忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[6786]  [6785]  [6784]  [6783]  [6782]  [6781]  [6780]  [6779]  [6778]  [6777]  [6776
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
産めよ増やせよ大和撫子 より

上記文抜粋
・・・・・・・・

天才的解析:副島隆彦の政治解析  

彼は政治分析の天才です

殺し合いの中にいなければ、皮膚感覚がなければこれはわからない


つまり、その中(新左翼の殺し合いの中)で育ったということ。


まあそれはいいです。

今まさに、アメリカは毛沢東政権末期の四人組追放のような状態になっている

なんとロックフェラー家が毛沢東なのだ

そしてヒラリーが江青だ


俳優上がりの権力者の愛人に過ぎない江青よりもだいぶマシだがやっぱり人の権力をかさにきて暴れまくる江青、である。

実力を持った男たちが怒り出した。。。。


こうなると女は逃げる。クレをパトラが逃げたように、逃げる。


歴史上、一人で権力を取った女はいない。

必ず男とペアである。(過去の虚像のこともある。エカテリーナはピヨトルの幻像を使ったし、西太后は清帝国の歴史をかさにきた)

女が一人で権力を行使すると必ず失敗する。

なぜなら好き嫌いが存在の根本だから。

子育ては女の原点だが自分の子供が好きでないとできない。

しかし、他人と系を作る政治は

好き嫌いではできない

観念の整合性が必要。これが正義構築の操作

血縁を超えるのには観念の整合性しかない

これがないのだ


嫌いは嫌い、好きは好き。


まあどうでもいいです


膨大な兵力を持った軍事大国が女の感情に振り回されるなんてぞっとする。

それはとにかく、なさそうだ


だからと言って、平和が保証されるわけでもない。


西欧はもう終わったのだろう

ユダヤ人得意の抽象空間に逃れた、裏権力から露骨なおもて権力の時代になる

どっちがいいのかわからないが

結果勝負だ

人々を豊かにした思想が勝つ

科学も技術も結局そういうことだ


神の声は、人々の豊かさだ


ただ何を豊かと定義すると必要十分か?

これが分からないから

歴史は右往左往する

それはともあれ

文明の原点に戻りそうだ。

我々は原点に戻れば1段上がれる。

巨大火山の爆発や、隕石衝突で原点に強制リセットされるよりはずいぶんマシだろう。。。。。

・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

武則天は、異常なまでに能力重視の登用をした・・・・

愛人よりも宰相・大臣を尊重した。

そういう意味では異常の人。


こういう人は、多分皆無だろう。

てことで、女性は宗教の開祖になれても、象徴ではない「天子・天皇・最高政治指導者」にはなれない。

サッチャーは首切りの名人。武則天もある意味ではそれ。

女性の「思い切りの良さ」は、首切りの思いっきりの良さになるので、基本的に無理と思える・・



漢・光武帝 劉秀 の言葉 他人とともに楽しむのはその楽しみも長いが、自分一人で楽しむのは長く続かずなくなるものだ 

とりあえず、これでいいのでは・・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/17 笑む]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/16 みるみる]
[11/15 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved