忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

2016/10/04 (Tue)

まあ、滅びなさい。 それが再生への道  下衆の精神に、下衆な社会。

下衆人というか人間かどうか疑わしいモノも多い気がする日本。


低気温のエクスタシー より

上記文抜粋
・・・・・・・
恒産なき庶民が生活保護受給者などを叩く日本の現状はこの絵に近いと思う

https://twitter.com/toysikisizuoka/status/782583337776918528



https://twitter.com/okaguchik/status/782467941736419329


《おまけ》

☆韓信 ~ 転落

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E4%BF%A1#.E8.BB.A2.E8.90.BD

紀元前201年、同郷で旧友であった楚の将軍・鍾離昧を匿ったことで韓信は劉邦の不快を買い、また異例の大出世に嫉妬した者が「韓信に謀反の疑いあり」と讒言したため、これに弁明するため鍾離昧に自害を促した。

鍾離昧は「漢王が私を血眼に探すのは私が恐ろしいからです。次は貴公の番ですぞ」と言い残し、自ら首を撥ねた。

そしてその首を持参して謁見したが、謀反の疑いありと捕縛された。

韓信は「狡兎死して良狗煮られ、高鳥尽きて良弓蔵され、敵国敗れて謀臣亡ぶ。天下が定まったので、私もまた煮られるのか?」と范蠡の言葉を引いた。


・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

>同郷で旧友であった楚の将軍・鍾離昧を匿ったことで韓信は劉邦の不快を買い、また異例の大出世に嫉妬した者が「韓信に謀反の疑いあり」と讒言したため、これに弁明するため鍾離昧に自害を促した。

国士無双とうたわれた韓信ですらこのような行為をすると、ドンドン転落する。

普通の日本の庶民が同様のことを繰り返せば、破滅しかない・・・。


>「次は貴公の番ですぞ」と言い残し、自ら首を撥ねた。

>そしてその首を持参して謁見したが、謀反の疑いありと捕縛された

次は、生活保護者や障碍者を叩いているあなたです・・・



お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
23 24
25 26 27 28

最新CM

[02/22 通りすがりの名無し]
[02/21 ナオト]
[02/19 ナオト]
[02/19 chtk217]
[02/19 chtk217]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
忠武飛龍
性別:
男性

バーコード

P R

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 幕末維新新選組 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]