忍者ブログ
故国の滅亡を伍子胥は生きてみれませんでしたが、私たちは生きてこの魔境カルト日本の滅亡を見ます。
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
リンク政治向けメインですけど。
ブログ内検索
プロフィール
HN:
遍照飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
[11301] [11300] [11299] [11298] [11297] [11296] [11295] [11294] [11293] [11291] [11290]
おととひの世界 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
予言者 H・G・ ウェルズ『日本を予言した詩』


「タイム・マシン」「宇宙戦争」

「透明人間」を書いたH・G・ウェルズ

予言者としての顔も 

原子兵器の出現

それが日本に2発投下されるということ

1930年代に予言している。

「世界はこうなる

(THE SHAPES OF THINGS TO COME)」

2106年に書かれた歴史書を

現代(20世紀初頭)のレーヴン博士と云う人物が

夢に見てそれを書き留めたという内容



この小説の中

日本に触れている詩


アーモンドは桃
ズバリ桜だったとか
日本語訳が出るとき
ぼかすよう圧力がかかったという


Almond blossom in the spring sunshine
Fuji-Yama gracious lady
Island treasure home of lovely things
Shall I never see you again?...
『The Shape of Things to Come(1933)』

アーモンドの花が咲き誇る

 春の太陽の光の中に

富士山 優雅で美しく凛とした女性

宝の島 かわいい者達に満ちた家庭

僕はそれ等を もう決して見る事は

出来ないのだろうか?

『H.G.ウェルズの予言された未来の記録』
あの五島勉の本で有名になったけど

3.11とか今年の春とか
特に今年の春は桜の咲き方が異常だから
気になるよな



・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋おわり


蒼天航路の荀彧が、「私たちの国は、もう滅びていたのだ。」みたいなセリフを最晩年に言っている。

1933年って、どんどん天皇カルトが加速して、天皇の「日本人切り売り」へ爆走している時代。

あの時に、もう日本は滅んでいたのだ。


天皇だけしか忠誠がない官僚と軍人。

国民を切り売りして身を守り、身を肥やす天皇家とその閨閥。


明治維新で、日本人の国家は滅亡した。


もう、日本国など、無かったのだ。

あれから、あったのは、英国領日本列島・総督天皇よる、日本人牧場。



もう、天皇は要らん。


いるのは、我々の国であり社会である。


天を貫いて、悪王天皇を切り裂け!


お読みくださりありがとうございます。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
天皇のタケノコ生活に売られた日本
天皇のタケノコ生活の足しに売られた日本の現実は世界を歩いているウェルズには見えていた。
ローレライ 2020/03/13(Fri)20:25:18 編集
Re:天皇のタケノコ生活に売られた日本
>天皇のタケノコ生活の足しに売られた日本の現実は世界を歩いているウェルズには見えていた。

同感。

あの時代も、似たようなものだったのでしょう。
【2020/03/13 20:26】
忍者ブログ [PR]