忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

ロシアを征服したのは、冬に攻撃を開始したモンゴル帝国だけだった。

逝きし世の面影  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
誰も勝てない厳冬のロシアと北朝鮮

『プーチン大統領、氷点下5度の湖でみそぎ ロシア』2018年1月19日 発信地:モスクワ/ロシア AFP

ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は19日、ロシア正教の伝統行事「神現祭(Epiphany、主の洗礼祭)」に参加し、同国中部セリゲル湖(Lake Seliger)で氷点下5度まで下がった水に身を浸した。
ロシア正教の信徒たちは毎年この日、イエス・キリスト(Jesus Christ)がヨルダン川(River Jordan)で聖ヨハネ(John the Baptist)から洗礼を受けたことを祝福し、氷のように冷たい水に漬かることが習わしとなっている。今年はシベリア(Siberia)地方の一部で氷点下68度を記録するなど、ロシア各地で厳しい寒さとなり、当局が祭りを中止した地域もあった。
国営ロシア通信(RIA Novosti)によると、極北ノリリスク(Norilsk)でも18日に気温が氷点下52度となり、大吹雪に見舞われたことから、地元当局が入水を禁止したという。
だが、多くの人は例年通り凍えるような冷たい水に漬かった。
プーチン氏も正教会の聖職者らが見守る中、湖水に身を浸してみぞぎを行った。
この儀式は例年1月18日から19日にかけてロシア各地で行われ、昨年はおよそ200万人が伝統にのっとって水に入った。また、正教会の信徒が人口の多くを占める隣国ウクライナやベラルーシでも、多くの市民が神現祭を祝ったという。(c).
政治 【1月19日 AFP】



・・『大寒の深夜 プーチン大統領が湖で神現祭の禊【動画】』2018年01月19日Sputnik

プーチン大統領は昨日、18日、サンクトペテルブルクでの作業スケジュールを終えると、トヴェリ州の男子修道院へと向かい、セリゲル湖の水に入って、神現祭の禊(みそぎ)を行った。ペスコフ大統領府公式報道官が記者会見で明らかにした。
ロシア正教では今日、1月19日は神現祭。預言者ヨハネがヨルダン川でイエス・キリストに洗礼を施したことを祝う。この日はあらゆる水に霊験あらたかな力が宿ると信じられており、敬虔な正教徒は氷を割って、川や池、湖に入り、身を清める。この日は日本の大寒にあたる「神現祭の極寒」と呼ばれ、統計上は一年中で一番寒い日とされている。
ペスコフ報道官によれば、今年の神現祭はロシア中央部では「神現祭の極寒」は見られなかったため、プーチン大統領が禊を行った湖付近では、深夜、気温はマイナス6-7度を下回ることはなかった。
プーチン大統領の神現祭の禊についてペスコフ報道官は、すでにここ数年、欠かさず続けられていると語った。
ロシア正教では今日、1月19日は神現祭。預言者ヨハネがヨルダン川でイエス・キリストに洗礼を施したことを祝う。この日はあらゆる水に霊験あらたかな力が宿ると信じられており、敬虔な正教徒は氷を割って、川や池に入り、身を清める。
1月19日スプートニク日本



『核抑止が平和につながるなら北朝鮮も核を持っていいことになる』NHKのICAN事務局長インタビュー2018-01-18 ペガサス・ブログ版

昨夜(1月17日)のNHKのNW9で,ICANフィン事務局長の日本での活動とインタビューが6分半にわたって放送されました.フィン氏の説得力ある話をNHKのページに今掲載されている動画で,消えないうちにぜひ聞いてください.
 動画と記事:ICAN事務局長「すべての国が禁止条約に加盟を」
冒頭から,いつものようにつまらない内容が続いた後なので,チャンネルを変えたりスイッチを切ったりして,見逃した方も多いかも知れません.私はたまたまこのタイミングで見始めました.
インタビューのやりとりから
有馬キャスター:ただ,現実的に日本は北朝鮮の脅威にさらされているが.
フィン事務局長:もし核兵器の抑止力が平和と安定をもたらすのであれば,「北朝鮮も核を保有していい」ということになりかねない.でも実際そんなことはない.

『北朝鮮が悪いなら→日本も悪い!!日本が正しいなら→北朝鮮もやはり正しいことになる!!』ノーベル平和賞受賞のICANフィン事務局長
★注、
日本国首相のお友達疑惑の、『国富の簒奪』の加計学園の加計幸太郎や『準強姦もみ消し』の山口敬之などが雲隠れしてマスコミから逃げ回っているが、肝心の安倍晋三首相自身も来日したノーベル平和賞受賞のICANフィン事務局長と合いたくないので(日本の首相として初めて)バルト3国とかブルガリアなどロシア周辺を外遊して時間稼ぎをして逃げ回っていた。(北朝鮮の核やミサイル開発を非難している日本ですが、まったく同じ論理でICANフィン事務局長から間違いなく非難されることは確実だった。ICAN相手では何時もの調子で、口先で言い訳出来ないのである。だから加計幸太郎とか山口敬之と同じで外遊を口実にして『逃げ出した』のが真相だった)

 孫崎 享‏ @magosaki_ukeru · ukeru · 1月5日
平昌五輪期間の米韓演習を延期 米韓首脳協議(東京新聞)、パラリンピック終了は3月18日。昨年は最大規模の米韓軍事演習実施、北朝鮮はミサイル発射で対応。最大規模の米韓軍事演習を実施し北ミサイル発射誘発している事実は日本国民ほとんど知らず,

『第二次世界大戦の敵国アメリカ軍の非人道性を全部忘れたい日本人たち』朝鮮戦争もベトナム戦争も忘れたいし、ごく最近に起きたイラクやリビア侵略も忘れたい
★注、
我が日本国ではマスメディアはもちろんのこと左翼護憲派の知識人でも全員同じように北朝鮮の核やミサイル開発を口を極めて非難しているが、北朝鮮が悪いなら、同じ理屈で今までの日本の防衛政策(核の傘)も悪いのである。(日本の非核三原則ですが、実は核兵器の使用を禁止していないどころが、積極的に米軍の核兵器に依存していて、核兵器で戦争を抑止するとの危険極まりない仕組みだった。北朝鮮は日米の真似をしているだけなのです)
核兵器に依存する日本やアメリカと相似形になっている事実(厳しい現実)を、今回紹介した佐賀大学のyamamotoさん『ペガサス・ブログ版』や元外務省国際部長や防衛大学校教官を務めた孫埼享以外には誰も指摘しない不思議。(マスコミや大部分の日本人は現実に起きている世界情勢を見ていないのである。あるいは1950年代に起きた朝鮮戦争の怖ろしい現実を完璧に失念しているので、戦争の本質が分からない)



『北朝鮮「20カ国外相会合は挑発行為、制裁には可能な限り立ち向う」』2018年1月18日(木)ロイター

北朝鮮の在ジュネーブ国連代表部のチェ・ミョンナム氏は17日、ロイターのインタビューに応じ、前日行われた北朝鮮の核・ミサイル問題を巡る米国主導の外相会合について「挑発行為」だと非難し、対抗姿勢を鮮明にした。
カナダのバンクーバーで開かれた20カ国の外相会合では、国連安全保障理事会が採択した対北朝鮮制裁に加え、新たな制裁を検討することで各国が合意。ティラーソン米国務長官は、北朝鮮が協議を選択しなければ、軍事行動を招く恐れがあると警告した。
チェ氏は同会合について「非常に有害であり、可能な限り強い言葉で非難する。平和と安全に寄与するものではなく、南北間の平和的環境の醸成や緊張緩和、和解促進に向けた進行中のプロセスの助けにもならない」と一蹴。
「制裁に立ち向かうため、できる限りの行動を取ることに真にコミットしている」と語った。
米国が北朝鮮を攻撃する可能性については「われわれは、そのような敵対的勢力側の行動を阻止する能力をすべて備えている。われわれには対話と対立の両方の用意がある」と述べた。
平昌冬季五輪に関しては北朝鮮は成功させる決意だと表明した。
1月18日ロイター

『河野外相 北朝鮮との国交断絶を各国に呼びかけ』2018年01月17日 スプートニク日本

日本は各国に朝鮮民主主義人民共和国との国交断絶および北朝鮮人労働者の国外送還を呼びかけた。16日、河野外相はこうした声明を表した。
河野外相は16日、カナダのバンクーバーで開かれた外相会合で演説した中で、北朝鮮が(韓国との)対話に引き入れられているということは制裁が功を奏していることの証拠と受け止められるとし、今こそすべての国がそれぞれ、国連安保理決議を遂行する姿勢を新たに約しなおす時だと強調した。河野外相はまた、これには北朝鮮との国交断絶、および北朝鮮人労働者の送還も含まれうると強硬な姿勢を示している。
河野外相は、日本としては、他国にも北朝鮮との外交破棄に踏み切ることを期待すると述べている。


『北朝鮮との国交断絶求める河野外相の呼びかけは『戦争事由』になるおそれ=ロシア人専門家』2018年01月18日 オピニオンSputnik

河野太郎外相はカナダ・バンクーバーで開催された北朝鮮問題を話し合う関係国の外相会合で16日、北朝鮮との外交関係の断絶や北朝鮮労働者の送還を呼びかけた。
南北関係が改善する可能性があるなか、これほど激しい声明が日本の外務大臣から出されたのはなぜか。韓国がスポーツを用いてでも北朝鮮との平和的な対話の確立を試みている平昌冬季五輪直前に、北朝鮮との状況を悪化させて北朝鮮の完全なボイコットを作り出すことはどれほど賢明なのか?
ロシア科学アカデミー極東研究所朝鮮研究センターのコンスタンチン・アスモロフ氏がスプートニクに次の見方を示した。
「国連安全保障理事会の決議に外交関係の水準を下げる勧告はなかった。そして、河野氏がこうした勧告に影響したり勧告する権利を持つとは考えづらい。日本自身は北朝鮮と外交関係を持っていないが、いずれにせよこの関係の樹立や断絶は各国の個人的な問題だ。北朝鮮労働者に関しては、制裁に関する直近の決議に則り、元々彼らを送還する必要があった。だが、北朝鮮に対する制裁のポテンシャルがとっくに使い果たされた以上、これは非建設的な措置だと思われる。そして、現在制裁と呼ばれているものは実際には、禁輸と封鎖という他のより厳しい言葉で定義されている。」

アスモロフ氏はまた、こうした禁輸が日本にもたらした結果を指摘した。
「1941年、米国が日本に対して石油禁輸を発動したことは、当時の日本が非常に不愉快な選択を迫られた決定的な要因となった。軍国主義の放棄か、米国との強いられた戦争か。そのため私個人にはすぐに、北朝鮮に対する現在の禁輸は、同様のシナリオに沿う発展へと情勢を誘発する試みではないか、と非常に具体的な問題が浮かぶ。つまり、北朝鮮に何らかの不適切な措置を取らせるか、世界で『Casus Belli』と受け取られる冒険主義的な措置を取らせるのだ。よく知られているとおり、国際外交の言葉でこのラテン語は、『開戦事由』を意味する。」
平昌五輪は、一時的にでも朝鮮半島を統一できる行事だ。アスモロフ氏は、2018年は河野氏自身が呼びかける南北対話に向かう北朝鮮の動きで始まったと指摘した。
朝鮮半島の非核化に向かう肯定的な変化はまだ一切起きていないが、北朝鮮と勧告が対話を確立しようとする現在の試みを妨害する価値はあるだろうか?
1月18日スプートニク日本

『YOUは何しにバンクーバーへ? (^_^;)  朝鮮戦争開戦68年目に開いた参戦国会議に参加した日本国の不思議』

1月16日のカナダ・バンクーバー20カ国外相会談(朝鮮戦争の参戦国会議)に参加した日本の河野太郎外務大臣ですが、日本の産経新聞にまで>『YOUは何しにバンクーバーへ? 』と朝鮮戦争開戦68年目に開いた昔の参戦国会議に参加した日本外交を皮肉っている。(朝鮮戦争当時の日本は米軍の完全占領下なので兵站基地ではあったが参戦国とは言えない)
その不思議な16日のバンクーバー会合では、河野外相は世界各国に北朝鮮との断交をぶち上げたので、今度は保守系韓国紙にまで『口を開けば強硬論ばかり、』と皮肉られる始末。河野外相はティラーソン国務長官に今冬日本海で遭難した100艘の小型船で漁民の3分の2が死亡している事実をあげて経済制裁の効果だと自慢し、制裁強化を主張したという。
(マスコミを総動員した北朝鮮バッシングが十数年も延々と続いて極限まで右傾化した今の日本ですが、なんと軍事制裁を47%も賛成しているのですから、たぶん、世界一危険なヘイト国家だった)

『有害無益!百害あって一利なし!』

招待されなかった中国ロシアは開戦68年目の参戦国会議開催自体を有害無益と断じている。(中露首脳会談でプーチン大統領と習 近平主席は、北朝鮮の核やミサイル開発と米韓合同演習のダブルフリーズ『米朝双方のモラトリアム』を提案している)
ところが、前日1月15日夜の夕食会に参加した狂犬の異名があるマティス国防長官は北朝鮮への先制奇襲攻撃の準備は万端だとアメリカの軍事オプションを露骨にちらつかせる。翌16日には日本の河野外務大臣が北朝鮮への断交を世界に呼びかける。あまりにも露骨な強硬策のオンパレードなのですからロシアのスプートニクが言うように、これでは丸っきりの『戦争事由』そのもの。(狂犬マティスだけではなくて河野太郎も戦争を目いっぱい煽っているのである。そんなに北朝鮮との戦争がしたいのか?実に不思議だ)
朝鮮半島の平和構築にとって一番のキーマンである中露両国の参加自体を拒否して開かれた時代錯誤の朝鮮戦争参戦国会合ですが、プーチンとか習 近平が言うように『百害あって一利なし』である。
一つだけ今回のバンクーバー参戦国会合に利点があるとすれば65年前の休戦協定とか『朝鮮戦争』の中身をもう一度再確認することぐらいであろう。(直後にアメリカが介入したベトナム戦争以上に残酷で悲惨極まる朝鮮戦争で)朝鮮人の5人に1人を殺したアメリカ軍ですが、休戦協定では全ての外国軍の撤退が明示されているのですから米韓合同軍事演習どころか、そもそも在韓米軍の存在自体が露骨に休戦協定に違反していた。(日本が受諾したポツダム宣言でも朝鮮戦争の休戦協定と同じで民主化完了後に日本から撤兵すると書かれているのですから米軍の駐留は明確に違反する無法行為)

『前オバマ大統領の「戦略的忍耐」を全否定する、現トランプ政権の北朝鮮政策(朝鮮戦争)の行方(目的)とは何か、』

右翼も左翼も同じで憲法9条のお蔭で戦争とは無縁だった日本人は実感していないようなのだが、朝鮮戦争は一時的に休戦しているだけで少しも終わっていない。継続中なのである。戦争の真っ最中に片方(北朝鮮)だけに経済制裁とか軍縮を求める今のマスコミとか有識者ですが、これは極最近に起きたイラクやリビアの悪い先例のように米軍による侵攻を招きよせる最も悪い政策であることは明らか。(逆説的に今の北朝鮮の瀬戸際政策が一番安全だとの不思議な結論になる)
1994年の米クリントン政権による米朝核合意の真相ですが、実は新しく民主党政権成立時に真剣に北朝鮮への軍事侵攻(朝鮮戦争の最終的解決)を模索した結果だった。軍事侵攻では北朝鮮の反撃で5万人(ほぼ在韓米軍の全数)の米兵が死ぬとのシミュレーション(机上作戦)で諦め、逆の重油や軽水炉の提供との米朝合意が成立した。
クリントンに限らす歴代新政権成立時には必ず北朝鮮への軍事侵攻(休戦中の朝鮮戦争の最終決着)をアメリカは考えるのが決まり事なのである。去年1月20日成立のトランプ政権ですが、真っ先に行ったのが狂犬マティスを朝鮮半島に送って休戦ラインを視察している。(トランプ政権の閣僚として最初の外国訪問はマティスの韓国訪問が先で日本は二番目)
前オバマ大統領の『戦略的忍耐』を全否定する、現トランプ政権の北朝鮮政策(朝鮮戦争)の行方(目的)とは何か。ズバリ、北朝鮮へのアメリカ軍の先制奇襲攻撃か、それとも正反対の(ニクソン・ショックのような)米朝和解の二者択一しかないのである。
しかし、先制攻撃にも米朝和解にも両方ともに大反対なのでアメリカのリベラルメディアや日本のマスコミ(有識者)の全員がトランプ大統領を口汚く罵っている。
大失敗だと分かっている『戦略的忍耐』を今後も続けたいのである。
ところが、そもそもクリントンの『米朝核合意』にしてもオバマの『戦力的忍耐』にしても、その前提となっている絶対条件が『もうすぐ北朝鮮は崩壊する』との北朝鮮専門家たちのまったく同じ意見(結論)だった。(この発展形がネットウヨや産経新聞の『中国はもうすぐ崩壊する』だったが、希望ではあっても現実は厳しくて、到底夢が叶うことは無かった)

『全ての間違いの出発点は「数年以内に北朝鮮は崩壊する」との、いわゆる日米の専門家(有識者)の予測』

今までの歴代アメリカ政権の対北朝鮮政策(戦略的忍耐)ですが、実は1990年代の冷戦崩壊で『北朝鮮は数年以内に必ず崩壊する』との何とも自分勝手な都合の良い現状認識から出発していた無責任極まる代物だった。
常識を一から見直すトランプ大統領ですが、今までの経済制裁で締め上げる以外に何もしない『戦略的忍耐』を全否定しているのですから、アメリカの行き着く先は『米軍による先制奇襲攻撃』か、策士キシンジャーの仕組んだニクソンの北京訪問のような『電撃的な米朝和解』の二者択一。必ずどちらかになります。(アメリカ大統領がレーガンなら先制奇襲攻撃になり、実業家のトランプなら米朝和解になる可能性が高い)
★注、
ニコニコ大百科によると『逆神』とは立てた予想がことごとく外れる人の事・・・単に外れるだけではダメで、わざとやったとしか思えない素晴らしい外しっぷりを何度もやり遂げることで逆神と呼ばれるそうです。さらにその共通項として、専門家であるはずが実はその分野のことをよく理解していない・・
不思議に北朝鮮問題の専門家を名乗る人たちは全員が、面白いことに何故か全員が『逆神』だったらしいのである。何十年も前から直ぐに無くなるはずの北朝鮮は、崩壊するどころか今では水爆や大陸間弾道弾まで開発して大騒ぎになっていた、(今や『逆神』と化した北朝鮮の専門家たちですが、分かり易く言うと、これは『戦争プロパガンダ』ですね。印象操作とか世論誘導の類なのである)

(おまけ)

『15年も延々と戦ったが中国軍に勝てなかった(負けた)旧日本軍幹部に中国軍の実力を聞いたマッカーサーの大失敗』

昭和史研究の第一人者の保阪正康さんによると、朝鮮戦争に参戦した米軍(マッカーサー提督)が仁川上陸からソウル占領で満足せす、その後38度線を越えてピョンヤンを陥落されただけでは無くて、その後も北上を続けて中朝国境の鴨緑江に迫って中国義勇軍の介入を招いて大失敗した原因としてあげているのが旧日本軍参謀たちの『中国軍は弱い。すぐに武器を捨てて敗走する』との助言(経験談?)だったらしい。1950年の朝鮮戦争開戦以前に米軍は入念にシミュレーション(机上作戦)を繰り返していたが、アメリカ軍は中国軍との戦闘の経験が無い。そこで日中15年戦争など中国軍との戦争を続けた経験豊富な旧日本軍幹部による『中国軍は弱い』を信じて開戦して仕舞い、鴨緑江まで北上した結果、中国軍の猛攻でソウル以南まで敗走。以後北緯38度で戦線が膠着、1953年に休戦し現在に至っている。(アメリカ軍が専門家だと勘違いした旧日本軍幹部たちの助言ですが、実は『逆神』だったので大失敗は当然である)


・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

誰も勝てない厳寒のロシアの勝ったのは、バツー率いるモンゴル帝国だった。

そのモンゴル帝国を、なんとか追い払った日本。いや守ると世界最強のモンゴル帝国でも日本は勝てるが、だいたい他国に戦争を仕掛けると必敗なのが日本である・・・

阿呆が、北朝鮮やロシアにケンカ売ろうとしている。そのアホは、日本帝国である。


まあまさに「逆神」だ。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR