忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

慈悲の無い奴は、救いようがない。真の愛をいうなら慈悲を発揮しな・・・






耶蘇の「真の愛」っていう話は、多少傾聴に値するかもしれない。慈悲の感情は多くの場合に「平等の関係」でなくなることが多い・と。


でもそもそも仏法は「慈悲」は平等でも普通に起きうるし、それを前提にしている。

そもそも「真の愛」という言葉・概念にとらわれて、仏法の「慈悲」とかディスるのは、本当に「真の愛」であろうか?



菊池先生は、私のいいたいことを、見事に言葉にしてくださって大変ありがたいです。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR