忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7789]  [7788]  [7787]  [7786]  [7785]  [7784]  [7783]  [7782]  [7781]  [7780]  [7779
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
弁財天 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
厚労省官僚出身の国会議員「豊田真由子」が発狂する。タリウム女子大生と同じ現象。update1

うーむ。この爆発する感情は核燃料が原因だな。

園遊会で既にその兆候はあった。

・・・・・・中略・・・・

でも、これくらい基地外じゃないとボコハラムの推進などできない。

豊田真由子←ウィキ

3.2 厚生省入省からハーバード大学大学院へ

3.3 厚労省課長補佐を経てWHO担当の外交官に就任
厚労省の官僚。

埼玉4区
の衆議院議員。朝霞市、志木市、和光市、新座市。
toyotamayuko.com→プロフィール
平成23年(2011年):厚生労働省老健局課長補佐
帰国し、介護保険制度や、被災地の高齢者福祉対策に携わることとなる。 しかし、祖国を建て直そうとの強い思いを抱いて戻った4年ぶりの霞が関で…

タリウム女子大生のパターンか。
タリウム事件の原因はフクイチだ。そろそろ気付かないと米NATOが空爆に来るぞ。

豊田真由子さんは、私とは全く対照的。問題を起こして先生からのお説教などは完全NG、親が呼び出されて親に恥をかかせるなどはさらにもってのほか。うちの親など比べ物にならないほど、よっぽど厳しいご家庭で、彼女もその親に正面から背くまでの事は出来なかったのでしょう。先生からの評価はパーフェクトな優等生でした。この点は中高生活を通して全く変わらなかったと思います。

やっぱ311でふつうに壊れたな。

・・・・中略・・・・

たしかに。放射能が蓄積しただけじゃね。自民党は懐が深いから高木孝一敦賀市長の息子みたいに再チャンスを与えるだろうw。
→高木孝一敦賀市長の息子


・・・・・・中略・・・・


ゲラゲラ長男と同じ症状なんだとハクブン。何が起きたのか察知する。さすがー。


性欲と狂暴化。もろ311の核燃料が原因。
身をもって経験した厚労省官僚出身の衆議院議員なんてレアものでしょ。我が国はこの議員を使うと思う。


・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

まさに、ナチスですは自民党ていうか明治朝日本帝国・・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
本題からはそれますが‥。
今回の件(豊田真由子もハーバードに絡んでいた)もそうですが、ハーバードやイエール、グランセゴールなどの一流教育機関(表層上でも)を卒業してグローバルエリートになっている者って、一体何をやってんだと思います。例としてリーマンショックの反省がなされていないということもありますので‥。
chtk217 2017/06/24(Sat)04:35 編集
Re:本題からはそれますが‥。
>今回の件(豊田真由子もハーバードに絡んでいた)もそうですが、ハーバードやイエール、グランセゴールなどの一流教育機関(表層上でも)を卒業してグローバルエリートになっている者って、一体何をやってんだと思います。例としてリーマンショックの反省がなされていないということもありますので‥。

>ハーバードやイエール、グランセゴールなどの一流教育機関(表層上でも)を卒業して

そこで阿呆になって下衆になるのが「グローバルエリート」の条件でしょう。

アホと下衆の極みが「エリート」ですから、こりゃ、やつら滅びますは。


書き込み有難うございます。
忠武飛龍 【2017/06/24】
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved