忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

アメリカも、無駄な日本への駐留を止めるようで・・・

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
ペリー元国防長官「北朝鮮が核を保有することに成り、(米軍の)任務はさらに重大に。しかし、普天間や他の沖縄の基地でなければ果たせないという問題ではない。日本人や日本政府にとっての政治的問題。米軍は占領しているわけではなく、招かれてここにいます」


2017年9月11日(NY時間)。 この日は、一大転機になりました。

 日本のアホメディアは、「フリン」と「O-157」ばかりでしたが。

元国防長官のウイリアム・ペリー氏が、13日、沖縄の那覇を訪れ、以下の発言です。同氏は、日本に、1853年にやってきて、開国を迫った、あのペリー提督の子孫です。

朝日新聞デジタルから。http://www.asahi.com/articles/ASK9F744JK9FUTIL068.html


「軍事上、沖縄の位置特別でない」 ペリー元米国防長官

木村司、上遠野郷   2017年9月14日00時47分

* 混迷を深める米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還・移設問題。県内移設の条件つき返還合意で、中心的な役割を担った当時の米国防長官、ウィリアム・ペリー氏(89)が21年ぶりに沖縄を訪問。13日、朝日新聞と地元紙のインタビューに応じた。

◎特集:沖縄はいま
 ――初めて沖縄を訪れたのは、沖縄戦の終結直後と聞きました。

 1946年、私は初めて(陸軍兵として)沖縄に来ました。エンジニアとして、島の復興に関わる地図づくりに携わりました。拠点は、名護の近くのテント。それから何回か沖縄には来ましたが、その一つが、普天間に関わる大きな決断がなされた時でした。普天間の移設について、どういう選択肢があるのかということを考えるためのものでした。

 ――普天間返還で日米が合意した96年以来、21年ぶりの沖縄。返還が進んでいない普天間や、辺野古に立たれた感想を

 非常に失望しています。

 ――普天間問題の解決策は「辺野古が唯一」との考えをいま、どう受け止めていますか。この20年間、沖縄県民世論は6、7割が反対で推移しており、県外移設を求める声も根強くあります。

 この間のすべての出来事を知っているわけではないので慎重にお答えしたい。

沖縄の米軍は、北朝鮮が日本を攻撃したときなどに、日本を守るための任務を担っています。96年時もそうでしたし、今日では、北朝鮮が核を保有するようになり、その任務はより重要になっています。

 問題は、沖縄以外の場所で、その任務を遂行できるかということですが、軍事的には、普天間やほかの沖縄の基地でなければ、任務が果たせないということではありません。

 これは、政治的経済的な問題であり、主に日本人や、日本の政府にとっての政治的問題です。

 米国が決めることではありません。米軍は、日本を占領しているわけではなく、招かれてここにいます。

 米国も、日本の政治的課題には…  (朝日のデジタル記載の公開は、ここまで)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 悪がどこにいるか、分かってきましたね。

 今、口曲がりの誰かさんは、鼻クソ野郎 と呼ばれ出したようです。、

・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


おなじく より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
明日15日(金)羽曳野で応神祭。今、宇佐の神格は混乱中ですが、誉田八幡では「ヤマトタケル」が人類に向けて復権?。


時代は、継体(オオド)の息子、欽明(ヒロニワ)のとき、勅命で、羽曳野の地に、ホンダワケのための誉田宗廟(こんだそうびょう)の神殿を造らせた。その後、568年、大分の宇佐を訪ねた大神比義が、ホムダワケを八幡神と認めた。

その宇佐に、ホンダワケ=八幡神の社殿を造れと勅を出したのが聖武(首皇子)で、即位の翌年、725年だった。

今、宇佐神宮は、原発推進派の神社本庁の直轄になってしまったが、はて、そこを皇室(国体)の神威としている日本の神社界で、イノチと繋がる神事ができるのか?

八幡神であるホンダワケの骸は羽曳野にあり、この地は、白鳥となった、ヤマトタケルの羽を引き寄せたところ。

「ヤマト」とは、何か? 神武の和風諡号は、「カムヤマトイワレビコ」だった。

 これと、皇祖神アマテラスはどんな関係?  さらに、「太一」とは?

特に、なぜ、北燕の鞍が、なぜ、この御陵で、出土したのか? 

  北魏には北燕出身の馮太后。 そこと、前秦苻氏の関係は?



(私の予定)

 明日は、午前11時から、大阪で、里山交流会。

    午後6時から、羽曳野で、ホンダワケ(八幡神)の世界史的意義を話します。

    午後8時から、応神祭。

明後日は、梅田で、午後1時半から、なんでもしゃべろう会。

   こちらは、別途、案内します。

・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


> 北魏には北燕出身の馮太后。 そこと、前秦苻氏の関係は?

北燕の祖の慕容 垂 ウイキが、ヒスイの戦いのあと、逃げた皇帝符堅を、長安近くまで護衛してから、東に行って北燕を建国した。
奸雄でもあるが、それなりに筋を通す立派な人でもあった。慕容垂

>王猛が慕容垂排除を苻堅に進言した理由は「慕容垂は聡明で龍や猛獣は飼いならすことはできず、いつかは自立する」と見越していたためとされる。苻堅は取り合わなかったが、淝水の戦い後に王猛の懸念は現実となり、慕容垂は前秦から自立していった[10]。ただし慕容垂自身は苻堅に恩義を感じていたとされ、苻堅が生存している間は群臣から即位を勧められても常に拒否したという[8](実際、淝水の敗戦で逃げる苻堅を自軍に収容した際も殺さなかった。また実弟の慕容徳が暗殺を進言してきた時も拒否したという)。


前秦と北燕と北魏とは、なにかつながりがあるようにも思える。

あと王猛{王莽ではないよ}も意外と大事かも知れな気がする。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR

森裕子議員の裏側に、何かあるのか。

阿修羅掲示板 より

上記文抜粋
・・・・・・
森裕子裁判が提起した最高裁事務総局の問題、だれが検察の捏造報告書をリークしたのか? ルートは2つしかない


森裕子裁判が提起した最高裁事務総局の問題、だれが検察の捏造報告書をリークしたのか? ルートは2つしかない
http://www.kokusyo.jp/%E6%A3%AE%E8%A3%95%E5%AD%90%E8%A3%81%E5%88%A4%E3%81%8C%E6%8F%90%E8%B5%B7%E3%81%97%E3%81%9F%E6%9C%80%E9%AB%98%E8%A3%81%E4%BA%8B%E5%8B%99%E7%B7%8F%E5%B1%80%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%80%81%E3%81%A0/
2014年09月09日  MEDIA KOKUSYO


『財界にいがた』(9月号)が、7月18日に判決があった「森裕子VS志岐武彦」の裁判を総括する記事を掲載している。タイトルは、「一市民を名誉毀損で提訴した森裕子・前参院議員が痛恨の完全敗訴で控訴断念」。

通常、裁判が終了すると、法廷における被告と原告の攻防は、過去のでき事として、記憶の片隅に追いやられてしまうものだが、裁判の終わりは調査報道の終わりではない。5年、10年、あるいは20年の検証が必要だ。その意味で、『財界にいがた』の報道には意義がある。

この事件は、MEDIA KOKUSYOでも繰り返し報じたように、2009年9月14日に投票が行われた民主党の代表選に端を発している。菅直人氏と小沢一郎氏の対決だった。

ところが投票日と同じ14日に、小沢氏の身の上に政治生命にかかわる事件が勃発する。東京第5検察審査会が小沢氏に対して、起訴相当決議を下したのだ。これにより小沢氏は強制起訴されることになった。

小沢氏が菅氏を追い上げていただけに小沢落選で、支持者は落胆したと同時に、東京第5検察審査会を管轄する最高裁事務総局に対する疑念を抱いた。

あまりにも不自然だ。なにか裏工作が行われたのではないか?

この疑惑の解明に乗り出したのが森氏と志岐氏だった。そして調査の過程で東京第5検察審査会が、「幽霊審査会(架空の審査会)」だった疑惑が深まったのである。架空の審査会、つまり最高裁事務総局が小沢起訴を決めた公算が強くなったのだ。

それを裏付ける根拠が、情報公開制度で入手した膨大な資料を検証する中で、次から次へと浮上してきたのだ。さらに裁判が終了した後も、新疑惑が発見されている。これについては次の記事を参照にしてほしい。

■検察審査会法の41条の解釈変更、報道されないうちに変更されていた、だれもが簡単に刑事被告人になるリスクの到来
http://www.kokusyo.jp/%E6%A4%9C%E5%AF%9F%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E4%BC%9A%E6%B3%95%E3%81%AE%EF%BC%94%EF%BC%91%E6%9D%A1%E3%81%AE%E8%A7%A3%E9%87%88%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%80%81%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84/

志岐氏は「幽霊審査会(架空の審査会)=最高裁事務総局のよる議決」説を一貫して主張した。これに対して、森氏はある時期から「幽霊審査会(架空の審査会)」を否定、「検察誘導説」(検察官が審査員を誘導して小沢氏を起訴させたとする説)を強調するようになった。そして論争に発展し、森氏が志岐氏を名誉毀損で提訴するに至ったのである。

◇森氏の調査を正当に評価

この事件は日本の司法制度の要である最高裁事務総局の恐るべき不正が絡んだ日本の戦後民主主義の再評価にかかわるスキャンダルである。それだけに客観的な事件の事実認識が極めて重要だ。

『財界にいがた』も事件を総括するにあたりこの点を踏まえており、森氏の活動も正当に評価している。たとえば次の記述である。

森議員の調査活動の中でも最も大きな成果といえるのが、検察審査会の審査員を選出するために最高裁事務総局が導入した「検察審査会候補者名簿管理システム」の実態解明だ。これは審査員を無作為に選ぶいわば〝クジ引きソフト″なのだが、森議員は門外不出のはずのこのソフトを独自に入手、専門家に解明を依頼したところ、数々の問題点が浮かび上がったのだった。

具体的には、このソフトは選出したい人以外を簡単に除外できるなど恣意的な操作が可能で、しかもこうした不正を行っても証拠すら残らないというのだ。このため森議員は国会質問の場で、最高裁事務総局に対して検察審査会の審査員の選出方法に問題があるのではないかと厳しく詰め寄った。

このソフトが今も使われているとすれば、日本の検察審査会制度は完全な欺瞞(ぎまん)ということになる。勝手に有権者や架空の人物の名義を借りることで、最高裁事務総局は架空の検察審査会を設置することが可能になる。

そして、たとえ検察が刑事事件の被疑者を不起訴にしても、架空審査会を設置すれば、最高裁事務総局は被疑者を起訴することができる。しかも、判決を書くのは、最高裁事務総局の管理下にある裁判所であるから、起訴したものが自分で判決を書く恐ろしい構図になりかねない。

◇今後の解明点

クジ引きソフトの問題ひとつに焦点を当てても、この裁判の終わりが事件の終わりを意味しないことが分かる。裁判は終わったが、解明すべき疑惑は山積みになっている。以下、今後、解明しなければならない点を指摘しておこう。

①検察審査会で使われている同じクジ引きソフトが、裁判員制度でも使われていないか? 使われているとすれば、裁判員制度も欺瞞(ぎまん)ということになる。

②問題のクジ引きソフトの制作やメンテナンスに投じられた資金が相場を大きく超えている事実がある。森氏の調査では、約6000万円が投じられたが、相場は高く見積もっても1000万円程度。収支明細を解明する必要がある。

③最高裁事務総局に対する批判をかわし、「検察誘導説」にすり替えることを目的に、何者かが『週刊朝日』などにリークした捏造報告書に関する疑惑。最大の解明点は、だれが捏造報告書を検察から、外部へ持ち出したのかという点である。この点があいまいにされようとしてる。

常識的にはルートは2つしかない。第1のルートは、検察内部の人間による捏造報告書の持ち出しである。第2のルートは、小沢裁判の当事者-つまり小沢弁護団(弘中 惇一郎弁護士、喜田村洋一弁護士ら)か小沢氏本人による持ち出しルートである。

さらに極めてまれに窃盗犯による持ち出しの可能性もある。

◇野党議員が国民の信頼を得られない理由

森氏は、先の参議院選挙で落選した。そのために最高裁事務総局をめぐる数々の疑惑は解明されないままになっている。わたしは森氏が明らかにした成果を、別の野党議員が引き継ぐのかと思っていたが、今のところその気配はない。

戦後民主主義の評価にかかわるあまりにも重大な問題なので、自粛している可能性が高い。野党議員が国民の信頼を得られない理由もここのあたりの姿勢にあるようだ。




・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり



参考 メディア 国ショウ  森裕子議員、詐欺の疑いで地検が刑事告発状を受理…献金で違法な還付金受領か

最高裁の裏金と不正選挙をめぐる件で、一市民さんと森裕子議員が裁判沙汰の戦いになっている。

「政治献金の還付金詐欺モドキ」も、どうも政治の世界では一応黙認状態のようだったが、その傷を負ってまでも、何故森議員は、最高裁の不正を「見ぬ振り」をしようとしたのか。


もしかして、森議員には、裏で日本の天皇とか古い権力が接触しているのか。

あるいは、森議員も、使い捨ての駒に悪党どもがしようとしているのか。


お読みくださりありがとうございます。


拍手[0回]

もう好きにしたら・・・

京の風 より 

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
国際政治は〈カリアゲ君一国 VS 世界全体〉で均衡? 今、主導権は誰が握っている?
12日(現地11日)に国連で、「全会一致の制裁」がでても、意気軒昂なカリアゲ君。強気崩さず。

[ジュネーブ 12日 ロイター] - 北朝鮮は12日、国連安全保障理事会が11日に全会一致で採択した北朝鮮への追加制裁決議を拒否すると表明し、米国は間もなく「最大の苦痛」に直面すると主張した。

韓大成駐ジュネーブ国際機関代表部大使は、国連の軍縮会議で「米政権は政治・経済・軍事的な対立をあおり、すでに完成段階に達した北朝鮮の核兵器開発を覆すことに固執している」と指摘した。

一方、米国のロバート・ウッド軍縮大使は「(北朝鮮の)体制が声高ではっきりしたメッセージを聞き入れ、別の道を取ることを望む」と語った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

で、今日13日ですが、今、中国の楊ケツチ外相と米国のティラーソン国務長官が打ち合わせ。

デンデン本人はインドに向かったが、「日出づる国」では米軍撤退後に備えて下工作が始まったか?

以下、13日のロイターのニュース。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北朝鮮、国連制裁決議を非難 「米との均衡」目指し力を強化へ  [ソウル/ワシントン13日ロイター]

-北朝鮮は13日、同国の核実験実施を受けた国連安全保障理事会による追加制裁決議を非難し、米国に対抗す

るための力の強化に一層努めると表明した。国営の朝鮮中央通信社(KCNA)が北朝鮮外務省の声明を伝えた。

これによると、外務省は安保理決議について、自衛のための合法な権利の侵害であり、「全面的な経済封鎖を通じ

て北朝鮮とその国民を完全に窒息させること」が狙いだと非難。

「北朝鮮は、米国との実質的な均衡状態を確立し、国家の主権と生存権を守り、地域の平和と安全を守る力の強化

に一層努める」とした。

国連安保理は11日、6回目の核実験を強行した北朝鮮に対し、全会一致で制裁決議を採択。北朝鮮による繊維輸出

の禁止や北朝鮮への原油輸出制限などを盛り込んだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北の核開発・ICBM・電磁パルスの開発は、止まらない。ロシアも中国も、それを本気で止めようとはしていない。

北に、アメリカが攻撃できなければ、中国・ロシアは安泰だ。

その北は、国家と体制の存続と、日本に、アメリカ従属からの脱却を求めている。

地球を舞台に将棋指し。 来年の「その日」に向けて、みんなで準備 ということか。


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


おなじく  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
南海トラフ地震と、津波の発生。今日は神戸で防災訓練。先日は、大阪であったね。
何かがおきるのかも知れませんね。「備えあれば、憂いなし。」

16日、大阪でいろいろ話しましょう。以下は、神戸新聞。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南海トラフ1週間後の大規模余震想定 コンビナートで防災訓練 神戸 1 / 33

巨大地震での石油コンビナートの被災を想定した大規模な防災訓練が13日午前、神戸市東灘区御影浜町の倉庫業

「ティ・エム・ターミナル」とその周辺であった。同社の社員や消防隊員ら約150人が参加、緊急時の連携を確認した。

を想定した訓練で、タンクに一斉放水する消防…
 南海トラフ地震の1週間後、津波警報が解除された中で大規模な余震が発生し、コンビナートの貯蔵タンクから危険物

が漏れて火災が発生したとの想定。 陸上では、避難した作業員を救護班が除染して搬送の順番を決め、高所からの

避難中に負傷した作業員はロープを使って救助。消防車5台がタンクに放水した。また、消防や医療チームの役割を

調整する「ブルーキャット」、有害な化学物質の処理にあたる「ハズマットKOBE」など、特殊チームによる対応も確認した。

このほか海上では、停泊中の船の配管が壊れ、可燃性の有害物質が流出した想定での訓練もあった。(勝浦美香)


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

東灘で、震災の防災訓練。

同時に、長田で任侠山口組の組員の射殺事件。


やはり、神戸は、陰謀というか世界の政治の謀略の日本での最前線の一つのようで・・。


大震災と、米軍退去と、日本の革命が、同時期に起きそうな気がする・・・

安倍さんは、明治以降の日本の醜さと、いや天皇発生以来の日本の欺瞞と、心中するのだろうかな・・・

運命の子。日本帝国を終わらせる運命の子・・・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

小沢一郎一匹使いこなせないようでは日本の独立は無理。

geneumiのブログ  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
植民地から脱出するための暫定政権

オバマ大統領までは、アメリカ株式会社は一枚のスルメだった。
ヒラリー候補がトランプ候補に負け、一枚のスルメが2つに分裂。

アメリカンファースト株式会社 ☞ USA株)。
ペンタゴン、CIAの一部、中心勢力はマトモなアメリカ人。
と、言いたい所だが、この中にも反対勢力が紛れ込むからややこしい。

もう一つは旧態グランチ・アメリカ株式会社 ☞ USG株)ユー・エス・グランチ株式会社。

グランチについては以下をご参照されたし

http://synergetics.jp/tensegrityblog/2010/12/31/グランチについて/

USグランチ株)は、国境無きグローバリストがアメリカに寄生した結果起生した、地球史上稀に見る災難である。
およそ、世界中の争乱の元凶はこの無国籍企業群の陰謀である。
元ブッシュ系CIA、アルカイダ、ISIS、 HAARPやセルン、謎の宇宙衛星とかも彼らの持ちモノ。

アメリカ株式会社が一枚岩だった頃、アメリカ軍はもちろん、ソ連、NATO加盟国の軍隊の支配権を持っていた。
国連のオーナーにして、世界中央銀行のオーナー。
そんな強大な勢力を背景に、基軸通貨ドルを運用する本拠地は、アメリカの中の治外法権、ワシントンDCが好都合だった。

もちろん、日本代理支配層はUSグランチ株)の従僕。
支部長が笹川財閥?
ジミン党はじめ代理支配を任された特権階級が配置されている。
残念だが、日本支部の仕組み(中央集権)は例外無く、現在もUSグランチ株)で塗固められた煮ても焼いても喰えない毒スルメ。



とはいえ、ご本家が2分してしまったので、その影響は計り知れない。

麻薬利権が怪しくなって、石油もゴールド中国元が事実上、支配権を奪った。
IMFの力が及ばない中で、アメリカ株式会社を支えているのはアジアのゴールド。
USグランチ株)勢力はこれまで噓をついて、紙っぺらの債券を盾に金融市場をリードしてきたが、金はない。
ゴールドも無い。
防戦一方。
で、あれば、トランプ大統領が率いるUSA株)は、旧態勢力に気兼ねなくUSA株)を経営できる。
早い話、ペンタゴンを始めとする正規軍の棒給を支払い続けられる。
しかし、元ブッシュ系CIAとか、世界各地の傭兵部隊の給料の財源は涸井戸。

とは言え、USA株)も、何処かで一度リセットは止むを得まい。
で、無いと、いつまでもUSグランチ株)の嫌がらせが治まらない。

落ち目のUSグランチ株)勢力が消滅して、一番困るのが日本の従僕連中。
何としてもUSグランチ株)を支え、これまでどうりの枠組みを死守しないと待っているのはブタ箱行き。

そこで「次は百合子ね」。
ユダヤ人ジャパンハンドラーのお墨付き。
小池氏率いる日本ファシス党のご登場。

切り口を変えては元の鞘。
見せ方を変えては元の鞘。
まるで、カンナオトや野田豚総理のような面倒くさい連中が・・・。



橋下維新の前例で呆れ果てた日本人に向けて、まだやるの?

ところで、〇京ドルの負債を抱える、トランプ大統領率いるUSA株)を支えて居るのは誰か?
実際は世界経済を丸ごと刷新できるほどの力があるアジア勢力。
ディープステイト?
当ブログ管理者レベルではトンと見当もつかない。

そこで、この枠組みを上から俯瞰できるスケール感を持つ政治家の登場が待たれる。
と、言っても残念だが日本には1人しかいない。
小沢一郎氏である。

もちろん、彼はアッチ側の人間だったし、ジミン党の植民地代理支配の構造も熟知している。
GHQを始めに旧アメリカ株式会社の情勢も、東西冷戦時代、EUの事情も知っている。
解体は構造を熟知していないとお話にならない。

問題は、そこで、何をなし得るか?
で、ある。

日本独立。
つまり、USグランチ株)からの完全離脱。

完全離脱の意味する所は中央銀行の国営化。
そして、中央集権の解体である。

これさえ視野に入れば、細かい事はその後で宜しい。

と、言いたい所だが、その前にジミン党が邪魔。
安倍ぴょんは何としても支持率50%をねつ造し、議席の過半数を占める不正選管ムサシ・プログラムありきで選挙に臨みたい。

一方、野党勢力は少なくとも自民党支持率を30%台に食い止め、不正選挙の余地を無くしたい。
現在の勢いで、不正が無ければ勝つ見込み大。

しかし、裏切るために存在する民進党や日本ファシス党が野党勢力に加担するわけなので・・・。
目出たく政権与党になった途端、また裏切る可能性も大。
つまり、反対勢力に紛れて隠れジミン党復活のシナリオ・・・、民主党小鳩政権、悪夢の再来?
あ~あ、面倒くさい。

それにしても、まずはジミン党を倒さないことには始まらない。
そのための野合で結構。

なぜならば、その頃になれば、USA株)とUSグランチ株)の決着も見えて来る。
すでに、ハザールマフィアの重鎮は全員この世にいない。

日本の従僕たちは早い話、迷える子羊。
総選挙が10月か年末か知らないが、その頃には、USグランチ株)はフリーズしているのではないか?

そこで、重要なのがディープステイトとの関係である。
小沢氏が既にその構成メンバーの1人か、ないしはそれに準ずる立場である事は周知。
で、あれば、その辺のジミン党政治家とは全く立ち位置が違う。
日本会議とか、まして創価統一などと言った有象無象とは別格である。

USグランチ株)消滅はディープステイトの狙い。
で、あれば、USA株)は自動的に保護され、株式会社では無くなり本来のUSA(アメリカ人のための政府)に戻る。
あとは焦らずじっくりと一匹残らず残党を駆除するのみ。

世界中に点在する同じ構造の傀儡政府株式会社も解体。
日本に巣食う残党は一匹残らず駆除、である。

それまでは、一歩誤れば日本の行く末は絶望的?も、あり得る中で、しばらく綱渡り。
それでも、他に選択肢が無い以上、一点突破に賭けるしかない。

ツィッターである人が言っていた。
小沢一郎氏、森裕子氏、山本太郎氏の3人にまかせろ。
あとの政治家は余計な事はせずに黙っていろ・・・。w

もちろん、背後には主権者の目がある。
じっと推移を見守っている。
新しい政権とマトモな日本人は、今が、非常事態である点で一致。

つまり、次の内閣以降、つねに暫定政権である。
日本が世界標準の民主主義国家になるまで、政府はず~っと暫定でよい。

中央銀行国営化。
官僚機構解体。
役所はゼロから作り直す。
(常雇いは現在の1/10000くらいで充分でないのか?しかも、なり手が居ないほど薄給で宜しい)



これまでの仕組みは、USグランチ株)の日本代理支配、つまり、植民地だった。
仕切り直しをするのに、植民地の仕組みを踏襲する阿呆はいない。

しかし、このままUSグランチ株)の日本支部に甘んじたい日本人がいるのも事実。
(ざっと30%くらいが内心それを望んでいるかも知れない。しかし、それは絶対に不可能)

せっかく地球に生まれて、植民地で野たれ死にでは余りにも哀れ。
まして、次世代に合わせる顔があるまい。

この先、潮目が代わり、新しい役割を持った人間が登場して来るだろう。
仕組みの最適化は試行錯誤の連続、一朝一夕にはできない。

USグランチ株)の日本支部統治の残骸を1ミリも残さず、1匹たりとも残党を残さず、完璧に始末しないとあらゆる汚い手を使って邪魔をする。
一度堕ちた人間は、深層意識が壊れているので反省もできないし、新しい取り組みもできないのである。

ま、特別会計を白昼の元に晒せば、官僚の犯罪は確定。
調子に乗った関係者全員ブタ箱行きなので、話は簡単である・・・。w

・・・


・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


なにか、日本の明治あるいは天皇発生以来の天皇とそれにまつわる害虫が、いまあぶりだされようとしている。

そうなんとなく思う。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

日本語も使えないのに、英語英語いうな。

ハウスコム より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
TOEICのスコアと国際化は全く関係ない「母国語で学問が学べる日本人は本当に幸せである。」

日本では小学5年生から英語を正式教科とする取り組みが2018年度より部分的に実施される事が決定し、中には算数や理科まで英語で勉強する学校が出てくるなど、世界で高いポジションを得るために英語を話せる能力を開発する事が教育の最優先課題に掲げられています。

しかし、OECD(経済協力開発機構)が2015年に実施した国際学力調査において、日本人の子供たちに著しく目立ったのは国語の読解力の低下です。

実際に大学生の語彙力を調べた調査によると、5人に一人が中学生レベルの語彙力しか持ち合わせておらず、知的好奇心の表われである蔵書数が東大生の中で急激な勢いで減ってきているなど、子供たちは本や新聞どころか漫画さえ読まなくなっている今、英語の運用能力以前に母語の運用能力が明らかに不自由になってきていると考えられます。(1)(2)



↑日本人にとって深刻なのは、英語力より国語力の低下

数年前、「英語化の中、逆に重要なので日本語で失礼しますという言葉が流行ってきた」というつぶやきがツイッターに出て、これをつぶやいたのは英語を社内公用語とする楽天の社員なのではないかと噂が立ち、ちょっとした話題になりましたが、このことは面白いネタとして留まるだけの話ではありません。

小説家の村上春樹さんが外国に出て小説を書きたいと思いアメリカに行った際、どう転んでも英語で小説は書けず、思考システムはどうしても日本語になって、日本と自分を分離させるのは不可能だと言っており、日本語で生まれ育った人がハイレベルな思考や知的イノベーションを生み出すのは、母語である日本語でしか成し得ないのではないでしょうか。(3)



↑日本語で育った人が外国語で新しいアイデアを出すことは困難

公立のすべり止めだった灘高校を日本一の東大合格者数にしたと言われる伝説の教師橋本武さんは、国語の授業で二百ページあまりの一冊の文庫本を高校の三年間じっくり時間をかけて生徒たちに読ませたといいます。

橋本さんの授業は、国語とは日本語のため日本人であればうまく使えているはずで、そんなに勉強する必要はないという思い込みを取っ払う内容に溢れており、例えば、文中に凧揚げのシーンが出てくれば実際に生徒たちに骨組みや形から何もかも自由に凧を作らせたり、寿司屋が出てくれば魚のつく漢字をすべて集めさせ、干支が出てくれば昔の時間の捉え方を学ばせました。(4)



↑「日本人であれば誰だって日本語を使いこなせている」は大きな間違い

これらの授業を通し、橋本さんは国語とは古文や熟語をただ丸暗記するだけの科目ではなく、人生の幅を広げる探究心の宝庫だという事を生徒たちに伝えたのです。(5)

国語を学ぶということは、ただの言葉の意味がわかり、日常生活に間に合えばよいというものではありません。日本の歴史とともに日本語がありました。日本語のなかに日本人のすべてがあるのです。国語を尊重することは、歴史を尊重し自らの生活に誇りをもつことです。
TOEICのスコアが日本より120点高い韓国はノーベル賞受賞者が生まれにくく、日本のノーベル賞受賞者は2000年以降、17名。


言語学者で慶應義塾大学名誉教授の鈴木孝夫さんによると、そもそも非西欧世界において、国内で英語、フランス語、スペイン語、ロシア語といった西欧の大言語に頼ることなく、母語で日常生活から政治経済や自然科学の分野、そして幼稚園から大学院まで教育を受けることができるのは日本だけなのだそうです。(6)

それに比べて、例えばインドではイギリスの植民地であった歴史的背景により、英語で教育を受けて英語で西洋発の学問を学ぶことでしか、インド人がエリートの道を歩む術はありませんでした。(7)

この母語で高度な学問を学べる日本人は、精神科医の和田秀樹さんがどんなに外国語の才能に長けている日本人であっても、国語以外の言語を使うと思考力が半分ないし三割程度に低下すると示唆している通り、大変恵まれた環境に生きていると考えられます。(8)



↑「なかなか英語が話せるようにならない日本人」言い換えれば、日本語だけで生活できる幸せな国民

日本よりTOEICの平均スコアが120点ほど高い英語力を誇る韓国でノーベル賞受賞者がなかなか出ないのに比べて、日本で2000年以降に計17人(米国籍含む)ものアメリカに次ぐ水準で、ノーベル賞受賞者が生まれているのは、日本人科学者が英語に頼らず母国語の日本語で最先端の科学ができているからではないでしょうか。

江戸時代の蘭学医である杉田玄白はオランダ語の医学書を日本語に翻訳し、明治・大正期の作家森鴎外はイギリス文学シェイクスピアを日本語に翻訳するなど、日本は様々な外国語を日本語に置き換え、近代的な知の体系を作り上げました。

江戸時代で200年以上も続いた鎖国によって近代化の遅れた日本が明治以来わずか100年足らずで西欧諸国にあらゆる面で追いついたのは、日本語で西洋の技術や文化を理解したからです。(9)



↑英語に頼らず母語で最先端の科学を学べる国は世界にそれほど多くない

ノーベル物理学賞を受賞し、受賞講演会で「アイ キャン ノット スピーク イングリュシュ」と冒頭で述べて日本語で講演をした益川敏英さんは、あらゆることの基本は国語であり、物理で一番きちっとしなければならない数式ひとつとっても基本的に言葉で成り立っているもので、言葉がわからないと答えなんて導きだせないと述べています。(10)

そう、科学の基本は国語ですよ。何にしてもすべて文章の言葉から入ってくる。読んでその世界が頭に思い浮かべられるかどうか。その力があれば、理解していける。そのあとは、吸収した知識を頭の中で思い描いて発展させていけるかどうか。


↑数学だって、なぜその数式を立てたのかを日本語で説明する力が必要

もちろん英語は国際共通語であるため、学んだり話せるようになることは極めて重要です。

しかし、平成27年度英語力調査結果(高校三年生)の速報によると、日本の高校生の英語レベルはボロボロで、英検であれば高校卒業レベルとされる2級レベルの力を持つ高校生は全体の2パーセントしかおらず、英語教育の充実を目指せば目指すほど、子供たちの英語力が下がっているのはどうしてでしょうか。(11)

物理学者の木下是雄さんは学習院大学理学部の教授だった時に、「理科系の作文技術」という本を書き、この本を書いた理由は生徒たちが英語で論文を書いても仕上がりがめちゃくちゃで、それは英語を知らないから英語で書けないのではなく、日本語を知らないから英語も書けないのだと気づいたからなのだそうです。(12)



勝海舟に国語力がなかったら、坂本龍馬に殺されていただろう。


実際に、ワシントン大学学習脳科学研究所所長のパトリシア・クールさんが東京とシアトルの赤ちゃんにraとlaを聞き分けるテストをしたところ、生後6〜8ヶ月までの赤ちゃんでは違いは見られませんでしたが、ほんの数ヶ月後の10ヶ月頃になると違いが現れはじめたと言います。

それは、rとlの区別が重要なシアトルの赤ちゃんは聞き分けることができる一方、東京の赤ちゃんはrとlの区別が重要ではないため、聞き分けることが難しいというものです。

つまり、人間の脳は生まれてから最初の誕生日を迎える前には既に母語の言語に縛られ、外国語の音は聞き分けにくくなり、日本語が母語で日本語に囲まれて暮らしている人が英語を学ぶ際は、英語をいったん日本語に置き換えて解釈しなければならないのです。



↑人は赤ちゃんの頃から母語に縛られてゆく

これだけ日本が英語教育に熱心になっているのは、コミュニケーションとは自分の意見を誰にでもわかるように伝える能力だという価値観の前提があって、そうなると最も多くの人間が使う英語を使える方が有利という発想になっているからでしょう。

しかし、哲学者で神戸女学院大学文学部名誉教授の内田樹さんは、本来のコミュニケーションとは、言いたいことをすらすら明確に相手に伝えるというよりは、停滞したコミュニケーションを復活させ、そこに言葉が通じるようにする能力であり、これが国語教育の最終的な目標だと考えています。(13)



↑国語力がないと、いつもマニュアル通りの対応しかできなくなる

例えば、司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく(三)」の中で印象的なのは、坂本竜馬が全く政治的意見の違う勝海舟を斬りに海舟の自宅を訪れたにも関わらず、海舟がいともあっさり竜馬を自宅に上げてしまうシーンです。

海舟は世界に対する自分の考えを竜馬に説き聞かせ、その話を聞いた竜馬はすっかり海舟のことが好きになり、「勝先生、わしを弟子にして下さい」と平伏したという逸話が描かれています。(14)(15)

勝海舟は自分を殺そうと考えていた坂本竜馬との間にコミュニケーションを立ち上げる必要があったわけですから、もし海舟が定型的な言葉や普段どおりの言葉を繰り返し話していただけなら、彼の命はなかったにちがいありません。

世界の様々な言語、思想、信条の違う相手と、どうしてもコミュニケーションが取れなくなった時に、その局面を打開する新しい言葉やアイデアを生み出せるかどうかは、日本人であれば日本語においてしか成しえないのです。

国語力こそが創造力「日本語力を磨けば、英語力なんて後からいくらでもついてくる。」


国語力とは創造する力そのもので、今日に頻発しているセクハラやモラハラと言われる不祥事というものは、そもそも狭い語彙力の範囲内でしか思考したり感じたりすることのできない人同士の問題とも考えられるのではないでしょうか。

自分の言葉が相手にどう受け止められるのか、また自分に向けられた言葉には複数の解釈があるということを想像できない、まさに国語力の欠如のために起っている可能性だってあるのです。

国語の力がないと、例えば「Are you a boy or a girl ? という疑問文が実際に使われる状況を想像して、ふさわしい日本語に訳せ」という問題一つとっても、英文だけでなく日本語の出題内容が理解できないため、「あなたは少年ですか、それとも少女ですか?」という実際にあり得ない訳をしてしまうことになります。(16)



↑これからの英語教師は日本語教師としての役割も兼ねる必要があるかもしれない

この問題は東京大学名誉教授の行方昭夫さんが実際に生徒たちに出したものですが、1ヶ月でTOEICスコアを100点あげる方法とか、聞くだけで英語力がUPする方法といった、最小の学習時間で最大の効果を求める英語教育に慣れれば慣れるほど、定型文やマニュアルで攻略しようとし、こうなると答えや意味のわかるものだけしか受けつけないという感覚になってしまうでしょう。

漫画家のやくみつるさんは、世間で何か問題やニュースになっていることを漫画に描くとき、その問題をただ単純に、誰々がこうしました、ああしました、と描くだけでは面白くなくて、その問題とかけ離れている概念を一緒にくっつけて表現できた漫画こそに笑いが生まれると考えています。(17)

やくさんの様に、全く関係ない事柄の隙間に意味のつながりを見出す力は、言葉を使って文脈をつなぐ国語力がないと発揮できません。



↑わかるものだけしか受けつけなくなると、みんな同じ発想になり、世の中どんどん面白くなくなる

行方さんは「Are you a boy or a girl ? という疑問文が実際に使われる状況を想像して、ふさわしい日本語に訳せ」と問題を出した時、生徒たちに想像力を働かせて「非難を表す疑問文である」と判断して欲しかったそうです。(18)

しかし、文章の余白や行間を楽しむ創造性が失われ、わかるものだけしか受けつけなくなると、「Are you a boy or a girl ?」を機械的に訳することしかできず、非難を表明している実際の会話シーンを想像した訳なんて出てくるはずがないのです。



↑外国語を学ぶ土台は国語力があってこそ

今日、英語教育の重要性を声高に謳う学校はあっても、国語教育にいかに力を入れているかについて触れている学校はあまり見かけません。

日本は日本語を大切にしてきたからこそ、西欧に追いつけたのであり、その日本語が英語にとって変わられてしまうのは、自分たちの知的創造力や思考力のアドバンテージを自ら放棄してしまうのに等しいでしょう。

これから日本人が本気で国際人を目指すのであれば、英語よりもまずは母語の日本語力を磨くことが世界に通用する日本人になる近道なのです。
・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり



受験英語などしていると、99パーセントの日本人が英語などしゃべれないのは当然だ。

そもそも英語を話す為でなく、脳を壊し従順であるようにさせるための「調教」が、学校教育の英語なのですは。


南方熊楠は、英語も達人クラスだが、そもそも日本語が桁違いにすごいからできたこと。

漢語・梵語を流暢に操る弘法大師空海も、そもそも日本語ではもっとすごいからね。


で、そもそも母国語で学問できることが、その国の文化力・地力の証拠だが。
まあ、それを損なうために、英語教育を失敗させて、日本人の文化力を損なうのが、明治日本帝国と耶蘇金の陰謀であったのだ。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[3回]