忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

再生の時・・

新むーのブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・

ある著名な方の講演会に行かれ、「夏至から7月7日までは特別な期間で、夏至から25日までは準備期間とも言ってて、人間が変わるということです」との内容でした。その夜詳しくお話を伺いましたが、主人曰く、「1年ぶりの連絡かぁ、これは何かあるな!」




・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


夢の中で

「生まれ変わりの時・・・」

と最近の歌で歌詞が変わっていて、そういう風に言っていた。


生まれ変わりの時・・・なにの?


吉兆で在らんことを・・・


「不死鳥は生焼けでは復活できない」

というが、そういうのならまた「一度燃え」そうな気もするが・・・物騒でないのを祈ります。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[3回]

汚れていようと生き抜かねばならぬ・・殺されてたまるか!

この9月16日に見た夢・


・・・・・・


福島第一原発の放射能禍は、シャアー・アズナブルの「人類粛清」とおなじだろう



・・・・・・・・・


シャアー ウイキ

参考 


凄まじい天才と精神の幼稚性の産物・・・。



17日の夢


・・・・・・・・・


今の世の中は五濁悪世


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

五濁悪世 参考 



その通りかな・・・特にホで汚染・教育とマスコミで洗脳で汚染・・。



お読みくださりありがとうございます。


拍手[0回]

天地の間は、ふいごのごとし。

今朝みた夢。

・・・・・・・


「天地は、フイゴのようなものだ。」

てのは修正しなくていい。


なにか看板らしきものを作っていて、ほぼ全部修正しないといけないけど、「天地は、フイゴのようなものだ。」は、修正しなくてよかった


・・・・・・・・・・


起きて、老子を調べると

「天地の間は、ふいごのようなモノ」{第5章}とあった。


老子 第五

http://www.eonet.ne.jp/~chaos-noah/tao/tao_5.htm

上記文抜粋
・・・・・・・

天地は不仁、 万物を以って芻狗となす。

聖人は不仁、百姓を以って芻狗となす。

天地の間は、それタク籥の如きか。

虚にして屈せず、動きていよいよ出ず。

多言はしばしば窮す。中を守るに如かず


・・・・中略・・・

<解釈>


  天地は仁ならず。万物をワライヌと為して、そこに愛憎などはない。
 聖人も不仁であり、人々をワライヌの様に見て、えこ贔屓をする事は
 ない。
 
 天地の間は、尚、ふいごの様なものであろうか。
 
 中空で、中味がない。
 しかし、それ故にこそ、そこに動きがあり、万物を生じ、
 様々な変化を起こす。
 
 この様な、自然の働きを無視して、作為技巧に走り、多くを語る事は、
 しばしば 我が身を窮地に導く事になる。 
 何事も「中」、即ち、程々を守るのが一番良い。 



・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


下手にしゃべらないようにしたい・・・

し、心空しく「空」にしていると、幸いも元気も湧いてくるってこと・・・。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[3回]

        
  • 1
  • 2
  • 3