忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

これも参考にしてもらえたら。

小豆島西の瀧 ブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・

東大合格祈願に

東京大学合格のご祈願にお母さんと息子さんが来られた。
どうして西之瀧に?と尋ねると西之瀧ご縁の信者さんに勧められてと。
「東京大学理科二類合格」の祈願をして話を伺った。
引きこもりが四年間、親子で苦しい時期があったが大学受験の資格をとって神戸の大学を卒業しあらためて東大で学びたいという志です。
途中神戸の大学を中退して東大を目指したいと息子さんがいった時だけ、神戸の大学を卒業してからとお母さんは強く反対したそうですが、それ以外は息子さんの希望通りにさせるお母さんです。
お母さんと息子さんとどこかでしっかりと繋がっているとてもステキな家族でした。
今、学校に行けない子供が多くいます。この寺にも相談に来られる方があります。
「無理に学校に行かせないで」「選択肢はいくつかありますよ」と話すが、今の日本では親子とも大変な苦しみをされます。
もっと自由に子供の人生を考えてほしいと思う出来事でした。
後日、試験が終わったと母子で報告に来られました。「一科目自信がない」と・・・
はたして後日「合格しました」と本人から電話がかかりました。
願いや祈りによって奇跡が起こります。・・・・・・・・・


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

>今、学校に行けない子供が多くいます。この寺にも相談に来られる方があります。
「無理に学校に行かせないで」「選択肢はいくつかありますよ」と話すが、今の日本では親子とも大変な苦しみをされます。
もっと自由に子供の人生を考えてほしいと思う出来事でした。

同感です。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR

参考。 我がないから、輪廻して苦しむ。











そもそも「諸行無常」だから、永遠に続くものがないので、魂も無い。

でも「万物は無限に変化する」ってこと一端が「輪廻転生する」ってことなのであろう。

確固して永遠に続くものは無いのに、それを信じる執着が、輪廻転生させる。

個我など、それほどしっかりした物でもないのに、それを後生大事にするので、不幸になる。

あるいは「個我」など、万物・自然の理方からいえば、妄想を信じるから、苦しむ。間違った物の考え方をしているのだから。


でもこれで説明し切れたとも思えん。でもまあ間違いでなければ幸い。


あと空海が「大日如来は、個我など無いと悟られて、大いなる我を得られた」と書いている。

多分正しいと思う。


余談で、荘子が「死んでネズミの肝になっても、虫の足になっても、結構なものだ」と言ってのけている。
そういう心境にでもまずならんと、わからんのだろう。



まあたまにはこういうのもいいかな。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

スポーツは、道楽に決まっている。

徽宗皇帝のブログ より  


上記文抜粋
・・・・・・・・・
スポーツの危険性

些細なようだが、実は重要な問題を含む事件であるような気がする。
近代以前の世界には「スポーツ」という概念はなかった。これは人類史的には未だその功罪を検証されていない「新しい制度」なのである。制度というのは、人を意識的無意識的に支配する文化的枠組み全体を言う。
そしてスポーツは資本主義という大きな制度の中で「カネになる制度」として力を入れられて発達してきた。もちろん、それを後押ししたのが医学界である。スポーツは健康増進と健康維持に役立つ、という名目だ。
スポーツは大きな娯楽でもある。と同時に、スポーツは常に勝敗や優劣、順位というものをほとんど不可避的に内蔵しているため、「大衆を競争させることで支配的少数者がその競争の利益を得る」という資本主義の理念にもぴったり適合していたわけである。仕事で競争させ、余暇でスポーツを見たり体験したりすることで競争を疑わない心性を無意識の中に叩き込む。
もちろん、そうした操作が必ずしも意識的なものとは思わないが、スポーツが競争と不可分なものであることはほとんどの人が認めるだろう。それをパロディ化したようなのが、小学校の徒競走で「みんな並んで一緒にゴールイン」というものだ。実際にそんなのをやった学校があったのか、一種の現代の神話なのか知らないが、見た人はあまりの馬鹿馬鹿しさに絶句しただろう。それはもはや「徒競走」ではない。「競走」とは「競争」と同様に「競う」ものなのである。競う以上、順位がつけられ、優劣が白日のもとにさらされ、ビリの子は屈辱で一生のトラウマを植え付けられる。だからと言って、「みんな並んでゴールイン」は最適な回答か、と言えば、そんなお遊戯を見て面白いと言う奴はいないだろう。プロスポーツでは、無数の観客の目の前で明白な勝者と敗者が分かれる。カネを貰っているのだからそれでいいのである。だが、小学校にそもそも運動会が必要なのか。
まあ、優劣がさらされるのは学習でも同じだが、テストの順位発表で最下位を公表する学校は無いだろう。悪趣味な教師がたまに小テストなどで最下位をさらす程度だろうし、そんな馬鹿教師自体あまりいないだろう。つまり、「勉強ができない」ことは、実は明確な形で人目にさらされることはあまりないのである。

話が長くなったが、下の記事と何の関係があるのかと言えば、市民マラソンなどやめてしまえ、ということだ。税金を使って一部の人間だけに利益を与えるような事業をすること自体、おかしいのではないか。
そして、マラソンも競争である以上、出場者の「素人たち」が異常に頑張りすぎて体を危険にさらす、ということになる。大人のスポーツは、本来プロ選手という「専門家」のためのものである。素人のための大会など有害無益だ、というのが私の乱暴な主張である。健康のためなら自分だけで近所を走っていればいい。


(以下引用)

マラソン16人搬送 市長「心からおわび」 重症男性はICUに


ハンマーで小5殴る 60歳を現行犯逮捕


 22日に群馬県で開かれた第5回前橋・渋川シティマラソンで熱中症とみられる症状で男女16人が搬送された問題で、前橋市は23日、入院した重症患者2人のうち、10キロ部門に出場した吉岡町の20代男性が集中治療室(ICU)で治療を受けていると明らかにした。実行委員会の会長を務めた山本龍市長は「心からおわびを申し上げる」と陳謝した。


 当日の前橋市内の最高気温は30・5度に上った。大会前から高温の予報が出ており、実行委は16日に公式ホーページで注意を呼び掛けるメッセージを掲載。経口補水液を新たに取り入れ、給水所のスポンジや飲み物を増やすなど対策も講じた。事前の会議で中止は検討されなかったといい、市の担当者は「結果的に準備が足らなかった。反省と検証をしたい。来年以降は中止も含めてさまざまな判断が必要となる」とした。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

同感。

およみくださりありがとうございます。

拍手[0回]

塩梅・・・按配・・・

零感雑記帳2  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
「ばあちゃんの予言」通りに逆転した世界になっている? ~ 「新しい人が来る」ではなくて「新しい人になる」ために

改めて読み込んでみると、今の世情とひじょうにリンクし始めている気がして仕方が無いのです


ばあちゃんの予言過去ログ
http://naturalseven.web.fc2.com/list.html

2011年3月11日に起きた関東東北沖大震災の前、去年2010年から地震だけにとどまらず今年の中東情勢や未来までもを予知している不思議なばあちゃんの予言スレの過去ログです。

------------------------------------------------------------------------

始まりはこの書き込みからです

【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍9
http://toki.5ch.net/test/read.cgi/occult/1287859930/631


631 :本当にあった怖い名無し :2010/12/11(土) 07:07:42 ID:cbZzQTc70
俺の隣家のバアちゃんが昔人気を博した占い師だったらしい。
んで昨日、面白い話を聞いた。超人に関することかも知れないので要約して書いてみる。

今年はこれまでの行いが全て結集、結合して表に現れた年。
個人、団体、国を問わず、清算の年になったはず。
今年悪いことがあった人は来年以降更なる覚悟が必要になる。
今年良いことがあった人は来年以降もっと大きな喜びがある。

来年以降はその結果を反映して多くのものが逆転し始める。
少数だったものは少数であればあるほど前に出て
多数だったものは多数であればあるほど後ろに下がる。

そうした中で、社会や時代から抜ける「新たな人々」が増え始める。
それは、お金であるとか、娯楽であるとか、情報などといったもの。
そして彼らは真に必要なものを既に学んでいるか、気付いている。
また、長い間味方も存在しないまま虐げられ続けてきたので本当の強さを持っている。
彼らがお互いに存在を確認し始めた再来年頃に、現代が終わって未来が始まる。

来年、貨幣経済の代わりになるものが生まれ始める。
徐々にそれの有効性が広まっていくが、それは5年後より先の話。

要約すると短いけど、実際は色んな横道(笑)があって長い話だった。
「新たな人々」とやらが超人ぽいなと思う。


「貨幣経済の代わりになるものが生まれ始め」て「徐々にそれの有効性が広まっていくが」
「それは」2010年12月11日から見て「5年後より先の話」


639 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/12/11(土) 20:21:39 ID:NDa9Nlcj0
>>638
「新たな人々」は性質が正しいから友達や恋人や家族など身近な人達にとても愛されているとは言っていた。

そういう人が虐げられて味方が居ない?って矛盾が理解できなかったが
公私という意味なのかなと思ってる。公的(社会的)に孤独で、私的(身近)に愛されてる、みたいな。
なんかまんまヒトラーの青年期っぽい感じなのが面白い。


709 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/12/18(土) 13:21:16 ID:sMFvZUVt0
えー、ばあちゃん予言、さっき(午前中)に聞いてきました。メモりながらな(笑)

とりあえず新たな人々の詳しい内訳とばあちゃんの素性と、その他「詳しい」予言を聞いてきました。
来年起こるよーという予言なので、ばあちゃんが本物かどうかの検証に1年で済みます(笑)
また、ここでの顛末やヒトラーの予言のことを話したら興味深々になってました。

つうわけで本題」


■ばあちゃんについて
占いは職業じゃない。ただの「よく当たると近所で評判の人」だっただけ。
昔は子供が生まれた家に呼ばれては、その子将来をアドバイスして気をつけるべきことを教えてきた。
一番多かった時で丸一日夜中まで色々な家に呼ばれたことがある。
また、農作業終わって夕飯食べて後片付け後に、家に来た人を順番に占ってた。
占い方は簡単。手を握って目を見るとイメージが湧いてくる。そのイメージを言うだけ。
失くし物を探すのは本当によく当たった。でも自分の事は占えなかった。
息子の一人が離婚することも占えなかった(笑)


■新たな人々について
新たな人々は子供達(ばあちゃんから見た子供なので20代とかの若い世代という意味)。
大人(30代40代)にもごく小数出てくる。そういう人達が子供達を導く役目をする。
特徴は目。ずっと見ていたくなるか、目を逸らしたくなるかのどちらか。とにかく他人を影響する目を持っている。
新たな人々が知っている真に必要なものとは自律。依存しない心、もしくは疑問を持つ健全な心。
彼らがすることは現代からの脱出、自律。これが本当に大きな意味を持つ。
近いうち(5年以内)に彼らによって大人達が築いた社会は破壊される。
認識し合うというのは、直接的なコンタクトを取り始めるということ。

710 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/12/18(土) 13:23:32 ID:sMFvZUVt0

■新しくない(笑)人々はどうなるの?
変化についていけない人は、今まで虐げてきた人と同じ目に合い続ける。因果だね。
身近に信頼できる人(家族や友達)がいない人は本当の孤独に陥ることになる。
幸せな家庭や家族を築いている人たちは、そのままでいられると思うよ。
私ら今までの大人は、社会の舞台から消える運命にある。

暴動?起きないよ。考えること止めてカラダも動かなくなった大人が
体も動いて色々なことを考え続けて悩み続けた若い人らに勝てるわけがない。勝負にならない。


■来年の予言
流行が完全に終わる。無くなる。
日本で今まで安定していて永遠だと思っていた何かが突然終わり、パニックになる。
娯楽産業の大企業のひとつが潰れて、大きな流れ(たぶん連鎖倒産)ができる。
中東で正義を掲げた紛争が起こるが、その直後に何かの情報が漏れて攻めた側が大批判される。
それが世界戦争へ繋がることはないが、世界のパワーバランスが崩れる契機になる。
金貸し(金融)の完全規制を検討する国が現れて、世界中で議論が沸騰する。
野菜の流通か小麦関連か、日本で食糧問題が起こる。社会問題になる。
経済か治安か、ともかく大都市神話が崩れて、都市脱出が真剣に検討され始める。
サッカー南米選手権?よくわからないけど、日本は活躍すると思うよ。

■当たるの?
当たって欲しい?(笑) 何も無いのが一番だよ。でも当たると思うよ。
ただね、当たると思って何もしないのが一番ダメなこと。
より良い明日、より良い心、より良い人生、そういうものを求めた人が結局は残る。

以上です。来年予言は外れたらおしまいなので1年間楽しもう。
あと、ばあちゃん予言もこれでおしまい。ヒトラー予言スレだし、俺も話聞くの疲れたから。


・・・・・中略・・・・

これも、当たってるんじゃないでしょうかね


>流行が完全に終わる。無くなる。
>日本で今まで安定していて永遠だと思っていた何かが突然終わり、パニックになる。
>娯楽産業の大企業のひとつが潰れて、大きな流れ(たぶん連鎖倒産)ができる。
>中東で正義を掲げた紛争が起こるが、その直後に何かの情報が漏れて攻めた側が大批判される。
>それが世界戦争へ繋がることはないが、世界のパワーバランスが崩れる契機になる。
>金貸し(金融)の完全規制を検討する国が現れて、世界中で議論が沸騰する。
>野菜の流通か小麦関連か、日本で食糧問題が起こる。社会問題になる。
>経済か治安か、ともかく大都市神話が崩れて、都市脱出が真剣に検討され始める。



いろいとと語られているんですが

一番のキーワードが「新しい人」なんですね

ばあちゃんの言葉は、2010年でしたよね



>そうした中で、社会や時代から抜ける「新たな人々」が増え始める。
>それは、お金であるとか、娯楽であるとか、情報などといったもの。
>そして彼らは真に必要なものを既に学んでいるか、気付いている。
>また、長い間味方も存在しないまま虐げられ続けてきたので本当の強さを持っている。
>彼らがお互いに存在を確認し始めた再来年頃に、現代が終わって未来が始まる。

>来年、貨幣経済の代わりになるものが生まれ始める。
>徐々にそれの有効性が広まっていくが、それは5年後より先の話。

>「新たな人々」は性質が正しいから友達や恋人や家族など身近な人達にとても愛されているとは言っていた。


■新たな人々について
新たな人々は子供達(ばあちゃんから見た子供なので20代とかの若い世代という意味)。
大人(30代40代)にもごく小数出てくる。そういう人達が子供達を導く役目をする。
特徴は目。ずっと見ていたくなるか、目を逸らしたくなるかのどちらか。とにかく他人を影響する目を持っている。
新たな人々が知っている真に必要なものとは自律。依存しない心、もしくは疑問を持つ健全な心。
彼らがすることは現代からの脱出、自律。これが本当に大きな意味を持つ。
近いうち(5年以内)に彼らによって大人達が築いた社会は破壊される。
認識し合うというのは、直接的なコンタクトを取り始めるということ。

■新しくない(笑)人々はどうなるの?
変化についていけない人は、今まで虐げてきた人と同じ目に合い続ける。因果だね。
身近に信頼できる人(家族や友達)がいない人は本当の孤独に陥ることになる。
幸せな家庭や家族を築いている人たちは、そのままでいられると思うよ。
私ら今までの大人は、社会の舞台から消える運命にある。

暴動?起きないよ。考えること止めてカラダも動かなくなった大人が
体も動いて色々なことを考え続けて悩み続けた若い人らに勝てるわけがない。勝負にならない。

--------------------------------------------------------

5年後の2015年頃から、特に目立って来た世代がありますよね

羽生世代です

羽生結弦さん、大谷翔平さんの世代ですよね

>近いうち(5年以内)に彼らによって大人達が築いた社会は破壊される。
>認識し合うというのは、直接的なコンタクトを取り始めるということ。


>暴動?起きないよ。考えること止めてカラダも動かなくなった大人が
>体も動いて色々なことを考え続けて悩み続けた若い人らに勝てるわけがない。勝負にならない。


確かにその通りです

5年の間に起こった出来事を良く考えて見ると

大人達が築いた社会は破壊されたのです

新しい世代は、SNSなどで、直接的なコンタクトを取り始めました

オールドメディアの情報など全く信じていませんし、自分の声を届けるツールがそこにあるのです

長い間の不況で、自分たちの将来を大人たちに託す事が出来ない世代が、自律を始めたのです

何も考えずに流される情報を信じて年だけを重ねた世代と、悩みぬいて考えて行動する世代が逆転したのです


>新しい人達はじっと我慢してる。ひとり静かに怒りを溜め続けてる。
>わたしらがやることは、死んだ人達が命を懸けて遺してくれた社会を、辱めないこと。貶めないこと。


腐った富裕層(既得権益者)が、欲しがらない若者たちに敗北して行くんですね

テレビでも新聞でも教科書でも、政府やマスコミが発信源のものを信じなくなって行くのです

自分の生まれ育った国が、敗戦時以上の一大事だと言うのに、選ばれたはずの国会議員がやっている事は、いったい何なのだと考えるんですよ

無力だと思っていた世代が、この腐りきった世の中を変えたいとコンタクトを取りはじめて、情報を共有し合うのですよ

特別な何かをしようとする前に、今出来る事は何だろうと考え始めるんですよ

新しい人とか考察するのではなくて、自分から新しい人になって行くんですよ

敵とか味方とかそういう派閥や争いで何かを変えようとする人じゃなく、どうやって乗り越えるのかを模索する人がお手本かも知れません


権力構造のそれ自体が崩壊した時に、力や金に群がってた古い人たちは、消えて行く定めです

自分がしたことは、良いことも悪いこともすべて自分に返ってくる

人をいたわる気持ちをもって正しく生きていれば、何も困ることはないものなのですよ


支配層と呼ばれて、誰からも尊敬も支持もされず、お金によって動く人たちに囲まれて、孤独じゃないんでしょうかね

あなたたちは、誰かを幸せに出来ましたか?

そして、あなたは今幸せですか?



ばあちゃんの予言は、知恵が詰まった、暖かい応援予言なんだと思います

だから、古くならない、いつも心に響くし、新しいんですよ

そこには、恐怖は無くて、希望がある。。。




・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


なんか、自分の周りの人からでも大事しましょうね。

他人とともに楽しむのはその楽しみも長いが、自分一人で楽しむのは長く続かずなくなるものだ 

神々がうごいとーと より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
地球の日の父島近海地震

4月22日、フィギュア男子66年ぶりの五輪連覇を果たした羽生結弦選手の祝賀パレードが、地元仙台市で行われた。

じつはこの日にあわせて書きかけの「羽生SEMEI」シリーズをしめくくろうと思ってたのだけど、耶馬渓.(やばけい)の土砂崩れをふくめ、ヤバ系な前兆事象が次々と来てしまってあとまわしにせざるを得なくなった。
いないと思うけど、もしお待ちの方がいたらごめんなさい。


