忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[1]  [2]  [3]  [4]  [5
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
晏子春秋 より

http://www006.upp.so-net.ne.jp/china/ansi.html

上記文抜粋
・・・・・・・・・
景公の愛する所の馬死す、圉人を誅せんと欲す、晏子諌む【第二十五】

景公は圉人に愛した馬を養わせたが、すぐに病んで死んでしまった。

公は怒って、官吏に命じて刀を取って馬を養った者を自ら酷刑にしようとした。このとき、晏子は前に侍っていた。

左右の者が刀をもって進んだ。

晏子はこれを止めて、公に問うて「古の堯舜が人を肢解するとき、 体のどの部分から始めたのでしょうか」と言った。

公は驚いて、回答に困り「寡人より始めた」と意味不明の回答をし、ついに肢解をやめた。

公は「獄吏にまかせよう」と言った。

晏子は「圉人はその罪を知らないで死ぬことになります。君のために彼に罪を知らしめてから、獄吏にまかせるようにしてください」 と言った。

公は「いいだろう」と言った。

晏子は罪を責めて
「なんじに罪は3つある。

公がなんじに馬を養わせたのに、これを殺した。

これが死罪の一つ目である。


また公が最も愛する馬を殺した。

これが死罪の二つ目である。


また公に一頭の馬のために人を殺させる。

人民がこれを聞けば、必ずわが君を怨むだろう。

諸侯がこれを聞いたら、必ずわが国を軽んじるだろう。

なんじは1回、

公の馬を殺して、

公の恨みを人民に積ませ、

兵は隣国よりも弱くさせた。

これが死罪の三つ目である。よって獄吏に処分させるのだ」と言った。

公は驚いて嘆じて「夫子これを許せ、これを許せ。わしの仁慈の心を傷つけることのないように」と言った。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

で、今の日本はどうでしょう・・・・


私は平然と仁慈の心を、好き好んで傷つけているようい思えますけど・・・

そうでない人が生き延びるのでしょう。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
晏子春秋 より

http://www006.upp.so-net.ne.jp/china/ansi6.html#24 

上記文抜粋
・・・・・・・・・
景公、晏子の妻老いて且つ悪きを以て、愛女を納れんと欲す、晏子再拝して以て辞す。【第二十四】

景公に愛女がいて、晏子に嫁ぎたいと請うた。公は晏子の家で酒宴を開いた。
酒を飲むことたけなわで、公は晏子の妻を見て「これが奥さんですか」と言った。

晏子は答えて「そうです。妻です」と言った。

公は「ああ、何と老いてまた醜いことよ。 寡人に娘がいて、若くて綺麗である。あなたの宮に納れよう」と言った。

晏子は席を退いて答えて
「わたくしと長く連れ添いましたので、こんなになりました。昔は若くて美しかったのです。若い頃に老後のときのことまで契りを結びました。 君からのお誘いがあっても、その契りにそむくことはできません」
と言い、再拝して辞退した。

・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

渋くていい話です。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

http://chugoku.no-mania.com/中国/諸葛孔明の名言 

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
戒外甥書

それ志は当に高遠を存し、先賢を慕い、情欲を絶ち、凝滞を棄つべし。

庶幾の情をして、掲然として存する所あり、惻然として感ずる所あり、屈伸を忍び、細砕を去り、咨問を広め、嫌吝を除かしむれば、何ぞ美趣を損ぜん。何ぞ済らざるを患えん。

もし志、強毅ならず、意、こう概ならず、徒に碌々として俗に滞り、黙々として情に束ねられなば、永く凡庸に竄伏して下流を免れざらん。



・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

拍手[0回]

http://teruo310.air-nifty.com/teru/2011/08/post-ab93.html より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・・・

君子の行(こう)は、静以(もっ)て身を修め、倹以て徳を養う。

澹泊(たんぱく)に非ずんば以って志を明らかにするなし。

寧静(ねいせい)に非ずんば以って遠きを到(きわ)むるなし。

夫(そ)れ学は須(すべから)く静なるべきなり。

才は須く学ぶべきなり。

学に非ずんば以って才を広むるなし。

静に非ずんば以って学を成すなし。

慆慢(とうまん)なれば則(すなわ)ち精(せい)を研(みが)く能(あた)わず。

険躁(けんそう)なれば則ち性を理(おさ)むる能わず。

年、時とともに馳(は)せ、意、歳とともに去り、遂に枯落(こらく)を成す。

窮盧(きゅうろ)に悲嘆(ひたん)するも、将復(はたまた)何ぞ及ばんや。





・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


自分でこれは書けばいいけど、まあ楽にしました。



拍手[0回]

論語 より

http://www.niigata-ogawaya.co.jp/rongo3/s-09-216.htm 

上記文抜粋
・・・・・・・・
〔 通釈 〕
孔子云う、
「私は世間で云うほど物知りだろうか?いやそんなことはない。たとえ無学文盲のつまらぬ男が問うて来て、何をいいたいのかさっぱり要領を得ない質問であっても、ツボを押さえて答えてやるから、人は私が物知りに見えるのであろう。まあ聞き上手なだけだよ」と。


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


ちなみに、王陽明がこれを

・・・・・・

孔子が、自分の知識をひけらかしたら、その男は嫌がって去って行っただろう。

そうせずに、その男の判断力・良知を尊重して、隅々まで検討したから、その男も悟ところがあったのだ。

・・・・・・・・
{私の意訳の省略・伝習録より}

これが「知性」と私は思います。





拍手[1回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved