忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7326]  [7324]  [7323]  [7322]  [7321]  [7320]  [7319]  [7318]  [7317]  [7316]  [7315
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
日米地位協定を改定せよ:産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して)))  より

上記文抜粋
・・・・・・
アンパンマンが売れるわけ  

脳の構造に最初から善がインプリントされているようです

多分大愚の「天」もそうでしょう

開始>
正義の味方への憧れは本能か? - 京大、生後6カ月の乳児に正義感を確認

京都大学(京大)は2月1日、生後6カ月の乳児を対象とした実験から、弱者を助けるといった正義の味方的行為を肯定する傾向がすでに備わっている可能性が示されたと発表した。

同成果は、同大 教育学研究科の明和政子 教授、同 鹿子木康弘 特定助教、同 David Butler特別研究員、東京大学の井上康之 特任研究員、京都府立医大の松田剛 助教、東京大学の開一夫 教授らによるもの。詳細は英国の学術誌「Nature Human Behaviour」に掲載された。

攻撃されている他者のために身を投げ出して助けるような行為は「美徳」として受けとめられ、道徳、正義、ヒロイズムといった概念とむすびつけてイメージされており、これまでの研究から、そうした正義の行為がみられるのは就学前ころであることが知られていた。しかし、そうした正義の概念は、生後の学習によるものなのか、生後早期からすでにみられる傾向であるのかについては良く分かっていなかったという。

そこで研究グループは今回、生後6カ月の乳児を対象に、攻撃されている弱者を助ける第三者である正義の味方を好むのかどうかを調査。その結果、攻撃的な相互作用を止める場合においてのみ、第三者の介入行為をポジティブに評価していること、ならびにそうした介入行為を「正義の行為」として認識していることを確認したという。また、行為の意図を考慮して、正義の行為を評価する能力については、生後6~10カ月の間に発達することも確認したとする。

これらの成果について研究グループでは、正義の行為を理解し、肯定する傾向は学習の結果ではなく、ヒトが生来的に有している性質である可能性が示されたとしており、今後は、今回示された正義を肯定する傾向が、遺伝や環境といったどのような要因によって発達するのか、その後発達する、より高次な正義感とどのような関係にあるのか、といったことの解明を進めることで、社会的課題であるいじめの本質的な理解とその解決に向けた議論などにつなげていければとコメントしている。

クリックすると元のサイズで表示します

実験の流れ。実験は乳児に攻撃者、犠牲者、それを止める(止めない)第三者の動画を見せた後、第三者の実物を示し、選択をさせるというもの (出所:京大Webサイト)
終わり>

正義というより善でしょう。

かなり大きな影響力をもつ研究と思います

善はビルトインされているわけです

そうすると、これを麻痺させるために

ISや悪魔教などは薬剤か何かを使っている

ということになりますね。


思想の構造=脳の構造だということが次々明らかにされていくでしょう。




・・・・・・
・・・・
抜粋終わり


孟子の「性善説」は正しかったようだ。


王陽明や、仏教の如来蔵の思想も、間違えでないこともわかった。


いや~意外と大乗仏教復興{浄土・禅・法華でなく}かもね。



悪を続けれるほど、人間は強く阿呆でもない・・てことか。

お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved