忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

まずは身の回りから、そこにいる人を助けることから。
旅の密教僧 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
今日は先日、密教に興味を持たれ話を聞きに来られた他宗の僧侶の方からのご希望で護身法の伝授。

密教では得度を受けられた方へまず最初に授ける法です。

得度を受けられている宗派の戒が密教の得度で授かる戒と近しいのであれば、他宗の方でも御授けはできます。

私自身、他宗の得度のことはよく知りませんので、今回は師僧に確認をしたところ大丈夫だとお聞きしたので御授けへと進みました。

戒律に基づき、法を犯さないようにさえ気をつければ、法を授けること自体は自身の学びを深めるのにはありがたいご縁です

今回、受法いただきました方のお寺には、他宗にも関わらず、大師堂が本堂とは別棟にあり、お大師さまを御祀りされています。

時代の流れで今は壇務を主とする、一般的な顕教のお寺ですが、何代か前の住職は見立てやお祓いなどをしていたそうです。

これは間違いなく、お大師さまのお導きでしょう。

今の時代にお寺に必要なのは壇務ではありません。

悩みを抱える方々の力になる 「加持祈祷」 お大師さまの教え、日本に持ち帰った 「密教」 です。

正しき佛教の教え、正しき密教の加持祈祷。

この繁栄を、心の底より私は日々、願っております。

他宗との交流。

それもその一環かと感じる1日でした。

合掌

・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

>時代の流れで今は壇務を主とする、一般的な顕教のお寺ですが、何代か前の住職は見立てやお祓いなどをしていたそうです。

>今の時代にお寺に必要なのは壇務ではありません。




他人とともに楽しむのはその楽しみも長いが、自分一人で楽しむのは長く続かずなくなるものだ 


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR

コメント

コメントを書く