忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[8116]  [8115]  [8114]  [8113]  [8112]  [8111]  [8110]  [8109]  [8108]  [8107]  [8106
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・
この際これを浸透させよう:ジャパンハンドラーズ


いやしかし、日本の政界に起こっていることが事実とは信じられないほど酷い。

まぁリトアニアあたりで何があろうとまったく驚かないけど、一応G7の国なんだよ。こんなのあり得ないと驚くばかり。だから、小池偽希望の党は民進党を潰して、まず比例区分を無くし、確固撃破的に一定するの議員を立候補そのものができない or 困難な状況にする、ということですね。

憲法53条違反で、議会を開かせなかったことがまず重要すぎてお話にならない、ほとんど国体破壊みたいな革命行為だと私は思っているが、それを無視して安倍バカは解散し、次に反対側では政党政治を破壊している。いやぁ、すごいですね。政権与党とその仲間が国体破壊行為に及んでいる。とうてい近代の先進国で起こるとは想像されていないでしょう、こんなの。


しかも、ケチと来たところに笑いが出る。
さてしかし、ここまで来ると煮え切らなかった人たちもいろいろ忌憚のない発言に及んでいることは副次的に大変良いこと。

が、しかし、みなさん、前原はバカとか、小池は酷い人とか、何かとっても個人のキャラクターに帰してものを考える傾向がみられる。これは長い間かかって日本のマスコミが取った手法によって、こうしか考えられない人たちが多いから仕方がないのだろう。

だがそうではない。だからこの際、せめて、ジャパンハンドラーズという語を人々に浸透させるべきではないの?

こんな感じ。

日本の政治はアメリカから直接の影響を受けているというより、日本をハンドルする集団に任されている or いじられている。
もちろん日本側にも受け手となる集団がいる。
これらの集団が海の向こうとこっちでシンクタンクで何かを発表してメディアを通して、あたかもそういう意見がアメリカ政府から来たかような、抗えないトレンドのように報じる。
この機構は潰されるべき。あるいは、それを前提としてものを考えるべき。そうでないと私たちは反抗することさえできない。
or
可視化しなければ、人々の頭にのぼらなければ、認識されなければ、私たちは彼らの影響力を低下させられない。

でまぁ、長島、前原は間違いなくそうだ、と。

ということで、天木直人氏が、長島の選挙区東京21区から立候補されるそうです。私もこの考えに大賛成。第一声は立川駅前だろうか。立川駅前でジャパンハンドラーズ長島を批判するって物凄いエキサイティングな出来事。天木さんをおっかけたい。

21区は
八王子市(東中野・大塚)
立川市
日野市
国立市



■ 枝野、新党設立の決心がついた模様

<民進党>枝野氏ら新党結成へ 党名「民主党」を検討
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000006-mai-pol


もうこの際、立憲民主党とかにしたらどう? 



・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


まさに激動中。


お読みくださりありがとうございます。



追記

立憲民主党って、まさに今上天皇の政治姿勢を代弁する名前の政党に思える。

そもそも日本国憲法は、第一条に「天皇は国の象徴」とある。

それを守る・立脚するってことだから、ある意味ではこれは保守の政党なのですは。


易姓革命・市民革命を目指すなら、立憲でなく改憲だからね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved