忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7055]  [7053]  [7052]  [7051]  [7050]  [7049]  [7048]  [7047]  [7046]  [7044]  [7043
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・

8000bq汚染土リサイクルを決めた経緯を山本太郎が糾弾した4月13日。翌日、熊本大地震。
 参議院の東日本大震災および原子力問題特別委員会 での、山本太郎氏。 

 これ、半年前の4月13日でした。 当時の環境大臣は、丸川珠代です。

 https://www.youtube.com/watch?v=Jk52nPRw5b4

https://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/5801

 この中で、日本国政府の政策の矛盾を見事に指摘。

  原子力規制庁が 100ベクレルでもあぶないというのに、

  環境省が、8000ベクレルの汚染土を、全国にインセンティブ(奨励金・補助金)付きでばらまくと、省令で決定。

 「日本国は、たちの悪い、産廃業者になった。」 

 国会での審議内容は、14日、マスメディアには、大きく出てこなかった。

 翌日、話題になったのは、まず、田母神氏の逮捕。 

 そして、4月14日夜に、熊本大地震。 



 こんな国家には、鉄槌が下りますね。 そのときは、きちんと、人を選んでもらいたいものですが。

 今、ここ北信濃の中野市でも、我が家の前を、毎日、10回以上、救急車が通ります。

 その一方で、全国で、汚染土が、撒かれ続けているのです。



 こんな状況で、 4年後のたった2週間の東京オリンピックのために、 3兆円。

 人件費(作業員、警備員など) は、 いくらでも、「抜く」ことができるのです。



 今朝は、ノーベル賞の発表で、メディアは、一斉に、またまた、オメデタムードをあおりますが、

 もっとも肝心な問題を、はぐらかすばかり。

 

 3兆円あったら、まず、住民(特に青少年)避難・移住と、

放射能対策技術の世界規模の公募、公開研究ができます。  

最大野党の民進党は、この夏の参議院選挙で、このことに、何の対処もしなかった。まして、この秋に、幹事長になった野田は、総理大臣時代、「収束宣言」をだした大バカ。ますます、面の皮が厚くなって膨らんでいる。

・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


権力層・指導層を、高位顕職にかき集めて、一か所に集めて、一気に皆殺しにする。

そのように天地仏神が計らっているように思う。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
第6感の正体と私の考え
「「第六感は存在する」と科学者たちは主張する – ただし、それは霊的なものとはまったく関係ない

味、匂い、触覚、視覚、そして聴覚。これらの基本的な人間の五感の感覚機能を超えた「第六感」が明らかに存在していることがアメリカで見出された。

その「第六感」は実際に存在すると科学者たちは主張するが、それは、例えば、死んだ人を見ることができるというような概念とは何の関係もない。

今回、アメリカの研究者たちが発見したのは、彼らが、味覚、嗅覚、触覚、視覚、聴覚の基本的な五感を超えた「直感」を司る「遺伝子」だ。

この明らかな第六感といえるものは「自己受容」あるいは、身体意識に影響を与える。

今回の発見は、希な遺伝的神経障害を持つ 9歳と 19歳の二人の若い患者たちの助けを借りて行われた。二人は、自分の体の意識に影響を与えるピエゾ2( Piezo2 ) 遺伝子に変異を持っている。

二人はともに、目隠しをすると、普通の人が目隠しをしてできる程度にも歩くことができなかった。

また、普通の人は見なくとも認識できる自分の腕や足の位置の確認を、二人は、目隠しをするとできなかった。これは、目隠しをした後、研究者が静かに二人の手や足の位置を変えると、もはやどこに自分の手や足があるかを追跡できなかったのである。

彼らは、痛み、かゆみ、あるいは気温や穏やかなブラッシングについては感覚としてとらえることができるが、特定のタッチ(ふれること)について、あまり感じることができなかった。また、音叉の振動を感じることができなかった。

映画『シックスセンス』(第六感の意味)で小役のハーレイ・ジョエル・オスメントが演じた役は、幽霊を見ることができたが、研究者たちは、私たちの第六感は、そういうものではなく、身体意識と関係しているものだと確信している。

アメリカ国立衛生研究所神経科のカルステン・ボッネマン博士(Dr Carsten Bonnemann)は、以下ように言う。

「私たちの研究は、ピエゾ2遺伝子の重要性を強調し、また感覚が私たちの日常生活をコントロールしていることを示します。結果として、ピエゾ2遺伝子は、人間の触感と固有感覚の遺伝子だということが明らかとなったのです」

「これらの感覚の役割を理解することは、神経疾患に対して様々な手がかりを提供することができる可能性があります」

今回の研究の手助けをした二人のピエゾ2遺伝子の変異を持つ患者は、共に歩行の困難と、おしりと指と足に奇形を有し、背骨が湾曲している。仮らは、プログレッシブ脊柱側弯症と診断されている。

ボッネマン博士は、この患者たちがピエゾ2遺伝子に変異を持っていることを発見し、このピエゾ2遺伝子の変異が、電気的な神経信号を生成する細胞内のタンパク質の正常な産生や活性を阻害していると考えている。

研究は医学雑誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(New England Journal of Medicine)誌に掲載された。」

第6感は5感だけよりはましなだけかもしれない。
ナオト 2016/10/04(Tue)19:37 編集
Re:第6感の正体と私の考え

>
>第6感は5感だけよりはましなだけかもしれない。
>


私もそう思います。


書き込みありがとうございます。
忠武飛龍 【2016/10/04】
追記事項
indeep.jp/role-of-piezo2-gene-in-human-and-sixth-sence
から引用かつ参考にしました。
ナオト 2016/10/04(Tue)19:39 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/17 笑む]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/16 みるみる]
[11/15 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved