忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

再び。狂気の国の行く末は・・・ 生き延びましょう。

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・

不戦の誓いと、つけ込まれない反省。9月4日の杭州G20にむけて。
8月8日の今上天皇の「生前退位」意向の放送以来、

 日本の政界と経済界がどうなるか、このお盆休み、じっくり、のんびり、見て、考えていました。

 その方向性については、 8月15日の二つの式典に出ていました。

 陛下は、過去の反省を述べました。しかし、安倍首相は、反省を口にしない。

 この日、稲田防衛大臣は、アフリカのジブチに向かっていた。 

 大きな流れは、

 ①極右勢力の熱さまし。   そして、

 ②韓国・中国に、これ以上の賠償を求めさせないこと。

 ③東アジア全体の人間に、 不戦の思いを、さらに、自覚させること。

  経済面では、本来、禁じ手のアベノミクス手法が、株価や土地価格の維持のために、

  それなりに有効だと、認知されてしまったこと。

  しかし、それでも、一時的なもので、本来の有効需要がないと、経済は上向かない。

  これは、自分の夢や理想のために、先に汗をかくことが求められているのですが、

  これが、まだ、政策になっていない。

  

8月5日~11日、 お盆の前、尖閣には、中国の漁民と、公船が大量に出没。

 それ以後、竹島に、韓国の議員が上陸。 

 中国と台湾がそろって、日本が自らの領土とする、沖ノ鳥島(こそれは、たった、畳三畳の広さしかない)は、

 島ではないと、仲裁裁定に提訴。

 

すでに指摘してきたことですが、日本側が主張する領有権について、 これから、見直しが始まります。

さて、15日は終戦記念日でした。

 稲田防衛大臣は、靖国参拝を避けました。

 そして、なんと、バカンス気分で、ジプチに向かいました。

 安倍政権は、オバマが言い出した核の先制不使用にも、反対表明です。

 

 オリンピックの開催地には、通常、世界の王族が鳩首しますが、今は、何が話されているでしょう。

 昨年12月のパリのCOP21を、境に、

代替エネルギー、新エネルギーは、GOが出ているのですが、

 日本の場合、 国家権力は、まず、これまでの既得権擁護の方針が最優先されている。

 川内、高浜、に続いて、伊方でも再稼働。 ・・・大バカ。 ゴジラが出てくるぞ。

 9月4日の、杭州でのG20まで、まだ半月あります。

 

 我が家では、8月15日は早朝3時半に家を出て、沼津の深海水族館にいって、ダイオウグソクムシなどを見て、そのあと、本栖湖から秀麗な富士山を見てきました。松本城も見て、家に戻ったのが、夜の9時半。

 最近、家では、則天武后のDVDを見ています。彼女が皇帝だった時代に、倭国が日本国になったのです。

 随書倭国伝が書かれた後、「推背図」の作者の李淳風は、唐が、武の姓の人間によって一旦終わることを、天の意思として明らかにしていました。 その中に、日本に関する、予言があります。

 今の日本は、 変容変態の最中です。 円高が進んでいますね。

 未来は、自分から創り出すもの。 

 基本となる心構えは、荒れ地の中に、掘っ立て小屋をつくる決意から。  

  つまり、ゼロから。 実際は、急いだ工業化のツケがあって、マイナスからの出発なのですが・・・。 

・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

>基本となる心構えは、荒れ地の中に、掘っ立て小屋をつくる決意から。  
> つまり、ゼロから。 実際は、急いだ工業化のツケがあって、マイナスからの出発なのですが・・・。 


そうなりそうな気がする。

どうも日本人の「枠組みを一切考えない阿呆的保守志向」は、そこまでいかないと、再出発できない。

この阿呆さでどれだけのモノを失うのか・・・


>日本の場合、 国家権力は、まず、これまでの既得権擁護の方針が最優先されている。

> 川内、高浜、に続いて、伊方でも再稼働。 ・・・大バカ。 ゴジラが出てくるぞ。

> 9月4日の、杭州でのG20まで、まだ半月あります。


変わりたくないのだ。

変わるのが怖いのだ・・・


その一因は私は「他人の不幸を異様に喜ぶ。下衆い精神」にあると思う。

自分が利欲を得る・敵にアクシデントが起きる・・という類ならわからんこともない。

でも自分よりも弱い人間の不幸さえ、嬉々と喜ぶ。

それが、自分の情況の変化に対応するための自由さを著しく損ねている。

生きるための変化すら、他者それも身近な同胞に叩き潰される恐怖からできなくなるのである。

そりゃ、弱いモノ・不遇なモノを、あざ笑っているから・・その立場になることの恐怖は想像できるよな。

アバンギャルド精神世界 より


上記文抜粋
・・・・・・・
気持ちのこもっていない言葉


妬みなき挨拶・礼儀

盤珪禅師在世の時、姫路に一人の盲人がいた。他人の声を聞いてその心事をさとる天才を持っていた。

その盲人がいつも言うには、「お祝いの言葉には必ず愁いのバイブレーションがあり、哀しみをいたむ言葉には必ず喜びの響きがある(賀辞には必ず愁声あり。弔辞には必ず歓声あり)。
ところが、盤珪禅師だけは、得失・毀誉・尊卑・上下のあらゆるケースで、やわらぎにみちた妙音声であって、その声を聞いただけで入信するのももっともである。」と

世間では盛んに挨拶、礼儀というが、美辞麗句を並べて事足れりという世間の風潮は、江戸時代から変わらぬもの。男女を問わず誰にでも妬みがあることが基調の日本文化であり、妬みを表面化させないことが、平等の名のもとに世の中の秩序を保つ代表的手法であり続けてきた。

他人の不幸は蜜の味と広言しても誰も眉を顰めない無神経な風潮を去るには、個々人が自らのうちに宿る神を知ることしかあるまいと思う。


・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

>男女を問わず誰にでも妬みがあることが基調の日本文化であり、妬みを表面化させないことが、平等の名のもとに世の中の秩序を保つ代表的手法であり続けてきた。

>他人の不幸は蜜の味

争いの中でないのなら、それは毒の味でしょう・・・・けど嫉妬心がその合理的判断を吹っ飛ばす・・

死にますな・・これは・・・。



なにか少なくとも、江戸・あるいは有史からのこの宿アをどうにかしないと、次のステージに日本は立てないと思う。




お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR