忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[8114]  [8113]  [8112]  [8111]  [8110]  [8109]  [8108]  [8107]  [8106]  [8105]  [8104
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
谷間の百合 

上記文抜粋
・・・・・・・・
小池百合子さんも小泉進次郎さんも、国民の半分を排除しようという思想の持ち主。

総理の街頭演説は一から百まで嘘です。
選挙用に少子化対策を出していますが、だったら一つでも、たとえば、山本太郎さんがいつも言っている奨学金問題や最低賃金のことを口だけではなくすぐにも実行に移してほしい。
急に小泉進次郎さんの露出が増えましたが、自民党はかれに頼らざるを得ないほど危機感を募らせているのでしょう。
その進次郎さんがかって何を言っていたでしょうか。
「悲観的な考え方しか持っていない1億2千万の国より、楽観的で自信に満ちた6千万の国の方がいいのではないか。」と言ったのです。
(人々を悲観的にしているのはだれだ!)
そのとき会場から拍手が起きたということですが、わたしは、ヒットラーの演説を想起しました。
いま、小池さんの「排除する」発言が問題になっていますが、いくら言葉を飾っても、進次郎さんの言ったことの本意は6千万を排除するということです。
この6千万という数字は橋下徹も言っていて、自ずと誰に言わされているかが分かります。
司令塔がNWO(世界統一政府)CSISが司令塔だということが。
小池さんも含めて、かれらは同じ穴のムジナです。
日本国民の半分を選別、排除するという恐るべき思想です。





麻生さんを持ち出すまでもなく、日本にはナチズムの信奉者が沢山います。
改憲論者、日本会議がそうです。
進次郎さんに拍手を送っていた人たちも選別思想の持ち主で、改憲して日本を「良い国」ではなく「強い国」にしたいと思っている人々です。
強者の論理=排除の論理です。
かれらは半分の6千万でいいとしながら、一方で移民の受け入れを否定しません。
おかしいでしょ?
だから、ほんとうは日本人ジェノサイドではないかとわたしは思っているのです。
移民を受け入れてシャッフルし、日本を日本でなくし、日本人を日本人でなくすることが究極の目的ではないかと勘繰っているのです。

小池新党に入りたい河村たかしさんですが、小池さんと連絡がつかないそうです。
排除されていることが分からないのでしょうか。(維新からも拒絶されていましたね。)
わたしの推測ですが、減税を掲げるような人はお呼びでないということではないでしょうか?


・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

>改憲論者、日本会議がそうです。
進次郎さんに拍手を送っていた人たちも選別思想の持ち主で、改憲して日本を「良い国」ではなく「強い国」にしたいと思っている人々です。
強者の論理=排除の論理です。
かれらは半分の6千万でいいとしながら、一方で移民の受け入れを否定しません。
おかしいでしょ?
だから、ほんとうは日本人ジェノサイドではないかとわたしは思っているのです。
移民を受け入れてシャッフルし、日本を日本でなくし、日本人を日本人でなくすることが究極の目的ではないかと勘繰っているのです。


日本会議=日本破壊機

改憲論者=壊国論者。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved