忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
読めないニックネーム 再開版 より

上記文抜粋
・・・・・・・
☆かおりのすけ☆‏ @kaorinosuke 7月17日
次々現われる変な雲に名前を付けてしまえば、皆思考停止。わざと間違った名づけの呪術への対策は、
孔子がすでに教えてくれている。
名づけの呪術は、
「人知を超えた確かめられないことの断定」
とセットであることが多い。
こちらも孔子は対策している。

孔子
「必ずや名を正さんか」
「適切な名前をつけよ」

「いまだ生を知らず、焉んぞ死を知らんや」
「死んだらどうなるか知らない」

「怪力乱心を語らず」
「人知を超えたものを語るな」

儒教も無記だし、スピリチュアル否定。

孟子の易姓革命論
「徳を失った王は王の資格を失っているから殺して良い」

孟子「トップがクズなら殺して良い」

支配層が無能だったりクズならぶっ殺してOKな儒教。
血統の断絶ではなく、徳の断絶が易姓革命の根拠。

儒教は両親や君主が間違っていたら子供や臣下が
「あなたは間違っている」って言いなさいって教え。
上に盲従せよという教えだと騙るプロパガンダに惑わされないように。

孔子
「たとえ鞭で打たれようとも親の誤りは正せ」

「三回諫言してもダメなら君主の元を去れ」

ボスが明らかに間違っているなら部下が苦言を呈さないといけないという
諫言も儒教の教義。

適切な名づけ、無記、易姓革命、諫言
を抜いたら儒教カルトであり儒教ではないので注意!
悪政用の万教帰一カルトは上記の悪政を防ぐ教えを抜いているのが特徴。
儒仏の道徳の破壊を実践中の支配層。
せっかく漢字圏に生まれたのだから中国古典を読まないと損だよ!

「儒教は上位者への盲従を説く」との誤解についての解説
https://togetter.com/li/664524
では原文と翻訳のセットで丁寧に解説されている。
一部抜粋。・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

子子子子子さんは、改めて思うによくわからん。

ねこたさんは、「耶蘇金系の工作員」とは言ったが、まあ普通でないのは確かだ。

もしかして、ねこたさんが工作員に嵌められた可能性も捨てきれない。で私もそれにうかうか嵌った可能性もある。

ただ私は「理趣経」と修験と孫老思想が金鉱脈と思っているので、少し違和感があるけど・。

まあ、でも、いい文章はどしどし載せるのが私の流儀なので。


老子がいうに「本当の真理は、決まりきった固定のものでない。本当の名前は、固定された名前でない。」
http://www.eonet.ne.jp/~chaos-noah/tao/tao_1.htm

後忘れていたけど、天皇制は、儒教ではない。万世一系など易性革命がないので、これはカルト宗教です。

まあ天皇家自体は「政治権力を捨てて、宗教的権威として生き延びた。今後一切政治には関わらない」ていえば、存続は可能。家としては・・・。

「政治的な」意味での禅譲を果たしているから・・
なのにまた明治で政治的な強大な権力を持ってしまった。ので、また今でも易姓革命で地位か命が狙われる対象になったのだから。
いっそ天皇制やめて、一宗教法人になったほうが、確実に生き残れるけど・・

それができないから、日本が滅びるのか!!ってわかるよね。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
幻の桜 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
自分を全てが助けてくれる事 それを運というんだ

「 俺 思うんだけど 実際に 運が悪いって言ってる人達も


実は運に助けられて そうなっちゃってる事が多いんだよね  」




運を良くする秘訣を聞こうと思ったら 開口一番 よくわけのわからない答えがされた 



運が悪い人も 運に助けられてるって? どいう事っすか Hさん


(・・?



「運を良くする方法って 


これが実は当たり前の事言うな ってつっこまれるかもしれないんだけど・・・・




自分が運が良い と思い込んじゃう事かな




ある心理学者が言っていたけど 



何か嫌な事が起きて 



その度に


自分はついていない とか 悲しむ状況を 認識すると



それに引きづられるように 


人間の無意識を司る領域が 度々そういう事を 繰り返すようにしちゃうんだって 




自分を不幸だと思うと その暗示が 無意識的に入っていってしまう




それが良いものだろうが悪いものだろうが 


不幸な自分を再現しちゃう


所謂 暗示効果

プラシーボ効果ってやつなんだけど 



そういう事が度々訪れやすくなる 


その負の連鎖に楔を 打つ事が大事なんだよ 」




「へーーーーーー暗示効果ぁぁ 」



(・・)



「具体的には 


○○○さん

お金持ちで


バブル時代以後 いつも高額納税者番付の常連になられている方が居るんだけど


彼は 傍目から見れば どんなアクシデントや災難に見舞われても


「運が良い 」


と言って くよくよしないんだって 

周りのお弟子さんも 不思議だなあと思いつつ


そのお金持ちさんの真似をしたら 結構 ついてる事が続いて


そのうちの何人かは 高額納税番付にでちゃった 」




ほうほう (゚д゚ )



「たまたま起こった アクシデントや災難不本意な出来事を



不幸な自分という観念に置き換えて 自分で受け止めて



根付かせちゃうと 



人体の不思議な作用で



またそういう状況を 不幸な自分を 無意識的に 再現させちゃう



自分は不幸だと思っちゃうと



より不幸な事が訪れるようになってしまう 仕組み らしいんだよね 




これって 最近の学説的にも 証明されていてね・・・・ 」 



へーーーーーー ( ..)φ


「それから運を良くするのに 最も大事なのは  目標と言うか かならず成し遂げる理念というかという

人生の目的を 持つ事



そしてどんなにその目的に反する出来事が訪れても



目的は絶対に叶う物 必ず叶う叶う と粘り強く念じる事かな 



目的はより大きければ大きい方がよいね



目的を持てば 不幸な自分を認識しても


必ず達成する いつか達成する と思えば その意識にひきづられるから 」





目的 目的なら あるぞぉ (*゜▽゜ノノ゛☆





「 知人で 10数年以上 彼女ができない男が居たんだ


外見も110キロ以上太っていて 

服もだらしなくて 清潔感も無い状態で 秋葉系で 収入も・・・・・で



おまけにネガティブでカップルとか見ると卑屈に罵っていた  


ほとんど男として まったくもてる要素が無い男が居たけど 



彼は10数年間 片思いとか 失恋するたびに 




「いやもっと良い人が現れる 理想の女性が現れるって 」


それだけ口ずさんでいたんだよね 呪文の如く



そしたら・・・・」




「そしたら・・・・・?」



「なんとびっくり 10以上も年が若くて CMのモデルさんをしている



超美人で性格が良い女性と 


いきなり付き合いだした  彼がもてない事を知っていた 


生涯彼女ができないだろうなあって なんて思ってた 


知人は びっくり仰天 目をひん剥いたよ 


何でよりにもよってあんな可愛い子がっ???て感じで 



なんか不思議な縁であったらしいけれど 念の力ってやつかな?




しかも10年間 彼がぶつぶつ口ずさんでいた理想どおりの女性に限りなく近かったから 

またびっくりで~\(◎o◎)/! 」





へーーーーーーー 私も\(◎o◎)/!です 



「 で考えた



もともと運って言うのは 何かをする時に 

自分を助けてくれる力のことであると 

僕は考えているんだよね 



運って言うのは目に見えない力も含めてだけど 



自分を全てが助けてくれる事



それを運と言うんだ 



勿論 助けてくれるには自然のスピードの範囲内なんだけれど 




助けを求めなければ 誰も助けには着てくれない 


やりたいと思う事がなければ 誰もやりたい事を手伝ってもくれない



運をつけるには まず意思が大事なんじゃないかって 


そのもてなかった体重110キロの



彼も 凄くネガティブな言葉を口にしていても 


絶対 理想の女性ができるっていう意思 確信は持っていたから  」




なるほどねえ ( ..)φメモメモメモ ・・・・・



「 でさっきの話に戻るけど 


実際に 運が悪いって言ってる人達も


実は運に助けられてるんだよね 」



(ToT)ええっ だからそれが意味が ようわからないんですけど・・・・ 




「 運が悪いと思ってる人は 



意外と先にあげた人体の習慣で 



または自分が 普段使ってる言葉から



苦労したり 不安な状況をよく口走ってる  



もしくは心のどこかで不幸を楽しんじゃってる事が多いんだよね



人間の構造や宇宙って 



それが良かれ悪しかれ 望んだりイメージしたものを 全て与えちゃたり 助けちゃう性質があるから



自分の普段の意識では そういう不幸な状況を望んでいないと言っても 



普段何気なく 


しゃべってる 自分の言葉



疲れた とか 嫌だなあ とか お金が無い とか 言う言葉は

 

なんかしら使った事あるでしょ?」


あっ そういえば (・・;)


「 あと


不幸な自分 悲しい自分 と言う意識 



そういうキーワードのような言葉や意識が 周囲の力に助けられちゃうんだよねえ 




そういえば 今年自殺した大臣も 生前の映像をテレビで見たんだけど


全盛期の時代に テレビカメラの前で 


俺は首くくらなきゃ とか 自殺しなきゃ とか


口癖のように 口走っているのを みちゃってさあ 鳥肌がたったよ 」





(( ;゚Д゚)))えええええええ あの自殺した大臣さんも そういう言葉を使ってたとは








「自分の目的をかなえるのにマズ自分の口癖から変えることって大事だと思うよ



ラッキーとか 運が良いとか 



昔の格言でも 己の最大の敵は己 っていう言葉がある



自分の不幸な状況を追い払うには  

不幸な状況を作り出しちゃってる自分を倒す事がまず一番最初にすべきかも 」



なるほど 良い話を聞きましたぞ

o(^▽^)o

では今日からMAHAOの口癖も 運が良い美人♪ にしようっと 





「 あと MAHAOちゃんはその心配は無いだろうけど 

人の恨みは買わないほうが 良いね

運って 全ての意思を等しく 叶えちゃう性質みたいだから

だからどんなに自分が 良い意識 良い口癖を使っていても

多くの人の恨みを買うと その意識を運が助けちゃうかもしれないから 」



・・・・・・・・・・という恐い言葉を聴いたところで 次号に続きます 


蛇足ですが 

今日はアメブロがさくさくアップできました 

何でも昨日はメンテナンス中なのでアップしづらかったとの事 


そんなメンテナンス中にも拘らず 3回アップできた私って

なんって運が良い (^^ゞ エヘヘ 
 


             タイトル BY 知人のHさん 



・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


謙虚さと卑屈は違う。と西郷さんの師匠の島津斉彬が言っていたとか。

逆に

自信と驕りも違う。あるいは「自分を奮起させる言葉」と「自分を上げるために他者を罵倒する
」のも違う。


それが大事なのはいうまでもない。

人がほめないのだから、自分で自分をほめても悪くは無いよな。


あと、ネトウヨ・ネトサポが日本や自分自身について奮起の言葉をいい、他者を貶めて、発奮しようとしているけど、
これは諸刃の剣。自分の不安でこういう言葉をいうと、その不安を増強させる面もあるのだ。

で、さらに他者を否定し罵倒していると、敵はできるし敵情を正確に認識できず破たんする要因になる。

まあ、「日本最高!」っていうのはそれほど悪くないが、「中韓は糞・在日は滅びろ」とかいうと、それは恨みとか怒りの対象になり、さらに自分自身の不安なり恐怖心を増強させる羽目になる。


自賛他貶は仏法の恥釈迦の恥とかいうが、一番嫌われるのは他者を貶すことで、これで耶蘇教は豊臣政権・江戸幕府と弾圧された。


>自分の不幸な状況を追い払うには  

>不幸な状況を作り出しちゃってる自分を倒す事がまず一番最初にすべきかも


「彼を知り己を知れば百戦危うからず。」と孫子はいう。

いかなる事態になっても生き延びる道もあり、上手くいけば逆転も可能だ・・自分と他者を冷静に見れたら・・・
それを忘れずに、一生懸命に自分を洗脳しよう良いように・・。自分をネガティブな気分でなく冷静に見つめたら、意外と宝物が自分の中に埋もれているものですはね・・。
て半分自分への励ましですが、そういうものかな・・・て思える次第です。

今日はこのくらいで・・・


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

幻の桜 より

上記文抜粋
・・・・・・
あさきゆめみし



「 地獄を見せてあげる  」

Mちゃんに誘われ 導かれた先
吉野川の上流 

国道沿いに 流れている川を一瞥して  
彼女は こう呟いた 


怨霊が戻り始めている 
春に一旦 霊達は姿を消したけど   
強い怨念だけが 戻り始めてる  

取り返したい 響きが 川に木魂しているの  」


・・・・・・・中略・・・


桜の樹の下には 
死体が埋まっている 


能の物語の多くには 
古代の権力者達の哀れな願いが 
こめられている

お前達 恨みが怖いから 
祈祷して 封印してよ 
というメッセージがね


吉野咲く 
桜は けだし
山を覆い尽くせど 
咲き乱れる様に 
悲鳴こだまする


桜は想いを取り込む樹 
その美しさは 
怨念すらも 取りこんだ 
王達は そんな桜の花を 
こよなく称えたの  


自分を恨んだ者の魂を
封印してくれるんだもん 
こんな めでたい存在は無いわよね 

座と 封印
桜は 霊達が木魂する呪

桜の樹から 
こんな声が聴こえるの

苦しい 
切ない 
辛い  」

φ(・・;)・・・・・・・




・・・・・・
・・・・・
抜粋終わり



たびたび書くけど、吉野の金峯山寺の蔵王権現。高野山金堂の薬師如来{アシュク如来}。

ほぼ開かずの秘仏が、ご開帳。特に吉野のは毎年・・・

で「とりかえし」


座間市の事件も、精神的食人だった人が、本当に人食いになってしまったか?そういう意味での取り返しもあるのかも・・・

些細なことで怒る人とか、これは放射能も大きいが、「取り返し」の影響もありそう・・。


封印されてきたのは怨念・怨霊だけでなく、ケネディー暗殺事件ファイルもご開帳・・。

昭和天皇の戦争責任もやがてご開帳になるだろう・・・。

日本のヤマト人食い天皇政権だけ、封印を決め込むのは不可能・・・天皇ご一家はわかっているようで・・・真摯に努めてはいるが・・・まわりが悪すぎ・・・。


さらに抜粋
・・・・・・・・・

まるで夢殿と地獄を凝縮した世界   
私には そう感じた 



神武がやって来て 
この地の 地獄がはじまった

征服の過程で 
多くの人は殺されたけれど  

地獄はそこで 終わらなかった  
吉野熊野一帯は 
昔から 
鉄や金属が産出してね  

古代の権力者達にとって 
鉄や金属は お金そのものだった 

先住民達は それを掘りだす為に駆り出され  
過酷な労働で使役され 
用済みになった遺体は
川に流されたり 
土に埋められたり 」


φ(・・;)・・・・・・・


ヤタガラスは 裏切り者 

奴が 神武をもち上げて 
この地に 地獄を作ったの 

神武に手を貸した方が 
得と感じて
神武と ニギハヤヒの息子を引き合わせたの 
ニギハヤヒの弱点を 
子供と知っていたから 

神武は 息子を取り込んで  
ニギハヤヒに会いに行った 

その道程で 
多くの人々を殺しながらね

ヤタガラスとは 紀氏の始祖 
アメノミチネ 

奴の手引きで 
多くの地獄が作られた 」

φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・


神武を 王位に導いた ヤタガラス 

そして無辜の人々が殺されていくさまを嘆いたニギハヤヒは 
国を譲る決心をし 

アメノミチネは 
その功績の見返りに 
紀伊の国を受け取った 

その地のリーダー達は 
神武一派によって もう惨殺されていた
  
でも新たな領主となった 
紀氏一族は 
より過酷に 人々を蹂躙した 
 
奴隷にして 殺し
用済みになった遺体は 川にどんどん流し 
逆らう人々を 山に追い詰め 
埋めていった    

熊野全域に 
暴力と収奪は 広がって
この地に生まれた 
夥しい怨念を鎮める為に 
無数の塚が建てられた 
寺や神社も 築かれた  」

φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・


そして紀氏の末裔は 
今も影で 天皇を支えている 

世界遺産となることで
この地に人が集まったのも 
この地の 
結界が崩れかかっていたからじゃない? 

封印する為には 
多くの人のエネルギーが必要だから 

塚は 
人が死んだ証 

ヤタガラスは 
魂を封印する役目を請け負わされていた

火で 魂を追い立てて 
水で 洗い流した   

彼らはこれに類する行事を 
紀伊で 長年 続けてきた  」

φ(・・;)・・・・・・ 


でもね 
彼らも一つ忘れている

水で怨念は消えないの

水は怨念を 祓うだけ 
そして祓えば祓う程 
その想いは水に木魂し  
執念深さを産んで 
より強く遠くに 
広がっていく 」

φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・


川の封印を解くのも 
簡単

川の上流に行って 
祈ればよいだけ
怨念を自由にしてと 」

MAHAOは 塚の前で 
お祈りをしました

石さん 木さん 自然さん 
なにとぞ この地で 封印されている魂を 
みんな自由にしてください

そして世界中で封印されてる魂も 
みんな 自由にして下さい 

彼らの魂が 自己愛を取り戻せますように 
(―人―)
みんな 永遠に 楽しく 豊かに 自由に生き続けますように 

・・・・中略・・

帰り途 
Mちゃんが こう呟いた   哀しそうに 


私にはわかる 
あそこに居た想念 
みんな復讐を誓っていた 

いくら鎮めても 
もう抗えないでしょう 」

φ(・・;)・・・・・・・・


封印が解ければ
旧家と言われている 
ほぼ全ての家系が 絶滅する


もしも
私の存在が 消えてしまっても  
私のことは 決して忘れないでいて  」



追伸


ヤタガラスの起源は 
中国発祥の日烏 

その事からMちゃんは 
(ノ゚ο゚)ノ
紀氏の祖先は 
中国から渡った渡来人が源流でないかと 
推察しています

ちなみについ先頃ワールドカップが在りましたが 
何故かサッカー協会のマークが 
ヤタガラス
φ(・・;)・・・・・・・・


某血筋さんの影響でしょうか?

ちなみにMちゃん曰く 
日本のサッカー勝利を願う為に
ヤタガラスに 祈りを捧げる事は 
紀氏一族に 祈りを捧げてることに
等しいと言ってました
(・ω・)


また追伸

某方からご質問があったので
お答えします
<(_ _)> 

封印の行事を裏で取り仕切ってると
ネット上で噂されてる組織 ヤタガラスウンチャラカンチャラ
(>ω<)/ 
そのメンバーは戸籍が無いと言う噂ですが
(・・;)?


でも Mちゃんの曰く 
別に戸籍が無いわけじゃなく
宗教に携わる人間は 
宗教上の理由から
比較的 容易に 
名前を変えることができるそうな 

そうすると名前を 辿り
探すことが 難しくなるので
(・・;)
その経緯故  
戸籍が無いと言う誇大解釈が なされたと 

まあMちゃん曰く 
戸籍制度自体について 
こう語って いました 

「 だって戸籍は 管理する為に生まれたものじゃない 」

<(_ _)>



http://www.youtube.com/watch?v=yWZI676nViE

三本足のカラスは 偽物 



・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり


いくら悪事を封印しても、巨大すぎたり、善事を怠ると、簡単にそれは壊れる。

まあ、それが起きているのだ・・・。

死にたくないのなら、善事をなさいな偉いさんたち・・・

「ただ賢、ただ徳のみが、人を心服させるのだ」{劉備の遺言}

「悪を小なりとも為すなかれ。善は小なりとも為さざるなかれ」{劉備の遺言・七仏通誡偈}


神武たちは、光武帝と違って、

他人とともに楽しむのはその楽しみも長いが、自分一人で楽しむのは長く続かずなくなるものだ 

ではなかったのを誤魔化してかくして、取り返されるようで。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

神々がうごいとーと  より

上記文抜粋
・・・・・・・

座間神社の飯綱(いづな)権現が気になります。
http://www.zamajinja.or.jp/yurai/index.html

 飯縄(飯綱)権現は、白狐に乗った烏天狗。
                          秋葉大権現、荼枳尼天とよく似た姿に描かれます。

大本は長野県北部の飯縄山。
東京都八王子市の高尾山も、飯縄権現信仰で知られます。
http://www.takaosan.or.jp/about/

飯縄山といえば戸隠ですね。天の岩戸の戸隠。
戸隠神社の九頭龍社は、天手力雄命以前の地主神だった九頭龍を祀っています。
飯縄権現の誕生にも、この9つの頭の龍(大蛇)が大きくかかわってます。

福井県にも九頭竜川や九頭竜湖があり、前回の記事では2012年5月21日の九頭竜湖の大型冷凍庫についてふれました。
火⇒日=氷(ひ)。火の禊⇒日の禊+氷の禊。だと。

2012年5月21日は原発ゼロの金環蝕=天照大神の天の岩戸びらき。太陽のミロクの誕生。
そのはじまりと同時刻に、九頭竜湖で大型冷凍庫の中から「オワリのまどか」さん(愛知県一宮市)の遺体が発見され、太陽のミロクが否定された(=原発推進)場合の未来が暗示されました。
今回の座間市緑ヶ丘の事件は、「九頭竜湖の大型冷凍庫」とつながってると思います。
クーラーボックスですしね。

白山を水源とする九頭龍湖と九頭竜川の由来は、平泉寺の白山権現です。
2013年9月9日、トルコ日本人女子大生暴行殺傷事件(カグツチのイザナミ殺し)から、白山の事象中心は平泉寺白山神社になったと書いた、その平泉寺です。

717年、白山の火口湖、翠ヶ池(みどりがいけ)から九頭龍王があらわれ、イザナミの化身(妙理菩薩)と名乗ったといわれています。
いまの事象に置き換えれば、九頭龍=99り姫イザナミなんです。

おまけに座間市の緑ヶ丘と、白山の翠ヶ池。
首吊り士=首99り士。

また、戸隠神社には火祭である柱松神事があって、その絵図はこうなってます。
イメージ 2  奥院権現というのが戸隠ですね。九頭龍とイザナミ(白山)と飯縄(座間神社)と火祭(=火の禊)との深い関係が見えてきます。

事件はまさに、黄泉のイザナミの99り⇒「衆院選=オワリの十月十日&オワリのはじまり」の流れで起きてるんです。

もちろん安倍のテオティワカン太陽のピラミッドの祈り=生贄祭祀のはじまり、ともつながってます。

容疑者は白石という名まえ。
白石氏の発祥は陸奥国刈田郡で、家紋は九曜紋。
家祖の刈田経元の母は、安倍頼時の長女。
前九年の役で討ち死にした安倍貞任や、宗像に流された安倍宗任(安倍首相の先祖)とは兄弟にあたります。
容疑者の白石姓がその血筋かどうかはわかりませんが、すくなくとも「9+白石」は奥州安倍氏とつながっている。

座間市の総鎮守は鈴鹿明神社。
http://suzuka.or.jp/yuisho.html

祭神はイザナギとスサノヲ。
もろ父なる火の禊ですね。

鈴鹿とは鈴明のこと。我欲から離れた素直でまっすぐな心を意味します。
また、座間郷の由来は鈴鹿明神社の「イガスリ」祭にあると、座間市のHPにありました。
「イガスリ」とは坐摩大神(いかすりのおおかみ)。
大阪の坐摩神社が有名です。
http://www.ikasuri.or.jp/yuisho.html

「坐摩(いかすり)」はもともと土公(おごろ)が土の中をかきまわし、土壌を回復させることを意味します。
日本のへそ、長野の生島足島神社の神々とも関連します。

波比岐(はひき)神は土地の穢れを祓い、阿須波(あすは)神は土地を清めます。
綱長井(つながい)神はケガレの侵入を防ぐ結界。しめ縄。
地鎮祭詞の神たちですね。

そうした聖なる土地が「イカスリ」であり、皇居もまた「坐摩」なんです。
音読みすれば坐摩は、座間。
そういう意味合の地名をもつ場所で、凶器はロープ。
わかります?
結界のしめ縄で、首を絞めたってことです。

しかも絞められた首の数は、九頭龍(九頭大蛇)⇒99り姫イザナミを指している。
まさに現在の縮図です。
最悪の縮図。

かつて黄泉のイザナミのこんな脅迫めいたメッセージもありましたね。
五百の頭の鎌いるか...?

僕らは清浄の大地をケガし、ケガレを防ぐべき結界の縄で首を99り合っている。
まるで根底に自殺願望があるかのように。

座間市の事件で表現されたのは、まさに父なる火の禊へとつづく黄泉のイザナミの99りの流れであり、人類の現代文明の姿そのものであるといえると思います。

地(地球)が鎮まるわけがないですよね。


・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

お稲荷さんの本地仏の一つにダキニ天がいる。

人肉を喰う邪鬼だったが、仏法に帰依して、当座は死者の心臓を喰うことは許されていたとか。

コメントを書こうとして、心臓を 晋三て変換で出てしまいあわてて消しました・・・

お稲荷さんも、怒っているのか?


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

アバンギャルド精神世界 より

上記文抜粋
・・・・・・・
悟って後、俗世を生きる

人間ドラマを演ずることのできない人

悟っていない俗人が、俗世を生きるのは、大変だし、全身全霊の努力も要求される。だが、悟った人でも、煩悩まみれの俗世を生きるのに耐え得る人とそうでない人がいる。

悟った人から見れば、悟った人も悟っていない人も同じだし、まして悟った人同士の差については、婉曲にしか表現しないので、わかりにくい。

悟って後、俗世を生きるとは、煩悩を生きるということである。禅では、悟って後、煩悩を生きることを聖胎長養とか、悟後の修行という。

禅は、西洋錬金術やチベット密教では、「乾いた道」「近道」などと呼ばれていると思うのだが、それは、悟後の修行があって、クンダリーニ・ヨーガでの悟りに近づくと考えられているのではないかと思った。

20年近く悟後の修行をやった臨済と大燈国師宗峰妙超。宗峰妙超は、9年間も字も読めない乞食の群れに日がな過ごした。ホームレス9年はきついが、インテリで極めて精妙な感受性を持つ覚者がそこで風雨を逃れるすべもなく暮らすのはまして生きづらい。

そういう第三者が見たら全く無駄で非生産的な悟後の修行のことは、本人も言わないし、後世のライターも書かない。だから余計にわかりにくい。

クンダリーニ・ヨーガ系の修行では、俗世的なマターを全ては排除しないまま修行を進めるので、悟り後の修行の必要性は問われないのではないか。

こうして、悟後の修行がいまいちだった道元のことでダンテス・ダイジが残した詩「人間になれなかった道元」がある。

その一部は
『今・吾・ここにて
道元老古仏に深く深く深く
帰依したてまつります

あなたは 人間になろうとして
只管打座の日々を送り
「正法眼蔵」を著述した

あなたの言う正法眼蔵が
人間そのものに他ならぬことを
私は知っている

しかもあなたは
決して人間になれなかった

道元よ
あなたはあまりにも弱すぎて
人間ドラマを愛することはできても
人間ドラマを演ずることはできなかった』
(絶対無の戯れ/ダンテス・ダイジより引用)

いまようやくこの詩の意味がとれた気がする。


・・・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり


なんとくわかる。

「悟った癖に、その恩を返さんのは・・」てこともあるし。

道元さんは、立派だが、一時宗旨が衰えたのは、その俗塵に生きることが弱かったから・・

お大師さんの密教は、そういうドロドロも好きだから、まあ生き延びてます。


学術ってのは、良くすごいけど道元さんのようになりやすい。

フォン・ノイマンとかもそれの例かもしれない。

やっぱ、悟りと同じく

他人とともに楽しむのはその楽しみも長いが、自分一人で楽しむのは長く続かずなくなるものだ 

が肝心と思います。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/21 ナオト]
[11/21 笑む]
[11/19 ナオト]
[11/19 ナオト]
[11/19 仏教徒]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved