忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7604]  [7603]  [7602]  [7601]  [7600]  [7599]  [7598]  [7597]  [7595]  [7594]  [7593
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・
アジアで戦争屋支配が終了。ロイターから2点。日銀がAIIBと協力 、南シナ海が安定化。
どうも、4月29日の「緑の日」、すなわち昭和天皇の誕生日を 境にして、世界は大反転です。


これからは列島内の戦争屋の最後のあがきと転向・処分、手下どもの「狼狽」と節操ない「逃げ」が始まります。

ただ、いつまでも旧い頭で、これまでの体制・制度にしがみつきたい「お上依存」の、考えない人間に対しては、もうそれはできない、と認識させる「事態」が出てきます。覚悟しておきましょう。

皇国史観で国民を洗脳した戦前の国家体制は、その最後が、ガタルカナル・インパール・硫黄島・沖縄のあとに、東京空襲・ヒロシマ・ナガサキで、ポツダム宣言受け入れでした。体制を変えるために、あえて、負ける戦争を仕組んだのが、金融ワンワールドでした。彼らの作り出した、戦後の日本は、「軍事の代わりに経済を」といって、マネー崇拝になりましたが、中央集権の「お上」依存体質は、基本的に戦前と同じ思考回路でした。それは、イノチ無視でした。「神ながら」をいう神道(神社本庁)が、どんなに事故が起きても、原発推進だったのです。

 これを、「いい現実」を作りだすチカラに変えるために、マネーは神ではなく、単なる道具にすぎない、として、それを私たちが貯め込むのではなく、上手に使い倒す方向(マネーの実体化)に、切り替えないといけません。

デンデンが2012年年末に再登場してから後の、日銀の黒田路線では、株式市場の数字を守るばかりで、全然いい現実が作れなかった。日本がAIIBと組むというのは、マネーを使って日々の生活の場に、何を実現していくのか、を、根本的に自ら改変していくと言うことです。

私たち日本人が、その良心と行動力を発露させる舞台は、地球全部に広がっています。時間軸を超えたイノチに響く普遍的な価値で生きていきましょう。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その1)  AIIB、アジアのインフラ需要に資する=日銀総裁

 5月2日、黒田東彦日銀総裁(写真)は、横浜市内で開かれたアジア開発銀行研究所(ADBI)などの主催によるイベントで講演し、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が中国主導で設立され、アジア内外から多くの国々が参加していることは、アジア域内の旺盛なインフラ需要に応えるためにもいいことだと語った。写真は都内で4月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

5月2日(火)12時07分配信 ロイター

[横浜 2日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は2日、横浜市内で開かれたアジア開発銀行研究所(ADBI)などの主催によるイベントで講演し、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が中国主導で設立され、アジア内外から多くの国々が参加していることは、アジア域内の旺盛なインフラ需要に応えるためにもいいことだと語った。

総裁は、アジアのインフラ需要は「非常に大きい」とし、アジア開発銀行(ADB)と世界銀行だけでは「この需要をすべて満たすことは不可能だ」と指摘。中国がAIIBの設立を主導し、アジア内外の国々が加盟していることは「いいことだ」との認識を示した。

日本や中国、インドなど域内の主要国が健全な競争を促進することによって、アジア経済の成長にも資する、との考えも示した。

また、シリアや北朝鮮の情勢などをめぐって地政学的リスクが意識される中、総裁は地政学的な対立や紛争は「誰のためにもならない」と強調。「政治的な知恵によって、回避されなければならない」と語った。

講演では、アジアのさらなる成長に向け、貧困削減の重要性を指摘。貧しい人々が金融サービスへのアクセスを得ることが「さまざまな経路で貧困からの脱却を手助けする」とし、金融面からの取り組みも「重要な役割を果たす」と語った。 (伊藤純夫)

・・・中国主導のAIIBについて、機能しないと言っていた日本メディアに出る電波芸者たちは、デンデンのお仲間・日本会議の面々と同じく、「日本エライ」といって自己陶酔に浸っていただけでした。

その中、二階敏博氏はずっと中国との関係改善を主張し、30日はAIIB参加を求めていました。


ロイター その2)   
南シナ海問題、中国はASEANの態度軟化を歓迎=外務省


 5月2日、東南アジア諸国連合(ASEAN)が先週末の首脳会議で、南シナ海の軍事拠点化を進める中国への批判トーンを弱めたことについて、中国外務省の耿爽報道官は、緊張緩和への取り組みが成果を上げたとして歓迎する意向を示した。マニラで4月撮影(2017年 ロイター/Aaron Favila)
 
5月2日、東南アジア諸国連合(ASEAN)が先週末の首脳会議で、南シナ海の軍事拠点化を進める中国への批判トーンを弱めたことについて、中国外務省の耿爽報道官は、緊張緩和への取り組みが成果を上げたとして歓迎する意向を示した。マニラで4月撮影(2017年 ロイター/Aaron Favila)

 会議後に公表された議長声明からは、昨年の声明に記載されていた「埋め立てや軍事拠点化」という文言が削除された。耿爽報道官は記者会見で、声明の文言について圧力を加えたかとの質問には直接答えず、
フィリピンなどASEAN諸国と中国の取り組みにより、南シナ海情勢は昨年から緊張が緩和した。これは同地域の関係国の利益に合致する」と述べた。
この問題に関するASEAN首脳会議の状況は南シナ海の情勢が改善したことを示していると指摘し「関係国は安定の確保、協力の促進、開発の推進を求めている。誰もがこれを尊重し支持する必要がある」と主張した。

フィリピン外務省高官は首脳会議について、南シナ海の問題を強く訴えたり、人工島の建設や軍事拠点化について言及したりする動きはなかったと説明し

「首脳はむしろASEANと中国の関係改善を強調した」と明らかにした。

ーーーーーーー(終わり)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本の外務省NSCの大敗北、というより、

 デンデン(満州亡霊)に身も心も捧げた、ヒラメ官僚たちの哀れな末路。

「311」以後、列島内のイノチが毀損され行くという現実に目をつぶり、これまで以上に、戦後の日本がアメリカの特別行政自治区であるという厳然たる事実を忘れ、イノチの次元から人類文明を造り替えようとする、2013年からの新世代王族の動きを真摯に捉えなかった。

 視野狭窄と思い上がり。

戦争屋(ジャパンハンドラー)に洗脳され、踊らされるだけだった大マヌケ。

 もう、東アジアに緊張はなくなった。

 「安倍様のNHK」がGW明けには変わりだす。

 下っ端工作員たちの狼狽ぶりが大変だが、すべて監視されているぞ。


・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

> デンデン(満州亡霊)に身も心も捧げた、ヒラメ官僚たちの哀れな末路。

そもそも易姓革命がない「王政」は、ヒラメしか生まない。

官僚・役所は、その身分を、庶民の支持でなく「上長・帝王」の支持で守れるようになる。
易姓革命があると、庶民を見てないと、上長も帝王も切られてしまい、自分も処分される。庶民の支持があれば、その身分を守れるけど・・。

だが革命が無いと、ひたすら上長・帝王に従い貢献したら庶民や部下などどうなっても上長が守ってくれるのだ。
革命が無いので、上長がひっくり返されることもないので、ひたすらヒラメであればいいし、上長・帝王も、自分に都合良い人間だけ選ぶのである。

となると、革命亡き王政・帝政の社会は、他国に滅ぼされるのは必然で、他国に滅亡されないと、庶民はヒラメと帝王の食い物になるだけである。

天皇制こそ、日本の「バカの壁」なのである・・。


>「安倍様のNHK」がGW明けには変わりだす。

先日のNHKの憲法の番組をみていると、ぼちぼち変わりだしたか・・。

今上さんの子供の頃の「平和国家建設」の書き初めが、画面にドンと載っていた。

あと、「100分で名著」で正史三国志・・。

三国志は「革命の物語」でもある・・・。


>それは、イノチ無視でした。「神ながら」をいう神道(神社本庁)が、どんなに事故が起きても、原発推進だったのです。


こいつら神道の処分なければ、多分日本人は死に絶えるだろう。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved