忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

狂犬・猛将のマティス。「日本は守ったる。その代り紛争・戦争などの火遊びは許さん!」

金玉満堂ブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・
米新国防長官南海問題は武力行使不要、外交的解決がベスト 

美国新任防长:在南海无需动武 最好还是外交解决

米新国防長官南海問題は武力行使不要、外交的解決がベスト 
2017年02月04日 18:10 观察者网
頃日米高官「米中開戦不可避」を叫ぶ者の論調漸く勢いを増し、同時にイランのミサイル発射問題で対イラン新制裁実施が語られている。トランプ大統領は各種のオプションを取ることが出来、対イラン武力発動の可能性を暗示している.
アメリカ国外のこうした思惑の中、日本訪問中のマティス国防長官は中国のみならずイランの問題も、アメリカは軍事的手段を採る考えはないと表明した.南海の問題については何と言っても外交ルートを通じた解決が最も望ましいものであるとのマティス氏の態度表明はオバマ政府の政策と基本的に一致するものである. 
ロイター社2月4日、訪日中のマティス国防長官は東京にて記者会見し、南海問題でドラスティックな軍事行動を採る必要はないと考えている旨表明した.
我々は外交的手段全ての外交手段を用いるつもりであり、適当な妥結点を見つける.海上交通の円滑を保持するのは軍であるが現在武力を動かす必要はない.最も重要なことは外交官が解決することだ、と述べた.


トラ氏の国防長官がここまで明言するとは、前任カーターとの比較でまさしく昔日の感があります.
これほどまでドラスティックに変わるもんなんですねぇ.
アメリカ、日本国内のネオコン戦争屋に対し絶縁状を出したということです.
赤破門で済むものではありません.

・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

>我々は外交的手段全ての外交手段を用いるつもりであり、適当な妥結点を見つける.海上交通の円滑を保持するのは軍であるが現在武力を動かす必要はない.最も重要なことは外交官が解決することだ、と述べた.

明治以降、日本の外交は基本糞である。

まあ状況の変化に弱いのは、まさに「発達障害的外交」である。

その点、だいたいの発達障害の当事者は、その認識があるので、戦略レベルでは、普通の定型者日本人よりは、「国際的外交」への視点は、世界レベルでの健常者なのである。

自分が「外交・政治・経済」については「発達障碍者」であると気づかない大多数の日本は、狂気の極限まさにキチガイである。
現世で治らんようなら、お浄土へ救急搬送されるだろう。それももうすぐか。


まあ、狂犬マテイスは、兵法の基礎はちゃんと抑えている。「まず諜報・謀略。次に外交・軍事力など最後にやむなし」と孫子。

狂犬ではない大多数の日本人・特にそのエリートの方が超狂犬のキチガイであるのは、論を待たない。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR