忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[1]  [2]  [3
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
今朝みた夢。

・・・・・・・


「天地は、フイゴのようなものだ。」

てのは修正しなくていい。


なにか看板らしきものを作っていて、ほぼ全部修正しないといけないけど、「天地は、フイゴのようなものだ。」は、修正しなくてよかった


・・・・・・・・・・


起きて、老子を調べると

「天地の間は、ふいごのようなモノ」{第5章}とあった。


老子 第五

http://www.eonet.ne.jp/~chaos-noah/tao/tao_5.htm

上記文抜粋
・・・・・・・

天地は不仁、 万物を以って芻狗となす。

聖人は不仁、百姓を以って芻狗となす。

天地の間は、それタク籥の如きか。

虚にして屈せず、動きていよいよ出ず。

多言はしばしば窮す。中を守るに如かず


・・・・中略・・・

<解釈>


  天地は仁ならず。万物をワライヌと為して、そこに愛憎などはない。
 聖人も不仁であり、人々をワライヌの様に見て、えこ贔屓をする事は
 ない。
 
 天地の間は、尚、ふいごの様なものであろうか。
 
 中空で、中味がない。
 しかし、それ故にこそ、そこに動きがあり、万物を生じ、
 様々な変化を起こす。
 
 この様な、自然の働きを無視して、作為技巧に走り、多くを語る事は、
 しばしば 我が身を窮地に導く事になる。 
 何事も「中」、即ち、程々を守るのが一番良い。 



・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


下手にしゃべらないようにしたい・・・

し、心空しく「空」にしていると、幸いも元気も湧いてくるってこと・・・。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[3回]

PR
夢の中で

・・・・・・

地震の予知を、電話で教わる。

「名もなき世界の諜報団」

とかいう組織があるらしい。

日時はわからんし、場所も日本国内だけで、不明。でも私の居住地域ではない。


これをブログに乗せるかどうか?迷っている


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


わけわかんので、書きました。

ではまた。

拍手[0回]

昨夜の夢

・・・・・・・・・


やしきたかじんが、生き返ってきた。

ので、その一時帰省を祝う番組か宴会をしている。

で、その中でパティシエの鎧塚さんのスイーツを頼むコーナーのようなモノがあるが、

彼の嫁の川島なお美さんが、癌とホで貧相になっているので、どうしようか迷う。

その項だけ、なにか飛ばせないかと、機械をいじっている



・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

妙な夢だが、たかじんと川島なお美さんがほぼ同じ経過をいっているのだろうか。


複雑な気分。




拍手[0回]

ちょっとびっくりした。


御来訪 



ではまた。

拍手[0回]

今朝{8月28日}朝方見た夢。



・・・・・・・・・

なにか放射能対策のことで、

「これでは9月以降、ごろごろ死人が出る。涼しくなっても、それはそれで原因で」

と思っている。


「ロマンチック、胸が苦しくなる~胸が苦しくて 止まらない」

てな昔の歌が聞こえる。

CCBってグループか、チェッカーズだったか。


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

自分のことか・・・・と思い少しギョッとした。


ただ、世界・日本のことだと


>胸が悲しみで苦しくなるほど、死人が出る。

あるいは

>死人が止まらないことの悲しみで、仏神の胸が苦しくなる・・・・。

というすさまじい予想図もある。


ちょっと気になったので載せときます。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/21 ナオト]
[11/21 笑む]
[11/19 ナオト]
[11/19 ナオト]
[11/19 仏教徒]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved