忍者ブログ
故国の滅亡を伍子胥は生きてみれませんでしたが、私たちは生きてこの魔境カルト日本の滅亡を見ます。
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
リンク政治向けメインですけど。
ブログ内検索
プロフィール
HN:
遍照飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
[11302] [11301] [11300] [11299] [11298] [11297] [11296] [11295] [11294] [11293] [11291]
守屋洋訳 諸葛孔明の兵法 {徳間書店} より


{察情}

敵の状況を見破る法

  1. 両軍対峙のとき、敵が鳴りをひそめているのは、堅固な守りを恃みとしているのである。
  2. しきりに戦いを挑発してくるのは、こちらの進攻を誘おうとしているのである。
  3. 風もないのに樹々が揺れ動いているのは、兵車が進攻して来るのである。
  4. 土ぼこりが低くあがっているのは、徒士が攻め寄せてくるのである。
  5. 使者に強気の口上を述べさせ、強行突破の構えを見せるのは、退却に転じているしるしである。
  6. 進攻するでもなく、後退するでもない構えをとっているのは、誘いの隙をみせているのである。
  7. 杖をついて行軍しているのは、飢餓に悩まされている証拠である。
  8. 明らかに有利な状態にあるのに、あえて進攻しないのは、疲労困憊しているしるしである。
  9. 敵陣に鳥が群れているのは、すでに陣を引きはらったしるしである。
  10. 夜、大声で呼びかわしているのは、恐怖感にとらわれている証拠である。
  11. 軍に統制が欠けているのは、将帥に権威がなく、部下から軽んじられているしるしである。
  12. 旌旗が揺れ動いているのは、混乱に陥っているしるしである。
  13. 幹部将校が部下に八つ当たりするのは、長期の遠征につかれているのである。
  14. 賞賜を濫発するのは、窮地に立たされている証拠である。
  15. 刑罰をを濫用するのは、どうにもならない状況に追い込まれている証拠である。
  16. 使者をよこしてわびをいれてくるのは、軍に休養をあたようとしているのである。
  17. たくさんの贈物を持参し、ご機嫌をとり結んでくるのは、味方につけようとしているのである。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
犯罪も戦争外交もプロファイルが必要である。
犯罪も戦争外交もプロファイルの分析が必要である、日本などは馬鹿の一つ覚えの奇襲頼みと外国は分析しておかしくない!
ローレライ 2020/03/20(Fri)19:27:43 編集
Re:犯罪も戦争外交もプロファイルが必要である。
>犯罪も戦争外交もプロファイルの分析が必要である、日本などは馬鹿の一つ覚えの奇襲頼みと外国は分析しておかしくない!


自分の習性や癖もまっとうに知る気も無い。まあ天皇制ですから、知能・知性は、邪魔なのでしょう。
【2020/03/20 19:56】
忍者ブログ [PR]