忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

もはや、現時点においての不正義とは、この様な政体を認めることにこそある 実力をもってこれを糺さねばならない。

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・
小泉進次郎「悲観的な人口1億2千万人の国より、 将来を楽観し自信に満ちた人口6千万人の国の方が、 成功事例を生み出せる」

掲題の発言は、昨年9月、自民党の青年局長、小泉進次郎の発言。

sssp://img.2ch.sc/ico/naoruyo.gif
昨年9月に都内で開催した「ソーシャルイノベーションフォーラム」にも
全国から2千人を超す若者が詰め掛け、人口減少など、
この国の将来について3日間にわたり熱い議論を行った。

自民党青年局長を務めた小泉進次郎衆院議員も出席、
「悲観的な考えしか持てない人口1億2千万人の国より、
将来を楽観し自信に満ちた人口6千万人の国の方が、
成功事例を生み出せるのではないか」 と語り、会場から拍手が起きた。

http://www.sankei.com/column/news/170106/clm1701060003-n1.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この発言の真意とその背景をよく読み解くこと。為政者として、人口削減を肯定している。

つまり、すでに日本は生物学的にも、静かな戦場 ということ。政府が「淘汰」を進めていくぞと。

当然ながら、正確な人口統計は出ない。人任せの大楽観という痴呆の「賑わい」だけをメディアは流す。

こんな社会で、どのような人間と友情をはぐくむか? 私は、笑っていられない。

相当、鋭敏な警戒心と強い意志で、日々、備え、自分で考え、人間としてまともであろうとするもの。


・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

>自民党青年局長を務めた小泉進次郎衆院議員も出席、
「悲観的な考えしか持てない人口1億2千万人の国より、
将来を楽観し自信に満ちた人口6千万人の国の方が、
成功事例を生み出せるのではないか」 と語り、会場から拍手が起きた。


このような考え方をする人たちが、6千万人いても、成功などありえない。


日本の人口減を真っ当にするなら、海外移民の奨励と自然減で、緩やかにすべきだろうに。

放射能で、国家による虐殺など、人間型豚の養豚場になるだろう日本列島。

モラルの崩壊と放射能による脳への打撃・山河の放射能汚染・・。


もはや、現時点においての不正義とは、この様な政体を認めることにこそある 実力をもってこれを糺さねばならない。

て銀河英雄伝説の一節。


我々一般の人間にはそれをなす実力は無い。

亡国が消滅するまでのサバイバルが、当座の実力行為である。


日本国滅亡だけが、日本人を救う・・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR