忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

このままでは、棄民国家日本は、一人っ子政策後の中国に、モラルでも完敗する。日本帝国をつぶせ!それが日本再生への路。

てげてげ より

上記文抜粋
・・・・・・・
2016/09/04(日)  中国の一人っ子,あなどるべからず!

「一人っ子政策」は,単なる人口抑制策ではなかった.

結果論だが…,「一人っ子政策」は,中国人に子供の大切さを徹底的に思い知らせた.

子供を生むことの大切さ,子供を育てることの大切さ,子供を躾けることの大切さを,中国人は徹底的に思い知らされた.

子供こそが国の宝であり,民族の宝であり,家の宝であり,親の宝であること.

国家社会と家族の未来を託せるのは子供だけであり,国家社会と民族と家族の未来をつくれるのは子供だけであること.

子供は,ただ可愛いだけの存在ではなく,かけがえのない,この上なく貴重な宝であることを,中国人は徹底的に学んだ.

「2+4=6」(2人の親と4人の祖父母の6人に徹底的に甘やかされた)とか,「小さな皇帝」とか,中国の一人っ子政策をカラかい,皮肉る言葉がある.

しかし,一人っ子ゆえに大切に育てられ躾けられた子供は,「小さな皇帝」というよりも,帝王学を学んだ選良(エリート)といった貫禄がある.

げんに青州氏のワシの愛弟子(まなでし)は,24才と27才の青年であるが,若くして礼儀と素養を充分にわきまえた大器である.申し分ない.

ワシの秘密工場の社宅に住む10才と4才の女の子が,ワシの現場に,物怖じせず,堂々と遊びに来るが,人を見る目,人なつっこさ,人づきあいの上手さは,「小皇后」に相応しい.

ワシが安全な人者だと判断したとたん,「爺,爺(イェイェ)!」と,人なつっこくワシになついてくる.

中国の一人っ子,あなどるべからず! である.


飯山 一郎(70)


・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


一人っ子政策は、そのモラル・人命の尊重の拡大と、その負の効果からみて、中国版「生類憐みの令」と言い得る。

「生類憐みの令」で、日本は殺伐とした気風が一掃され、「人命尊重の優しい勤勉な人たち」に変わった。
むろん劇薬でもあったが。


それと同じくなった。



福一放置・経団連の買弁・売人経済政策で、ドンドン日本のモラルというなけなしの資産が、消滅してしまう。


もう数十年前までの「アジア第一位」「世界の平和国家・文化国家」という金看板はもう永遠に復活できなくなった。




お読みくださりありがとうございます。



拍手[0回]

PR