忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

つながっているこころ2 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
海兵隊が沖縄に居る必要はまったくないことがよくわかる。



昨夜の放送をいま聞いています。
宮台さんはやっぱり面白いな。さすが。

宮台さんの話を聞くと
近代国家の領土概念のことがよくわかるので
是非聞いてください。

村本さんの顔が真剣。
(変換で二度「神権」)

■朝生ウーマン村本の炎上そもそも論は必要?宮台真司、上念司が激討論 2018/01/15
https://youtu.be/5WiMfj4owxY

宮台さんの朝生痛烈批判からはじまる討論。

宮台「僕が93年に朝生でデビューしたのはそもそも論だ。」

ソクラテスの「無知の知」を引用して
宮台「村本さんはソクラテスだ。村本さんのことを無知であると言ってる人間は自分が無知であることを恥じるべきだ。無知を知らないんだから。村本さんのことを無知だと言ってる人間はイコールクズ。」

宮台さんも琉球王朝は中国が作ったと言ってます。
宮台「元々、琉球王朝は中国の人が作った王朝なんだよね。琉球王朝がいかに酷い王朝だったかという観点もあるわけ。人頭税を最初にやったのが琉球早朝だからね」

宮台「そもそも論は御座敷(朝生)を壊すためにはもちろん重要だし、議論を深く実りあるものにするには重要」

宮台「大学教員で小学校4年生に教えることができる能力を持つ人間は日本にはまだほとんどいない。ものすごい言語能力が必要になる。しかもそれに子供たちが動機づけられてディスカッションするまでもっていくは大変なこと」

村本「ずっと疑問があるんですが、僕が漫才やったときに(国民の意識の低さで)沖縄のこととか熊本のこととか、こういうことが起きていますよということを言っているんですが、仮設住宅もまだあってそれをニュースがやらなくなった。そうなんだ、仮設住宅がまだあるんだとか、そのことを考えればいいのに、あれは漫才なのかそうじゃないのか、面白いか面白くないかというとこをみんな話したがる。今回の朝生も5時間の生放送を一素人が5分話したことを1週間も話してるんですよ。いまここで議論していることをこいつらがやればいいのに」

宮台「形式だけをぐちゃぐちゃ云うクズが多い。日本の視聴者特有だと思う」

宮台「米国としては海兵隊が沖縄に居る必要はないけれど日本政府の強い要望によって居る」

宮台「ヤマトに卑怯者が増えてきた。ベトナム戦争時代と違って米軍が戦争を始めれば、アメリカに兵站、基地を提供している日本の場所が攻撃されるのが現実的。しかしそれが沖縄なんだよ。自分たちのすぐそばに米軍基地があるという前提で日米安保を議論するべきなんだよ、そうするとアメリカは日本を守るかもしれないけれど、アメリカが勝手に戦争をはじめたら、日本がアメリカを攻撃するという名目、あるいは目的で攻撃される可能性が出てくるんだよ。卑怯だろ!右を名乗ってる奴らがさ!いや攻撃されるのは自分たちでなく沖縄だからって、狂ってるだろ!海兵隊は沖縄には要らないという国防総省のレポートが繰り返し繰り返しでている。日本政府が這いつくばって日本に居てくださいと言ってる。安全保障上の意味は本当はないかも知れないけれど、アメリカが日本のことを目にかけているという象徴的な意思表示になりますといってきた」

誰に対してのポーズかの質問に対して

宮台「はっきりといって国内。なぜかというと隣国は見抜いているからです。沖縄の海兵隊っていうのは戦車ゼロ、装甲車もごく数十台。他の海兵隊の師団では数百台あったりするわけ。お笑いだろ?強襲用上陸艇は全部で30隻持っているけれど、佐世保に4つあるだけ。しかも海兵隊は第一陣として乗り込んだというのはベトナム戦争以来皆無。大体、2、3ヶ月してから治安平定のために乗り込むわけよ。つまり海兵隊はどこにあってもいいんだよ。」

村本「沖縄じゃなくても?」

宮台「もちろん。それが海兵隊の役割なんです。人員輸送のための上陸艇と飛行機だけど、それもわずかしかない。・・・」

以上。

少し書き起こしましたがあとは直接聞いてください。

宮台さんの話を聞いても
海兵隊が沖縄に居る必要はないことがよくわりますね。
国内向けのポーズのための海兵隊。
そんなくだらないことのために沖縄がいつまでも犠牲になっている。

鳩山さんが強面の重武装理論家だとjは知らなかった。

2チャンネルの
ひろゆきさんという人の話をはじめて聞いたけれど
なかなか頭のいい人ですね。

ひろゆき ウーマン村本をべた褒めwww「勉強家で切り口が面白い」
https://youtu.be/E6agHHxyFkU



・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


極論すると、海兵隊は、日本国が沖縄を脅すためにアメリカに居てもらう。


>形式だけをぐちゃぐちゃ云うクズが多い。日本の視聴者特有だと思う


形式は、中身のために存在する。中身を検証しないで形式にしがみ付くのは、曹洞禅の誤用で、日本の悪弊。

再度いう。

日本駐留米軍は、日本人を脅迫するために、日本政府がアメリカに置かせている。これが現在の現実である。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
参考 

先年12月に 神戸の氷室神社にお参りにいったが、

弁天さんの本地仏は、聖観音菩薩さんのようだ。

へ~


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

闇の正体は 偽ユダヤ (グローバリズム)  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
天皇美化キャンペーン  沖縄訪問 



☆ アリの一言さんの記事です。





「天皇アキヒトの沖縄訪問」の底流にあるもの





天皇・皇后が3月に沖縄を訪れます。



琉球新報は、「沖縄に心を寄せ続けてきた両陛下が強く再訪を希望した」(13日付)と報じました。



「本土」だけでなく沖縄でも、天皇明仁・皇后美智子を美化する論調が一般的です。



しかし、天皇の過去10回(皇太子時代5回)におよぶ沖縄訪問は、はたして「沖縄に心を寄せ続けてきた」ものでしょうか。







最も注目すべきは(したがって最も政治的な意味を持つのは)、皇太子時代の第1回訪問(1975年7月17~19日)です。

この時、皇太子明仁はなぜ、なんのために沖縄に行ったのでしょうか。





敗戦後、天皇裕仁(昭和天皇)は天皇制維持のため全国を行脚(行幸)しました。しかし、唯一行っていない、いや、行かれなかった県がありました。沖縄です。





政府・宮内庁は裕仁天皇の訪沖のきっかけづくりとして、全国植樹祭(1972年)、国民体育大会(1973年)の沖縄開催を相次いで決定しました。いずれも天皇が出席するのが恒例とされていたからです。



しかし、裕仁天皇はどちらにも行くことができませんでした。沖縄県民が出席を拒んだからです。



「沖縄県からの出席要請はなかった。『何もまだ言ってこないのか』。昭和天皇は宮内庁長官宇佐美毅に何度も尋ねたという。



両行事の開催は天皇の沖縄訪問を円滑にするための意味もあったが、県民は拒否反応を示したのである」(高橋紘・元共同通信記者『平成の天皇と皇室』文春新書)





当時、裕仁天皇の訪沖に反対した「沖縄の労働組合代表」はこう述べていました。





「先の大戦で、沖縄住民は天皇の名のもとに多大の犠牲をしいられ、その戦争責任があいまいなまま天皇のご来訪(ママ)を受け入れるには、あまりに住民感情が複雑であるということと、



天皇を政治的に利用して沖縄住民の望まぬ復帰形態(核基地付き・自衛隊配備―引用者)があたかも住民祝賀のうちに迎えられたような擬装がなされることを警戒しなければならない」(72年1月26日付朝日新聞。藤原彰氏ら『天皇の昭和史』新日本新書より)







皇太子・明仁の訪沖は、こうして沖縄県民に拒否された父・天皇裕仁の名代に他なりませんでした。


皇太子なら沖縄の抵抗は少ないだろうというのが政府・宮内庁の狙いでした。



しかし、沖縄県民に歓迎されなかったのは、皇太子・明仁も同じでした。







「糸満市に差し掛かると、(皇太子)夫妻の車目がけて病院の屋上から、木材やクレゾール液の入った牛乳瓶が、投げられた」(前掲、高橋氏)





そして、ひめゆりの塔(糸満市)に着いた時、火炎瓶を投げつけられる事件が起こったのです。





この事件は天皇・天皇制に対する沖縄の怒りを改めて示しましたが、同時に奇しくも、皇太子明仁の訪沖の狙いを浮き彫りにすることにもなりました。





当日、明仁皇太子は事件に対する「談話」を発表しました。きわめて異例です。「談話」はこう述べています。





「過去に多くの苦難を経験しながらも、常に平和を願望し続けてきた沖縄が、さきの大戦で、わが国では唯一の、住民を巻き込む戦場と化し、幾多の悲惨な犠牲を払い今日にいたったことは忘れることのできない大きな不幸であり…



悲しみと痛恨の思いにひたされます。私たちは沖縄の苦難の歴史を思い…ともども力を合わせて努力していきたいと思います。(以下略)」(1975年7月18日付朝日新聞より)





のちに明仁皇太子は、記者会見でこうも述べています。





「本土と沖縄は、戦争に対する受けとめ方が違う。



やはり、太平洋戦争の激戦地であり、民間人を含めて多数の犠牲者が出ました。



…火炎びん事件や熱烈に歓迎してくれる人達…それをあるがままのものとして受けとめるべきだと思う」(75年8月26日の記者会見。斉藤利彦氏『明仁天皇と平和主義』朝日新書より)





「談話」と「会見」には共通の特徴があります。



それは、沖縄戦をはじめとする沖縄の「多くの苦難」「悲惨な犠牲」をまるでひとごとのようにとらえ、「私たち」として国民を同じレベルに引き込んでいることです。「一億総ざんげ」のように。





そこでは、戦前戦中、皇民化政策を推進し、沖縄戦で「捨て石」にした天皇制帝国日本、敗戦後も「天皇メッセージ」(1947年9月20日)で沖縄をアメリカに売り渡した天皇裕仁の責任は完全に封印されています。







そのため「談話」や「会見」には、「痛恨の思い」はあっても、沖縄住民に対する一片の「謝罪」の言葉もありません。



これはこの時だけでなく、過去10回の訪沖、さらにはほかの会見などで明仁天皇が「沖縄」に言及する場合の例外のない特徴です。



「押し付けられた天皇制。その天皇の名の下で戦った沖縄戦。



天皇の軍隊はスパイ容疑などで住民を虐殺し、敗色が濃くなると、県民に自決を迫った。



敗戦、そして二十年に及ぶ異民族による支配。



沖縄県民の感情からすれば、明らかに天皇は加害者であった」(前掲、高橋氏)。



そして「その沖縄と皇室との和解に努めたのが、平成の天皇である」(同)。





1975年以来の明仁皇太子・天皇の「沖縄訪問」は、その「和解」のためだったと言えるでしょう。





しかし、「和解」とは、被害者の側から言うべきものであり、加害者の側が押し付けるものでないことは言うまでもありません。





そもそも、加害責任を認めない、したがって謝罪も賠償もない「和解」などあり得ません。





それは戦時性奴隷(「慰安婦」)についての「日韓合意」(2015年12月)と同じです。





そのあり得ないことを押し通し、沖縄に対する天皇・天皇制の加害責任、ひいては朝鮮、台湾はじめ東アジアへの侵略・植民地支配の加害責任をうやむやにしようとする意図が、天皇・皇后の相次ぐ沖縄訪問の底流に流れていることを見過ごすことはできません。





http://blog.goo.ne.jp/satoru-kihara/e/1ac9c495e338d2fa57b0656979f9a5af







☆ 私は数年前 地方に移住しました。 ペットOKマンション (実際は アパートですが)にたどり着きました。



偶然のように そこの住民の一人と話しをして 一気に、偽天皇のこと、原爆が日本がなした地上起爆であることで話こんだのですが、当たり前のように 分かっている人がいて びっくりしました。





彼女は 東京から 311のあった後に やはり 地方にやってきた。



もう これは おかしいと思ったそうです。



また 東京では 太郎さんと一緒に ある活動をしていたそうですが、一番の困難は 「火病」の妨害だそうです。





また 今日 彼女と話しをして 結論として どうしても 移住ということになります。



2年ほど前から 海外移住は増えているらしいです。



私も 一応 天皇の犯罪にきりきりするのを ひとまず置いて 自分の方向を探すほうがいいよといわれました。





ここまで 心と魂の堕ちた国は出ようと 心は決まったのですが、まず お金が必要、そして なんらかの 収入源が必要です。





なので できる というあては全くないのですが 心は そのように進んでいます。

・・・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

>押し付けられた天皇制。その天皇の名の下で戦った沖縄戦。


そもそも、明治維新から、将軍とくらべても中身のない「てんのう」とかいう司祭が神様化したカルト宗教を日本本土の人たちも押し付けられた。

>そもそも、加害責任を認めない、したがって謝罪も賠償もない「和解」などあり得ません。

そもそも天皇に現状の公式情報では加害の全責任があるのではない。でも確実に一端はある。
のに「謝罪」も賠償もない。
って、ちょうど従軍慰安婦でごね続けるウヨとおなじだ・・・同じ奴が「飼い主」だろう。



>また 東京では 太郎さんと一緒に ある活動をしていたそうですが、一番の困難は 「火病」の妨害だそうです。

韓国系の人とツイッターで少しうかかがったが、どうも日本の「ネトウヨ病」は火病の比ではない凶悪さと最近は痛感する。

火病はまわりの人間も認識でき、当人もわかる場合もあるようで。でもネトウヨ病にはそれがない。
正気を失いキチガイそのものになっても、当人はおろか、周囲もだいたい気が付かないで、自他を社会を破滅に追いやる。こりゃ~ネトウヨ病恐るべし・・・
その病原の一つが「天皇」だから、たぶんだけど天皇家は「天皇制」を降りたがっているが・・積悪のツケで、このまま破滅へ行くかな・・・カルト信者は本当に狂って心中へレッツラゴーだから。


>ここまで 心と魂の堕ちた国は出ようと 心は決まったのですが、まず お金が必要、そして なんらかの 収入源が必要です。

>なので できる というあては全くないのですが 心は そのように進んでいます。


同感・・・・・ネトウヨ病患者が死に絶える・激減するまでに逃げていたい・・・まあ今は無理だが・・



バカ国民帝国日本の滅亡◇FooL JAPAN!◇日本人人間化計画 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
自由の達人

中国の古典哲学の最高峰、荘子…



魯迅を驚嘆させ、幸徳秋水も彼の虜になった…





「老荘思想」として、広く知られ、受け継がれてはいるものの、どうも孔子の方が有名である。



しかし、ほぼソクラテスと同時代に生を受け、伝播してきた仏教を理解し、『万物斉同論』などの独自の論述を展開し、”禅”の源にもなった彼の思想を日本人が「知らない」というのでは、なさけなかろう。



「柔道」「剣道」…「相撲道」…その「道」の思想のそもそもは何か…



老荘思想を会得して初めて、その極意を得るのである。





荘子は、極貧の生活の中にあって、どこぞの大学で研究生活をしている者たちを軽く凌駕し、

また、実生活に追われながら天空の高みに至った超人的な思想家であった。





こんな寓話が語り継がれている…



あるとき荘子が釣りをしていると、その役人がやってきて、「宰相になってくれ」とスカウトした。



荘子は振り向きもせず、「あなたの国には、死後三千年を経た霊験あらたかな亀の甲羅があるそうですね?王は絹でそれを包み、箱に納めて大切に保管されていなさるとか…



…で、その亀ですが、死んでから甲羅を拝んでもらういまの境遇と、泥水のなかで尾を引きづりながらでも生きていたころと、どっちがよかったんでしょうねぇ?」



ここで、スカウトの役人は思わず、「そりゃ、生きていたころでしょうね」と答えた。



「そうでしょ?」と荘子。「では、もうお引き取りください。私も泥水の中で尾を引きづっていたいのですよ」





この話は「秋水編」のなかに収められているが、幸徳秋水の「秋水」も、ここから取ったそうである。



但し、この話は作り話ではないかと思われる。



太公望が釣りをしているときに、王様自らがスカウトにきた話に「あてつけ」ているのである。



とはいえ、「史記」には、やはりその「役人が「宰相になってくれ」と千金を携えてきた話があって、まったくデタラメというわけでもなさそうなのだ。



そちらの話の中では、荘子はもっと丁寧に応対し、「いや、千金とは大したもの、宰相とは最高の待遇ですね…しかし、お祭りで生贄になる牛をごらんください。長年、美食で養われ、錦繍で飾られますが、いずれ祭壇に曳かれていくのです。そのときになって、”ああ、ノブタの方がよかった”と思っても手遅れではありませんか?



貧乏で苦しんでいるようにみえるかもしれませんが、私は楽しんで暮らしているのです。邪魔をしないでいただきたい。自由を縛られるくらいなら、どぶのなかで遊んでいたいのです。



役人勤めはまっぴら!気の向くままに暮らしたいのですよ。」…と、結局は断るのである。





彼の友人に恵施というのがいて、魏の国の宰相になったときのこと、荘子が様子を見に魏の国を訪れたところ、このことをさっそく恵施の耳に入れる者がいた。「あなたを追い落とすつもりでは?」



恵施は役人に手配して四方八方探させたが、みつからない。が、荘子はひょっこりと現れて、「おやおや、自分のエサを横取りされるとでも思ったのかね?」と、からかわれた…という話もある。



これも作り話っぽいが、韓非子は学友だった李斯に、そういう疑いをかけられて死ぬことになったし、

孫臏(そんぴん)は、やはり同学の龐涓(ほうけん)に陥れられて、両足を失った。



当時、そんな物騒な話があちこちで語られていたのではなかろうか?



今の日本でも、あべの不都合なことを暴こうとすると、次々に「自殺」「事故死」「獄死」「病死」しているではないか?



聞けば、岸信介は戦時中731部隊を率いて中国人で人体実験をさせていた人だから、人が死ぬこと、人を殺すことに、何の罪悪感をも持たぬ人間だった可能性がある。



立身出世はいいが、そのことで修羅として生きねばならないとすれば、何の栄誉であろうか?





イチローが国民栄誉賞をやんわりと辞退するのも、実に賢明なことだったといえよう。



そういえば、源義経も官位をもらったことで兄に討たれることになったのであった。





出世をして早死にするくらいなら、毎日を緊張と脅えのなかで過ごすくらいなら、なるほど荘子のように貧乏でも気ままに生きた方が幸せであろう。



最近では、「モノを買うより時間を買え」という話もある。



自分の好きにできる時間の多いことこそが「しあわせ」だと言うこともできる。





前回の記事で述べたように、たとえ奴隷の身分でも幸せになる道はある。



人生を楽しむ道はある。





だったら、なぜに「効率」がどうのと競争ばかりさせられて、「ゆとり」ができたと思えば、人が減るか賃金が減るしかないというのに、シャカリキになる必要があろうか?



それで健康を害しても、低賃金で妻子に逃げられても、だれも救っちゃくれないのだよ。





こんな世の中だからこそ、どういう生き方をするか、よくよく考えねばならない。


・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり



同感・・・・・


地火明夷の世の中・・ですは・・日本は・・・

愛国・防衛言いながら、亡国・破滅へ突き進み国家をみて、誰が変に希望を持つのか・・滅亡こそが希望でしかない・・・

日本阿呆国が滅亡したら、剥げ~ハゲ~と虚蒙の権威・偽物の天皇なり為政者・セレブが剥げていけば、
地蔵さんのあまたのように、光り輝き幸いと尊敬を得られるのです・・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

徽宗皇帝のブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・
戦場に出ない奴ほど好戦的になる

しばらく帰沖して、だいぶ前に帰っていたのだが、帰ると同時にインフルらしきものにかかって、ずっと部屋で静養している。
という事情ですので、ネットもあまり見ておらず、世間の事件も知りません。そのうち、ブログは再開する予定。

下の田中角栄の言葉は、非常に重いと思う。・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

三国志の猛将の趙雲


「一度戦端を開くと、容易にそれを収めることはできない」

と呉との戦争を止める諫言をしている。

趙雲って、今の日本の誰よりも戦争を経験して、負け戦も勝利も死ぬほど味わった人。

また老子でも「勇敢な人は、戦いに逸らない」とかいう説もいう。


で、今の安倍政権と日本国って。阿呆ですは・・・


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して))) より

上記文抜粋
・・・・・・・・
時代はエネルギー開放へ向かって刻々と動いている  

石油や石炭と言う地下資源に依存したエネルギーが生み出したものは

貧富の差でした。

いまこれらの局所性の強いエネルギー源が偏在性のものに変わりつつある

エネルギー源がそこいら中にあると言う風になるとどうなるか

戦争をする理由の80%がなくなる

独占を使った価格差設定が世界システムの本質だから

金本位制というのも同じである。金の所有さで権力差を作るシステムである

仮想通貨というものはこの所有差を崩してしまえということである

仮想通貨は、金鉱や埋蔵金の支配力=武力ではなく

脳の力差で価格差を作ろうということでもある

まあ、既存王族、貴族、エスタブリッシュに対する反抗という側面がある

脳を使って、違った空間に脱出してしまうのだ。

ただし、この仮想通貨技術も、実はインターネットと同じでアメリカの軍部が作ったものだそうだ

よく知られるように携帯電話はNASAのボイジャーとの通信技術そのまんまである

技術がこういう生まれ方をすると、仮想通貨も、王族、貴族の支配下にあるということになる

延々と循環構造になっているわけだ

仮想通貨が新しいエネルギー担体になりうるか?

広がる理由はエネルギー開放に対応した通貨体制ということではあるのだろう

インターネットが、ジャンボジェットによる世界旅行と対応しているように

普遍的にエネルギーが出てくる場合、通貨構成単位は小さくても可能であう。要するに個人発行の通貨になりうるわけ。

これが認可されると。カネの流れ、つまり、世界の構造が変わる

穀類の生産が最上位であった時代は土地の取り合いだった。

石油が最上位であった時代は油井の取合いだ

エネルギーは天然ガスに移りつつあって、石油よりは存在場所に普遍性がある。

メタンハイドレートは深海底ならどこでもあるようだ。

さらに

太陽電池というものの出現がエネルギー源の多様化に対応している

太陽電池では大きなものほど効率が良いということはないので基本分散型。
しかしこれでは、運搬などの集中的なエネルギー仕様は無理。

常温核融合か何かでないと。


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


新MUのブログ 政府を信じて悲惨な運命をたどった国民は数知れず より

上記文抜粋
・・・・・・

≪進行する国民預金召し上げ政策≫

財務省は、預金封鎖の準備を1997年の「研究検討」から着々と法整備を進めてきた。それを暴露したのが2002年12月発売の「文藝春秋」だった。

その象徴が今に続く財務省版「国の借金」「国民1人当たりの借金」の併記である。‟一億国民が等しく負う国の借金返済責任”がその目的だ。これは霞が関と自民党の「借金を返さない恥=日本人の恥」に主眼を置いた知能犯的犯罪で‟恥”に敏感な日本人を洗脳する。



そもそも預金封鎖は、究極の一手である。銀行預金などの金融資産の引き出しを制限・禁止することで、社会体制を守る目的で決行される。



しかし、それが見せかけのハリボテなら話は別だ。爪の先に火を灯して貯めた日本人の預金の総額を、国家体制維持の目的で日本政府が頂戴するのは、国体維持が目的の国家総動員令と同じである。

ザックリいえば、自民党が「財産召し上げ」を決行するのだ。そんな資格を自民党に与えた覚えなどほとんどの選挙民はないはずだが、法的にはそれが可能なのだ。



自民党に圧倒的な議席数を与えた行為が、自民党の‟免罪符”になる。国家が経済金融不安に陥った場合、預金者が銀行から預金を引き出そうとし、‟取り付け騒ぎ”になる場合がある。



※取り付け騒ぎについては過去に何度か言及しましたので参考に

(過去記事) 日銀と「ダブル たちばな」(2016/10/29)

仮死状態の国債市場、売買1日半成立せず(2017/5/3)

私たちは「神通川(陣痛川)」を上り始めている(2017/8/20)

来年度からメガバンクで”リストラ”か?(2017/10/30)

そんな時、国は一時的に引き出し禁止、あるいは制限することができる。自民党はそのシステムを悪用する。



その時、自民党が推し進めた「マイナンバー制」が切り札になるだろう。無差別に預金封鎖を決行すれば、外国人が巻き込まれて国際問題に発展する。そこで日本人だけに網を打つ必要があり、そのためにマイナンバーが使われる。マイナンバーは銀行と直結するため、外国人は難を逃れられるからである。左矢印ここ大事。だから国会議員&ある特殊な人たちは余裕なんですね!ムキー



自民党がマイナンバーを急いだ理由は、国民の預金をすべて頂戴するためだと言うと、‟軽薄な陰謀論”と笑う人も出てくるが、甘いというしかない。過去、日本政府を信じて悲惨な運命をたどった国民は数知れないからだ。

痩せた土地に農民を大量に送り込んだ「満州入植」然り、肥えた土地を無償で貰えると騙した「ブラジル移民」然り、チッソが流した「有機水銀原因説」を国が仮病と否定した「水俣病」然り、飼料メーカー保護で対応が遅れた「狂牛病」然り、有害アスベストの在庫が無くなるまで使い続けた「アスベスト問題」然り、ミドリ十字の非加熱製剤保護で拡大した「エイズ問題」然り、全て国を信じた結果生じた国民の悲劇である。



最大の悲劇は「神国日本不敗論」で、国に騙され、踊らされた日本人に残されたのは焦土だけだった。(転載終了)



「知られざる『1%寡頭権力の王国』リッチスタン:飛鳥昭雄著」より転載しました。(※D・ロックフェラー氏死去前に書かれています)

・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

国家を信じるな・とはいわないが、無邪気に無批判に信じるのは馬鹿である。

いやまず「国家は詐欺もする」って認識しないと、ダメですは・・天皇も嘘をつく。ましてやそれの部下など・・・



ネットゲリラ より

上記文抜粋
・・・・・・・・
エネルギー革命のかほり
野次馬 (2018年1月15日 16:02) | コメント(10)
太陽の光を当てるだけで水を分解して、水素と酸素というんだが、今までの酸化チタンよりずっと効率が良くて、実用化までもう一歩、というんだが、「太陽光発電の方が効率いいんじゃね?」と言われりゃその通りなんだが、電気は運搬するのが大変だ。まだ水素の方がマシ。水素も気体のままでは運びにくいので、そこは工夫が必要だが。

太陽の光をあてるだけで、水を完全に分解して水素を作り出すことができる特殊な触媒を開発したと大阪大学のグループが発表しました。
新たなエネルギー源として活用が期待されている水素の可能性を広げる技術として注目されています。
光触媒を使って水を分解する技術はこれまでもありましたが、非常に効率が悪く実用化は難しいとされていましたが、今回の光触媒は光を当てるだけで水を完全に分解できるということです。
グループではさらに研究が進めば燃料電池など新たなエネルギー源として期待される水素を効率よく製造する技術につながるとしています。

そこで、有機ケミカルハイドライド法だ。

トルエンに水素を反応させてメチルシクロヘキサン(MCH)に転換し、このMCHの状態で水素を貯蔵・輸送します。
トルエン、MCHともに常温・常圧で液体状態です。
このMCHを用いるOCH法によれば、水素ガスを約1/500の容積の常温・常圧の液体として貯めて、運ぶことが可能です。
水素の輸送先、すなわち水素利用地で、触媒を用いる脱水素反応によりMCHから水素を分離して、需要家に供給します。
脱水素反応で得られるトルエンは再びMCH生成の原料として利用します。

ガソリンや石油と同じように扱えるので、ハンドリングが容易。どこか海のまん中に巨大な水素製造プラント作り、タンカーで消費地まで運ぶ。日本は圧倒的に広大な排他的経済水域を持っているので、沖ノ鳥島とか、南鳥島あたりに作れば良い。


・・・・・中略・・・・・


【日本】太陽の光をあてるだけで水を完全に分解して水素を作り出すことに成功 、
というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。

-----------------------
これすごくね?
水素は燃えたら水に戻るだけだし
-----------------------
メジャー、いままで儲けたんだからもういいだろ
日本政府と日本の石油会社は投資して取り込んで囲い込め
日本の反撃タイム
-----------------------
これまた中東が潤いそうな技術
-----------------------
その粉の製造コスト次第だな
-----------------------
↑触媒だから消費されるわけじゃないぞ
藻とか対処しなきゃならんが
-----------------------
石油メジャー「はい!君消えた」
-----------------------
大阪大学産業科学研究所 第3研究部門 (生体・分子科学系)
励起分子化学分野 真嶋研究室
http://www.sanken.osaka-u.ac.jp/labs/mec/member-1.html
-----------------------
もんじゅみたいな金喰い虫よりこっちに資金投入してくれよ。。
-----------------------
水素自動車で日本勝ち確やん
資源問題の完全解決きたあああああああああああ
-----------------------
マツダが水素ロータリー復活のための準備運動を始めるね
-----------------------
琵琶湖全部使っても車一台走らないんだろ、どうせ
-----------------------
震災の時に持て囃されてた石油を作る藻オーランチオキトリウムも消息なしだしなw
-----------------------
ぼくは太陽光を浴びると光合成で太るよ!!
-----------------------
コレ使った水素エンジンの潜水艦作れ
-----------------------
↑光源がない
飛行船に積むべき
-----------------------
安倍「やれ」
光「はい」
-----------------------
黒リンって簡単に採れるもんなの?
-----------------------
↑黄リンから作れるみたいだな
12000気圧で加圧しながら200℃に加熱する必要があるが
-----------------------
中国に売ればすぐ実用化されるだろうよ。日本は利権で潰すだろうし
とりあえず日本で実用化できなければ中国やインド辺りに売ってしまえばええ
-----------------------
こういうの続報全然無い
ガソリン作る藻とかどうなったんだよ
-----------------------
↑いろいろ実証実験やってるぞ
タイでジェット燃料の実証実験までやってる
-----------------------
水素兵器量産の暁には大日本帝国復活だ!
-----------------------
出来たとしてもその生産スピードは?
うんこひねりだすくらいの速度じゃ糞詰まりだぞ
-----------------------
良かったなTOYOTA
-----------------------
トヨタのミライは水補給で走るってことか?
-----------------------
産総研でやってて効率最初は4%だったが、
だんだん向上してきたやつよりも性能良いのかね?
-----------------------
前から可能やったやろ、問題は効率やで
-----------------------
エネルギー革命のかほり
-----------------------
太陽光発電で作った電気で水素を作るのと、
この仕組みで水素を作るのとではどちらが効率いいのか?
-----------------------
水と太陽があればずっと走れる車が出来ると言うことだな
-----------------------
↑ソーラーセルだと水も要らないだろ
-----------------------
↑ソーラーセルで走り続けられるのはソーラーセルレース用の1人乗りの特殊な軽車両くらいしかない。
市販品だとプリウスPHVだけどソーラーセルだけで永久に走れるほどの能力はない。
ソーラーセルはまだ効率が悪すぎるんだよ。
-----------------------
もうさ、北関東の僻地とかに「マッドサイエンス特区」ってのを整備して
ココでだったら、政治に影響されずに何をやってもいいってことにしちゃえよ
-----------------------
酸素もたくさんできるから、緑化は中止でいい?
森林伐採しまくって、そこら中に箱物つくろーぜw
-----------------------
効率が悪かったのが問題と書いてあるくせにどの程度効率が上がったのか書かないアホ記者
-----------------------
酸化チタンも光触媒で水分解しなかった?
-----------------------
光合成は水H2Oも必要だけどCO2をCとOに分解してCHとかで
植物の構造作ってなかったっけ。そして余分な酸素Oを排出。忘れたな。
黒リンとH2Oが反応し五酸化二リン 4P + 5O2 ->P4O10
余ったHが飛び出す? 触媒なら減らない?
黒リンって作るコストって安いのかな。
黒リン村とクルミの木
-----------------------
一番の壁は工業的にお安く大量産出来るのかどうか
-----------------------
ソーラーパネルで水を電気分解するより効率が悪かったらどうするんだ?
-----------------------
科学の進歩が凄いな
100年後の子孫たちが羨ましい
-----------------------
メタンハイドレートの立場が、どんどん悪くなってくるなw
-----------------------
何がどう凄いんだ?
わかりやすく説明しろアホども
ぶちまわすぞ
-----------------------
↑光触媒ってのは光を当てるだけで水を水素と酸素に分解してくれる物質(電気分解ではない直接分解だね)。
ところがこれまでの製品は紫外線にしか反応しないため、太陽光を当ててもその中の紫外線成分だけにしか反応せず、実用化には程遠かった。
>>1は紫外線だけじゃなく、可視光から赤外線まで利用できると言う。
これが本当なら、お天道さんを当てるだけで高効率に水素を発生させるプラントができることになる。
-----------------------
人類は近い将来水不足になる
-----------------------
生成した水素と酸素を大気中にぶちまけて火つけようぜ!
-----------------------
で、効率は何%なんだ?
太陽光発電+電気分解より低いと意味ないからねぇ
-----------------------
↑現段階で7%、改善の余地多々ありとなってるな。
ソーラー&電気分解が12%なのでもう少しだね。
-----------------------

こういうのは、それ自体が実用化されなくても、選択肢として色々あるに越した事はない。何故なら、石油価格の高騰をコレで抑えられるからだ、石油の値段は、こうした隠れたライバルのコストによって決まる。石油そのものの値段なんて、タダみたいなもんだからw

・・・・・・中略・・・・

gonbei | 2018年1月16日 07:20 | 返信
水素生成量が1桁増加する光触媒の開発に成功
http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2017/20170410_1

これ読むと、以前話題になった全固体電池の場合と良く似てて、材料中にナノ結晶の特殊な配列構造を作り、その構造の性質を利用して材料中で有効に働ける電子の数を増やす、ということのようですね。

文部省は糞学園に金ばらまくの止めて、こういう研究分野に注ぎ込んでもらいたいもんだ。
若くて頭のいい人にはぜひ材料工学をやってもらいたいですね、日本再生に役立つような技術がきっとあります・・・なんか匂いがする


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・


・・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


隠された・押し殺された技術が復活する。

金蘭の才能は、国が殺してきた。国を殺せば復活する。阿呆なほど出てくる。

アニメ・漫画・ゲームを見たら、一目瞭然・・・。


天皇を抱える阿呆カルト国家を殺せば、日本の復興・超大国化は秒読みですは・・・。



国家・権威・天皇というカツラを剥がせば、それは大地の神でもある地蔵菩薩の頭であった・・。

このハゲ~剥げ~で、正気に戻る・・・。

金蘭の才能は、禿げ頭にあった・・。



{姫路 八家地蔵}


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

前のページ 次のページ

12 2018/01 02
S M T W T F S
24 25 26 27
28 29 30 31
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
P R

忍者ブログ [PR]
template by repe