忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

日本人て肝心なモノを失ってしまった。

geneumiのブログ  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
当たり前がやれない日本

USグランチ株式会社との密約に縛られて72年目の日本株式会社(USグランチ日本支部)。

もう、いい加減にしてくれ!

アメリカ国民の政府はUSA。
しかるに、今もってUSグランチ株式会社が支配権を握る。
だが、幸いなことにトランプ大統領になって、支配力に陰りが出始め、事実上決着は見えてきた。
(時間差はあるにせよ・・・)

USAガバメントは沖縄の基地問題、横田制空権、安保条約に伴う地位協定などに柔軟に対応すると言っている。

軍事支配だった72年前、水面下ではトンでもない密約。
だが、それはあくまでも水面下の話。
日本国民はそんな契約は知らない。

それをそのまま踏襲して、1ミリたりとも変えようとしないのは(USグランチ日本支部 ☞ 中央集権)のご都合。
アメリカ側の問題ではないし、ましてマトモな日本国民は誰もそんなことは望まない。

当時のGHQと言えども、その後のUSグランチ株式会社も、国際条約の手続きを経て独立した後の日本の主権に関し、ああしろ、こうしろと言える立場に無いのは当然である。

〈引用開始〉

普天間返還実現せず「謝罪したい」 1996年日米合意時の国防長官・ペリー氏インタビュー(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/142182
『1996年に米軍普天間飛行場の全面返還が合意された当時の米国防長官のウィリアム・ペリー氏(89)が来沖し、13日、那覇市内のホテルで、沖縄タイムスなどのインタビューに応じた。ペリー氏は同飛行場の返還が実現していないことについて「非常に失望している。謝罪したい」と述べた。同飛行場の移設先は県内でなくてもいいと言及したが、抑止力や軍の機能を考慮し「SACO合意がベターな解決策だ」との認識を示した。・・・日本政府が移設先を「辺野古が唯一」としている点については「必ずしも沖縄である必要はないと思っている。安全保障や軍事の観点ではなく、日本政府による政治的な判断が大きく関わっている。米国は最終的な決定には関われない」と述べるにとどめた。』
http://cocorofeel.blog119.fc2.com
つながっているこころ2さんより
〈引用終わり〉

国際的な常識の範疇。
アメリカ政府の立場として当たり前のことを言っている。

で、あれば、日本政府が・・・。
と、言いたい所だが、日本政府が日本国民のための政府であった試しは一度も無い。

アメリカ国民の政府はUSAである。
では、日本国民の政府は?

無い。

つまり、戦後72年、無政府状態。
コイツらの役目は、当たり前のことを当たり前にできないよう監視する機関でしかない。

従って、実体のない同調圧力のモヤに埋もれたままの日本は、いつまでたっても植民地。
政党政治家も官僚も、日本会議も創価統一カルトも、地方自治体のほとんども(USグランチ日本支部)の下部組織。
だから、地方の民意なんて一顧だにされない。
国民に説明する必要は無いと言い放つ監房腸管を見るまでもない。
何を言っても五里霧中の有耶無耶。

こんな有様で、基地問題も地方自治権問題も解消する訳が無い。


アメリカでは少なくとも大統領が変わって、アメリカンファーストになった。
日本では相変わらず代理支配勢力ファーストだが、ここに来て都民ファシス党とか、日本ファシス党とかが何か口走っているが、ますます訳が分からない。

早い話、日本国民のための政府(暫定)をつくり、72年前の無意味な協定を全て破棄する所からし切り直しが必須。
基地もいらないし、横田制空権なんてとんでもない。

で、まずは麻の復活。
麻薬の大麻ではない。
日本人が古来、衣食住で使用してきた日本麻。

なぜ、HGQが日本の麻を禁止したか?
早い話、あらゆる病気への耐性を弱めるためである。
免疫力を削ぐ。

逆に言えば麻は、人の免疫力を高める上で最も効果的な植物である。
中でも日本固有の麻の効力は抜群だったようだ。

その鍵を握るのがケイ素。
スギナやタケノコや麻。
その成長力、強靭な耐病性、奇跡的な代謝スピードはケイ素の働きが大。

人間の成長力、免疫力、強靭な代謝サイクルに於いてもケイ素の働きが大。
WWIIの頃、ドイツの医者が野戦病院で驚愕した逸話がある。
日本人、西洋人、アジア人の三人の患者が指を切り落とし、接合手術を同時に受けた。
再生し、しかも以前のままに動いたのは日本人だけだったそうだ。

現在の日本人は基本、ケイ素不足。
だから世界一の癌大国、三大成人病大国になり、医療費は膨らむ一方。

そこにアムウェイなどのマルチ販売でしか買えない商品に密かにケイ素を配合すればどうなるか?
手を替え品を替え、アメリカのグローバル企業へジャブジャブとお金の流れる水路ができる。

昔のように当たり前に麻を用いた暮らしをしていれば、そんな無駄な費用は一切かからない。

https://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12310447550.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----kissy-seed_12310447550

マルチ問題とその商品についての考察
世界と日本の真実さんより

今ならギリギリ日本の麻の文化が継承できるかも知れない。
絶滅したと言われる日本古来の麻もよみがえるかも知れない。


アメリカでは少なくとも大統領が変わって、アメリカンファーストになった。
日本では相変わらず代理支配勢力ファーストだが、ここに来て都民ファシス党とか、日本ファシス党とかが何か口走っているが、ますます訳が分からない。

早い話、日本国民のための政府(暫定)をつくり、72年前の無意味な協定を全て破棄する所からし切り直しが必須。
基地もいらないし、横田制空権なんてとんでもない。

で、まずは麻の復活。
麻薬の大麻ではない。
日本人が古来、衣食住で使用してきた日本麻。

なぜ、HGQが日本の麻を禁止したか?
早い話、あらゆる病気への耐性を弱めるためである。
免疫力を削ぐ。

逆に言えば麻は、人の免疫力を高める上で最も効果的な植物である。
中でも日本固有の麻の効力は抜群だったようだ。

その鍵を握るのがケイ素。
スギナやタケノコや麻。
その成長力、強靭な耐病性、奇跡的な代謝スピードはケイ素の働きが大。

人間の成長力、免疫力、強靭な代謝サイクルに於いてもケイ素の働きが大。
WWIIの頃、ドイツの医者が野戦病院で驚愕した逸話がある。
日本人、西洋人、アジア人の三人の患者が指を切り落とし、接合手術を同時に受けた。
再生し、しかも以前のままに動いたのは日本人だけだったそうだ。

現在の日本人は基本、ケイ素不足。
だから世界一の癌大国、三大成人病大国になり、医療費は膨らむ一方。

そこにアムウェイなどのマルチ販売でしか買えない商品に密かにケイ素を配合すればどうなるか?
手を替え品を替え、アメリカのグローバル企業へジャブジャブとお金の流れる水路ができる。

昔のように当たり前に麻を用いた暮らしをしていれば、そんな無駄な費用は一切かからない。

https://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12310447550.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----kissy-seed_12310447550

マルチ問題とその商品についての考察
世界と日本の真実さんより

今ならギリギリ日本の麻の文化が継承できるかも知れない。
絶滅したと言われる日本古来の麻もよみがえるかも知れない。


日本は太古の昔、あらゆる霊人がやって来た場所である。
大きく4つの霊系があり、その霊系を引く末裔は今でも地上世界に強い影響力を持っている。
おそらく、ディープステイトなる存在がそれぞれの霊系の現れであろうと推測する。

しかし、大きな流れとして、地球はこれまでの標準レベルではどのみち長くは持たない。
厳しい見方をする人は1000人に1人しか生き残らない、と言う。
つまり、999人は地球の次のステージには上がれない。

従って、ディープステイトも含め、私利私欲で動いた時点で置いてけぼり。
宇宙の趨勢は、人類の進化を促しており、この巡りの延長線上にしか未来はない。

で、どうやって(USグランチ日本支部)ゴトキの有象無象が生き残れるというのか?
高望みもいい加減にしないと足下を掬われることくらい、今時、ダンゴムシでも知っている・・・。w

・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


なにか、日本人がまともでない。

少なくともこの30年。あるいは明治以降の約200年。この狂気が習い性になりつつあるのか。

読む・聞くをする前に、詭弁と怒号で張り倒す。

でも結果が悪ければ生贄を出して「謝ったふり」をしていたら、戦争の責任も誤魔化せる。

天皇を見たらわかるだろう。あの通りしたらいいのさ。


でこのような美しい国だ。


「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・

日本はいじめに関してはいじめられる方に問題があるとする社会だから、謝って終わりというのでも構わないんだろう。価値観が違う。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

なんぞ、中国人に言われる糞ぶりだ。


もともと日本人に会った傾向とはいえ「判官びいき」的なところもあり、幾分かその傾向も是正されていた。

でも



そう、一億総社畜化で、誰も助けようともしない。

権力・権威に犬が腹を見せるように絶対降伏だ。



ニホンジンは、人間としての愛・余裕を失って、偽ニホンザルになった。

このまま偽ニホンザルでいくと、絶滅ももうすぐだ。このまま偽ニホンザルのままなら、絶滅も人類・地球の福音であるから、それも結構拍手喝さいだ。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR