忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7108]  [7107]  [7106]  [7105]  [7104]  [7103]  [7102]  [7101]  [7100]  [7099]  [7098
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
青洲のブログ より

上記文抜粋
・・・・・

東京都は、伏魔殿!!


  鹿島建設、大成建設、清水建設、大林組は天下の建設会社であり、もしもこの中の1社が倒産すると下請けや関連会社が倒産してし20万人の失業してしまうというほど地域社会に根を降ろして、地域社会をけん引しているのである。
 
 ただ問題もある!!

 ある面で、この四社は「運命共同体」でもある!!

もう6~7年前になるが、この4社が海外の金融マフィアに引っかかり「大損失」を出してしまい会社倒産の憂き目にあったが、鹿島建設には「鉄建建設」の株52%と引き換えにユダヤのエンゲル会長が2兆円を出し、大成建設には「東京都」が資金を出して救済したために、4社は倒産を免れたという経過がある。

 この時、大成建設は手形の決済ができずに「ジャンプ」をしたが、この時は広島の裏社会の金20億円にまで手を出していた。

 そして、福島の原発事故で「鹿島建設」は原発本体の修復と周囲10Kの除染、そして「大成建設」鹿島以外の福島の除染で息を吹き返したのです!!

原発事故のおかげで、鹿島建設、大成建設、清水建設、大林組は海外での損失を補てんした上に利益を出したのですから、この四社得意の現玉作戦は「豊洲」や「オリンピック施設」で猛威を振るったはずです。

 ここに「小池百合子」が、突然現れて四社の足元をゆすぶりだしたのですからたまりません・・・・・!!

 「豊洲」や「オリンピック施設」に投じた現玉が、露と消えそうなのですからあわてます。

 豊洲新市場の整備費は、
     
    11年は3926億円であったが
   
    16年3月には5884億円

にまで膨らんでしまいましたし、建設費用に及んでは、

    990億円から

    27526億円

にまで膨れ上がったのですから、誰が見ても不自然極まりありません!!

建設工事の入札についても、不自然なことがあります。

 これを白紙撤回されては、大損失となります・・・・・!!

東京都が、脱線した全ての凶元は元東京都知事のS.Iにあります!!

 鹿島建設に「都有地」を払い下げして200億円のキックバックを受け取り「新党」を作ろうとしたが、仲間にリークされてしまい風前の灯となりましたが「粕谷茂」が、S.Iを助けたのです。

 これがS.Iの弱みとなり、また自由民主党東京都議連の強みとなり粕谷茂の後を受けた内田の「宝刀」となったのです。

 この中で、「大成建設」が東京都から資金援助を受けるという事態までか起こってしまったのです!!

工事指名業者に、資金を融通することの異常さがわかりますか?

 このようにして、「東京都」、「自由民主党東京都議連」、「鹿島建設」、「大成建設」、「清水建設」、「大林組」そして「妖怪」(CIA)のトライアングルが完成したのです!!

 ゆえに「小池百合子」は、危ない!!


この二人が、「小池百合子」の命運を左右する!!




・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり


京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・

やはり、この人は、存在自体が異次元だ。まあ、読んでみて。ゼネコン狂暴化の背景が見える。
超ド級の情報です。

 http://ameblo.jp/zeusu69/

T氏と 知己を得て、もうすぐ、一年。

ネットで最初に、「天皇を創った一族」の長老・金井敏伯の存在を、明らかにした御仁です。

そして、今、東京都の闇を公開です。今回の豊洲問題の裏に、ゼネコン4社と国際金融グループの闇があることを指摘します。

 これで、当時の石原都知事が、「311」の直後に、「天罰」と発言したことの意味が見えてきます。

石原氏は、「尖閣を東京都が買う」と言い出し、国民から購入資金として約14億円を集めましたが、それがどうなったのか? 

あのとき、「石原では、何をしでかすかわからない」と、当時の政権政党の民主党の長嶋に言い出され、

2012年9月11日、あえて尖閣を国有化に踏み切ったのが、野田佳彦です。この人物が今の民進党の幹事長。

この直前、ウラジオストックのAPECの場で、「国有化だけはやめろ」と当時の胡錦涛主席から直接言われていたが、それを無視して断行。胡錦涛の面子をつぶして意気揚々。さらに、この年の11月に党首討論で、解散総選挙を言い出し、安倍晋三に政権を渡して、日本の軍産複合体から大手柄と褒められたのが、この人物でした。

今、豊洲問題が揺れています。ゼネコンの裏に、国際金融での損失。

これに比べたら、国会議員の白紙領収書問題など、汚れたトイレットペーパーくらいの感覚なのでしょう。

8月8日の陛下の「生前退位」放送から、アメリカが つるべ落としで、没落に向かっています。

6月に仕掛けていた、シリアを舞台にした第三次大戦の「脅し」も、ロリアのプーチンには、利きませんでした。

もともと、、モスクワなど大都市住民は、郊外の農地にダーチャをもち、都市には、地下壕があります。

「脅し」が効かないロシア。ドル経済を維持するために組なければならない中国。その結果、9月11日の記念式典以後は、戦争屋の切り札、ヒラりーは、替え玉になり、それを操る 人形使い にも変化が出ています。

で、その結果、今、水面下で、工作員たちの大変な抗争が、日本。ドイツ、そのほかで展開中です。

 日本の場合、首都圏は「ホ」が充満中なので、どんな事故でも、あり、となりますし。

それだけに、国家主権の枠組みとしては、中国、ロシア、日本、ともに、より、強権政治になっています。(日本の場合は、次元の低い、お笑い政治で、最も肝心な問題から、国民の目をそらしています。東京都は、図体は、国家なみですが、一地方政府案件です。ここは、軍隊を持っていません)

11月17~19日に、ペルーのリマで、APECが開かれます。

このときまで、日ロの領土問題が、無事にまとまるのでしょうか。 ヒラリーは、9月11日、以後は、完全に替え玉です。 アメリカ民主党には、戦争屋もいれば、まじめな理想主義者もなかには、いるはずです。

12月15日の日ロ首脳会談を待たずとも、一日も早く、「ホ」にまともに向き合う、政権に、変えさせないといけません。

 この5年半、もう、取り返しはできないが、それでも、まだ、きちんと対応すれば、延命はできる。

そのときは、地球を舞台に、「ホ」は、人類の課題との共通の政治認識が必要だ。 アベッチが、そこまで、変わることができるのか?山本太郎の質問に、まともに答えないのは、本当に官僚のいいなりの「バカ」のままなのか。あるいは、完全にレプタリアンの感覚しかなくなっているのか。

そうならば、今の野党があまりにだらしがないので、

 ヤマト民族としても、 アベッチの替え玉を用意するしかなくなってきます。 

自分とy家族だけなら、なんとか守れるが、それだけでは、日本民族と日本文化が消えていってしまう。

・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり



お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/17 笑む]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/16 みるみる]
[11/15 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved