忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
7
29 30 31
リンク政治向けメインですけど。
最新CM
[05/29 ローレライ]
[05/28 chtk217]
[05/26 ナオト]
[05/26 ローレライ]
[05/25 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
[1] [2]
人に対する批判は、慎重に構えて検証してからでないと、追従してはいけない。

論語にも似たような意見があったと思う。

福田元昭先生。すいませんでした・・・。





拍手[0回]

PR
姪っ子の不眠気味・特に入眠障害。


これはどうも「起立性調節障害」の疑いも強い。


ので、睡眠のバランスを回復するためにも、しばらく姪っ子がネットしないように接続を切ります。


明日の米大統領選の結果と分析を見れないのが残念ですが、やむなしです。



拍手[2回]

政治向け。


仕事が忙しいので、しばらくは、週一日か2日だけ書くことにするつもり。記事は載せた日に一日に一個とは限りませんが。




ただ「一日一回」は、「ネット写経」みたいなもので、続けます。

あと寺社参拝の記事も書きますけど。


政治向けは、少しさぼり・・てことで。



失礼しました。

拍手[1回]

「播州武侯祠遍照院」

から、


「渾沌堂主人雑記」

に名前を変えました。

旧名もしばらくは併記します。



そもそも旧名の頃、それもまだ楽天ブログだったころは、

おもに「歴史」「ゲーム」「仏像」「半ニートの日常」

てのを書いていて、政治向けも書いてましたが、ほぼボヤキに似た感じで書いていたつもりでした。


でも、あの「黒いひな祭り事件」=「西松事件」時に、

もう危ない。と思い、「無明道」というカテゴリーてこで、政治向けの本格的に書き始めた次第です。

その時に「あなたの贔屓の小沢さん」と古いなじみの読者の方のコメントに大変頭に来ました。

あのころは、私はもっとアカの左巻きで、小沢支持でなく菅・鳩山支持でしたが、あの無理筋の検察の告訴や、マスコミに騒ぎ方は、「独裁国家で独裁者が、敵対する野党の指導者を叩く」のと同じでしたし、あの件で、小沢が有罪なら、自民党の議員の大半が懲役刑でしょう。

そのようなことすら、そこそこ賢い人でも気づかない。学校教育・マスコミの洗脳・自民・アメリカ信仰のすさまじさに慄然としたものです。

私の政治向けの意見など、眼のあいた人なら「まだ無明だよな・・・」というレベルだろうし、

洗脳どっぷりの「幸福{で阿呆}な人たち」には

「陰謀論に嵌った無明人」ということでしょうが、

同じ阿呆の中でも、その闇の道・「明{明かり}の無い」道を疾走する。

てことで、名付けて書き始めました。


で、こちらのブログに移って、この数年前か・・

無明道と名付けて書いてました、世の中は、本当のそっちに爆走して、破滅に刻一刻と地下図いているように思いました。

ならば、せめてその名前を変えたら、そこはましになるのかもしれない・・・まあ呪術的ですが、何もしないよりはマシと「渾沌堂」とその記事カテゴリーは変えたわけです。


渾沌 とは、荘子応帝王編の最後のあるエピソードに出てくる「王・カオス」の名前です。

荘子・老子・道教研究の泰斗だった福永光司先生が「イノチ無きコスモス・秩序よりも、命あるカオス・混沌が良い」とよく言われてました。荘子の注釈の本によく書いてます。

私は「命あるカオス」とは、人間の阿呆な分別・知性では「カオス」にみえても、本当は命の観点からみたらそれこそが「コスモス」ではないのか。と思います。

その命のコスモス=カオスこそ大事ということ。

あと阿呆な私の記事は、まあ賢い人のように論理立っても、秩序正しくも統系だってもないてことで、「渾沌・堂」とした次第。


あまりに政治向けの記事ばかりのなったので、名前をそちらに完全にこのたび変えた次第です。


本当は、昔日のように、時々政治向けの愚痴を書く程度の社会になれば良いのですが・・・

しばらくは無理な、地獄・無明へ一直線の日本を、なんとか生き延びていく所存です。



拍手[2回]

漢籍古典の記事は、できたら、避難先の別館にメインに。

播州武侯祠遍照院 別院 避難所ていうか別荘かな。

でいけたらね・・・

て思ってますが、今のところは、そういう希望。

拍手[2回]

忍者ブログ [PR]