忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

私の祖父は、丸山ワクチンで治った。

ネットゲリラ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
効いてもらっちゃあ困る団体があった

野次馬 (2018年5月28日 15:24) | コメント(18)
丸山ワクチンというのはおっそろしく歴史の古い薬で、なんせ、最初に開発されたのは1944年です。戦争中だよ、戦争中。皮膚結核の治療のために、丸山博士が毒性を取り除いた結核ワクチンを作り、それが皮膚結核、ライ病の特効薬として認められた。最初は結核の薬だったんですね。これは、作用の理論も判っていて、広く使われたんだが、そのうち、「ライ病患者には癌が少ない」という事実を丸山博士が発見し、そこから丸山ワクチンで癌が治せるのではないか? という話になった。割と、素性も良いし、副作用もなく、値段も安いんだが、丸山ワクチンの認可は揉めに揉めた。

高橋教授によると、丸山ワクチンは、がんに対する免疫の鍵を握る、白血球の 1種である「樹状細胞」を活性化することがわかった。白血球のわずか 1万分の 1ほどしかない特殊な細胞で、1973年に発見した米国ロックフェラー大のラルフ・スタインマン博士は2011年度のノーベル医学生理学賞を受けている。
数年前から樹状細胞に関する新発見が相次いだ。がん細胞は反撃として液性因子を出して樹状細胞を不活化する。また、樹状細胞を活性化したり、不活化細胞を活性化する働きのある脂質が見つかった。
最も強力な 1つが結核菌のまわりの脂肪酸であるミコール酸。高橋さんらの研究から、丸山ワクチンの原料である青山株はとくにミコール酸の多い結核菌株であることが確認された。また、樹状細胞の活性化を保つには48時間ごとに脂質を与えるのが最も効果的だった。
「偶然かも知れないが、丸山ワクチンの隔日投与はこの条件にピッタリ合っている」と高橋さん。高橋さんらは近く論文を専門誌に投稿する。

丸山ワクチンが癌治療薬の認可で揉めたのはおいらが小学生の頃なので、半世紀も揉め続けている。全ては、「利権」のせいだ。


・・・・・中略・・・・

【医療】ガン治療薬「丸山ワクチン」の働きがほぼ明らかに 日本医大の高橋秀実教授が発表、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
丸山教授は
TRFのサムの叔父さん  

これ豆知識な
-----------------------
↑岩槻の丸山病院だべや
-----------------------
わかってないで使ってたのかw
すげーなソレ
-----------------------
↑そうだよ
臨床実験をやって理屈はわからんがどうも効くっぽいということで使っていた
-----------------------
↑よく分からんから、ということで、
ほぼ禁止になってたんだっけ。
結核患者とがん患者については、相反するというような分布があって、
それら統計的事実から、思いついたのだとか。
-----------------------
↑うちの父ちゃん、自費で受けてるよ
10年前に大腸ガンでステージ3だったけどまだ生きてるというか毎日1万歩歩くぐらい元気
禁止じゃなくて、自費ってだけ
あと効く人効かない人が半々だから効果なくても良いって人限定
-----------------------
↑半分も効果あったら標準治療に入れてもいいだろw
そんなにあったら笑うわ
-----------------------
↑でも丸山ワクチンって日本で使えるようになったスピードはスゲー速かったんだぜ
13年前には癌スレではなんで丸山ワクチンは直ぐに使えるようになったんだよとか話してた

でも当日から言われてたのは抗がん剤と一緒に使わないと効果ねーんだよ
丸山ワクチン使ってる状態で抗がん剤もやると抗がん剤が保険効かなくなるって話してた
2年前位にこの病院内の臨床データ見たことあるけどやっぱり抗がん剤と一緒に使った方が効果あるって書かれてたよ
-----------------------
実際に消えた例を身近で知ってるんで少しでも作用機序がわかってよかったと思ってる。
立川の馬鹿医者に聞かせてやりたい。
-----------------------
逆説の日本史〈2〉古代怨霊編 (小学館文庫) - 1巻 古代黎明編

  「丸山ワクチン開発当時の医学界のボスにYという男がいたんです。(中略)Yは丸山博士の功績を嫉んだんですよ。圧力をかけて中央薬事審議会を通らないようにしたんです(中略)そのYという男が死んだ途端、薬事審は丸山ワクチンを治験薬として承認しましたよ」
-----------------------
妻の父が癌になった時、九州から東京まで丸山ワクチンを取りに行ったことがある。手遅れだったのかワクチンの効果はなかったと思う。
妻の母親も癌にかかった時は、ワクチンの効果かあったのかよくわからないが癌の痛みが無く眠るように亡くなった。
丸山ワクチンを使う時は医師の承諾書が必要だった。
-----------------------
私学ながら日医大は、野口英世や丸山ワクチン発見者出したり
東京女子医大,東京医大,埼玉医大創立者は、ここの出身者らしい
権威の意味のランクは高いほうだと
-----------------------
管直人は総理になったときに
この丸山ワクチン認可問題で癌ワクチン利権追及に奮迅していれば、評価が変わっていただろう
-----------------------
丸山ワクチンは単独だとあんまり効けない
抗がん剤と一緒に使うと効果あるんだよ
でもそれだと日本の薬事法で保険使えないから自費になる
-----------------------
丸山ワクチンは保険効かないから意外と高価よ。でも訳分からん健康食品よりはマシ。
ただ治験扱いなので相手にデータは取られる。
-----------------------
効いてもらっちゃあ困る団体があったわけか
-----------------------
去年の6月から母に使っていたけど、膵臓癌の転移の速さにはどうにもならなくて
他界してしまった。
ワクチンの代金は、良心的であったと思う。
40日分AB2種類のワクチンで常温保存ができて10800円。
効く癌と効かない癌があるのかもしれないけど、ほかにもう手立てが無い者にとって
お守りみたいなものだった。

問診の時に日医大の先生が励ましてくれるのがどれほど安らぐか、当事者にならないとわからないと思う。
-----------------------
↑残念だったね。俺の知ってる時より1000円上がったなw

効かないだろうと思ってやった叔父が十二指腸・胃・肝臓で通過障害おこしていて
パイパス手術直前から始めて効いた時は驚いたよ。

年末でもう時間がなくて年明けにオペが決まっていたタイミングで始めたんだけど
直ぐに元気が出てきて便の通過障害が緩和したからオペ中止。
半年後から縮小して一年後に全部消えたとき「はぁ?」ってなったさ。
合う人は合うんだと思ったけど誰に合うかが解らないのが問題だ。
-----------------------
利権がなくなればこの国はまだまだ発展する余地はあるのになあ
-----------------------
ワクチンを買えても注射を請け負ってくれる病院や医師がいないとどうにもならない。
これを探すのが本当に大変だった。
看護師の初歩の技術だというけど、次のワクチンを買うのに血液データを出さないといけないから。
-----------------------
↑うちは最初に手術してくれた人が日医の人だったから
あっさり話進んだけど、そうでないとしんどかっただろうなぁ...
お母様のご冥福をお祈りします
-----------------------
今の丸山ワクチンはゼリア新薬が協力してるで
-----------------------
厚生省の役人が こっそり家族の治療に求めてきた話は聞いたことあるよ
-----------------------
日本の医療は賄賂まみれ、私怨まみれだからな
俺あの会社嫌い、あの薬信用できない、あの機械嫌い、っていう理由で審査落とされる
金と女あてがって懐柔しないと薬も機械も認可されない
そのために何千万円、何億円も使う必要がある
何も知らない庶民ジャップは自分たちを法治国家で、規律を重んじる礼節のある民族だと思ってるけど、
実際はシナチョンを水で3倍に薄めた程度の汚さなんだよなあ・・・・
-----------------------
↑そこまでキレイじゃないだろ
-----------------------
日本医大「日大とは違うんや・・・」
-----------------------
↑日大の医科出身だが、部活ユニフォームに「日大医」って入ってて
外の練習場なんかだと、声を掛けられることがある。
「ほう、日大ですか。それはそれは強いのでしょうね」
「いえいえ。強いのは、本学の方で我々は...」
「おぉ、これは失礼。 "日医大" の方でしたか。それはそれは優秀なのでしょうね」
「いえいえ、そんなに頭の良い学校ではありません」
ってのを、何回も繰り返した(´・ω・`)
-----------------------
やっぱり薬効があったんだ
癌になったら丸山ワクチンだな
抗癌剤より効くじゃないか
副作用なし、安いし
-----------------------
この前の特集でもやっていたが効く人と効かない人の差が大きいみたい
保険が利くようにして取り敢えずの基本治療にすれば良いのに
そのうち効く人と効かない人の違いとかどういう条件を揃えれば効くようになるか
とか判ってくるんじゃないかな(*´▽`*)
-----------------------
大手製薬なら 認可降りた。
約40年前 無名の製薬会社だから 厚生省は 出さなかったと 云うより 研究開発 円山さんが 帝大で なかったから 認可審査委員会の帝大閥の 委員の医者が 反対して アウト
全く効果無い 抗がん剤が 認可審査降りたw
-----------------------
つか、元々結核の薬だからなぁ。
ジェンナーよろしく、丸山ワクチン使った結核患者に癌が少ないんじゃね?
って所から始まってるから、癌に狙って効くもんでもない。
-----------------------
丸山ワクチンは一般人には気軽に出せないとかいう金額じゃないんだし
効くか効かないかわからないとか
保険がきかないとかその辺はいいから
他県の人でも手軽に試せるようになってほしいわ
東京に出向かないといけないなんて本人や病人を持った家族には厳しい
-----------------------
サルノコシカケやらと同じ扱いだったのになぁ
-----------------------
↑いや、サルノコシカケは承認されてるだろ?
-----------------------
自分の身内が末期と診断されて何かに縋りたいなら
丸山ワクチンを奨める
価格的にも許容範囲だし変な健康食品、神仏霊感商法よりもずっと安く済む
-----------------------

丸山ワクチンが「効くか、効かないか」という話になると、これはもう、効く人もいる、としか言いようがなくて、もちろん効かない人もいる。けれど抗ガン剤というのは、そもそもそういうモノで、世の中に「必ず効く」という抗ガン剤はありません。それどころか、まったく効かない抗ガン剤もあり、製薬会社のインチキ治験で認可されたものの、いつの間にか消えていたりするw 丸山ワクチンを目の敵にして潰してきた抗ガン剤、どれも今では残ってないですねw 効かないんだからw けれど丸山ワクチンは生き残ってるw そういう事だw


・・・中略・・・

アンニュイ豆腐からSへの返信 | 2018年5月28日 21:23 | 返信
アニメの攻殻機動隊の笑い男シリーズで、全く同じ場面がありましたね。
攻殻機動隊では「村井」ワクチンでしたけどw

村井を葬り去った厚生省の薬事審議会のメンバーが
自ら村井ワクチンを使用していると告白するシーンがw

笑い男シリーズは丸山ワクチンとグリコ・森永事件を融合させたストーリーだったんですけど
それがたけしが出演でハリウッドで実写化されてましたねw


・・・・中略・・・・


もりへー | 2018年5月28日 22:39 | 返信
>医学界の主流派は「東大」です。その「東大」の植民地でしかない私大の日本医科大の、しかもマイナーな皮膚科の無名の医者・丸山千里が、自分の名前を冠したワクチンなんてとんでもない、という意識でしかなかったんですね。中央薬事審議会なんて、年4回会合を開くだけだから、膨大な書類にハンコを押すだけの機関なんですよ。昭和36年の薬事法施行により発足して以来、すべての申請に「可」のハンコを押してきた。実質上の認可は厚生省(当時)がやるわけで、厚生省の窓口が受理した申請は全て承認されていたのです。ところが中央薬事審議会は、わざわざ丸山ワクチンのために「否」のハンコを作ったと言われています。

>山村先生(平成2年没、医学界のドンと呼ばれた山村雄一・元大阪大学総長)は免疫学の第一人者で、牛型結核菌のワクチンでガン治療をやっていた。ところが、牛型結核菌というのは副作用を取り除く技術がなかなか確立できない。それで丸山先生に、人型結核菌から副作用を取り除いた技術をどうやって開発したのか教えろ、とかなり高圧的に迫った・・・。



 日本免疫学会会長&日本癌学会会長、医学界のドン・山村雄一氏;「皮膚科出身の丸山が、人類を危機に陥れるガンという病気に果敢に挑まれているようだが、けしからん!」


・・・抗癌剤(正真正銘の毒物)は「ガンには効かないが、株には抜群に効く」。中外製薬が開発販売した注射薬の『ピシバニール』と呉羽化学工業が開発し三共が販売した粉末薬の『クレスチン』は、発売10数年間で1兆円を上回る売り上げを記録。厚生省はこの2つの抗癌剤について、「効能限定(単独使用による効果が認められない)」の答申したのが平成元年12月。1兆円もの医療費を、詐欺同然に巻き上げた医薬品業界。患者の命を無視した「国(厚生省の官僚)」と「製薬業界」は『伏魔殿』と呼ぶに相応しいデス。


tanuki | 2018年5月28日 23:18 | 返信
丸山ワクチンは亡母がつかっておりました。
このワクチンのいいところは、副作用が少なく末期がんでも一時的に寛解することが多くQOLが保持される点でしょうね。
母は一年ほど延命効果がありました。
これをどう受け取るかは医者よりも当人や家族の判断に任せるべきでしょう。

しかしインチキ呼ばわりされてきた丸山医師の名誉回復と、国の薬事行政のでたらめさを改めて告発すべきでしょうな。
末期がんでももっと楽に過ごせた患者が多くいたはずです。
本来薬は草冠に楽なんですが、多くの抗がん剤は草冠に苦なんですなあ。



もりへー | 2018年5月28日 23:43 | 返信
>村井を葬り去った厚生省の薬事審議会のメンバーが
>自ら村井ワクチンを使用していると告白するシーンがw



●何故そこまでして「丸山ワクチン」を潰さなくてはナラなかったか?

・・・癌学者ですが、皆それぞれの製薬会社にコネクションを持ってイマス。日本医科大学皮膚科教授だった丸山千里博士は⇒癌予防・癌疫学専門の学者ではアリマセン。たかが皮膚科の医者の偉業など、癌専門以外の人間は(認め無いので)否定する。学者の「偏見」と「派閥争い」と「金儲け」が絡みます。丸山千里博士と親しかった新聞記者、『丸山ワクチンの患者の一覧表』を許可を得て調べた結果・・・政治家・芸能人の有名人より、(猛反対していた学会主流派の)東大医者が一番多かった。専門家でさえ最後は「丸山ワクチン」に頼っていました。丸山千里博士が東大医者で、化学療法剤であるが同様に免疫療法剤に近い薬(=丸山ワクチン)を開発していたら、間違いなく速攻で認可されたハズです。



>「癌になったら、金持ちはだめ。貧乏人のほうが長生きできる」(手術は殆ど役にたたず、抗ガン剤治療に意味のある癌は全体の一割にすぎず、ガン検診は百害あって一利も無い)


・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

日本の医者は、それほど賢くない。

まあ利権と学閥以外の考え方出来ない。

医者を鵜呑みに信じるのは早死にへの新幹線。


私の亡くなった祖父が、丸山ワクチンで肺がんから助かった。


お読みくださりありがとうございます。」

拍手[1回]

PR