忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[8234]  [8233]  [8232]  [8231]  [8230]  [8229]  [8228]  [8227]  [8226]  [8225]  [8224
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
青洲のブログ  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
9人の頭部を隠していた座間の1DKのアパートは、「因縁の部屋」!!

この部屋に入る者は、殺されてしまうという因縁付きの部屋に、どのようにして入居したのか?

 この手の事件は、全国で多発しているが関係者たちは介入を嫌がって大半を「闇」に葬ってしまっている!!

まさかハロウィンの生贄にされたのではないか?

今夕、5時に関係者逮捕の報道が行われますがまずは、私から!!

犯罪収益等隠匿容疑で男二人を逮捕!!

新宿区西新宿6丁目職業紹介会社 「EXCELLENT」経営 加藤孝明(34)

同豊島区東池袋5丁目同社アルバイト 白石隆浩(26)。

この白石隆浩(26)が、9人もの頭部を隠し持っていたか・・・・。

背後に、ボスがいるなあ・・・。

風俗店を利用して売春を斡旋していたのだなあ・・・・・。

歌舞伎町で、客引きもしていたという。

場所は、「座間」で・・・・いるいる・・・・。

9遺体で、頭部を残して持っている・・・・・同じ儀式ではないか?

内臓と、肉はすてた・・・・まさか食べた・・・・?・・・・?

こんなことをするのは奴等で、複数いるはず・・・・。

とてもとても警察の手には負えない・・・・。



これが、日本の・・・世界の「闇」である!!

そろそろこの「闇」に気づかなければならない!!


・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


安倍総統が養生のために人肉を喰ったかも?て書いたが、まあ普通は「無い」と思う。
が、その周囲の人間が安倍総統の健康回復のために、人命を使った邪教の儀式を行った可能性はあるかも。

小説「周公旦」でも人命を使った祈祷のことを書いている。殷など平然と使いまくったために、周と周辺民族連合に滅ぼされた・・・。
で、周は「もう人身御供はしない」ってので発足した。その人を犠牲にしない祈祷・礼法体系を作ったので、周公旦は「聖人」と言われたと思う。

参考

参考 2

周公旦 アマゾン

まあ、本家は欧州ですはこの手の邪術を平然と使うのは・・・あるいはそれに日本人・アジア人が毒された場合。

普通、こういうのは怨霊や負の因縁があるしそういう概念があるので、アジア人はしない。真っ当な高貴な人ほど・・・・。

呪殺とかの祈祷となると、子孫や後継者にルイが及ばんように、その祈祷をした僧侶・行者は一種の自殺である即身仏をするとか読んだことがある。

てなると日本人となると、日本食人会議の邪教の連中だろう。

人肉は欧州に売る。臓器は、売買。頭の9個もこれも邪教の邪術の邪法具。

九頭竜・ヤマタノオロチになぞらえたのだろう・・・てなると、また大本系=日本会議の影が強くなった。

自衛隊の基地となると、意外と米軍がらみの邪教徒の連中も・・。


怖いね・・・


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
『ブギーマン』
『ハロウィンの殺人鬼』『ブギーマン』が日本にも現れた!『アメリカ型ハロウィン』である。
ローレライ 2017/11/03(Fri)10:42 編集
Re:『ブギーマン』
>『ハロウィンの殺人鬼』『ブギーマン』が日本にも現れた!『アメリカ型ハロウィン』である。

同感。

書き込みありがとうございます。
忠武飛龍 【2017/11/03】
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/17 笑む]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/16 みるみる]
[11/15 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved