忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

戦争中毒の酒池肉林依存症のやつらが、日本の指導層や奥の院。奴らが居座るなら皆殺ししか日本の衆生は生存できない。

DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
「北朝鮮と戦争をやるなら向こうで」


「北朝鮮と戦争をやるなら向こうで」とトランプ氏 共和党議員に

https://jp.sputniknews.com/politics/201708023950787/

というトランプの発言が話題になっているようなのだが、これって、別に何も新しいことはない。北朝鮮と戦争をするなら南朝鮮はほとんど消滅を覚悟するほどの被害が出る恐れがあるとは昔から言われていること。

そして、北朝鮮側からすれば、米とその子分(日韓)が北を攻撃するとなれば、北は存亡の危機がかかっているんだから、韓国しか攻撃しちゃいけないなんて理屈はない。米の発進基地である日本にある米軍基地は当然攻撃ターゲットになるだろう。

さらに、存亡の危機なら、別に基地しか叩いてはいけないという話ではない。基地を提供している日本は当然に集団的な行動の一員なんだから、日本のどこかを攻撃してくる可能性もある。

という話。これって前から言われていたことなのだが、そういえば最近テレビやら新聞がちゃんと話してないかも。

というわけで、ロシア問題ではてんで当てにならないことを言っている田岡俊次氏であるのだが、北の問題については一貫性のあるご意見をずっと保持している。上で書いたような朝鮮半島における現場の状況を様々な例をまじえながらたっぷり説明している。最初から40分ぐらいのところまで。3カ月ぐらい前の動画。

北朝鮮挑発の愚、シリア攻撃の不可解〜タカ派の平和ボケ



■ 拉致をもってきて潰したのは安倍さんなんだが

で、それらのことを縷々説明して、最後に、平壌宣言と拉致問題に話が及んでいる。

平壌宣言がそのまま履行されていれば核開発を北が止める話なわけだから、当時、日本の外交はすごいじゃないかと言われていた。が、それを止めた人たちがいた。

それについて、田岡さんたち、アメリカの情報機関や軍の人たちとリアルに付き合いのある日本人は質問を受けたものだ、と。それは、概略、

日本の右派は核拡散条約を脱退して核を持とうとしている、そのためには北が核を持つことがきっかけになる。ところが平壌宣言で核を止めるといっている、そこで拉致問題を騒ぎ立てて北朝鮮に核武装させようとしているんじゃないか、と彼らは疑っていたと思う、とおっしゃっている。40~42分ぐらいのところ。

まぁ、はっきり言ってこれを考えた人は過去十数年たくさんいたと思うし、これぐらいのことは論壇をにぎわせてもよかっただろう。違うというのならそこで反論すればいいだけ。

が、そうはならなかった。

私はむしろ、そうはならなかったことをもって、まんざらなくはない話だわな、と次第に考えが固まって来たという感じがしてる今日この頃。



■ 福田元首相、国家の破滅に近づく

そんな中、福田元首相がかなり強い発言をした。

福田元首相、安倍政権を批判 「国家の破滅近づく」

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017080201001843.html

「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家の破滅に近づいている」と述べた。2014年に発足した内閣人事局に関し「政治家が人事をやってはいけない。安倍内閣最大の失敗だ」との認識を示した。



福田さんは、公文書管理法に功績のある人だから、前から最近の安倍政権下で起こっていることについては批判していた。当然だろうと思う。

が、この強い発言は折からの金銭がらみの問題における文書管理の問題だけではないのではなかろうか、など思ってみることもできるように思う。ただ事じゃない発言というべきでしょう、だって。

つまり、公務員が唯唯諾諾と上に従うと、夢遊病者のごとく大イベントを出来させることに気付かずやっちゃうということがあり得る。いわゆるアイヒマン問題ですね。そこを恐れているんじゃないかと思って聞いてみるのもいいのではないかと思う。

あと、おととい、

伊吹さんも志帥会だし、相当色濃くタカ派グループの人だが、ここでたもとを分かつということだろうか?

京都で狸集会が開かれていた

と書いたら翌日、伊吹さんは

伊吹元議長が文科相就任を固辞

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170801-00000990-fnn-pol
だった。

でまぁ、残ったのは、

ホントの話が書けない日本 稲田編

で取り上げたような人ばっかりという点で、もうね、なんでこれが「日本」なんだろうかと、口を開けて成り行きを見るしかないわね、ってところ。

どう考えてもたいへんなことになってるな、なんだと思うわけですが、あいかわらずすべての公式な言論がぐるぐる周辺を廻っているって感じ。


・・・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

>つまり、公務員が唯唯諾諾と上に従うと、夢遊病者のごとく大イベントを出来させることに気付かずやっちゃうということがあり得る。いわゆるアイヒマン問題

そもそも、先の投稿をみてもわかるが、日本の権力の理想とする人間は、「アドルフ・アイヒマン」ですは。

アイヒマン問題は、明治から少なくとも戦前から延々と無視されてきたのである。

その一因が「天皇制」」である。


天皇制、なくせば日本人の解放だ!


ともかく、

>平壌宣言がそのまま履行されていれば核開発を北が止める話なわけだから、当時、日本の外交はすごいじゃないかと言われていた。が、それを止めた人たちがいた。

>それについて、田岡さんたち、アメリカの情報機関や軍の人たちとリアルに付き合いのある日本人は質問を受けたものだ、と。それは、概略、

>日本の右派は核拡散条約を脱退して核を持とうとしている、そのためには北が核を持つことがきっかけになる。ところが平壌宣言で核を止めるといっている、そこで拉致問題を騒ぎ立てて北朝鮮に核武装させようとしているんじゃないか、と彼らは疑っていたと思う、とおっしゃっている。40~42分ぐらいのところ。

>まぁ、はっきり言ってこれを考えた人は過去十数年たくさんいたと思うし、これぐらいのことは論壇をにぎわせてもよかっただろう。違うというのならそこで反論すればいいだけ。

>が、そうはならなかった。

>私はむしろ、そうはならなかったことをもって、まんざらなくはない話だわな、と次第に考えが固まって来たという感じがしてる今日この頃。


日本の右派は「核兵器と天皇があれば、日本人が死に絶えても可」ていう、人間のカスですは。

奴らを滅ぼさないと、日本の栄光は無い。そもそも生き延びれない。

やつらが、まず当面の日本人の敵です。朝鮮よりもアメリカよりも中国よりも、「天皇を看板にする偽愛国者」が巨悪の癌です。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR