忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[6649]  [6647]  [6646]  [6645]  [6644]  [6643]  [6642]  [6641]  [6640]  [6639]  [6638
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
てげてげ より

上記文抜粋
・・・・・・・・

今なお中国全土で増え続ける無人都市.あるいは郊外での高層マンションの建設ラッシュ.

借り手も住み手も無いことが分かっているのに建設ラッシュは止まらない.まことに不思議な経済現象だ.

世界の経済評論家は,何年も前から「中国の建設バブルの崩壊が近い!中国経済も崩壊する!」 と自信をもって予告し続けてきたが…,外れっぱなし.

「中国経済崩壊論」とは逆に,中国は「国富」を日々増大させている.

「国富」とは,高速道路や鉄道などの社会インフラの充実度だけでなく,中間層の富裕化と最下層の貧困脱却度で分かる.

実際に街を歩きまわって見ると,貧民街が空洞化し,貧民層の高層マンションへの移住が迅速に進んでいることが手に取るように分かる.

中国の「豊かな社会化」は,じつは,中国流のケインズ経済学,すなわち有効需要の創出を高層マンションの建設ラッシュで行っているのだ.

アベノミクスは貨幣を無限大に擦りまくってバラまくだけの「ヘリコプター・ケインズ」だが,中国は国家保証の借り入れで高層ビルをつくりまくる.

高層ビルや鉄道や高速道路や森林地帯を中国全土に作りまくって,最下層の土工・職人にまでカネをトリクルダウンさせている経済運営.

東営市のワシのマンション群も,国家補助で建てられ,その補助金の何割かがオーナーの財布に入って大儲け….

だっからマンションの入居者を募集する必要などないのだ.いわば「住みたいヤツは,勝手に住め!」という方式.

中国は,世界中からの投資資金で,国家財政は猛烈なカネ余り.マンション建設の補助金などは幾らでも出てくるワケ.

スラム街から高層マンションに移り住めば,これまた補助金が出るという福の神的国家財政.
既存の経済学や経済常識では↑分からん蛇ろ~www

飯山 一郎(70)

・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり



良かれ悪しかれ、面白すぎる!!!


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/23 ナオト]
[11/22 ナオト]
[11/21 ナオト]
[11/21 笑む]
[11/19 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved