忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

そんなながれかな・・・

神戸だいすき より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・

第二の朝鮮戦争・半島統一がつまり”アメリカ内戦”?
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=126228
緊迫化する半島情勢 好戦的で荒っぽいトランプ政権により金正恩体制の排除は起こりうるか

ネット住民なら多かれ少なかれご存じでしょうが・・・北朝鮮とは何か?については正反対の二つの説があります。
「正反対に見える」と言う方が正確かもしれない・・・

つまり、大東亜戦争(大陸・半島)での戦では、日本は勝っていた。シナ兵は、国を守る気概なんかないから金でやとわれているだけだから、日本の皇軍に対抗なんかできるわけがない。

どこでも、勝利を収めてやりたい放題みたいだったんだよ。

でも、アメリカ軍との太平洋戦争で負けちゃったから、残念無念の敗戦となった。

「ほんとは、勝っていた!」と思う連中が満州から朝鮮半島に残っていてね。
機会があれば打って出てやる!

これは、何も満州だけではなく、マレー半島でも、インドでも、ベトナムでも、インドネシアでも、フィリピンでも同じ。

それらの国々に軍隊を鍛え上げて独立戦争をたたかわせたり、旧日本兵はあちこちで、実際の戦果を挙げたのだけど・・・ひとつだけ・・・国までつくってしまったのが北朝鮮だという説がある。

つまり、今の黒電話君の親とか、祖父とかに日本人の血が流れている。
そして、朝鮮王朝李王朝の皇帝と日本の皇室の両方の血をひく横田めぐみさんを拉致して、正日の子どもを産ませた・・・のが、あの黒電話くんだというハナシ。

つまり、北朝鮮とは、第2の 日本帝国だという。

そこで、北朝鮮、日本、中国が一体となって「大アジア」を造ろう・・・頭山満なんかの思想なわけよ。

こういうコマの進め方なら仮想敵国はアメリカでしょ?

ところが、あの貧乏な北朝鮮が国家破たんせずに、ミサイルまでもっているのは、なぜ?

ひとつには、日本からの仕送り[パチンコ利権など)
もちろん、麻薬で稼いでいる・・・・その相手国はアメリカだという説。
つまり、CIAが手を突っ込んで作らせた国だ~

こうなると「大アジア主義」から離れ「グローバリズム」になってしまう。

そして、ですね。日本の自民党も、そもそもCIAが作った。

てえことは、なるほど、北朝鮮は第二の日本だわ・・・でも、アメリカの奴隷と言う意味での第2の日本。

けど、アメリカ合衆国自体が、実はアメリカ株式会社の奴隷にされてきた~


ってことは、アメリカ合衆国も、日本も、北朝鮮も兄弟じゃん。

まあ、それで、そこに、江沢民の上海派閥を加えれば大アジア主義に見えるグローバリズムのアジアにおける完成形が、現出するはずだった。

・・・・このグローバリズムというやつはね。
何に裏付けられていたかと言うと「中央銀行が発行する紙幣=不換紙幣」で、裏付けられていた。

ところがやねえ。

この紙切れで世界支配・・・このシステムが、結局行き詰ったのよ。

札ばっかり増えて、逆に、経済がまともに動かなくなった。

と同時に、この札びら時代の巨人たちが次々世を去り、ついには、最後の巨人ロックフエラーが逝った。

もう、札びら支配のグローバリズムを強力に推進するパワーがなくなっちまった。

そこへ、プーチンが出てくる。
大事なのは心だよ。
民族性を尊重することでもある・・・それが「しあわせ」ってやつさ。

そうだ。世界を一元管理なんて、そもそも無理がありすぎ。

多極化しようぜ!

みんな違って、みんないい!

この動きは、実は前世紀の終わりごろには、見えかけていた。

ヨーロッパでは、G7に対する反対デモとかは、すでにあったよ。
すでにアメリカ株式会社は世界の嫌われ者だった。
だから、911で、誘いをかけてもドイツとフランスは断った。

それで、どうやったのか、見張ってなかったけど、ミッテラン大統領がサルコジなんていう卑しい奴に交替して、イタリアもベルルスコーニなんていう変な親父になって、ドイツもヒットラーの娘になって・・・リーダーがどんどん小粒くなって・・・いよいよ「グローバリズム」の完成までカウントダウン・・・

クリントンが大統領になったら、シリアに総攻撃をかけてイスラムを駆逐。
北朝鮮・中国・日本を一体化して、世界を手中に収めるつもり・・・今の安倍内閣がやってることを、世界規模でやろうとしていた。

そこへ、トランプが誕生したのは歴史の必然なのかな?

だとしたら、2年以内に、朝鮮戦争が勃発して、半島統一。
これが、中国や日本のお荷物になって、アジアは総体的に貧しくなる。
統一ドイツみたいなものね。

そうやって均衡を取り戻す。
中国の経済一人勝ちはおわる。

じゃあ、こういう事態になったら、我らが安倍自民はどうするの?
水面下で血のつながった黒電話と、もちろんドンパチやるよね。裏切りはお手の物。

けど、モノが戦争だから、3日で終わるとは限らない。
今度こそ、裏日本にミサイル着弾。
原発爆発・・・

こういう筋書きがあるのなら、今の時点で、森友がどうなろうと、誰が日本の首相になりたい?いやな役回りだよ。誰も「そこどいて、俺替わるわ」とは言わないでしょ。

あいつにやらせておこう、終わったら、腰を上げるかって思うでしょ。

けど、天網恢恢疎にして漏らさず。

公文書の隠ぺいにしても、過去の官僚が「今まで、財務省はそんなことしてこなかった。理解に苦しむ」。だいたい、今頃、なんで文部省からの天下り問題があるのかと思ったら、こういうのって、加計学園とか、森友学園と言った安倍お友達学園へのおいしい話だったのでしょう?

そして、日本の教育を「天皇のために死ね」に変える予定だったんだね。

全部一体だと思う。

あべっちは、ある日気が付いたら、梯子をはずされて降りられなくなった・・・そうなるんじゃないの。
案外、ゴッドマザーの終焉の時期がそれだろうね。

そういえば、小沢の灯が消えたのも、ママが死んだときだったよ。
日本の男はママなしでは何もできないんだね。きっと。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


そんなながれかな・・・

中国共産党の勇敢な兵士や、戦争時代の武術家の「武勇譚」には、「日本兵をとらえた」

てよくある。

それだけ、あちらでも日本兵の勇敢さは高く評価されていたということ。

同じように意拳の創始者・王向斎の逸話でも、日本の柔道の名人が立ち会ったが、王の相手にもならず投げ飛ばされたり、柔道・剣道を一流を極めた人が立ち会っても、てんで歯が立たなく、王に弟子入りした話もある。

参考 

参考2


いくら中共軍がモラルも兵法も優れていたとはいえ、武器も少ないし阿片を売ってでも金を稼がないと闘い続けれなかったくらいの窮地だった。

国府軍は大体にモラルが低いし、

日本軍は、モラルがバラバラ・・
中共軍よりも遥かに立派な部隊もあれば「三光作戦」とあとから言われるような暴行・虐殺・略奪をした部隊もあったし・・。
ちなみにそういう非行行為を、軍として止めようとはしていた。その辺は国府軍よりも他の欧米の軍隊よりマシと言い得る。


直には勝てないので、欧米を引きずり込んだ中国共産党・国民党の勝利ってわけだが、それが

>どこでも、勝利を収めてやりたい放題みたいだったんだよ。

>でも、アメリカ軍との太平洋戦争で負けちゃったから、残念無念の敗戦となった。

>「ほんとは、勝っていた!」と思う連中が満州から朝鮮半島に残っていてね。
機会があれば打って出てやる!

てやつらには理解できない。

戦場以前の戦いで敗北していたのだ。


それが理解できない連中が同じく復讐戦を考える・・・て、また負けるのに決まっているよな。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR