忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

補給軽視・根拠地無視・民生蔑視は、帝国日本の伝統で、非日本的。

リテラ より

上記文抜粋
・・・・・・・
小島慶子が専業主夫の夫に「あなたは仕事してないから」と口にした過去を懺悔!“男は仕事すべき”価値観の呪縛の強さ

男性週刊誌で毎号のように大きく取り扱われている「死ぬまでセックス」特集。年をとっても元気なのはいいことだが、この元気は、実は、男たちの抱える「不自由さ」の裏返しではないか──。
 そんなふうに分析するのは、元TBSアナウンサーの小島慶子氏だ。小島氏は男性学を専門とする武蔵大学社会学部助教授・田中俊之氏との対談本『不自由な男たち──その生きづらさは、どこから来るのか』(祥伝社)のなかで、こんなことを語っている。
「やはり、代償行為ではないのでしょうか。定年後、アディクトする対象である仕事がなくなり、その分をセックスに肩代わりさせている。六十になっても、七十になっても、八十になってもと……。本当にセックスがしたいわけではないんじゃ?」
 男は学校を出てから40年間フルタイムで働き続け、会社に滅私奉公するのが当然──現在でもこの価値観は「こうでなければならない」と日本の男性を縛り続けている。そうして生まれる悲劇が、家事も育児も妻に任せ、趣味も仕事以外の生き甲斐もなく、いざ定年を迎えたらもう何をしたらいいか分からず抜け殻のようになってしまうというもの。その結果、定年後になってセックスに拠り所を見出すことになってしまうのだ。
 小島氏がこのような考えをもつようになったのは、自分の経験が大きく影響している。というのも、彼女自身がそのような人生を歩みかけていたからだ。しかし、それは出産を機に変わる。子どもが産まれてから、人生における最優先事項は仕事から育児に変わった。その価値観の大変革は非常に大きいものであったと言う。
「私がかつて勤めていた会社は制度的に恵まれていましたし、夫も家事・育児をする人だったけど、やはり子どもを産むと仕事のペースを落とさざるを得ませんでした。アナウンサーでしたから、出演も減ります。
 すると電話の取次ぎや補助的な仕事もしますし、社内では「あいつも終わったな」というように言われます。自分が「脇道に入ったな」という思いもあったのですが、いやいや「私は人の命を預かっているのだ。仕事上の私の代わりはいるけれど、代わりがいないという意味でどちらが重要かといえば、今の私にとっては育児の仕事だ」と考えることにしました。
 私は仕事にやりがいを感じていましたし、結果を出すことをあんなに重視していたけれど、それは実はそんなに大事ではない、と思えたんです。完全に頭の構造が変わって、洗脳が解けたようでした。すると、同じ職場に通いながらも完全に見える風景が変わってきます。「仕事は人生そのものではなく、あくまでお金を稼ぐためのもの」という感じ。それでいいんです。他の人に押しつけるのでなければ。
 女の人の場合はこうした経験をせざるを得ない。仕事一筋の男の人は定年まで経験しない。そんなの不自然ですよね。これから育児をする男の人は、働きながら育児もして、こうした価値観が変わる体験をしていくでしょう。昨日まで何より大事な最優先事項だったことが、今日からは三番目か四番目になる、そのクライシスを自ら決断して乗り越えていく経験をするんです。これは将来「自由になる」ために、とても大事な訓練だと思います」


 しかし、小島氏が言うように、現在これと同じ体験ができる男は、育児休暇取得率すらわずか2.3%(2014年度雇用均等基本調査より)しかない現状ではほとんどいない。そして、そのような価値観の大転換を妨げているのが、「男は人生のプライオリティーに「仕事」を置くべき」という「こうあるべき」価値観の存在である。
 そうした価値観への呪縛からは、これまで紹介してきたような考えをもつ小島氏ですら逃れられるものではないらしい。小島氏は現在オーストラリアに移住し、日本と自宅を行き来する生活を送っている。番組制作会社勤務だった夫は専業主夫として一家の大黒柱となった小島氏を支えているのだが、そんな夫に対し、ふとした瞬間に彼が外で働いていないことを責めるような態度が出てきてしまうのだと言う。
「たとえばいままでは夫に腹を立てても、「まあ仕事はちゃんとやっているのだし」とか、「私の前だから油断してるだけよね」と、何となくその場を収めることができていたんです。それが彼が仕事を辞めたことで、そうやって感情を押し込む、押入れみたいな場所がなくなってしまったんです。だから夫に腹を立てば、本当に恐ろしいことですけれども、「結局、仕事なんかできなかったんでしょう」と言いたくなったりしました。(中略)
 夫に「仕事をしていないからわからないでしょう」とか、「働くって大変なのよ」とか、つい言ってしまうんです。もちろん夫は私より社会人経験が長いから、そんなわけないとわかっているのに言ってしまう。買い物に行くと、「じゃあ、これ買ってあげる」と言ってしまったりもしましたね。いままで、私が大嫌いだったオヤジの言動すべてが、自分の中から出てきたんです。すごくショックでした。夫に絶望するより、夫に対してそういう振る舞いをした自分の本音に大変衝撃を受け、失望する毎日でした」
 おそらく、こうした体験があるからだろう。小島氏は「男ならこうあるべき」という枠組みを崩すだけでなく、その先のことを考えようとしている。

「いま社会で、男の人にはまっている枠とか型を壊そうとしているわけですよね。
壊して、彼らを自由にすると、男性ありきの枠組みから弾かれて不自由になっていた私たち女性も自由になれると、考えているわけです。
ただ、その「あるべき男」圧力がなくなったとき、シロアリにようにわいてくる男たちの不安をどのようにして受け止めるのか、あるいはどのようにそれと共存するのかということまでは、まだ世の中としても語っていません。
 それは何なのだろうと考えると、一つには男性でも女性でも年収や肩書きではないところで評価する、という考え方なのではないかと思うのです。
その考え方が広まると同時に、何らかの面で制度的にもそういう考え方がかたちになるということですよね。
具体的にどんな制度がいいのかを、今まさに考えなきゃいけないんだと思います」

「男なら家族や自分のことよりも、まず仕事を最優先にすべき」
「仕事をバリバリしている男以外は全員ダメ男」。

この価値観が変わらない限り、男の苦しみは社会を蝕み続けるだろう。
 女性のワークライフバランスをめぐる議論は常々進められてはいても、男の生き方の多様性に関する議論は放置されたままである。この議論が進まないことには、女性の社会進出に関する問題も、保育園問題に関しても真の解決はないはずだ。
(井川健二)



・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


そもそも「家庭を守る」ってのは、軍事戦略でいうと「補給・後方支援をしっかりする」てのをほぼ同じであり、たとえば遼は、皇后とその一族を蕭何になぞらえ蕭氏と言っていた。

参考 遼 ウイキ

遼 太宗皇后 靖安蕭皇后 ウイキ

ちなみに、劉邦が蕭何を誤って投獄したした際に、獄から出す時に、

「俺が暴君で君が名宰相ってことを、庶民に知らしめるために、このようなことをしたのだ。」

と平謝りしている。


で、今の旦那は、嫁さんに、それだけ過ちがあったときに平謝りするのだろうか・・・

あるいは、その逆のことはあるのだろうか・・・


外で働くよりも、内で家を切り盛りする方が、家族には貴重で大事な「永続的に家族が続く」って意味では大事とも言い得る。

だから庶民は蕭何と慕っていたのだ・・・それを知っているから、劉邦は妙で厳しい「言い訳」をしなくてはならなかったのだ・・・。



一体、家庭・家族を粗末にして、「どこに帰るの?」か。





お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR