忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

2017/11/01 (Wed)

首相官邸の直臣ジャーナリスト。日本国の性犯罪容認を世界に広報する。

のんきに介護  より

上記文抜粋
・・・・・・・
「ル・モンド紙」が詩織さんの昏睡レイプ事件について取り上げた

れっどゴルゴ@ANTIFA‏ @RedGolgoさんのツイート。

――フランスの「ル・モンド紙」が詩織さんの昏睡レイプ事件について取り上げた。
山口敬之、ジャーナリストなら、聞いたこと無いネトウヨ同人誌でゴチャゴチャ言い訳してないで、きちんとしたメディアで反論してみろよ。〔23:13 - 2017年10月30日 〕――


〔資料〕

「Le combat de Shiori Ito, agressée sexuellement dans un Japon indifférent
(無関心の日本で性的に暴行された伊藤詩織の戦い )」

  LE MONDE (仏)ル・モンド紙(30.10.2017 )

 記事URL:http://www.lemonde.fr/asie-pacifique/article/2017/10/30/le-combat-de-shiori-ito-agressee-sexuellement-dans-un-japon-indifferent_5207682_3216.html?utm_campaign=Echobox&utm_medium=Social&utm_source=Twitter#link_time=1509349747

(以下、記事の一部、Googleの機械翻訳)

東京からの手紙
日本はセクシュアルハラスメントや性的暴行の被害者を「人々に問題の規模のアイデア」を与えるよう促すために、アメリカの女優アリッサ・ミラノが考案したハッシュタグ#MeTooを、 ? 日本人の中にはTwitterで取り上げているものもありますが、動きは限られています。日本のメディアがHarvey Weinsteinの事件を報道しているように、ミラノさんにハッシュタグなどのアイデアを公開するよう促しました。イタリアの女優、アジアジョーノは、性的暴行の難しい告発に乗り出す。
しかし、日本はこれらのドラマによって救われることにはほど遠い。 また、犠牲者が声を上げるのはあまりにも少ない。 独立したジャーナリストの伊藤詩織氏は、 「性的暴力の被害者に対して働く法的・社会的制度」への変更を求めるなど、これを選択した。 彼女は自分自身を犠牲にして、性的暴行の後に彼女の戦いを呼び起こす、 ブラックボックス ( Bungeishunju、翻訳されていない)を書くことに決めました。
"あなたのキャリアを傷つけるだろう"
10月24日に、彼女は東京の外国通信記者クラブ(FCCJ)で記者会見を行った。 2015年4月3日のこの悲劇的な夜、元TBSジャーナリスト、このチャンネルのワシントンの元局長、そして彼が伝記作家である安倍晋三首相に近い山口紀行が、彼女は夕食を食べた後、東京のシェラトン・ミヤコホテルで無意識のうちに彼女を虐待した。
伊藤さんは 、苦情を申し立てることを決めたので、彼女の踏み切りを止めることを躊躇させている警察の嫌悪感に直面しています。 「これらの事件は頻繁に起こり、これらの事件を調査することは難しい」と警察は述べた。 または、再び: "あなたのキャリアを傷つけるでしょう。 "
彼女は忍耐強く、調査がついに始まった....
・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

安倍晋三の盟友で首相官邸直臣の山口敬之氏が、日本国は性犯罪・特に権力者・力あるものは容認する近代国家とは言い難い社会で国であること、世界に広く知らしめたのである。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
24
25 26 27 28

最新CM

[02/23 大阪のおばちゃん]
[02/23 chtk217]
[02/22 通りすがりの名無し]
[02/21 ナオト]
[02/19 ナオト]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
忠武飛龍
性別:
男性

バーコード

P R

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 幕末維新新選組 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]