、疑問を呈され「やっぱり…」となったという。

★注、
違法薬物に関係した芸能人のレコードや映画の全面自粛の騒動は1999年の槇原敬之の覚醒剤不法所持から日本では行われるようになった。(1999年の槇原敬之の覚醒剤以前では、本人の逮捕で仕事が出来ない程度で、今の様な出演作品の全面的な自主回収などは行われていない)20年ほど前から日本がトンデモナク道徳的になったらしいのですから何とも不思議である。(逆に、このころから日本では、今までは無かった恥ずかしいヘイトスピーチが社会に溢れだしている)


・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


>(民主主義のいちばん基本的な原則として)個人の聖域としての『内心』

日本人は、あまり「内心の自由」は無い。

「天皇を信じてない」とかで、延々と憲兵隊や特高が、知識人から庶民までいびり倒しても

それの親玉の天皇は無問題で、それを執行した官僚役人たちも、「天皇が謝罪しれないのに、俺たちは悪くない」

で、戦後も押し通して「根性が無い」とかで体罰を加える教育が「強い人間をつくる」とつい最近まで賞賛されていた。


悪の根源の天皇を消さない限りに、日本人の人間としての生活は、儚い。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]