忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

激変を祈ろう!

てげてげ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
2017/01/30(月) 【最重要】 激震の2月,激動の3月,激変の4月

ニッポンはスッピンになる

ワシは,いま,済州島にゐて静かな旧正月を味わってゐる.

済州島独特の韓国料理は極力避けて,清澄な旧正月の空気を堪能しているwww
中国の旧正月は,爆竹と花火で銃撃戦の戦場の如き騒音国家.
済州島は,反逆の哲学者たちが島流しにされた流刑地らしく,1年の計は元旦にあり!と,深い思索と静かな歓談の旧正月.
ワシも,鷲や鳶が飛び交う海辺の瀟洒なホテルで,思索の日々.
しかし,カカシの如き静かな思索ではない.
激震・激動・激変の米国・トランプ政治の津波をくらい,動揺と不安のアノミー思考.「アノミー」とは,それまでの考え方や基準が全く通用しない状態をいう.

革命的に変化する国際政治

しかり! トランプの政治は,米国だけでなく日本を含む世界中の人々に,従来の考え方や既存の基準・規範を捨てざるを得ない状況を迫ってきている.

すなわち,米国も日本もヨーロッパも,いや,世界中が,2月から激動と激変の時代に突入してゆく!

日本は70年ぶりの大変化

日本に関して言えば…,日本国は支配者が変わる!

日本国は71年前の敗戦以降,アメリカの属国・属領だったワケだが,日本国を実質的に支配していたのはCIAを中核とする米国の戦争屋勢力だった.

その「ニッポンの支配者」が,トランプ政権によって,ガラリと変わる!

D・ロックフェラー.ジョセフ・ナイ,ヒラリー・クリントン,カート・キャンベル,アーミテージ.マイケル・グリーンといった支配者=ジャパン・ハンドラーズの面々が全員失脚したからだ.

いや,トランプに辞表提出を迫られ,失脚させられたのである.

CIA(中央情報局)という世界最大の謀略機関も,ブレナン長官の首がトランプによって叩っ斬られ,以前のCIAではなくなった.

つまり,現在,日本国の支配者は,トランプ大統領なのである.

トランプが大統領に就任したということは,日本国にとっても,驚天動地! まさに革命的な出来事であるということ.

このことは↑本当にシッカリと認識しなければならない.

消滅する『東芝』と『原子力ムラ』

まだある.日本国を強力に支配していた『原発ムラ=国際原子力資本』の存在である.

この『原子力ムラ』も,トランプ大統領就任に歩調を合わせて,衰退・凋落した!

その象徴的な出来事が,現在の「東芝・債務超過の問題」である.

米国の原子力資本にハメられた東芝は,いま,消滅の危機にある.

東芝は,たぶん,消滅するだろう.負債が巨大過ぎるし,時間がないからだ.

東芝問題とは,つまり,日本を支配していた『原発ムラ』の支配力がゼロに等しくなる!ということ.

かくして,いま,日本国を支配していた『戦争屋勢力』と『原発ムラ』.この二大勢力が消えてゆく流れ.

毒化粧を落としスッピン・ニッポン

この青天の霹靂(へきれき)の如き大事件によって,日本は…,
『激震の2月,激動の3月,激変の4月』を迎えることになる.

戦後の毒々しい化粧が落とされ,スッピンになるニッポン.
ウッスラとした放射能の粉は落ちないが…
しかし,ここはひとつ,精一杯,気張るっきゃない!

少なくとも,情勢分析だけは,誤れない!
飯山一郎,精魂込めて書く.書きまくる!
熟読をお願いする次第.日本民族のために.>皆の衆


飯山 一郎(71)


・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


このままの日本では若者は絶望し飢え、老人は多くが病死か餓死だ。

早く変わらんと放射能が皆殺しにする。早く激変しろ。


日米地位協定を改定せよ:産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して)))  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
トランプの鎖国令  


ヒラリーたちネオコンは人権と自由を隠れ蓑にゲリラを育成してきた。

自由な往来と難民の人権を利用して傭兵を送り込んできた。

トランプの就任式の暴動放火黒覆面集団は明らかに

中東からの傭兵だろう。アメリカにアナキスト軍団なんかいるわけがない。

いるとしたら小さな政府を目指すトランプの味方=ミリシアだろう。


ウクライナで政権転覆を起こした連中でもある


ヌーランドとヒラリー、ソロスの傭兵の可能性が高い。

これを殲滅に出た

マスゴミは人権と自由をテコの、デモを起こし、反トランプの機運を煽っている


ただし120日の暫定停止であって、傭兵を殲滅したら緩和するだろう

911の時は全航空機が停止された。

state of emergency.

つまりトランプはIS殲滅戦争中なのだ。

大愚はトランプは説明が足りない、とおもう。

本人は公約を実行しているだけだろうが

アメリカの政治家は(日本と同じく)公約なんて守ったことがないので、

(大統領が公約を守ろうとすればケネディーのように殺された)

国民にとって公約は冗談の一種だと思われていたのである。

本人はビジネスマンらしく、選挙民との契約を実行しているだけだ、と思っているのだろう。

「やってくれと大統領にしてくれたのだから、しているだけだ、マスゴミめ、煽って足を引っ張る気ならもろとも殲滅してくれる」

こういう論理だ。だから横にマティスが立っている。

まだ気がつかないようだが、そろそろリベラル知識人(という名前のグローバリスト)は気がついた方がいいだろう。

どこかへ逃げるべきだろうね。アルゼンチン?カナダ?



・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


オバマの臥薪嘗胆で、力を蓄えた反戦争屋陣営が、トランプを首脳にして大反撃を始めた。

オバマは「人道政策」を隠れ蓑に、戦争屋弱体化に成功した。


あえていう、オバマはライダーマンで、トランプはV3である。

東芝はサザエさんだけであと無用 by忠武飛龍の狂句。




お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR