忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。
日米地位協定を改定せよ:産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して)))  より

上記文抜粋
・・・・・・
国境閉鎖はIS(ネオコン、サウジ、カタール、モサドの傭兵)に対する宣戦布告だった  


1ヶ月で殲滅せよと命令を出したようです

トランプはフリンとマティスを従え、プーチンと同盟して踏み潰す。

返す刀で、日中交渉。。。。

開始>
Trump Orders Pentagon to Send Plan to Defeat Daesh Within 30 Days
トランプはペンタゴンにISを30日で壊滅させる計画を出せと命令した
終わり>

大愚の印象ではトランプと一番似ているのは信長です。


・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり


てげてげ より

上記文抜粋
・・・・・・
2017/01/29(日)2  トランプ政権:かくも革命的な政権は史上初!

電光石火の革命的政策,連発!

暗殺の心配は無用↓米国正規軍が完全警護


ヌーランド国務長官補などネオコン・戦争屋勢力系のキャリア外交官に辞任要請.
電光石火の首切り人事!!

「You're Fired!」(お前は首だ!) ロシアへの融和姿勢を批判したブレナン中央情報局(CIA)長官の首を叩っ斬る! (これは従来なら暗殺だ)

就任早々,TPP(環太平洋連携協定)離脱の大統領令に署名.多国籍企業だけが儲かるTPP・グローバリズムを退治.安倍自民党には理解不能の流れ.

「難民受け入れ」を停止! 「難民」という名の暴動のプロを使おうとしたソロスやヌーランドの野望を粉砕!

プーチン大統領と電話会談.
「米露新時代」はじまる!米露が協同してISISを完全掃討も.

メイ英首相と会談.「米英が協同し世界を主導」と.
メキシコのペニャニエト大統領と約1時間にわたり電話協議.麻薬取引撲滅では意見が一致.

安倍との無意味な会談など,内政・外交,まだまだ無数にあるが,書ききれない.

いっぽう…,クリントン氏は,「妻」が増えたので,タイヘン喜んでいる,とかwww


まさに世界は様変わり! 1月20日過ぎの世界は別世界! 新世界なのです.
これが分からないシトは時代遅れ…鴨世.


世の中は マトモに見ると ハラがたつ

世の中を ナナメから見る 隠居かな

プーチン トランプ 習近平 これが世界のエンジンで

安倍はせいぜい灰皿か ほとんど無用の小銭入れ

あ~ こりゃこりゃ

・・・・・・
・・・・
抜粋終わり


私は阿呆のなので、今でも人権と民主主義が大事にしてます。

ので、基本は「難民をうけいれるべき」

ですが、あえて、トランプのこの政策を現時点で支持です。


難民を受けれても、国内で差別が横行すると、それが新たな不和や衝突・紛争になります。

仮に工作員が居なくても、貧困と格差で差別が横行している現時点で難民を入れることは、さらなる人道上の悪を勃発させるだろう。
難民が過酷な差別でテロリストに変わってしまう。

それでも進めるのは言語道断だ。

そもそも反トランプは難民を出さないための政策をいわない。軍事作戦や謀略の停止を言わない。

それを支持できるわけがない。


綺麗ごとを、人を殺すを、止めねばならい。


トランプのこの政策を是とするものである。


追記

プアホワイトの苦境はわかるが、因果論・カルマ論でいうと、因果応報だろう。

黒人等非白人を、強烈に差別してきた。奴隷化し、平然と殺してきた。

易にいう

「積善の家には福が来る。積悪の家には不吉が来る」

これまで、黒人相手に好き放題してきたのだ。白人には当然の報いなのである。

だが、この悪循環を止めないといけない。

それが政治であり、人為である。

このままぼんやりと「難民を受け入れる」も、悪循環を止めれない。


で、その辺をリベラル人士はちゃんとしてきたのか。

孟子も管仲も、「衣食足りて礼節を知る」という。

モラルも衣食が足りないと、ちゃんと身に着けきれない。

弘法大師は「恵果阿闍梨は、貧しき人には衣食を、病んだ人には薬を、愚かな人には法をさすけた」
と師匠をたたえている。

食べるに事欠く人に、「差別はいけない」と言っても、喰うためになんでもしないといけない人には無理な相談である。


それを見ない似非リベラルどもは、非人道の手先である。まあ一種の狂朱子学者の徒党である。



お読みくださりありがとうございます。


拍手[2回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック