忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

祝杯を挙げた理由・・・。 でも、これは末期の酒になった・・・。
神々がうごいとーと より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
七人の処刑と、七夕の千葉東方沖震度5弱



『7人の処刑 』にこう書いた。

>天皇即位の新時代、新秩序へと向かうこの時期に、この「7人の処刑」のもつ事象的意味は、そんなに甘いもんじゃないだろうな。

麻原彰晃(松本智津夫)ら7人の死刑執行で、安倍内閣の上川法相によって示された"火の禊のスサノヲ"の事象数「777」。

TOKIOの御柱 ⇒ 火の禊の十字 への流れだ。

上川陽子法相は、糸魚川静岡構造線と安倍川の静岡市出身。
すなわち、日本列島の十字。
その最終セッテイングが、去年安倍が乾(戌亥)選手を招集した"静岡セッティング"だった(スペイン国王夫妻の静岡市訪問)。

あわせて日本の初代総理と同名の伊藤博文刑事部長(静岡県警)が、象徴的に自殺。
まるで日本のなにかの終わりを暗示するかのように。


安倍政権がもたらす破壊と新時代の機をいませっせと織りつづけているのが、『父なる禊の地、福岡のかなり気になる地震 』の荒ぶる七夕姫。
風土記に道行く人の半数を殺したと記される、姫古曽(ひめこそ)の神だ。

>黄泉の大地母神イザナミが、みずからの国生みのために荒ぶる姫古曽神に織らせる新秩序。
そのための犠牲のスサノヲ=777として、7人の処刑はみごとに「TOKIOの御柱」の流れに組み込まれている。

TOKIOの御柱 ⇒ 房総沖スロースリップイベント。
イザナミの国生みは、まさに房総沖スロースリップからはじまった。

その国生みを支えるブレーンとして、イザナミのそばに確実に荒ぶる七夕姫・姫古曽がいることを裏づけたのが、7月7日の千葉県東方沖震度5弱である。

房総沖スロースリップによる一連の誘発地震でもっとも大きいものが、七夕に発生した。
7月7日は、まさに房総沖の独壇場だったといってもいい。
有感地震は、他ではいっさい起きていないのだから。

 2018/07/06 10:36:28 神奈川県西部 35°10.7′N 139°06.4′E 12km M2.0 震度1
 2018/07/07 20:23:47.9 千葉県東方沖 35°09.4′N 140°36.1′E 66km M6.0 震度5弱
 2018/07/07 20:45:19.2 千葉県東方沖 35°04.5′N 140°37.1′E 58km M3.2 震度1
 2018/07/07 22:17:07.9 千葉県東方沖 35°10.9′N 140°33.3′E 58km M3.6 震度1
 2018/07/07 23:22:17.9 千葉県東方沖 35°09.0′N 140°34.4′E 57km M3.2 震度1
 2018/07/07 23:49:12.5 千葉県東方沖 35°09.7′N 140°35.2′E 55km M3.3 震度1
 2018/07/08 15:45:39.9 大阪府北部 34°49.8′N 135°37.1′E 10km M3.9   震度2

震度5弱を観測したのは、千葉県長生郡長南町。
総鎮守は、イザナミを祀る熊野神社。
町のキーワードは、全国名水百選の「熊野の清水」と、「紅花の里」。

水蛭子の「水」と、スサノヲの「花」である。

紅花の花言葉は、化粧。
いったいイザナミはなんのために化粧をしているのか。
新天皇と、みずからの即位式のため?

それとも、化粧をするのは僕らの方なのか。
化粧にもいろいろあるよな。たとえば死化粧とか....。

去年の七夕のメッセージは、核保有国や日本と北朝鮮をのぞく122ヶ国によって国連で採択された、核兵器禁止条約だった。
(北朝鮮が反対に転じ、日月=ひふみの123にならなかったとこがミソ)

ことしは国生み+荒ぶる七夕姫。
9日の脊振山。日向峠-小笠木峠断層帯の地震は、七夕の千葉県東方沖震度5弱に対応したもの。

千葉県東方沖地震が示すイザナミの国生み+姫古曽の荒ぶる機織は、安倍日本が核兵器禁止条約に反対票を投じた、その答えでもあるのだ。



・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

天皇と田布施集団には深いつながりがあると思う。

明治以前からも・・・


>紅花の花言葉は、化粧。
いったいイザナミはなんのために化粧をしているのか。
新天皇と、みずからの即位式のため?

>それとも、化粧をするのは僕らの方なのか。
化粧にもいろいろあるよな。たとえば死化粧とか....。

>安倍日本が核兵器禁止条約に反対票を投じた、その答えでもあるのだ。


もう、天皇屋と日本人にはすさまじい乖離が生まれたといっていいのだろう。

シャンティ・フーラ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
オウムのテロ事件で使われた毒ガスは、陸上自衛隊化学学校(陸自大宮駐屯地)で製造か ~オウム事件にちらつく安倍・加計の影~


竹下雅敏氏からの情報です。
 オウム事件に関する、極めて興味深い情報です。生物化学兵器の権威アンソニー・トゥ教授は、加計学園千葉科学大学の教授であり、先日処刑されたオウム真理教の中川死刑囚と、何度も面会していたとのことです。しかも、トゥ教授は中川死刑囚と、連名で論文まで発表しているというのです。
 第7サティアンは、サリンプラントではなく覚せい剤プラントだったと言われています。オウムは覚せい剤を密造し、暴力団を通じて市場に流していたと考えられています。
 そうすると、オウムのテロ事件で使われた毒ガスは、どこから手に入れたのかが問題になります。“続きはこちらから”では、その解答と思われる記事があります。陸上自衛隊化学学校(陸自大宮駐屯地)が、7種類の毒ガスを製造、しかも、サリンに関しては64年に合成に成功していたというのです。
 記事を通じてわかることは、この事件に安倍・加計の影がちらつくことです。またこの線で考えると、自衛隊の一部は、政府のコントロール下にないと思われます。日本の黒い霧では、そのように考えているようです。
 要するに、満州を作った勢力が、法を超えた力を持っているわけです。そうした勢力が、表の権力として神輿に担いだのがあべぴょんだと考えると、説明がつきます。ただ、彼らの計画は、今では大きく変更されています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

安倍家・加計家別荘のある上九一色村を根城にしていたオウム真理教の中川死刑囚と頻繁に交流していた米国の毒性学専門家は、加計学園の千葉科学大の教授を兼務しているが、これは偶然か
引用元) 新ベンチャー革命
18/7/11
(前略)
米国には、毒性学(トキシコロジー)専門家・杜祖健(ト・ソケン:アンソニー・トゥ)という人物がいます(注1)。この人物は、アベトモ・加計氏の経営する千葉科学大学の教授でもあります。このトゥ教授は、先日処刑されたオウム真理教の中川死刑囚(医師免許保有者)と頻繁にコンタクトしていました。(中略)… 都合14回も中川死刑囚と面会していますが、極めて、異常な行動です。
(中略)  
オウム真理教は、安倍家・加計家の別荘のある山梨県・上九一色村にサティアンと呼ばれる拠点をつくり(中略)… 第7サティアンでサリンやVXガスの毒物をつくろうとしたのですが、成功していないのに、実際は、サリンやVXガスをテロに使用しています。
(中略)
しかも、今年5月、このたび処刑された中川死刑囚は、上記、トゥ氏と連名で論文まで発表しています(注5)。こんな奇々怪々なことが起きているのに、日本のマスコミはまったく、追及しません。
(以下略)



自衛隊が毒ガス製造
周辺に学校・保育所、説明せず
化学学校でサリンなど7種類
防衛省認める
大宮駐屯地
引用元) しんぶん赤旗 13/7/6
陸上自衛隊化学学校(さいたま市北区日進町、陸自大宮駐屯地所在)がサリンなど殺傷能力が高い7種類の毒ガスを製造・管理していることが分かりました。日本共産党の塩川鉄也衆院議員の聞き取りや本紙の取材に対して、防衛省が認めました。
(中略)
防衛省が製造を認めたのは、神経系統を破壊するサリン、タブン、ソマン、VXガス、皮ふのただれを起こすマスタードガス、窒素マスタード、ルイサイトの7種類。いずれも致死性があります。
(中略)
毒ガス製造をめぐっては、「週刊金曜日」(5月17日付から6回連載)が、64年にサリン合成に成功し、自衛隊内部でも極秘扱いの下、毒ガスの製造と研究が続いていたとの元化学学校長の証言をスクープしています。


・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

神戸だいすき より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
クライマックスは「オウム事件」


そりゃあ、オウム事件は気になっていましたよ。

私のように、宗教の持つ「人の心を安定させる」「倫理観をもって生きさせる」という力を大切だと考える人間には、昭和の終わりごろからの、「反宗教キャンペーン」は、ほんとうに困ったもので、布教しようとしても社会全体に広がる「宗教なんかするものじゃない」という圧力が邪魔で、どうにもならないのでした。


初めは創価学会がその役割をやりました。あの暴力的な折伏に、嫌気をさした人々は「宗教の話はしないで」と言いました。ごむりごもっとも。


その次が、もうひとつなんかあった気がしたけど、最後の止めが「オウム」だった。

宗教が政治に加担することもさりながら「犯罪」は、ダメでしょう。


こうして、常識人の私としては、布教の道を遮断された思いです。

宗教による心の救済。宗教による戒律・規則の重視。規範意識の高揚。そして、ここからは、完全に宗教界のことですが、不成仏霊の救済による現象界の反映。


これらを抹殺することで、社会は悪くなります。
人々は、心のよりどころを持てず、精神的に破たんしたり、やけくそで、道徳をやぶります。そして、そのはてに、確かに霊的な障害はあるのです。


これが、ユダヤの目的か・・・と、思っていましたが・・・


それでも、最後の最後、どうしても、割り切れない何かが、付きまとい、その黒い霧はどんどん濃く大きくなり・・・例の処刑前夜の大宴会で・・・「やっぱり」

あの夜、いくら気象警報が出ていても、明日の天気はわからなかった。
わかっているのはオウム処刑だけ。

あれは、その前祝いですね?


オウム処刑は大宴会を開いてお祝いしたいほどのことだったのですね。

彼らにとれば・・・彼ら?・・・毛利氏をのっとった偽長州の大内氏一党です。

大内氏一党が、
>その明治維新を乗っ取って会津藩士などを虐殺の限りを尽くした大内氏朝鮮人の新政府軍が、のちに戦前の特高警察や統制派や軍首脳部や、戦後移民一世の朝鮮進駐軍などの流れも加わり、 現代では安倍ゲシュタポ内閣を形成している、反日本国民の公安警察や警察庁や一部の自衛隊部隊なのだと思います。

相手が一匹だとは思っていませんでした。
しかし、田布施地区など、そんなに広範囲のはずがない。

それなのに、行政司法すべてを乗っ取るには、人数が足りないと思っていたのですが。
大内氏の子孫と言う事なら、わかる気がします。

これの頭目が、最後は、戦後の密航者を抱き込んで、在日社会を完成させた。

その裾野に向かって膨大な乗っ取り集団が、かついだのが安倍晋三。李王朝の末裔ですね。

非常にわかりやすい。

まあ、B集団が土蜘蛛の末裔で、純粋の縄文日本人とは言い切らないけど、象徴としては、そうですね。

古代からの戦争が続いているとみてもいいカモ。

DNAは、しぶといからね。血は水より濃い。

縄文日本人が油断している隙に、日本のすみずみまで押さえられてしまった。
企業しかり。官僚しかり。

全部だ。

全国知事会を見れば、なんぼなんでも、知事全部があちらではないと思うけど。

でもって、結局維新が自民の補強をしてもZの血とBの血は 相いれないから 、大阪に地震ね。


わかるわ~先祖が嫌ったわけが。

始末に悪いもの。

これねえ・・・遠道の早道はね・・・何もしないで、ほっておくことかもよ。そしたら、自分らで覇権争いをして、お互いに仲間割れの末、弱体化する。
そのとき、振り落すのよ。

日本を守るためには、彼らの手法を許してはなりません。

日本では、日本の作法があります。

幅はあるけど、越えてはならない線があるのです。

処刑前夜の大宴会は、日本の作法にもとるのです。

これ一事で、すべてがわかる・・・そういうものです。
日本人は、こういうことを見聞しても「なかったこと」にしたいぐらい嫌悪感を持ちます。

そういうことが、この世界で起こること自体受け入れがたい。

オウム中川と、加計のつながりが指摘されました。
安倍家・加計家別荘のある上九一色村を根城にしていたオウム真理教の中川死刑囚と頻繁に交流していた米国の毒性学専門家は、加計学園の千葉科学大の教授を兼務しているが、これは偶然か
引用元)
新ベンチャー革命
18/7/11
(前略)
米国には、毒性学(トキシコロジー)専門家・杜祖健(ト・ソケン:アンソニー・トゥ)という人物がいます(注1)。この人物は、アベトモ・加計氏の経営する千葉科学大学の教授でもあります。このトゥ教授は、先日処刑されたオウム真理教の中川死刑囚(医師免許保有者)と頻繁にコンタクトしていました。(中略)… 都合14回も中川死刑囚と面会していますが、極めて、異常な行動です。
(中略)  
オウム真理教は、安倍家・加計家の別荘のある山梨県・上九一色村にサティアンと呼ばれる拠点をつくり(中略)… 第7サティアンでサリンやVXガスの毒物をつくろうとしたのですが、成功していないのに、実際は、サリンやVXガスをテロに使用しています。
(中略)
しかも、今年5月、このたび処刑された中川死刑囚は、上記、トゥ氏と連名で論文まで発表しています(注5)。こんな奇々怪々なことが起きているのに、日本のマスコミはまったく、追及しません。
(以下略)
————————————————————————

何故、祝杯をあげなければならないか・・・

「自分たちとの関連を、これで、葬り去れる」だからでしょう?

それ以外にお祝いをする理由有るかしら?

愛媛の獣医科が731部隊である疑惑がますます濃厚になります。

あの大雨のあと、大風8号が、自然のコース通りに通り抜け…気候は、まともになっています。

でも、まだ、ヤル気だと私は思う、ケムトレイルがひどいのです。

それとね・・・カラスが鳴きづめ・・・あの大雨の前にもカラスがずっと、鳴いていました。

私は、カラスには敏感だけど、うちのカラスはあまり鳴かない。
それなのに、意味もなく、かあ、かあ、がーがー鳴き続けている。

何かあると思う。

次は地震で来る気がする。

立て続けに処分してやる!と、思っていると思うのだけど、電力が不足して、あそこまでだったと思うのね。

だから、また、充電したら、来ると思うの。

どうしてやろう!!腹の立つ。

けど・・・考えてみたら「仲間割れって!あ、そうか…ジョンちゃんとの覇権争いかー」
これかー

トランプやるな!分割統治にでたか!うまい戦法だわ。

だから、秋になると安倍勢力が減衰するのか・・・ジョンちゃんが上がって。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

中川さんは「サリンの経路」を知り、早川さんが「オウムの変質と凶悪化の経路」を知っているから、まとめて始末された。

>トランプやるな!分割統治にでたか!うまい戦法だわ。

「今上天皇の譲位・上皇に」ってのも天皇家・天皇屋を始末する、「分割統治」に思える。

歴史でも、南北朝の騒乱で、著しく天皇と天皇家の権威は墜ちた。

まずそれをする算段に思える。

>宗教による心の救済。宗教による戒律・規則の重視。規範意識の高揚。そして、ここからは、完全に宗教界のことですが、不成仏霊の救済による現象界の反映。

>これらを抹殺することで、社会は悪くなります。
人々は、心のよりどころを持てず、精神的に破たんしたり、やけくそで、道徳をやぶります。そして、そのはてに、確かに霊的な障害はあるのです。

これは結構正しい。

とはいえ、全面的には宗教を是とはしないが、有効活用すべき点は多い。のに全部消滅・あるいは耶蘇金的にモラル・思想抜きにしようとしているのは、許されない。その尖兵が天皇だったってのは、今わかっている。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く