忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

カテゴリー「政治向けかも  生きるイロハというか考える作法というか」の記事一覧
巨椋修(おぐらおさむ)の不登校・ひきこもり・ニートを考える FHN放送局   より

上記文抜粋
・・・・・・・・
やれば出来るという言葉は罪つくりだ

「やれば出来る」という言葉は罪つくりだ。やったからといって、うまくいくとは限らない。


「うまくいかないのは努力不足」というのは、もっと罪作りだ。


 すべて失敗は努力不足で片付けられてしまう。別に勝者だけが努力をしているわけじゃない。


「みんな我慢してるんだからキミも我慢しなさい」っていう人は、その意味が「みんな苦しいんだからお前も苦しめ」と同じであることに気がついてない。


「やればできる」「うまくいかないのは努力不足」という言葉は、期待や叱咤激励のためにいうのかも知れないが、こういう言葉をいって効果があるのは、自分で自分に言い聞かせることぐらい。


 親や子に、教育者が教え子にいうのには少しばかり思慮が足りないのではないだろうか?

 

 書籍や映画話題になった『ビリギャル』の著者坪田信貴さんは、作品の中で次のように言っている。


「ダメな人間などいません。ダメな指導者がいるだけなのです」


https://youtu.be/oyqqcgpWzsM


 どうぜなら「やればできる」「努力不足」よりもやりたくなる言葉、やる気が出る言葉を選んだほうがいい。


 どんな言葉がけがいいかは、それぞれが考えてほしいもの。


「やればできる」「努力不足」といった強制力はあるかもしれないが、ある大切なものが足りないのだ。


 大切なものが何かって?


 愛だよ、愛。


・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

>「やればできる」「努力不足」といった強制力はあるかもしれないが、ある大切なものが足りないのだ。

>大切なものが何かって?

>愛だよ、愛。


同感。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
神々がうごいとーと 2

上記文抜粋
・・・・・・・・・
縄文の心?栃ノ心の初優勝

大相撲の場所は、土俵に神を迎え(土俵祭)、千秋楽の若手力士による神送りに終わる祭事。
本場所では、開催前に野見宿禰神社で出雲大社教神官による神事がおこなわれる。
相撲の始祖・野見宿禰(3世紀)が出雲国造だからだろう。

また、柏手や四十八手の礼法、禁じ手などのしきたりは、奈良時代の志賀清林の流れをつぐ吉田司家で、代々追風を襲名。
江戸時代の勧進相撲ではじめて「横綱」を考案したのも、第19代の吉田追風だそうだ。

ごぞんじのとおり相撲の四股は地鎮祭とおなじ意味をもつ。
土俵の仕切り線のあいだには、神にささげる供物が埋められている。
力士たちはその供物の上で立ち合う。
みずからの取組をささげものとしてだ。

力士の国籍や信仰がちがっても、無神論者でもおなじ。
それぞれの神や信じるものに、平和と豊穣を願ってささげる神聖な競技。
というのが、近代化された他のスポーツにはない大相撲独特の「型」だ。

その大相撲が八百長問題で大揺れしたのが2010年の秋から冬、2011年にかけて。
2011年の三月場所は開催中止となった。
大相撲に激震が走った上に、地鎮祭たる力士たちの四股も踏まれない異常事態。
そして起きたのが、東日本大震災だった。

現在、当時とよく似た状況になっている。
大相撲のスキャンダルがとまらない。
横綱日馬富士の暴行問題につづいて、江戸勧進相撲発祥・富岡八幡宮の宮司殺害事件。
さらには立行司式守伊之助のセクハラに、大砂嵐の無免許事故、春日野部屋の暴行傷害事件発覚....。

くわえて大きいのが力士(地鎮)のトップ、横綱の不在。
日馬富士は引退。白鵬は横綱らしからぬ立ち合いが問題化して今場所は早々と休場。
休場がつづいた鶴竜の復帰には拍手をおくりたいけど、なんといっても稀勢の里。
数日出たら休場。このくり返される負の連鎖をなんとしても断ち切ってほしいものだ。

白鵬の誕生日は東日本大震災とおなじ3月11日。
日馬富士は熊本大地震とおなじ4月14日。
稀勢の里はイザナミのナミの日、7月3日。
白鵬と鶴竜は日航123便墜落事故の1985年。
稀勢の里はチェルノブイリ原発事故の1986年に生まれた。

これらに意味を感じるかどうかは人それぞれ。
ただ事象的には、稀勢の里の初優勝と横綱昇進はまぎれもなく日本列島の十字化、すなわちイザナミのひとり天之御柱神事のバックアップを受けてたといえる。
横綱となった稀勢の里が選んだ化粧まわしは「北斗の拳」。
北斗=天御中主神。
イザナミのポールダンスの中心には、その天御中主神が坐す。

諏訪大社を中心とする日本列島の十字のなかで、稀勢の里をバックアップしたのはとくに諏訪大社⇔鹿島神宮のライン。
出雲国譲り神話における鹿島神タケミカヅチ(高天原軍)と諏訪神タケミナカタ(出雲軍)の力くらべ。
神話的には、それが相撲のはじまりとされている。

このラインは中央構造線であり、朝鮮半島の白村江の戦いにつながる北緯36度の「ミロクライン」でもある。
かつて日航123便が墜落したのも、鹿島神宮⇔諏訪大社のミロクラインだった。

とまらない大相撲と稀勢の里の負の連鎖は、鹿島・諏訪ラインの活動が活発になってることを意味する。横綱昇進をバックアップしときながらなぜ....と思われるかもしれないが、それがこのラインの厄介なトコ。
エネルギーは正にも負にも変わる。

そもそも、バックボーンは現代もなお影響し続ける高天原(伊勢)VS出雲の原点、出雲国譲り神話。
そこで敵対した神々がおなじ大変革ラインに配置されているのだ。
2013年の伊勢出雲同年遷宮で和合が完了してればともかく、そうでなければ矛盾が表出するのは必定。
しかも母なる出雲のイザナミのひとり天之御柱神事ときている。

活動のバロメーターはなにも相撲だけじゃない。
日航123便を事象ワードとする去年のふたつの事故。慰霊の日8月12日のANA37便(逆から読めば73ANA=ナミ穴=黄泉の穴)や、群馬県上野村乙母のヘリ墜落事故もそう。
ことし1月5日に神戸のクリスマスツリーの氷見市とともに緊急地震速報の誤報の原因となった茨城県沖地震もまた、鹿島・諏訪ラインの中央構造線の反応と見ていいと思う。

日航123便が墜落したのは御巣鷹山ではなく、高天原山の尾根だったともいわれる。
その高天原VS出雲の構図なうえに、ミロクラインと中央構造線の並走。
もし半島有事と関東大震災が連動するとしたら、トリガーはこの鹿島・諏訪ラインだろう。

もちろん関東の中央構造線自体が、熊本大地震のような直下型の巨大災害を引き起こす可能性はきわめて低い。現在のところ活動した証拠は確認されていない。
起きたら確実に想定外の想定外だ。
というか、分厚い関東ローム層のおかげでどこがどうなってんのかよくわかってないのが現状なんだけどね。
当ブログ的には「要石」の存在からも、利根川構造線で途絶せず犬吠埼沖までつづいてると判断するのだが....。

中央構造線の直下型はないとしても、たとえばタケミカヅチとタケミナカタが関東平野を土俵に相撲をとったらどうなんだろうね。
しかも豪快にやぐら投げや首投げなんて決められちゃった日にゃ....。

イメージ 1

冗談だと思うだろうか。
でもそれが冗談で終わらない可能性があるのが今回のシクミのじつにヤなところ。
さもなくばカグツチ出産(フクシマ)だって、イカレた冗談で終わっていたはず。

27日、千秋楽を待たずに前頭三枚目栃ノ心の初場所優勝が決まった。
平幕優勝はじつに6年ぶりとのこと。
ジョージア出身の30歳。1987年10月13日生まれ。
(ちなみに10月13日は、前回書いたチリの炭鉱事故で33人のイザナギたちが救出された日)

角界のニコラス・ケイジと呼ばれる春日野部屋の人気力士。
春日野部屋は初場所11日目に2014年に起きた兄弟子による矢作嵐さんへの暴行事件が発覚。
じつは栃ノ心も親方からの暴行で警察で事情聴取を受けた過去があるのだが、自分の非(門限破りの常習)を認めて告訴はしていない。
2013年には右膝前十字靱帯断裂の大ケガを負い、4場所の休場を余儀なくされて幕内から幕下55枚目まで転落。
どん底から這いあがってきた苦労人でもある。

大相撲がとまらないのは、諏訪⇔鹿島ラインがとまらないってこと。
春日野部屋の暴行事件発覚に「またか」と暗い気持ちになってたときに救われたのが、勝利者インタビューでの「相撲はおもしろい」って栃ノ心の純粋なひと言だった。

栃ノ心の初優勝には心から拍手をおくりたい。
素直に喜びたいとこだけど、でもはたしてどうなんだろうね。事象的には。
日本列島の十字化の流れと、まったく無関係だといいきれるのか。

このジョージア国旗を目にしても....。

イメージ 2

まるで日本列島の十字と、諏訪大社の4本の御柱?


ジョージア出身と聞いても、アメリカのジョージア州や個人的に好きな缶コーヒーのジョージアしか思い浮かばなくていまいちピンとこないのだが、かつてのグルジアのことである。

国名の由来はドラゴン退治の聖ゲオルギオス(大地で働く人って意味らしい)。
なんだかスサノヲの八岐大蛇退治とカブる。

その聖ゲオルギオスの十字と、十字軍のエルサレム十字からなるのがジョージア国旗。
5つの十字はキリストの5つの傷をあらわすとも、キリストと4つの福音(地球の四方)を指すともいわれる。
第二のナガサキや、スサノヲの禊の火の十字のシンボライズにも見えてしまうよな。

グルジアはロシア語名。
日本政府が正式にジョージアに改めたのは2015年。
ワイン通ならジョージアの方がおなじみかもしれない。
ジョージアはワイン発祥の地。栃ノ心の父親もワインをつくってるそうだ。

栃ノ心は来日以来ずっとジョージア出身と名乗ってきたという。
愛飲する缶コーヒーもジョージア。
親近感がわくが、飯島直子のせいでジョージア中毒になった僕とはえらいちがいだ。


グルジア・ロシア紛争(南オセアチア紛争)の勃発が報じられのは2008年8月8日。
いうまでもなく、出雲88事象開始の日。
北京五輪開幕の日でもある。

プーチン首相(当時)は五輪開会式出席のため不在だった。
ソチ五輪時のウクライナのクーデターと似たようなタイミング。

南オセアチアに平和維持軍と称して駐留するロシア軍を、グルジア軍が攻撃。
ロシア側はグルジアを海上封鎖し、越境していくつかの都市を占領した。

しかしまさかここで、888の日まで出てくるとはね。
もろ出雲じゃん。
>小説の伏線のごとくすべてお膳立てされてるがごとし。
としか、ほんとにいいようがないよね。

 ※)ちなみにあくまで参考までにだけど、ジョージアゆかりの帝政ロシア時代の大公女アナス
   タシア・ミハイロヴナが没したのは1922年の3月11日。

ジョージアは「ノフチ(ノアの民)」を自称するチェチェンに隣接する。
その歴史はきわめて古い。
ユーラシア最古とされる181万年前の人類遺跡から原人(ホモ・ゲオルギクス)の化石人骨が見つかっている。

8000年前には磨製石器や土器をともなう定住生活がはじまり、麦やぶどうの栽培もおこなわれていたようだ。
日本でいえば縄文早期。鹿児島の上野原遺跡(9500年前)とおなじころだ。
ジョージアをふくむコーカサス地方は金属精錬の発祥地とも考えられ、四大文明より一足早く5700年前には青銅器時代を迎えている。
もし鬼界カルデラの破局噴火がなければ、九州の縄文文化も似たような変遷をたどったんだろうか。

僕にはなじみがないのだが、栃ノ心の栃の木の実は、いまでも栃餅や栃の実せんべいとして食されている。
栃の実は、縄文人の主食のひとつだった。

もし栃ノ心の四股名に黄泉のイザナミからのメッセージがこめられているのなら、
それはたぶん「縄文の心」って意味なんだろうな。

・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

私は結構シュワルナゼ元グルジア大統領を尊敬している。

彼が、大統領を追われた時に後日に「CIAの策略にやられた」とマスコミで発言している。

カラー革命の一端を喰らったのだ。


もう変な搾取を辞めようってことに思う・・・・。

>救われたのが、勝利者インタビューでの「相撲はおもしろい」って栃ノ心の純粋なひと言だった。

同感。

でもこういう思いが、これまで、特にこの20年ほど踏みつけにされてきたように思う。

あまりに「効率・経済性・社会的評価」とか策略・世間体・・・あまりに、命の喜びに残酷だった・・・


>もし栃ノ心の四股名に黄泉のイザナミからのメッセージがこめられているのなら、
それはたぶん「縄文の心」って意味なんだろうな。

同感。

栃の心の娘さんの名前は「アナスタシア」。アナヒータ女神と関連がある名前。観音さん。
あるいは、ロシア皇帝の生き延びたかもしれない娘の名前・・・・。
でもいずれも「革命」とは無関係ではない・・・。



事象は、他の慣れた人に任せます・・・。


でも、なにか少しホロってなりそうな文章でした。。。。


お読みくださり有賀とございます。

拍手[2回]

幻の桜 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
念力は客観性のなさに比例する



こないだ
くまちゃんと外出した時の事でした



外出先の
テレビで飲食店の紹介番組を見ていたら


くまちゃんは
突然こんなことを言い出しました





以前
うちのBARも東京に会った時
テレビで紹介されたことがあったんだー 」




へー
(・・;)





その時にね

取材してた
テレビのプロデューサーの人が
「 うちの番組で紹介されると
長蛇の列が出ますよ
ものすごい反響がありますから 
あっという間に
高価なお酒が売りきれますよ 」
と言われたんだ 」



へーーへーーー
(・・;)/





でもね
放送された当日はノーゲスト
翌日から翌週も
いつも以上にお客様が来なかった

全くと言っていいほどテレビで
反響がほぼなかった 」




(・・;)・





それにね
いつも来る常連の人たちも
テレビで取材されたから混んでるだろうと想われたようで

しばらく来てくれなかったりした


うちのバーは
特殊なのかもしれないけれど

他にも別な番組や
いろんな雑誌で紹介されたりしたけれど
営業的にはあまり効果を感じれなかった

よくて
雑誌の特集を見た人が数組来てくれたぐらい 」





(・・;)






でもね

雑誌を見て来たお客様や
記事を見てきたお客様の大半は
あまり長続きしなかったんだ


別な店が取材されると
おそらくそこへ行ったりするんだろうね 」




(・・;)




それでね
ここからは
ぼくの個人的意見なんだけどね


最もお客様が来てくれて
長続きするお客様が来てくれたのは

最も営業的に効果があった媒体はね

テレビでも雑誌でもなくて
口コミだった 」



口コミ?
(・・;)






東京で営業していた時
表に発泡スチロールの看板を出していた

あまり効果がなかったけれど


でもその看板を面白いと想って
登って来てくれたお客様が

うちの店を気に入ってくれて
口コミで他のお客様を紹介してくれたんだ


そしたら
口コミでお客様がぽつりぽつりと来てくれるようになった 」




(・・;)





それでね
不思議なんだけど

そうして
口コミで来てくれたお客様って
雑誌やメディアで紹介されてきたお客様よりも
はるかに長く来ていただける率が多いんだよね 


でもね
その理由を
以前 
教えてもらったんだけど


本気でいいと想っていることばの前には
どんな記事や宣伝も凌駕できないらしい






本気でいいと想ってることば?
(・・;)






ある
酒屋さんに教えてもらったんだ


本気でおいしいと想ってるお酒と
本気でおいしいと想っていないお酒は
その人の表情や言葉を聞くとわかるって

ネット上のことばでも
感情がこもってることばと
本気で想ってないことばは文のニュアンスが違うって


口コミがね
テレビの宣伝や雑誌の紹介記事と効果が違うのは


本気でいいと想っているその想いが
入ってるか入ってないかで
効能や
効果が違うんじゃないかって思ったんだ


(・・;)





要は
どんなにきれいに紹介しても
感情がこもっていないもの
本当にいいと想っていないものは文脈やオーラでわかるらしいんだ


おそらく大半の人が
無意識的かもしれないけれど その熱意や感情を感じてるから
動かされるんだと想う


どんなにきれいに見せるテクニックがあっても
どんなに広告予算があっても


本気で
心がこもってる「 いい 」という想いの前には
負けちゃうってことかな

ぼくも紹介する美味しいお店とかって
本当にいいと想ってる店ばかりだからね


」(くまちゃんのことば)




テレビやCMで
どんなに費用をかけて宣伝しても
効能的には
本気でいいと想ってる言葉の前には続かない 

そんな感じの事をくまちゃんに聞いて
少し目から鱗だったのですが


その言葉をくまちゃんに聞いてから
しばらくして
ガオガオちゃんからこんな話も聞きました






命令はな 運をあげてることと同じなんだ 」





運をあげてる?
(・・;)?






一時期
テレビとかは 

よく仕事をしてないニートさんに
社会に出て働けとか言ってただろ?



エネルギーはな一方的に命令を発したとしても
エネルギー交換がされるんだ


あんな形であってもやり取りされるんだ 」





(・・;)






つまりな
働いてない人たちに
社会に出て働けと言えば
働けと言った方は
社会に出て働くエネルギーを差しだす流れになるんだ


そしてな
その言葉通り
本当にニートさんが働くようになったら


「 働け 」と
命令した方の働ける運が減っていく事になるんだ

人によってはそれが社会からの引退現象を引き起こすことになったりもする 」




(・・;)・






こんな現象もある

よく
ダサい友人に 服のセンスを治せとかよく言ってるだろ?

でも
それでな
ダサい友人が 服のセンスがオシャレになってきたら
服のセンスを直せと言っていた連中の 服のセンスが時代遅れになって
ダサくなるんだ 


これがエネルギーのやり取りなんだ
 」




(・・;)・






何かをしろという事は
自分がそれをするエネルギーを差し出してることと同じなんだ


ほら
会社で
えばってやたら命令したがったり
えばり散らしてる奴ほど 
後になってリストラされたり
左遷されたりすること多いだろ?


あれはな
命令しすぎて
自分の仕事運を
差し出してしまうからなんだ


本当に
仕事をしたい奴は
命令しないんだ

人の仕事の分も黙々とやろうとするんだ 


外に放出しなければ
自分が仕事ができるエネルギーがどんどんたまっていくんだからな 


本当に仕事ができるやつって
できない人をいじめないんだぜ 







(・・;)・







鳥族さんがな
命令されると はいはいと言って動くのは
潜在的にそのエネルギーの流れを知っているからなんだ


それに命令するより
命令されてる方が楽だからな


命令される側は
どんなひどいことをしても
言われたことをやっただけと想って
責任感を感じないからな
 」(ガオガオちゃんのことば)


ガオガオちゃんのことばを聞いて
以前 
木更津の街で
聞いたことばを想いだしました







心で命令してる人がいる

口にださないでも
心で命令してる人は男性よりも女性が多く

感情的になると
無意識が無自覚に命令する
命令してること自体気づかずに命令してる


そして心で命令してる人は
命令を聞きやすい子が瞬時にわかる 


反応でわかる

聞きやすい子は
心の奥底の命令にも瞬時に反応する 」(木更津の街でふと聞いたことば)




もし
ガオガオちゃんの言うように
命令で何かの運を差し出しているのなら

無自覚に無意識的に命令してる人は
一体何を手放してるんだろう?
と感じました




もしかすると
無意識的に何かを手放してるかもしれない
(・・;)


そんな感じの事を
想いました





そして
命令については
えんえんも
こんな事を教えてくれました




「 
知ってますか?
命令をしている人って 
だんだん自分の方が上って
想っていくんですよ 

しかも心の底からですよ






自分の方が上?
(・・;)




だって命令して
自分の言うとおりに動いてくれるんですよ

どんなに有能な人であっても
どんなに慎重な人であっても
自分の命令を聞く人を目にしていると


心の奥は
自分の方が上


そう
感じてくるのですよ

でもえんえんは想います 

それが一番怖いことだって 」






(・・;)





自分の方が上

そう想うと
敏感な能力を失っていくんですよ

自分の方が上だと想うと
自分より下の人の想いや 心の反応

そういうものがわからなくなっていって
想いを読むことができなくなるです








想いを読むことができなくなる
(・・;)







序列が上の人って
命令で
下の人が心で想った情報も
運ばせることができるんですけどね


自分が上だと想うと
運ばせた心の情報を理解できなくなるんですよ


情報がたくさん運ばれても

それを理解する
読解力がなくなる

これって恐ろしくないですか?
 」





(・・;)・







本当に
読解力を失うと
どんなに下の人が読解力があって
情報の内容を懇切丁寧に教えてくれても
その教えてくれた意味も読み違えしちゃうんですよ 


命令ばっかりしてる人って
そのうち目上の人の意見

おばあちゃんの言いつけや
大事な人も言葉も 取り違えちゃうんですよ







(・・;)・





それに
知ってますか?
どんな権力も どんな強大な力も
エネルギーがたすけてくれてできあがってるんです


そして
目下の人を虐げた時 
その時発する たすけての想いの強さがわからなくなると


権力者をたすけてる想念より
より強いたすけてを発信されると 
権力は覆ってしまうんですよ


どんなに強大な力を持っても
どんなにたくさんの情報が運ばれても
自分が上と想うと
想いを読み解く能力はなくなるのです

それで
自滅した権力者は 歴史上たくさんいるんですよ 」





(・・;)





えんえんは命令はしないです

実をいうと以前は
ちょっと命令しがちな性質なんですけどね

はるちゃんに生前 言われたです

「 ダメダメダメ 命令はダメ

念力ならいい

でも命令はダメ 」

と言われました 」






(・・;)






はるちゃんは言ってました


念力は
本気の想い

命令する人は
本気で想えてないから命令してる 

想ってないこと無理やりさせるのダメ

ダメダメダメ 命令するのダメ

はるちゃんは こうなる と想っている」 」(えんえんとはるちゃんのことば)




そんな感じで
ガオガオちゃんや
えんえんとはるちゃんが
命令についてのエネルギーの流れ
念力との違いを教えてくれました
(・・;)






そして命令については
他にもあめでこんなイメージを見ました



命令をよくしている人

例えば
独裁者とかは
イメージ的によく命令をしてるイメージですが


あめで見ると
独裁者の多くは自分が命令したいというよりも

潜在意識下で
人々に命令をするように
別な誰かに命令されていて

その別な誰かに言いなりになってる人ほど
独裁者になってるパターンも多いことを教えてもらいました



でも
そういったパターンでは
命令してる
独裁者ではなく 
心の中で
独裁者に命令している人たちも
おびただしく何かを失っていくようなイメージが見えました



でも
そこでさっきの話に戻るのですが
そうして独裁者を立てて裏で命令してる人たち

そして口には出さなくても
心や無意識で命令してる人たちは
一体何を失っているんだろう?


そういう人たちが
無意識的に失っているものが
なんなんだかを知りたくて



そんなある時
夜空を眺めていると
お月様が こんな事を教えてくれました







命令すると
若さを失う 」



若さを失う?
(・・;)







念や意志は寿命や若さもうむ

でも命令は念力と異なるの 

命令には意志も念もなくて  

こうしろ なの

こうなる ではなくて 

なる と しろ とはエネルギーが異なるの 」




(・・;)




命令を聞くと
現実が運ばれることもある 

でも命令を聞くと 
寿命や若さ 生命力は消えていく 

発したものだけではなく
それを聞いた者の若さまで奪う

それが命令 」




(・・;)・






エネルギーは想いに呼応する

生命力や若さも
真実の想いがないとそこに集わない

そして
念や意志がないと生命力を
手にできないことを知っている者もいる


そういう者の中には
命令をせず 
念や意志ある者たちに想わせようとしたり
信じさせようとする者もいる
 」




(・・;)






命令は
悪性のウイルスのようなもの

発する人だけでなく
それを聞いた人の想いすら 老化させてしまう 



(命令は)
念や意志とは 異なるの 」(月姫さまに聞いたことば)





月が見せてくれたイメージでは
昔の支配層は
命令では生命力や若さは手に入らないことを知っていて



だからこそ念力ある人達を抱えたり 
想わせたりしているようなイメージも見えました
(・・;)・



そして
命令は現実の若さだけではなく
魂の寿命まで失わせていくイメージまで見えました



というわけで
MAHAOは命令ではなく
これからも
たすけてを発信していこうと想いました 




ちなみに最後に
あらちゃんとえんえんが
念力について 語ってくれたので
それを書いて 記事をしめようと想います






念力は客観性のなさに比例する

母性本能もそれに近い 」(あらちゃんのことば)


「 
客観性のない人に おもわせれば 

現実を変えられるんですよ 

魔法とはそういうものです 」(えんえんのことば)
・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり



命令をすると自分を上位の存在に思う。

そうなると、多くの人たちが何を思っているのかわからない。

これは見事な解析であり、事実に思う。

>知ってますか?
どんな権力も どんな強大な力も
エネルギーがたすけてくれてできあがってるんです

>そして
目下の人を虐げた時 
その時発する たすけての想いの強さがわからなくなると

>権力者をたすけてる想念より
より強いたすけてを発信されると 
権力は覆ってしまうんですよ

>どんなに強大な力を持っても
どんなにたくさんの情報が運ばれても
自分が上と想うと
想いを読み解く能力はなくなるのです

>それで
自滅した権力者は 歴史上たくさんいるんですよ


想いを読むとは、現実を知るという事でもあり、孫子のいうようにより現実を知る方が勝てるのだから、当然ということ。

>知ってますか?
どんな権力も どんな強大な力も
エネルギーがたすけてくれてできあがってるんです

てのが一番大事なことであり、それを知っている人は、そのエネルギーを与えてくれた多くの人々を大事にする。
それでウイン・ウインの関係になり長期存続できる。個人レベルなら死ぬまでそれができると安心だ。

でも組織となると、そういう大事なことを忘れてしまう。それが他のか弱き人たちを苦しめ、自分のエネギルー源を破損させて自滅する。
今の日本もこれですよね。


>命令は
悪性のウイルスのようなもの

>発する人だけでなく
それを聞いた人の想いすら 老化させてしまう 

命令して、自分が上位と思うと、それ自体が毒になり自分を蝕む。聴いた人もだいたい苦しみ苦労し傷つく。

まさに毒のようなもの・・・



権力・序列ってものが持つ猛毒は、主にこれに起因するのかもしれない。


お読みくださりありがとうございます。


追記

前の戦争で負けたのは、「天皇が命令する存在になったから」てのはこのマボサク説で成り立つ。

拍手[2回]

神々がうごいとーと より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
1月26日のちと不毛な衛星画像

イメージ 1
  まるで黄泉のイザナミが列島の首をつかんでるかのようだ。

   まあこういうのはどうにでも見えるもんだけどね。

そういえば、「冬を、燃やせ。」の24日、青森県東方沖でM6.2、
   震度4の地震があった。
イメージ 3


    「首」は黄泉のイザナミのキーワード。

   一日に千頭(ちがしら)絞(くび)り殺さむ。

   母なる水の禊=東日本大震災の前も、

   よく列島の首を切断するような雲の線が、津軽海峡にかかっていた。

    鬼首地熱発電所(宮城)の水蒸気爆発もあったよな。

   あのとき、

   バンクーバー冬季五輪に連動して2月に巨大地震が発生したチリでは、

   サンホセ炭鉱の落盤事故で地下に閉じ込められた33人が、

   69日ぶりに救出されたばかりだった。

   地下は黄泉。

   救出された33人のイザナギたち。

   チリ大地震の津波は日本にも押し寄せた。

   それはイザナミの御宿り(コンセプシオン)=懐胎のサインだった。

   イザナギたちの感動の救出劇で、

   カグツチ出産は回避されたんじゃないかと一度は思った。

   だがイザナミは地上まで追いかけてきちゃったみたいだ。

   4日後の鬼首地熱発電所の水蒸気爆発.。

ついに地獄の釜のフタが開いた。

   つづいて福島第一原発3号機のプルサーマル発電開始。

   星野楽天新監督の「東北を熱くする」宣言....。

   
   水蒸気爆発といえば、草津白根山。

   九頭竜川で見つかった男の子の地元は大虫神社。

   祭神は彦火火出見尊。もともとは虫ではなく大蒸大神だった。

   炎+蒸。そして水(九頭竜川)。

   九頭竜といえば越前馬場(平泉寺白山神社)のイザナミさま。

   草津白根山(本白根山)の水蒸気噴火もまた、

   黄泉のイザナミのひとり天之御柱神事とつながっている。
  
   あの噴火は、地獄の釜のフタがひらいたということなのか....。

   
   こちらは草津白根山噴火の翌日、24日0:00の衛星画像。

イメージ 2
   2018.1.24.0:00
   

 なにを意味すんだろうな。

   新羅から出雲、丹後若狭にかかる、このイカの骨みたいのは....。
・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

なんか、私自身のまわりにも事象的なことが多い・・・

自分事象か、公的事象が検討つかないので、これからはめふめふさんのところにコメント入れるの控えようと思う。ご迷惑にもなると思うし。

ただ、この「事象」での見方は、「易」特に梅花心易の方法に近いので、ブログは視ているけど。

>草津白根山(本白根山)の水蒸気噴火もまた、

>黄泉のイザナミのひとり天之御柱神事とつながっている。
  
>あの噴火は、地獄の釜のフタがひらいたということなのか....。

>なにを意味すんだろうな。

>新羅から出雲、丹後若狭にかかる、このイカの骨みたいのは....。

私は、文在寅韓国大統領を「閻魔大王」にも見える時がある。さらにアメリカの雑誌の表紙に、まるで以前プーチンが載っていたような写り方で表紙を飾っている。

で、今上さんが、地蔵さん。枝野立憲民主党党首が、大黒天・・・。

地獄がらみの仏尊がそろっている・・救いもあるが・・・。


事象が増えるという事は、それ自体が「なにか大きなことがある」ということを暗示していることが多い。

何?って私の事象の見方は、未熟なのでわからんが、とにかく何か大きなことがる。

地震?戦火?どっちかわからんが、火がらみで、それなりに「阿鼻叫喚」てのが見立て・・・

2月が胡散臭い・・・五輪後なり、五輪中に日本で・・・まあなければ万歳ですけど。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

毎日新聞 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表


スピードスケート女子短距離で2014年ソチ冬季五輪代表だった住吉都(すみよし・みやこ)さんが20日、長野市の自宅で亡くなっていたと23日、所属先のローソンが明らかにした。30歳だった。死因などは公表していない。通夜、葬儀は遺族の希望により非公表。

・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

自殺の説もあります。そうならば、本当にお悔やみ申し上げます。ご冥福をお祈りします。

南無阿弥陀仏・・・





ただ事象的に見ると「住吉」=住吉大社

これを本拠にするのは、日本会議と生長の家。後者の分派の前者は食人教。後者も怪しいし、同じく住吉大社を「根拠・すぐれたの霊地の一つ」としている。

都って、その中心とも、「多くが集まった場所」「ことごとく」と言う意味もあるとか。

日本会議カルトの事々を抹殺するっていう仏神の激しすぎる怒りも見えるが、そのとばっちりで住吉選手は早世された・・・。
ていうか仮に「五輪の選考に漏れて自死」なら、やっぱ日本会議カルト国家の悪事や洗脳に殺された・・・・てことになる・・・

改めてご冥福をお祈りします・・・

南無阿弥陀仏・・・



お読みくださりありがとうございます。

拍手[3回]

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新CM

[02/19 chtk217]
[02/19 chtk217]
[02/19 笑む]
[02/19 笑む]
[02/18 ナオト]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
忠武飛龍
性別:
男性

バーコード

P R

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 幕末維新新選組 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]