それにしても、実行委員会はなんで4月22日に決めたんだろう?
4月22日は、「国際母なる地球デー」だ。

"母なる水の禊"を経験した羽生選手と大地母神イザナミとの連動性については、過去に紹介した。
 ☞ 『羽生SEIMEIゴールドメダルの事象性(1) 』

羽生選手が新境地を開拓すべく、新プログラム「SEIMEI」に到ったのは2015年の春。
ちょうど母なる地球の大変動への新プログラムが開始された時期だ。

その日本列島におけるターニングポイントとして示されたのが、母島で震度5強を記録した2015年5月30日の小笠原諸島西方沖地震。
観測史上はじめて47全都道府県が揺れた、世界最高クラスの巨大深発地震だ。

羽生選手が「SEIMEI」を初披露したのはそれからほどなくして。

母なる地球の新プログラムと連動した「羽生SEIMEI」のしめくくりの祝賀パレードが、これまた母なる地球の日とはね.....。

こういう偶然は偶然とは呼ばない。メッセージだ。
おなじ4月22日に発生した父島近海地震もまた、僕らは母なる地球の重要なメッセージとして捉えるべきだろう。

『島根県西部地震・大田市震度5強 』にこう書いた。

>4月9日は大仏開眼の日。子宮の日でもある。
 苅田神社の鳥居倒壊はいわば、大地母神イザナミの開眼。
 黄泉の99り姫イザナミの最終段階としての国常立宣言であり、ひとり天之御柱神事につづくカンペ 
 キな国生み独神(ひとりがみ)宣言である。

>子宮の日⇒ 地球の日の4月22日も要注意かもな。

4月22日02時02分、父島近海でM5.3。震度2の地震が発生。
16時56分には千葉県南東沖で、M4.2、震度1。
20時30分には伊豆の新島神津島近海で、M3.3、震度3の地震が発生した。

 イメージ 2

とくになんてことない地震じゃないか、と思われるかもしれない。
だがこの一連の地震は、伊豆小笠原海溝がらみの反応だ。

4月14日の愛知県西部地震のとき、『二刀流 』の文章の中でこうお伝えした。

>大谷選手のロサンゼルス・エンゼルス配置は、2010年の55ゴジラ松井とおなじパターン。
 サンアンドレアス断層⇒ 太平洋プレート⇒ 伊豆小笠原海溝(父島近海地震)⇒ 東日本大震災だ。

2010年の父島近海地震はM7.8で、最大震度は4。
東日本大震災の前兆事象ともいえる津波も観測されている。
今回の父島近海はくらべものにならないほど小さいが、発生日時を比較すると「え?」ってカンジになると思う。

2010年のは12月22日の02時20分。
今回のは、4月22日の02時02分。

あきらかに意図された偶然の一致。
父島と母島=夫婦(22)の島の小笠原諸島だけにね。

4月22日は良い夫婦の日だそうだ。
でもやっぱりだいじなのは国際母なる地球デー。
父島近海地震は羽生選手の祝賀パレードともども、母なる地球+大地母神イザナミからのメッセージである。

しかも愛知県西部地震で「二刀流」が示されたばっか。
大谷選手のロサンゼルス・エンゼルス配置⇒ 太平洋プレート⇒ 伊豆小笠原海溝は、確実に機能している。
2010年とおなじように。
そういう地震だ。

つぎの記事では「二刀流」地震の4月14日に起きた、伊勢市のバス事故についてふれてみたい。
キーワードは「徴古」。
「徴」はしるし。きざし。まえぶれ。
「古」が意味するのは、いにしえの大震災。
関東大震災のことだ。



・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

古の大地震は貞観地震かも・・・


伊豆は、頼朝・北条早雲・・、新時代がここから始まった・・・・

さらにいうと、役行者がここに流罪になった。けど空を飛んで畿内に帰っても来てたけど。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]