忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
昨日、壊れていた数珠{108玉}を修理できました。


これで真言を100回も千回も唱えることが、楽になりました。


てカウントしやすくなっただけですけど、有り難い!



お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

今日は、加古川の鶴林寺と、尾上神社に。

鶴林寺 HP

最近、少し「観音さま」に嵌っているので、「観音堂・秘仏本尊ご開帳」となると、

日本会議だろうが、なんだろうが、あえて目をつぶって、参拝!


本堂を参拝してから、観音堂に。


結構きれいな観音様。 浜宮天満宮の本地仏だったそうです。江戸の作。

なぜか、足元に蓮の花が置かれてます。


まあ150年ぶりのご開帳に思えるので、まあシャーないか・・。「日本会議カルト撃滅祈願」


で、お気に入りの新薬師堂の薬師如来さん参拝しました。


新薬師堂の薬師如来さん。


で、尾上神社に。ここは尾上の松で有名です。尾上神社 HP
もふもふさんの説ですが、「松は、平和の繁栄と儲け。竹は戦乱の儲け」を意味するとか。

戦争は嫌で、平和でいてほしいので、神祇信仰に寄生する「日本会議カルト」の駆除も願って。


日本会議カルトに銭をくれてやるのは忸怩たる思いもしますが、「毒まんじゅう」ってことで、今回は割り切りました。

神仏は、大変よかったですよ・・・



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

白旗神社との絡みで、加古川市の白旗観音寺にぶらっと行ってみました。




白旗観音寺 公式 HP 

久しぶりにお参りしましたが、予想外に「霊威・力」がある感じでした。

本堂にお参りして、観音経偈と心経と真言をあげてきました。

妙に「力あふれる」感じ。


なにせ絵馬堂には、2000年奉納の絵馬とか、平成16年奉納絵馬もあります。戦前のになるけど、「病気平癒のお礼」の絵馬もありました。

お堂にたくさん、ここのお守りを結び付けられているし。


白旗神社とは関係ないけど・・・・、航海の観音さんなので・・・。


まあ少し珍寺なところもあるので

参考 


報告みたいなもので。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

お彼岸です。

21日は、大師縁日てこともあり、須磨寺も良いけど駐車場で混みそうなので、神戸市中央区の

「再度山大龍寺」に。


とはいうもの、まあ一時間以上車に乗って結構時間かかりました。

本堂の観音さん等々、仏さんにお参りして、

納経所というか、講堂と庫裏と一体化した場所にもお詣りして、そこのお不動さん・愛染明王にも参拝。

大師縁日ってことで、お弁当の接待を受けました。美味しかったです。


あと久しぶりに護摩木に願い事を書いて、摂津三十三観音の御影というか散華もいただきました。


神戸市て言っても、須磨よりも三宮とか都会に近いので、参拝者も、少し「都会ぽい」気がしました。

結構な深い山の中ですけど。

以前、摩耶山天上寺にお詣りした時は、若い男性二人が、大変おしゃれな靴を履いて参拝しているのをみて、妙に感心しましたが、神戸ですよな・・・て。


講堂の脇に、吉祥天さんが置いてあったので、お参りついでに、携帯の待ち受け用に写真をとりました。


このお寺の娘さんか息子さんのお嫁さんかわかりませんが、若い綺麗な女性が居ましたが、ふとこの吉祥天さんに似ているな・・・て思いましたね。


確実とは言い得ませんが、お寺で綺麗な仏さんがあると、それとよく似た女性がそのてお寺にいることがあるみたいです。

呪術的なのか、縁というか引き寄せというか・・・


うちの観音さんも、結構「かわいい」ので、真面目に拝んで、かわいい嫁さんと縁があればな・・・・と妄想したり期待したり・・・。


まあ画像はないですけど。こんな感じで

画像の参考に こちら


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved