忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

2018/01/24 (Wed)

なんか・・奴隷に支配されているってことか日本列島は・・・

DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
731部隊再放送「歴史的資料はすべて我々の元にあったのです」


一昨日、NHK BSで昨夏に放映されていた

BS1スペシャル「731部隊 人体実験はこうして拡大した/隊員たちの素顔」

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-01-21/11/15669/2892014/

が再放送されていた。

私は見ていなかったのだが、偶然たどったリンクのリンクのリンクあたりでDailymotionに動画があがっていたので見た。

この動画のハイライトは、昨夏から言われている通り、ハバロフスク裁判の音声記録。モスクワで保管されていた。

それによって、従来、裁判の翻訳文書だけを読むとソ連につっつかれて筋書通りに裁判が進行しているじゃないか、これはデッチアゲだ、みたいにも読め、それが故にソ連のデッチアゲみたいな批判が日本の中にあったが、音声を聞くと、やり取りの中で話が一つ一つ確定していっていることがわかったこと。(どうしてそんな翻訳版ができたの?)

そして、それが意味するところは何かというと、

・細菌部隊の設置に至るまでずっとかかわっていた軍医の石井四郎が、1945年の終戦と共にアメリカ軍に資料を提供することで捕縛もされず、公判にもかけられずすましたことを代表例として、このユニットの存在すら疑問視されたり、人体実験の非人道性など嘘だ等々と言われていたことは、まったく嘘でした、実際には、確かにそのようなことが行われており、かつ、関東軍司令官山田乙三はそれを承知しておりました、ということが通常の裁判と同様の意味において確定していた。

・にもかかわらず日本の中で確定しなかった最大のファクターは、アメリカが日本を庇っていたからだった。




「歴史的資料はすべて我々の元にあったのです」
by 米陸軍フォート・デトリック基地
ノーマン・コバート元歴史担当主任



・さらに、こうしてアメリカによって庇われたことから、日本国内においては、これらの行動にかかわった人々は、今度は日本政府の手によって庇われ、戦後は普通に国立大学の教授となるなど、なにごともなく余生を送った。

関東軍総司令官山田乙三
シベリア抑留から帰国し、鳩山首相と面会している動画と、その前には自宅に戻って日の丸の小旗で迎えられている短い動画が入っている。これを見ると、ちょっと、まるで凱旋したかのような感じさえある。それが当時の日本だったという興味深い記録。



ということで、これを見るに、冷戦で助かったというのは一人岸だけではないなというのがよくわかる。

で、これは、欧州側で、ウクライナのOUNの犯罪が、ユダヤ人殺戮といえば全部ドイツのせいにされて盛大に見過ごされたというスキームと対になっているとも言えると思う。

「UKRAINE ON FIRE」with オリバー・ストーン


でので、こういうことをいつまでも隠せなくなったので、いろいろ正常化するしかない時代になってる、いやもうずっとなってる、でもついにもうほんとにダメポ、って感じの時代が今ということなんだろうと思う。

これも同趣旨でしょう。

今更なぜか「プロジェクト・フラ」

あとで、戦後処理のタグで物置に入れておこうと思う。



なぜこういうことが必要となるのか。それは、アメリカ一極支配構造は無理だったということが確定したから。この構造の中では、ジャーナリズムからアカデミックまで、言論支配が非常に強力に行われていた。しかし、もはやそれができないとなれば、各国は各国と(とりわけ隣人との間で)付き合う、対話する、交渉する

・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


天皇すらトンズラこくのだ。731部隊が無責任なのも訳ない。

産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して))) より

上記文抜粋
・・・・・・・・・

昭和天皇がその位置にあったが

土壇場でさっさと遁走した。。。

・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


天皇が逃げて、庶民だけ奴隷化された。

それが今の日本・・・・・。

誰の責任。そりゃ~天皇にも責任はありますは・・・


もう天皇制日本やめましょう。あるいは天皇家など無益有害ですは・・・・



お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新CM

[02/19 chtk217]
[02/19 chtk217]
[02/19 笑む]
[02/19 笑む]
[02/18 ナオト]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
忠武飛龍
性別:
男性

バーコード

P R

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 幕末維新新選組 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]