忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。
徽宗皇帝のブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・

オウム事件の「覚醒剤」側面と公安マター
「逝きし世の面影」から転載。容量の関係で一部カット。


(以下引用)



『政府やマスコミが、挙国一致で隠したオウムの覚醒剤』

気象庁が想定外の規模の『記録的な豪雨被害』を警告する中での法務大臣と安倍首相ら自民党関係者の宴会ですが、オウム幹部7人の死刑の前日の前祝だった可能性も十分にある。
北朝鮮の日本人拉致問題だけで首相の椅子を手に入れた安倍晋三としては、青バッジ(救う会)の主要メンバーである住吉会系の暴力団組織の行っていた覚せい剤密売でのオウムとのズブズブの関係が表に出ることが一番困るのである。
29人もの犠牲者を出したオウム教団の犯罪ですが、幹部7人の集団死刑執行直後に新たに27歳の女性信者の殺害疑惑まで飛び出したが、事実なら死んだのは30人ですよ。
これ等のオウム犯罪の一番の特徴とは、尼崎市の連続不審死事件と同じで、被害者とか被害者家族の訴えを警察組織が一切無視して事実上黙認していたことなのです。
なぜ警察は巨悪を見過ごしたのか。間違いなく主導していたのは刑事警察では無くて、公安警察マターだったから警察組織としてオウムには手も足も出せなかったのである。 

『オウムの話から覚せい剤を抜くとは、キムチから唐辛子を抜くようなもの』覚せい剤密造と公安警察の深すぎる関係

そして今の安倍内閣で影の実力者として、表の政治権力を動かしているのが公安警察出身の中村格とか北村滋。裁判所の逮捕令状が出ている強姦犯人でも無罪放免にできる実力があれば、まだ警察の捜査が始まる前の段階だったオウムの覚醒剤の大量製造と密売などを『揉み消す』など簡単なことだったのである
ただし、地下サリンからオウム裁判が始まるまで、マスコミ各社はオウムの覚醒剤を散々報道していたのである。(ところが裁判が始まった途端にマスコミが忖度して沈黙する。マスコミ御用達の有識者達も全員が横並びで沈黙して『無かったことにする』が、いくら何でもこれは無理である。オウムが大量生産した覚醒剤は、たった二十数年前の話なので今でも覚えている人が大勢いる)







新安保条約批准後、内閣総辞職を表明する前日、右翼に刺された岸信介首相

「王道楽土」の夢を支えたのは「アヘン」だった 『阿片帝国日本と朝鮮人』朴橿 (著)、岩波書店 出版年月日2018年3月15日

戦前の日本がやっていたことについては、今もベールに包まれていることが多い。日本と麻薬の関係もその一つ。佐野眞一さんの『阿片王 満州の夜と霧』(新潮社)などで初めて知ったという人も少なくなかったのではないか。
『阿片帝国日本と朝鮮人』(岩波書店)は戦前、日本が関わった海外のアヘン問題を扱っている。それも日本人だけでなく、朝鮮人についても書いている。余り類書のない珍しい本だ。

財政難に苦慮
19世紀末から1945年の敗戦まで、日本が外地で深く広範にアヘンに関係していたことは、知る人ぞ知る有名な話だ。
日清・日露戦争で帝国主義国に成長した日本は、経済・財政基盤が脆弱だった。版図は拡大したが、戦争費用やその後の占領地維持費用に苦しんだ.
内務省衛生局長だった後藤新平は1898年「アヘンを主要財源とし、外債を集めて台湾の拓殖を推進する」と提言(意見書)している。
アヘン厳禁ではなく中毒者に治療上の吸引を認める漸禁主義がとられた。明らかに抜け道がある。
1932年建国の満州国で早々と阿片法が施行され専売公署という担当の役所も設置された。当時の満州国では、歳入予算6400万円のうちアヘン専売による収入が1000万円を占めていた。栽培は許可制で政府に納入し、専売の形で小売人から中毒者に渡る。そこに在満の朝鮮人密売人も動員された。満州国では国民の3%、90万人が吸引者と言われ、アヘンは不足していた。違法栽培、密売が横行し、そこに利権も生まれる。外国の目が届きにくい蒙疆(内モンゴル)ではアヘンの原料栽培が盛んになり、政府予算の20%以上をアヘン収入で支えた。日本軍部の特殊工作の資金も、アヘン利権を通じて生み出された。
アヘンは裏世界ではない。アヘンを軸にした財源づくり、公的なシステムが出来上がっていた。そこに、日本人だけでなく朝鮮人も末端で関与したという。
日本の植民地だった朝鮮でのアヘン生産と朝鮮人のアヘン関与だ。朝鮮人のアヘン・麻薬業者が満州などでは吸飲者に対する「加害者」の立場でもあった。満州国建設時の夢のようなスローガン、「王道楽土」の非情な内実が浮かび上がる。
(抜粋)


全ての日本国内のマスメディアがすべて及び腰になる中で、しんぶん赤旗(7月8日日曜日の書評欄)が唯一『阿片帝国日本と朝鮮人』朴橿 (著)を紹介していた

1935年の日本のモルヒネ生産量が世界四位。ヘロインでは一位の阿片帝国だった。満州国での岸信介の役割は有名だが、経済的に脆弱な大日本帝国自体が、麻薬ビジネスを積極的に興産した国家でもあった。
満州で麻薬ビジネスに深く関与した岸信介を敬愛する孫の安倍晋三首相ですが、因果は巡る糸車。最大の支持基盤である『救う会』と覚醒剤ビジネスの住吉系暴力団、見て見ぬふりの公安(秘密政治)警察との『関係』は最大のタブーとして現在も封印されているのですから怖ろしい。

★注、
7月13日付毎日新聞朝刊では、オウム教祖の裁判が一審だけで終了した(短期間で終わった)原因として、ヤクザに刺殺されたオウム教団のナンバー2だった村井幹部関連の案件を全て削除した検察側の対応を批判する教祖の一審弁護団長のことが記事になっている。暴力団との覚醒剤取引でのキーマンは矢張りオウム真理教の村井幹部であったらしい。

・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり


岸信介と、アヘン。

それを尊敬する、安倍晋三・・・


阿片戦争以来、人民中国・文革まで、散々阿片・薬物に苦しめられてきた中国が、好感を持つはずはない。

で、この記事だ。

岸ラインは、清朝+耶蘇金ライン。それの後継者の安倍晋三を許すはずもなく、それを宰相とする今の天皇を困惑をもって見ていると思う。{第二次天安門事件は今上さんに助けられた人民中国}。


公安は、中国でもなく、朝鮮でもなく、売国奴に支配されている・・・

名探偵コナンの映画にでたのは「野釣り伏せ」に嵌められているからか。



お読みくださりありがとうございます。




拍手[2回]

PR

【2018/07/14 (土) 20:20】 | 政治向け
トラックバック(0) | コメント(1)

般若心経の面白い?意訳?
ナオト
「如是我聞

いえ、もちろん「私はこう聞いた」って話ですけどね。

一時仏在王舎城耆闍崛山中 与大比丘衆及菩薩衆俱

あるとき、お釈迦様が王舎城の近くにそびえる霊鷲山の山中に、多くの探求者と一緒におられたんですって。たぶん…講演会とか、瞑想会、みたいな?

時仏世尊即入三昧 名広大甚深

そのときのお釈迦さま、めちゃめちゃ深い瞑想状態にどっぷり入ってたらしくてね、

爾時 衆中有菩薩摩訶薩 名観自在 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 離諸苦厄

そしたら、それに共鳴するかの如く、その場に参加していた観音さまも深い瞑想の波に飲み込まれて、「ああ!物質にも、感覚にも、イメージにも、思考や感情にも、ぜ〜んぶ、認識しているものすべてに、“実体”がないじゃん!」って気づいちゃって、諸々の苦しみから離れることが出来たんだって。

即時 舎利弗承仏威力 合掌恭敬 白観自在菩薩摩訶薩言

で、舎利弗っていうお弟子さんの一人がそれに気づいてね、「観音さまに色々聞いてみたいな〜。でも、この会場の静かな雰囲気ぶち壊すのもなんだしな〜。後にしようかなぁ……」ってモジモジしてたら、お釈迦さまがそんな舎利弗の心の動きに気づいてね、「いま聞いちゃいなよ、YOU!」ってアイコンタクト送ったんだって。

で、勇気を振り絞って「観音さま、教えてちょんまげ!」って手を合わせてお願いしたの。

善男子 若有欲学甚深般若波羅蜜多行者 云何修行 如是問已

「観音さま、観音さま。もしも、ガチで悟りたがっている者達が、『お釈迦様や観音さまのように、その境地に到達する瞑想を実践したい!』って望んだのなら、どういう風に学んだらいいですか?」って。


観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄

そしたら、観音さまは、こう話し出したんだ。「あのね、瞑想の波に飲み込まれ、これまで保有していた様々な『知識』が抜け落ちた時に気づいたんだ。物質にも、感覚にも、イメージにも、思考や感情にも、ぜ〜んぶ、認識しているものすべてに、“実体”がないじゃん!って。それが腑に落ちたら、モヤモヤしてたの全部消えちゃった」って。

舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色

「あのなシャーリー、形あるものは、みんな変化し続けるんだ。変化という理(ことわり)によって、形あるものが存在するんだよ。

この世に変化しないものなんて、何一つない。もちろん、変わらなそうに見えるものもあるけど、それは単に変化がゆっくりなだけでね、未来永劫ずーっと形を変えず持続的にありつづけるものなんて、どこにもない。

だから、ありとあらゆるものに、実体(変わらずに“それ”として存在するもの。それ自身で独立して存在し他物を必要としないもの)があるだなんて言えないのさ。

ありとあらゆるものは『状態』であって、『実体』ではない。

そこに『実体』がないからこそ、変化を続ける『状態』であれるんだ。

仮に『氷』を見てみよう。

氷は『実体』をもってそこにあるのではなく、『状態』としてそこにあるんだ。

氷が溶けて、その実体を失うのではなく、最初から実体はなく『空っぽ』だ。

『氷がある』は、『氷という状態がある』と言う方がより正確だね。

いま足下に転がる石ころも、いまは石ころでも、以前は岩だった。もっと前は、マグマだったかもしれない。

石にも岩にもマグマにも、実体はない。その状態はあってもね。

『わたし』においても、それは同じだ。

『わたしという実体』があるのではなく、『わたしという状態』があるんだ。

もし仮に、昨日食べたおにぎりに実体があったとしたら、食べてもまた、おにぎりの実体があることだろう。

排出されてもまた、おにぎりの実体があるだろう。

それとも、いまだ身体のどこかで、おにぎりとしてその実体を持っているのかな?

そんなことはないよね。おにぎりには実体がなく、状態であるからこそ、いまはその身体の一部としての状態になっている。

『状態』としての本質と、『実体のなさ』という本質は異ならない。

受 想 行 識 亦復如是

快や不快、好き嫌いや、行動や、認識、それらの本質もこれと同じだ。固定されることなく、常に変化し続けるんだ。

変化あるところに、実体はあり得ない。

舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減

だからシャーリー、この世のすべての存在に実体はない。状態を変化させ続けるという法則の中にすべての存在がある。

外気が氷に影響を与え溶かし、氷が外気に影響を与え温度を低下させるように、ありとあらゆる状態は関連しあっている。

ある状態が、他の何にも関連せず、独立して存在することはあり得ない。

実体が生まれることも、また、無くなることもない。

汚れてもないし、キレイでもない。

増えることも、減少することもない。

氷が溶けて水になるとき、水の“実体”が生まれ、増え、氷の“実体”が消え、減ったわけではない。


是故空中 無色無受想無行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界乃至無意識界

この、『あらゆるものに実体はない』という事実から見れば、存在しているように思える現実世界のあれこれが、固定的に実在しているわけではないことがわかるはず。

感じること、思うこと、行うこと、認識することも、常に変化し永遠不変ではないよ。

目の働きも、耳の働きも、鼻の働きも、舌の働きも、身体の働きも、心の働きも、不変ではないでしょう?

目に映る形も、聞こえる音も、香りも、味も、肌に触れる感覚も、心に浮かぶイメージも、同様に変化するもの。

見える世界にも、聞こえる世界にも、香る世界にも、味覚の世界にも、触覚の世界にも、意識の世界にも“実体”はないんだ。


無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽

どこにも実体がないことがわかれば、迷いもなくなるよね。

みんな「無我だ、無我だ」と言って、我を消そうと励んでいるけど、

もともと『わたし』に実体があるわけじゃないから、それを無くすこともできないよ。

老いる自分もいなければ、死んでしまう自分もいない。

だから、老いと死が消滅することもないんだ。

もともとあるなら無くせるけど、最初からないものは無くなりようがないさ。


無苦集滅道 無智亦無得

みんな『答え』を見つけ出そうと必死にいろんな修行してるけど、どうやったって見つかりっこないよ。

問題があるなら、答えも必要だけど、そもそも問題のないところには、答えもないじゃん。

僕は答えを覚えたわけでも、見つけたわけでもない。問題や疑問が消えたんだ。


以無所得故菩堤薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙故 無有恐怖

いわゆる『気づいちゃった人』ってのはさ、「な〜んだ、ありとあらゆるものに、実体なんてないじゃん!じゃ、俺という実体もないじゃん!」ってなってるから、問題の抱えようがないんだよね。

だってさ、どんな苦悩も、問題も、ぜんぶ、『わたし』に掛かっているからね。

事象がなんであれ、それが『わたし』に関係ないのなら、それは苦悩にも問題にもならないじゃん?


遠離一切顚倒夢想 究竟涅槃

ないものをあると思っている幻想の世界から離れたら、そこに、お釈迦さまのお話されていた平安があったわけさ。


三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提

これまでも、いまも、これからも。

気づいちゃった人たちは、みーんな、そこに気づいちゃったんだな。


故知般若波羅蜜多 是大神咒 是大明咒 是無上咒 是無等等咒 能除一切苦 真実不虚

で、これだけは知っておいて。

『気づき』は覚えるものでも、学ぶものでもない。

本当の世界を解き明かしてくれるけど、それは、『答え』じゃない。

答えじゃないところに、究極の救いは、確かにある。嘘偽りなく、確かにある。

いや、マジで」


故説 般若波羅蜜多呪 即説呪曰 

で、最後にこう説かれたらしいのね。


羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶

「このハプニングが、君にも訪れますように。

そんな君に、実体はないのだけれど」」
https://blog.goo.ne.jp/namagusabose/e/1363557e73e6884844b962479e30c1a2
から引用



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
般若心経の面白い?意訳?
「如是我聞

いえ、もちろん「私はこう聞いた」って話ですけどね。

一時仏在王舎城耆闍崛山中 与大比丘衆及菩薩衆俱

あるとき、お釈迦様が王舎城の近くにそびえる霊鷲山の山中に、多くの探求者と一緒におられたんですって。たぶん…講演会とか、瞑想会、みたいな?

時仏世尊即入三昧 名広大甚深

そのときのお釈迦さま、めちゃめちゃ深い瞑想状態にどっぷり入ってたらしくてね、

爾時 衆中有菩薩摩訶薩 名観自在 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 離諸苦厄

そしたら、それに共鳴するかの如く、その場に参加していた観音さまも深い瞑想の波に飲み込まれて、「ああ!物質にも、感覚にも、イメージにも、思考や感情にも、ぜ〜んぶ、認識しているものすべてに、“実体”がないじゃん!」って気づいちゃって、諸々の苦しみから離れることが出来たんだって。

即時 舎利弗承仏威力 合掌恭敬 白観自在菩薩摩訶薩言

で、舎利弗っていうお弟子さんの一人がそれに気づいてね、「観音さまに色々聞いてみたいな〜。でも、この会場の静かな雰囲気ぶち壊すのもなんだしな〜。後にしようかなぁ……」ってモジモジしてたら、お釈迦さまがそんな舎利弗の心の動きに気づいてね、「いま聞いちゃいなよ、YOU!」ってアイコンタクト送ったんだって。

で、勇気を振り絞って「観音さま、教えてちょんまげ!」って手を合わせてお願いしたの。

善男子 若有欲学甚深般若波羅蜜多行者 云何修行 如是問已

「観音さま、観音さま。もしも、ガチで悟りたがっている者達が、『お釈迦様や観音さまのように、その境地に到達する瞑想を実践したい!』って望んだのなら、どういう風に学んだらいいですか?」って。


観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄

そしたら、観音さまは、こう話し出したんだ。「あのね、瞑想の波に飲み込まれ、これまで保有していた様々な『知識』が抜け落ちた時に気づいたんだ。物質にも、感覚にも、イメージにも、思考や感情にも、ぜ〜んぶ、認識しているものすべてに、“実体”がないじゃん!って。それが腑に落ちたら、モヤモヤしてたの全部消えちゃった」って。

舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色

「あのなシャーリー、形あるものは、みんな変化し続けるんだ。変化という理(ことわり)によって、形あるものが存在するんだよ。

この世に変化しないものなんて、何一つない。もちろん、変わらなそうに見えるものもあるけど、それは単に変化がゆっくりなだけでね、未来永劫ずーっと形を変えず持続的にありつづけるものなんて、どこにもない。

だから、ありとあらゆるものに、実体(変わらずに“それ”として存在するもの。それ自身で独立して存在し他物を必要としないもの)があるだなんて言えないのさ。

ありとあらゆるものは『状態』であって、『実体』ではない。

そこに『実体』がないからこそ、変化を続ける『状態』であれるんだ。

仮に『氷』を見てみよう。

氷は『実体』をもってそこにあるのではなく、『状態』としてそこにあるんだ。

氷が溶けて、その実体を失うのではなく、最初から実体はなく『空っぽ』だ。

『氷がある』は、『氷という状態がある』と言う方がより正確だね。

いま足下に転がる石ころも、いまは石ころでも、以前は岩だった。もっと前は、マグマだったかもしれない。

石にも岩にもマグマにも、実体はない。その状態はあってもね。

『わたし』においても、それは同じだ。

『わたしという実体』があるのではなく、『わたしという状態』があるんだ。

もし仮に、昨日食べたおにぎりに実体があったとしたら、食べてもまた、おにぎりの実体があることだろう。

排出されてもまた、おにぎりの実体があるだろう。

それとも、いまだ身体のどこかで、おにぎりとしてその実体を持っているのかな?

そんなことはないよね。おにぎりには実体がなく、状態であるからこそ、いまはその身体の一部としての状態になっている。

『状態』としての本質と、『実体のなさ』という本質は異ならない。

受 想 行 識 亦復如是

快や不快、好き嫌いや、行動や、認識、それらの本質もこれと同じだ。固定されることなく、常に変化し続けるんだ。

変化あるところに、実体はあり得ない。

舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減

だからシャーリー、この世のすべての存在に実体はない。状態を変化させ続けるという法則の中にすべての存在がある。

外気が氷に影響を与え溶かし、氷が外気に影響を与え温度を低下させるように、ありとあらゆる状態は関連しあっている。

ある状態が、他の何にも関連せず、独立して存在することはあり得ない。

実体が生まれることも、また、無くなることもない。

汚れてもないし、キレイでもない。

増えることも、減少することもない。

氷が溶けて水になるとき、水の“実体”が生まれ、増え、氷の“実体”が消え、減ったわけではない。


是故空中 無色無受想無行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界乃至無意識界

この、『あらゆるものに実体はない』という事実から見れば、存在しているように思える現実世界のあれこれが、固定的に実在しているわけではないことがわかるはず。

感じること、思うこと、行うこと、認識することも、常に変化し永遠不変ではないよ。

目の働きも、耳の働きも、鼻の働きも、舌の働きも、身体の働きも、心の働きも、不変ではないでしょう?

目に映る形も、聞こえる音も、香りも、味も、肌に触れる感覚も、心に浮かぶイメージも、同様に変化するもの。

見える世界にも、聞こえる世界にも、香る世界にも、味覚の世界にも、触覚の世界にも、意識の世界にも“実体”はないんだ。


無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽

どこにも実体がないことがわかれば、迷いもなくなるよね。

みんな「無我だ、無我だ」と言って、我を消そうと励んでいるけど、

もともと『わたし』に実体があるわけじゃないから、それを無くすこともできないよ。

老いる自分もいなければ、死んでしまう自分もいない。

だから、老いと死が消滅することもないんだ。

もともとあるなら無くせるけど、最初からないものは無くなりようがないさ。


無苦集滅道 無智亦無得

みんな『答え』を見つけ出そうと必死にいろんな修行してるけど、どうやったって見つかりっこないよ。

問題があるなら、答えも必要だけど、そもそも問題のないところには、答えもないじゃん。

僕は答えを覚えたわけでも、見つけたわけでもない。問題や疑問が消えたんだ。


以無所得故菩堤薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙故 無有恐怖

いわゆる『気づいちゃった人』ってのはさ、「な〜んだ、ありとあらゆるものに、実体なんてないじゃん!じゃ、俺という実体もないじゃん!」ってなってるから、問題の抱えようがないんだよね。

だってさ、どんな苦悩も、問題も、ぜんぶ、『わたし』に掛かっているからね。

事象がなんであれ、それが『わたし』に関係ないのなら、それは苦悩にも問題にもならないじゃん?


遠離一切顚倒夢想 究竟涅槃

ないものをあると思っている幻想の世界から離れたら、そこに、お釈迦さまのお話されていた平安があったわけさ。


三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提

これまでも、いまも、これからも。

気づいちゃった人たちは、みーんな、そこに気づいちゃったんだな。


故知般若波羅蜜多 是大神咒 是大明咒 是無上咒 是無等等咒 能除一切苦 真実不虚

で、これだけは知っておいて。

『気づき』は覚えるものでも、学ぶものでもない。

本当の世界を解き明かしてくれるけど、それは、『答え』じゃない。

答えじゃないところに、究極の救いは、確かにある。嘘偽りなく、確かにある。

いや、マジで」


故説 般若波羅蜜多呪 即説呪曰 

で、最後にこう説かれたらしいのね。


羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶

「このハプニングが、君にも訪れますように。

そんな君に、実体はないのだけれど」」
https://blog.goo.ne.jp/namagusabose/e/1363557e73e6884844b962479e30c1a2
から引用

2018/07/15(日) 18:24 |   | ナオト #92c8561e68[編集]
[管理者用 返信]
Re:般若心経の面白い?意訳?
空海大先生によると、もっとすごいらしいけど、これも結構いいですよね。

書き込みありがとうございます。
2018/07/15(日) 21:26 | 遍照飛龍

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック