忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

補給源を固めよ。

然り。

>男が金稼ぎばかりにこだわって家庭をおろそかにしてたのが問題!

>会社に依存しない社会システムの構築ではなく、ひたすら会社人間やって自分たちの勢力争いや飲み会ばかりやって男がやる社会システム構築をやらなかったからな!

>少子化や母子家庭の増加は男の責任でもある。

などそうですは・・・。


>女は家庭や女だけの集まりや、旦那や子供に智慧を与えられる視点で教育するのはどうかね?

>日本は男女隔離社会ではないけど、女はバラバラに分断されとるから女が会社以外に活躍できる場所が必要なのよね。

>そういう視点で女子教育やればどうかね?


システム・思想を考える。

それが本当の「智慧・思考力」ってものでは?


日本の学校でやるのは、読み書きそろばん以外は「猿真似力・知識の肥溜め力」しかないように思える。


追記  

幻の桜 より

上記文抜粋
・・・・・・

豪邸を建てた後

事業が衰退したり
引退するような結果になるのも
土地に引きづられるのが理由なんだ


だからこそ 
昔の金持ちは
ひきこもりの女性と結婚したりした


ひきこもり性質の女性と結婚すれば
自分は外で働いても 
社会活動を維持できるからね 



昔の金持ちほど ひきこもりを養ったり
ひきこもりを家族に迎え入れたりしてたんだ 」


(・・;)



だから 
ひきこもりは叩いちゃダメなんだ

いくら財運があるとは言っても
たたいて
ひきこもりを働かせると 
代わりにひきこもりたくなる気がやってきてしまう



昔のお金持ちは
ひきこもりを叩かないで養っていたんだ

蓄財するには理由があって 
富を蓄えたい時に
自分がひきこもりになりたくなければ
ひきこもりを養うしか方法はないんだ


ひきこもりはひきこもってるからこそ価値がある

ひきこもりに
働かせちゃダメなんだ


ひきこもりをいじめたり 
無理やり働かせたりすると


それで富を得ても
いずれは 
いじめて働かせた人が 
必ず ひきこもりになってしまう


昔のお金持ちや貴族は
その辺をよく知っていたんだけどね

でも小犬達は
エネルギーをまったく理解してないから

財運だと想えばはたいて
霊感だと想えばはたいて
それが仕組みが崩壊しつつあるんだ 」



(・・;)・



霊能力
財運にはそれなりの理由がある


怠け者は一見役に立ってないようで

実は家や社会を維持させる
役割があるんだ



家や土地を維持するためには
土地に居つく人
ひきこもりが必要なんだ



蟻や蜂は
それをわかっているから
怠け者を養ってるんだ



でも
今の社会は
みんなを働かせようとしてるから
崩壊しはじめてるんだ 」


(・・;)



ぼく知ってる


ウーマンリブはね
一見
共働きで収入が増えてるように見えて

長い視点ではひきこもる人が家にいなくなって
その家系の社会での財運は消失していくんだ


キャリアウーマンは否定しないけど

もし自分の仕事や富を長期的に維持したかったら

ひきこもる性質の旦那さんとか 
誰かを扶養し続けた方がいいんだ

キャリアウーマンの中で敏感な人は
怠け者の旦那さんを養ってる人もいる



家族全員働くと
家はバラバラになるって
潜在的に 知っているんだ
 







(・・;)







そしてね

ひきこもりにも
引力の質があって


ひきこもることを楽しんでやれる人は 
すごく引力が強いんだ

横暴な旦那さんの中には
誤解してる人も多いけど

ひきこもる性質じゃない女性を
無理やり家庭にひきこもらせても 
引力はそれほど強くない



楽しみながらひきこもる人でないと
その家の引力は強くならないんだ 



元々ニートさんが増えた理由は
女性が働きに行く風潮を作らされたからだ



家を維持したいと想った人達は 
その反動で
無意識的にひきこもるようになって
家を維持しようとしていたんだ 


ママやパパを助けようとしてたから 
ニートさんが増えたんだ 





(・・;)!







でもね

小犬達にこの現象をいくら説明をしてもおそらく無駄だよね

だって彼らは 
叩きすぎて
もうその意味がわからなくなってるから


いまだに
ニートを強制しろみたいな風潮の人を
メディアで流してる


怠け者は 
社会にとって必要 

社会や集合体を維持するためには 
楽しんで怠けてくれる人を
何割かは養う必要がある


そのことを理解できないと
維持できないんだ 」


(・・;)


ねこはね


人よりひきこもりの性質があるんだ


だからひとり暮らしで働いてる人が
ねこを扶養家族にするのは


土地に居つきたい性質のねこが
今の自分の暮らしや
活動を維持してくれるって知っているからなんだ



野良猫を街から追いだすなんて
街を長期的に壊しているのと同じようなものなんだよ




だって
犬じゃ
維持できないから

犬は働きたがり屋だから

場を維持する性質とは違うんだ


場を維持できるから番なんだ


エネルギーを見ればそれは明らかなんだけど
現実の一部だけ見てると 
それがわからなくなってしまう


鳥さんや 
運ぶ想念が
怠け者を好きなのは
自分は飛び回って色んなものを見たり体験したいからなんだよ 」(あらちゃんのことば)




・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり



「マボサク」と「ねこたさん」が似た時期に、似た文章を書くのは共時性というかそういう世の流れというしかないように思える。

慧眼だがかなり逆の視点の二人が、似たことを書くのはやはりそれだけ重要なことってこと。


私は「補給源{家族}を固めよ!」



お読みくださりありがとうございます。

拍手[3回]

PR