忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

失政をした政治家・負けた指導者は、辞める。辞めないのなら指導者を殺す。自然の摂理です。

geneumiのブログ より

上記文抜粋
・・・・・
人間として誠に哀れ

当ブログ管理者は立派な人格者を知っている。
故に、本来、朝鮮半島から移り住んできた方々への偏見はない。
と、言いたいところだが、現時点で思う事を言わせてもらえば、

センス悪過ぎ!
で、ある。

現在の日本は、日本人的メンタリティーとは背反する指導層に支配されている。
ジミン然り、コウメイ然り、官僚然り、経団連然り、マスゴミ然り。

戦後、GHQによる陰謀で、意に反して日本に移住、あるいは本国にいたたまれず移住・・・。
諸事情はともかく、いずれにしても日本に於いて重要なポストに収まった家系の劣化が止めどない。
初代はそれなりに有能な人士もおられ、戦後復興に貢献した方もおられるだろう。

その頃のGHQによる日本植民地政策はバリバリの偽油ダ屋鉄板路線。
ジミン代理支配イコール朝鮮半島人脈による代理支配である。

マイノリティー支配の主役となった移民朝鮮人は今日のエスタブリッシュメントの祖である。

これは国の支配グリッド(作用力点)に、非日本人を充てがう事で、明治以前の日本人メンタリティーを薄める目的である。
当然、この方針に応じて重要なポジションに就任された人々は、その意味を熟知しておられたことと思う。

結果、重要な許認可利権は今日の朝鮮系在日ハーフ、あるいはクォーターの血系が握った。
とは言え、代理支配層の上には、恒に偽油ダ屋勢力が居て監視の目を緩めない。

しかし、許される範囲では、許認可利権を使い、有利に取引を進めることが出来る。
水面下では新たな財閥(利権ネットワーク)が構築された。

もちろん、偽油ダ屋勢力の行動原理はタルムードである。
権力を持たせたと見せかけて、絶対的な支配力を手放すつもりはサラサラない。

一時は棚ぼた気分に浸れたかも知れないが、偽油ダ屋にしてみれば、単なる使い捨ての道具。
金と権力、地位に惑わされただけのヌカヨロコビ。

その証拠に、間もなく始まった朝鮮戦争は本国、朝鮮半島を引き裂いた。
これにより、日本への移民組は裏切り者と呼ばれたり、さらには北朝鮮の極端な独裁専制政治。
母国を思う日本移民組の心情は多いに揺さぶられたことは想像に難くない。

時を同じく、統一教会、創価学会等のカルト活動の嵐。
呆れるほどの二重支配、一般信者は中枢が朝鮮カルトだと知らない。
カルトによる日本人囲い込み工作はものの見事に成功し、日本人的メンタリティーの破壊に多いに貢献した。

なにしろ、戦後間もない日本人は貧しかったのである。
適齢期の男子が少ないので、在日家系との婚姻が増える。
代理支配組は、一段とその勢力を増した。

さらには戦後の興行、芸能界のグリッドも朝鮮勢力。
憧れのスターはほとんどと朝鮮民族。
それが実力なら文句はないが、一般の日本人が意図的に排除されたいきさつは身を以て体験している。
その証拠が電痛その他の日本人排除の図式。

移民と言っても、母国での地位や階級は様々。
エリートもいれば白丁と呼ばれる最下層もいる。
気がつけば、ヤクザ構成員の80%は在日。
いわゆるフロント企業として、水面下の資金をかき集める。
さらには20兆円産業と言われたパチンコ利権。
加えてサラ金はバブル前後の浮き沈みに身悶えしていた日本人を虜にした。

だが、これは全て過去の話。
生存競争でしのぎを削る、同じ国土に住む者同士の生き残りゲームである。
勝ち組もいれば負け組も居る。

だが、問題は残る。
2007年頃までは、確実に偽油ダ屋テリトリーだったことに相違ないのである。

その下には日本人も在日も朝鮮人もその他の移民もいる。
いくらか優先的に朝鮮半島人脈は利益を得やすい立場に居たのは確かでも、売国奴として自他ともに認める、小泉や安倍晋三のようなポチぶりを遺憾なく発揮しなければお仕置きを喰らう。
日本支配の上層部とは言え、所詮、偽油ダ屋ハザールマフィアの陰謀に振り回される哀れな存在。

然るに、今日、状況は一変した。

もちろん、ハザールマフィアの残党は残っている。
GHQ以来のグリッド(例えばマスゴミ)などは、あいも代わらぬ薄汚い油ダポチだらけである。

だが、少し考えて欲しい。
もはや、油ダポチに甘んじる必要はないのである。

逆に言えば、日本人が強制的に位置づけられた下層国民に甘んじる理由は無い。

既得権益は偽油ダ屋の庇護の元に成り立つかに見せかけたイカサマである。

実際、そんなものに何ら保証はない。
従って、従来通りの油ダポチが引き続きこの国を支配する謂れもない。

仮に、百歩譲って、これまで通りを続けたとしよう。
アメリカが、ロシアが、中国が、ヨーロッパ諸国が一歩も二歩も先んじて様変わりしていく。

いつまでもハザールマフィアのために忠誠を誓う愚かな国民など、誰も相手にしない。

経済でも、その他分野でも、どんどん引き離されていく。
そんな世界情勢の中で、日本は日本の強みを生かして成長していかなければならない。

それぞれの民族はそれぞれの遺伝子が持つアイデンティティに磨きを掛けて、世界と渡りあっていく。

あたかも世襲のような政治行政のスタイルが、伸び代の足を引っ張る。
古い既得権益を頑として変えない弊害はもはや犯罪である。

朝鮮半島から移住した方々は、みずからのアイデンティティに従って、韓国人、北朝鮮人、日本人として生きることに何ら障害はない。

歴史を遡るまでもなく、日本人と言う純粋な民族は元々存在しない。
これから先も東南アジア諸国、中国、その他の国々からも移民はやってくる。

差別主義は何の意味もないことくらい知っている。

しかし、現在の支配層に関してはその限りではない。
ハッキリ言えば今後の発展成長の邪魔でしかないのである。

もちろん在日、朝鮮人とは限らない。
日本人もいるだろう。
だが、成長発展の阻害要員なら区別なく排除されて当然。

問題はひとりひとりの意識にある。
年齢も性別も、国籍も、地位も権威も関係ない。

世界中の紛争の80%を生産したハザールマフィアと、キッパリ決別できない国や地域に成長はない。
指導層がハザールマフィアの油ダポチで占められる国や地域に、地球型人類として生まれ来た尊厳は宿らない。

そんなことも見通せないセンスの持ち主が、国のトップに居座る限り、日本に住む一般市民、その他大勢の浮かぶ瀬がない。

親世代、祖父母世代がどうであろうと、次世代は、この先の変化に対応していくしかない。
そして、単に対応するのではなく、新しい価値を生みだすことに傾注しなければ存在価値がないのである。

古いグリッドは鬱陶しい。
既にパワーを失っている。


仲間同士、身内同士のたらい回しを止める潮時は過ぎ去った。

現在のあらゆる仕組みの機能不全は、隠しようもなく露呈している。
その原因はひとえに為政者の能力不足である。

日本全体でエンゲル係数がどんどん上がっている。
政治行政、産業経済、あらゆる仕組みの劣化が招いた負のスパイラル。

劣化した存在が足枷になっている。
この事実を認めるなら、直ちにその場を離れよ。

そして、偽油ダ屋の陰謀に加担して我が身の安泰だけを望む、乞食にも劣る意識。
人として誠に哀れである。

・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり


あわれ日本の指導層・・・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR