忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。
<< | 2018 年11 月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>
[9583]  [9582]  [9581]  [9580]  [9579]  [9578]  [9577]  [9576]  [9575]  [9574]  [9573
Updated   
2018.11.10 (Sat)
DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
11月11日はWWI停戦の日

100年前の今日11月11日、連合諸国とドイツ帝国の間で休戦協定が結ばれ、これをもって事実上第一次世界大戦が終結した。

ということで今日はパリで催しが行われ、各国首脳が集うのでまた何か興味深いニュースが出て来るでしょう。

そんな中、ロシアのアレキサンドル2世が暗殺された時の血にまみれたシャツや本人の身のまわり品がフランス政府の介添えでロシアに戻ったという記事がとても興味深い。このあたりからthe Westというか英シオニスト vs ロシア帝国の血なまぐさい歴史が始まったのだよなぁというところ。この時点ではまだアメリカは英シオニストの天下ではなくて(というよりしっかりした国でもなくてというべきか)、ロシア帝国はニュートラルどころかむしろアメリカに加勢していたりする。前に書いた通り、ロシアとアメリカには意外な接点がある。



それはまた別途書こうと思うが、東アジアに生きる私としてはひとしお興味深かったのは、中国と第一次世界大戦の話。

前に書いた通り、中華民国は第一次世界大戦の欧州戦線にかなり多数の人間を送ってる。

上海条約機構サミット、山東省青島で行われる

こういう成り行き

英語版には背景事情として出てた(ここ)。中国は1917年協商側で参戦、山東などのドイツ権益を条件に14万人の兵を英国軍の一部として出した。

だから、
  • その後、終戦に向かってアメリカのウィルソン大統領が民族自決とかいうもんだから、中国人は大喜びでこれで山東省は返ってくるとぬか喜びする。
  • しかし日本が戦時中に中国当局と結んだ合意があり、さらに日本はイギリスとフランスのサポートを得ていたので、ウィルソンらが最初は相当がんばって中国の肩を持つものの、最後は英仏日に押し切られ、日本の利益が確定した。
そして、イギリスや米についてたって駄目だ、となってソ連に急接近するグループがチャイナに登場する。
  • だから、日本で多く見られる、民族自決みたいなことを言い出すもんだからとか、コミンテルンが焚き付けるから抗日になった、ソ連に惹きつけられたみたいなのは、事実関係としてはちょっと表面的すぎるでしょう。いくら資金や人を投下したって大量の人間を惹きつけるには相応の何かがなければできないですよ。
  • 実際兵隊出して、顧維鈞みたいなインテリを使ってアメリカと協力しようがダメで、という事態を前にして、こりゃもうソ連だ、植民地主義は粉砕だ、反帝国主義だ~みたいになっていったという方が断然リアリティがあると私は思う。

と書いたこの成り行きにとって重要な、14万人の中国人が欧州戦線に出ていたことは、予想通り、欧州でもほとんど忘れかけられていた事実だったらしい。というか、世界の教科書のアウトラインを強制しているに等しい米英が無視してたんでしょうね。



ということで、現在、ロンドンでその忘れられていた中国人労働者たちの写真展が行われているんだそうだ。ちらっと検索すると夏にも英の他の場所でやっていたので今月が初めてではないが、今年が初めて、ではありそう。
写真展には、それらの大量の中国人を欧州側で対処していたイギリス人将校のお家に残されていた昔の写真のガラス版が残っていて、それを現像したものが含まれているんだそうだ。
  • Some of the photos shown on the exhibition were provided by John De Lucy. His grandfather, Lieutenant William James Hawkings, was a British officer in the First World War and was in charge of a Chinese labor force.

冒頭で書いたロシア皇帝の血まみれのシャツもそうだけど、皆さん物持ちいいですね、ほんと。100年なんてすぐ、といった感覚で生きてますねこの人たちは。大変結構。



■ 御用学者は用意はいいだろうか

で、

上海条約機構サミット、山東省青島で行われる


でも書いたけど、日本の中では、第一次世界大戦と共に起こった、中国の五・四運動と朝鮮の三・一運動を、なんというか、不当、勝手、気まま、いい加減、総じて言って適当な評価をして、自国内にだけ通じる話にこしらえて100年やってきたと言っていいと思う。

大日本帝国にとって不利な状況だろうが、他国人にとったら別の解釈があるわけだから、最低限両論併記で教えるか、ニュートラルに身もふたもなく書くかする勢力がもう少しいたらよかったのになぁと思わずにはいられない。

第一次世界大戦時の欧州の混乱を「天祐」と考えた日本は、これによって、
  • 実際には、
  • ・中国は抗日
  • ・ソ連はその後介入戦争で日本を敵視。バイカル湖以東を日本にすると無駄に壮大なことを言うんじゃない。
  • ・ドイツはイギリスにくっついて利権を取って行った日本のやり方を快く思わず、後に中独合作時代が来る
  • ・アメリカは1922年のワシントン会議をきっかけに日英同盟を廃止に向かわせる。
  • という具合に、英仏と仲が良くても近隣は向かうところ敵だらけになった。
上海条約機構サミット、山東省青島で行われる


という具合なのに、なぜだか日本国内ではもれなく大正時代といえば大正デモクラシー、結構良い時代でした、みたいな話があふれてる。

そこで切るから、シベリア出兵、五四・三一を受けた後の関東大震災のほとんど自爆テロみたいな国内というのにも理解の道筋が見えないと言えるのではなかろうか。

関東大震災←五四&三一&シベリア出兵

第一次世界大戦の終結と共に、日本政府は、国内の労働運動の高まりというより、外地での植民地独立運動の高まりに手を焼き、これが国内に延焼することを恐れ、国内にイスラム国みたいな集団を作ってしまって制御できなかった、というのが妥当な言い方ではなかろうか。

空っぽの国体明徴運動と日本の「悩み」

考えれみれば朝鮮の独立運動に対する日本の弾圧というのは、インドに対するイギリスのやり方を思わせる無茶ぶりだったなぁとかも思うし、もう人数がとても少なくなってから鮮人だの匪賊だのという言い方で彼らをテロリスト扱いして追い詰めたやり方は、イスラエルがパレスチナ人をモノ扱いしてるのと非常に似てる。

逆にいえば、日本にとっては思い出したくもない一連の出来事ということなのかもしれない、とも思う。



でもまぁ、ここらへんを崩して、こうであって欲しい日本史、こうであるはずだった日本史じゃなくて、しっかりとした出来事ベースの日本史を書かないと次の世代の日本人は困るばかりでしょう。

100田の「日本国記」を批判するのもいいけど、ではしかし批判する側の歴史認識がサウンドかというとそれも違う。そうだからこそむしろ、日本会議的な暴発を生み出す余地を残したといえるかもしれない。



■ オマケ

このエントリーを書いて思うわけだが、日本がどうしても朝鮮は植民地にしてない、侵略なんかしてない云々という言辞に意味不明なほど頑迷に拘るある種の固着点というのは、結局朝鮮再びなのか、など考えてみたい。

つまり、五・四&三・一の運動、わけても三・一独立運動を潰したことを認めたくない、朝鮮に独立運動などない、あってもそれは匪賊の戯言だ、という大日本帝国の態度は当時のもの。

しかし、それをまだやっているというのはいかにもおかしい。そうであるなら新しい目的があるはずだ。

何を目的としているのかというと、朝鮮族は日本の支配に抗して新しい独立を果たしたのだ、という南北朝鮮の主張を潰すことではなかろうか。

特に、北朝鮮のそれは、金日成が日本側が朝鮮の匪賊、鮮匪とか呼んでた人々の中のヒーローだという建付けなので(全部本当なのか一部脚色があるのか不明なところはあるにせよ)、日本側は、日本が独立運動を潰した経緯というのを出来る限り大したことない、たいしたことないとして、つまり北朝鮮は夜郎自大なことを言っている、としたかった&したい、のかも。

何のためにこんなことをしているのか。

そりゃ多分、もう一度南北共に日本の、あるいは日米の支配下に置こうとしていたからではなかろう? そもそも朝鮮に共産主義かぶれがいたことが問題を複雑にしただけで、最初はいろいろあっても朝鮮は日本と運命共同体だったのです、みたいなストーリーラインにしておけば、南朝鮮を主体にアラブの春やら「ヨーロッパのピクニック」的に朝鮮半島に動乱を起こす際に、悪かったのは共産主義者なんです、で終われる、と。

こうやってみれば、まんま東西ドイツ統一シナリオですね(笑)。90年代だったらできたかも。

ところが、北朝鮮は踏ん張り、ついには、金日成は昔から知ってますという人たちがパイプライン持って登場しちゃった。



私のこの仮説が正しいとしたら、ロシアが近年になって金日成の昔のフィルムを出して来たのは、古いフィルムもありますよなどという思い出話ではないでしょう。

ラブロフの北朝鮮訪問 & 73年前の金日成


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

空っぽの国体明徴運動と日本の「悩み」

抜粋
・・・・・・・・・・

■ 日本式中華思想からの脱却

明治朝日本の根本的な問題点は、確かにいきなり欧化して対応できないとかいろいろあるけど、滝川政次郎博士のいうとおり、インチキな復古神道の余波が常に常に問題だと私は思いますね。

これは、俺はエライ、なぜなら道義の故だ、道義はどこに源泉がある、それは日本の存在自体だ、なぜなら万世一系の天皇がいる、皇国はすばらしい、みたいななんかこう、どうやっても他者と対等に話すのに不都合な、まったくの独善的思考傾向なわけです。しかもそもそもこれ中華思想のローカルバージョンにしか思えないというところも痛い。

さらに、実証的な要素がまるでないから、いきおい信じるか信じないかになって、徒党を組んでカルト化する。

日本に必要なのは核兵器じゃない。理性だ、って感じなわけですが、そんなことを言おうものなら、お前は西洋にかぶれておる、みたいになっちゃう。


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

明治維新は、「天皇」「復古神道」という、インチキを「信じる」っていう「カルト宗教」から始まった「カルト宗教国家」てことなんです。

>ではしかし批判する側の歴史認識がサウンドかというとそれも違う。そうだからこそむしろ、日本会議的な暴発を生み出す余地を残したといえるかもしれない。


まず天皇を斬れ・天皇制を廃止しろ。

で、そもそもが「天皇」てのはやくざなのですは。


日本蛮族論 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
米財務省、山口組幹部4人と関連2社に制裁


【10月3日 AFP】米財務省は2日、日本最大の指定暴力団山口組(Yamaguchi-gumi)の幹部4人と関連企業2社を制裁の対象に指定した。

 シーガル・マンデルカー(Sigal Mandelker)財務次官(テロ・金融犯罪担当)は、「性的搾取、武器密輸、強要などのあらゆる行為から利益を得るこの危険な日本の犯罪組織と地方暴力団幹部に対し、われわれは圧力を強めていく」と述べた。

 制裁対象となったのは、森尾卯太男(Utao Morio)山口組本部長ら幹部4人と、神戸の山口組本部がある土地を所有する株式会社山輝(Yamaki KK)および、本部や同組織の多様なビジネスで使われている不動産の運営・管理を行う東洋信用実業株式会社(Toyo Shinyo Jitsugyo KK)の2社。

 この制裁により、リストに含まれる個人・企業が米国の司法管轄下に保有する全資産が凍結されるほか、米国の個人・企業との取引が禁じられる。

http://www.afpbb.com/articles/-/3191879


 日本では任侠モノ映画が流行したので、ヤクザ文化好きな人が多い。
 世界最強のアメリカが制裁対象にしてくれることで、全世界にヤクザが犯罪組織だとアピールすることができている。
 
  
 アメリカ財務省の制裁対象:
 ・森尾卯太男(Utao Morio)山口組本部長
 ・株式会社山輝(Yamaki KK)
 ・東洋信用実業株式会社(Toyo Shinyo Jitsugyo KK)

 日本でヤクザになっても、旨みがなくなっているので、そのうち殆どの団体が消滅するんだろう。一気に潰すと反抗する勢力もでてくるから、ジワジワと潰す。ヤクザも規制が厳しくなれば、合法的なビジネスに方向転換するしかなくなる。

 アメリカ企業と取引できなくなると、amazonとかも使えないの?Appleとかのサービスも使えないのか?もう誰もヤクザになる人いなくなるんじゃないの?

 ヤクザから足を洗う人間に優しい社会になれば、ヤクザは無くなる。ヤクザの末端の組員なんてまったくうまみないだろうし。

・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

天皇こそ、世界最大のやくざの組長。

ネオコンも、フセインやカダフイーとか、あるいはシリアを攻撃して、自身が世界中にアホの大悪人であることを知ら絞めてしまった。

いっそ天皇家を攻撃して抹殺していたら、彼らも世界人類にも貢献もできて、彼らも人類もハッピーになっていただろうに。




お読みくださりありがとうございます。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ガンジーも孫文も社会主義革命と独立を目指した。
ガンジーも孫文も社会主義革命と独立を目指した訳で日本みたいにイギリス化を目指していない。日本のカンニング文化が天皇カースト教の奴隷国を作った。
ローレライ 2018/11/10(Sat)20:59:10 編集
Re:ガンジーも孫文も社会主義革命と独立を目指した。
>ガンジーも孫文も社会主義革命と独立を目指した訳で日本みたいにイギリス化を目指していない。日本のカンニング文化が天皇カースト教の奴隷国を作った。


同感。


書き込みありがとうございます。
 【2018/11/11 10:57】
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク政治向けメインですけど。
ブログ内検索
プロフィール
HN:
遍照飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア