忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

やっぱおかしすぎる。

「こころの薬箱」(品川駅港南口)to こころの平和  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・

現代社会で知的労働者に要求されるタスクの複雑化/複線化の問題。
世間的に名高い大学を優秀な成績を修めて就職した人であるにもかかわらず、
マルチタスクの事務系の業務に就き、不適応を起こしてうつ状態となるケースが多い。
以前の職場環境と比べてみると、
明らかに会社側の要求水準が格段に高くなっている。
知能検査をみてみると、ある一定の線以下の人で不適応を起こしているように思う。
学校時代は不適応を起こさなかった程度の水準である。
業務が複雑かつ短時間に複数並列して実施することを要するようになり、
やや能力の低い人では対応しきれなくなったのではないか。
しかも、近い将来には、人工知能にとってかわられる。
ホワイトカラーの仕事の要求水準を低くして給与を低くするか
ホワイトカラーの人たちの多くを別の職種に振り替えるか
現状ではコンビニはじめ、介護などでも人手不足が顕著である
そちらの方面に振り分けるのが妥当ではないだろうか
昔なら高卒の仕事を現在は大学院卒の人間がしている場合もある
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

同感。

あとネットゲリラさんの意見だが、
「チームワークが良い」ようにすると、些細な差が障害に感じたり嫌がったりして、いじめが増える。
結構個々人バラバラなタイでは、学校でもむしろいじめが起きない。LGBTも問題にもならない。

「チームワークが良い」ってのは、孫子のいう「非常の法」てのに近いのかもしれない。
長らくいると、些細な違いでもめ事が起きるから「巧みに長いのなんぞ聞いた事ねーぞ」だ。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR

安倍晋三は運命の子。天皇閨閥を自分を含め全員断頭台に送り込む。

「こころの薬箱」(品川駅港南口)to こころの平和  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
自民党総裁選挙
"

今日は急に大雨になったりした


テレビでは自民党総裁選挙の討論会(というかインタビュー、または

司会を無視した勝手な話、1分程度でというのに安倍氏は長々と焦点をずらし、

石破氏は短時間の話でも我慢。頭の悪い子供大人と印象の悪いオタクの組み合わせで

暗い思いになる。)


それにしても安倍対石破とは

ロッテ対中日の日本シリーズみたいで

トランプ対リクントンみたいで

なんと言うんですかねえ

よりによってこの人達ではなんとも

どっちがなっても最低だろう

とはいっても、何年も前からそうですが


1.改憲は自民党結党以来の目標だというのだが、その改憲案というものが中学生の作文程度という不思議さ。これは極めて一部の強権で提出されたものだろう。


2.官庁の人事について、官邸支配が強すぎるのではないか、だから忖度が生まれるのではないかと質問。それについて安倍氏は「そんなことはない。昔は縦割りが強すぎて、弊害があった。いまは下から上がってきたものに承認を与えているだけのことが多い。官邸が支配しているのではない。」しかし、財務省の人事、国税局局長人事など、国民は首を傾げていますと聞くと、「適材適所です」と語る。

一方では、「制作決定のスピードを早くするために官邸主導でやっています」と語るので、

矛盾がある。


吉田裕や豊下楢彦の著作で有名であるが、敗戦処理のとき、天皇は、
1.開戦のときは下からの意見に受動的に許可を与えただけ、

2.敗戦受諾のときは自分で決断したということ、

この矛盾をうまく説明できないと戦争責任を問われるので必死だったが

結局うまく説明はできずピンチだったが

しかし米国はソ連との冷戦にどのように対処するかが課題となり、朝鮮半島の情勢も問題だった、

さらに天皇とその周辺のさまざまな対処が功を奏して

天皇の戦争責任は不問、東条以下軍部が悪いと軍事裁判で決定。


誰が決めた、責任があるなし、そのあたりの説明は現在の自民党と敗戦時の天皇周辺の動きは

同型性があると感じた。

天皇周辺の工作にマッカーサー以下、多くの人が懐柔され、米国本国と対立するようになる。

このあたりもバカバカしいようで面白い。

すると新憲法、天皇制維持、人間天皇宣言、沖縄、日米安保、今日に至る視野が開けてくる。


そういえば、ダビンチ・コードで扱われていたイエスの子供が現代にも脈々と続いているという話、

日本の万世一系を模していて、しかも、三種の神器に相当するようなものも登場していた。


3.総裁を決めるための手続きとして選挙をしているのであるが、

実際は別のところで決まっているので、

極端な失言をしなければよいだけで、今までの発言を繰り返して、

聞かれてもいないことを話しておけば足りると判断しているのだろう。

(極端な失言があっても、マスコミのコントロールはできているから、

なんとかなるはず。)


まあ、そんなところで、

一流選手はアメリカ大リーグに流出したあとで、

さらに日本の二軍で昔のボスの子孫たちがボスを張っていて

フォームもおかしくなったピッチャーが投げている痛々しさ

スポーツ界のパワハラと同じ構図


"

"

「許認可権持ってる行政官が業者と接待ゴルフをしたら談合になるからダメだ」という話をしているのに、安倍氏は「ゴルフではなくテニスや将棋なら良いのか?」と。ゴルフはオリンピック競技になるような素晴らしいスポーツ。とか何とか、相手の意図をくみ取れていない。

これだと怒りもわいてくるし、被害的にもなるだろう。そして過剰に攻撃的にもなるだろう。


・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり



>天皇の戦争責任は不問、東条以下軍部が悪いと軍事裁判で決定。
>誰が決めた、責任があるなし、そのあたりの説明は現在の自民党と敗戦時の天皇周辺の動きは
>同型性があると感じた。
>すると新憲法、天皇制維持、人間天皇宣言、沖縄、日米安保、今日に至る視野が開けてくる。
>そういえば、ダビンチ・コードで扱われていたイエスの子供が現代にも脈々と続いているという話、
>日本の万世一系を模していて、しかも、三種の神器に相当するようなものも登場していた。


安倍晋三の活躍で、天皇が無責任の権化として日本人を狂わせてきたことが、明らかになりつつある。

これで将来、天皇閨閥の多くの人間が処刑されるだろう。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

子供が哲学を学ぶと「天皇制」が「詐欺」ってわかってしまうからね。

とまべっちーの考え事 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
親の価値体系から自分の価値体系への移行について考える

また高濱先生の講演動画です。いくつか見ればだいたい彼の言いたいことは分かりますね。



高濱は「10歳までは親が責任をもってしつけてください」と言っています。しかしそれ以降はもう思春期に突入しますので、子どもは親の言うことを聞かなくなります。ここで中高生になっても必死に定期テストの勉強をしなきゃと思い詰めているような人は大人になって苦労すると言います。はい私がそうでした。実際非常に苦労しました。高濱は「過剰適応」とも言っていますが、その通りです。枠組みに適応しようと過剰に頑張ってしまうと自分を見失ってしまうんですね。私自身が思春期を乗り越えることに完全に失敗していますので、今子どもたちにどんなアドバイスをすればいいのか悩んでいます。

高濱は言います。親からもらった価値観を一度ぶっ壊して自分の思想・哲学を作り上げた人は強くなると。まったくその通りだと思いますし、思春期とは本来そのためにあるのだろうと思います。しかし、重苦しい反抗期を長引かせている中学生男子たちを見ても、自分の哲学を作るために本を読んだり日記を書いたりしている子はほとんどいないんですよね。そこが私にはよく分からない。どうして思想・哲学をやらないのか。中学生にはまだ難しいのでしょうか。面倒くさいのでしょうか。しかしそれ以外に思春期に真っ向勝負する方法があるのでしょうか。

・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

なにせ大人が「政治」を議論し合うことを厭う社会です。

さらに子供が真っ当に「哲学」を学ぶと、「天皇制」ってのは詐欺で「学校」ってのが処刑場ってのがばれてしまうのですから、当然それを中学生だろうと忌避するように洗脳します。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

夢幻のごとし・・・。

京の風  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
実は9月7日の「縄文」ビデオ収録後、私は「幻魔大戦」の中にいました。
9月8日の昼に、おはぎを一つ食べたのを最後に、それ以来、何も口にできないままでした。動けず寝たきりになり、ブドウの粒を口に入れても吐き、リンゴも吐き、しかも下痢。水もほとんど飲めず、体重は毎日1キロ減り続け、13日には66キロまで減りました。
この間、ほとんど身体が動かず、この世とあの世の両方の世界の声が聞こえました。ただ、耳だけはますます澄み切り、しかも、テレビの番組ごとの電磁波の周波数にどんな悪意や棘があるか、ピリピリ分かるようになった。
 
「15日には必ず好転する」と、九州の知人の巫女さんからメールが入りました。
どんなことがあっても、応神祭には必ずいく。こう決意していました。

13日社長に言われ、重い体を少しずつ動かして14日午前11時に近くのかかりつけの医院までいくと、何が原因がわからないとなり、そのまま総合病院で一日、精密検査。
どうも8月の終わりから私の身体をめぐって、護るものと、攻めるものの激しい攻防があってどんどんエスカレートしていた。そのなかで、天地自然のエネルギーを送り続けてくれる存在、そして、仲間のヒーラーからの霊波があり、耐え抜けました。

15日、何とか名古屋まできて、午前10時30分に駅構内で恐る恐るきしめんを食べてみて、一人前を食べきれたので、回復が始まったのを実感しました。

そして、
15日の応神陵、16日の仁徳陵では、それぞれ遥拝場から御陵の山頂を見た時、
頂点の樹だけが揺れていました。
待っていたぞ、といわれたような気持でした。

この15日から16日の私の変化は、今回のヌナトツアーの参加者の皆さんはご存知です。そして、来年の課題もはっきりしました。
それでも引っかかっていたのが、歴代斎王が禊をした、泊瀬宮のことでした。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

15日前後から、続けて不思議な夢を見た。

で、今朝は見なかったけど・・・。


なにか急に続けて少しビックらこいているが。

おなじく より

上記文抜粋
・・・・・・・・
天神社の「ケヤキ」。地球から、グレイが逃げて、プレアデス星人が正式に登場か。

16日、午後2時前に大阪でツアーメンバーと分かれて、榛原の隅坂神社にいく。同行者は二人。
その途中、近鉄線への乗り換えに好都合だとして、元テレビプロデューサー氏に案内され、鶴橋にある半島所縁の神社に行くが、どうもこの空気はなじめない。
あまりの「ほこり」っぽさ。清浄さが感じられない。
そこでは、キムチを誇らしげに掲げる店が軒を連ね、オムニのやさしさはわかるのだが、街に透明感がないのだ。

近鉄榛原に着くと、1992年に拙著『新東宝主義』を出したときに、わざわざ東京まで会いに来てくれた宮原氏が待っていた。そして隅坂神社を参拝する。
この神社は実は、長野県の須坂に勧請されている。
この地が、熊野からきた神武(実際は崇神)と、ニギハヤヒの軍勢が戦った地。ここへの道筋を手引きしたのがヤタカラス。三足烏。この正体は高句麗の勢力。
ウチノ先祖が天皇を創った、という、その人間のことだ。

そして、17日朝、桜井市小夫にある天神社に。ここが泊瀬宮。
天武が伊勢の伊雑宮に「太一」を祀る前に、娘の大来皇女を派遣し、禊させた地。
ここで、私にとって、生涯の課題だったあることの、大発見があった。
ここには、ご神木に樹齢1500年のケヤキの樹がある。ケヤキ「欅」をこの神社では、あえて「槻」と書いている。この意味は、何か?

なぞときは、安康・雄略時代に、列島は、大変な殺戮の時代であったこと。

列島を武力統一したのがワカタケル(雄略)。その子が、シラカ(清寧)。

シラカは、ホムダワケ(応神)が築いた王朝は、やはり、オオサザキ(仁徳)の子孫が継ぐべきなのだ、と大いに悩んでいたところ、そこに、身を隠していたイザホワケ(履中)の孫にあたる兄弟の弟が自ら名乗りを上げた。
シラカは大感激する。そして、大王位を譲った。これが、顕宗。
そして、祈念に、ケヤキを植樹した。
これが、日本書紀に書かれている。
そのケヤキが実際にそこに在った。しかも、まだ、旺盛な生命力を湛えている。山全体を覆うくらいの生命力だ。
感激なんてものじゃない。泣くしかない。

そのあとに、天と地の双方から・・・・。 フラフラになりながら、何とか、歌にした。

 ホムダワケ ヌナトの光 受け止めて コウシャを知りて ケヤキに込める

このあとはもう体が浮遊状態。15日に名古屋についたときと、見た目は同じだったかもしれない。
午後6時に長野駅に着き、駅ビルMIDORI一階で、子供たちのお土産に「焼き鳥」を買った。
自宅にもどって、留守を守っていた子供二人を連れて、晩御飯に草原ラーメンにいく。半分しか食べれない。残りは小五の次男坊が食べた。
そして、パソコンを開く。


ええっ? クレムリンに、 身長3メートルの宇宙人だって?
https://myjitsu.jp/archives/61896

さらに18日朝、天才天界がツイッターで、

「グレイが地球から逃げた」とつぶやいている、とメールが入る。 はぁ?

https://www.youtube.com/watch?v=3kpeBN3hvj8&feature=youtu.be&a=


なるほど、交代したんだ。
それなら、イギリスにいる、金融ワンワールドの「三本指さん」と会う日も近づいたことになる。

でも、悲しい事件も。
中国でもっとも稼ぐ女優、ファン・ビンビンが今、行方不明とか?
彼女はチンタオ(青島)生まれだったなぁ~。最初は、ほんとうに綺麗だったけど、『則天武后』での姿は、ちょっと悲しかったね。

・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


人間の深層意識・それと地球の気の動きがかわったのかね。

「宇宙人」てのは、そういうのの「比喩」

易で世界のすべてを解釈できるように、「宇宙人」という形でそういうのを捉える人もいる・てのが私の仮説。

で、そういう「見えないけど全然として有る、流れなり動き」が動き出したのかね。


ちょっと参考

日経 電子版 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
●東京圏

 東京圏の上昇地点数は2098。地価の上昇率は全用途で1.8%と前年(1.3%)より拡大した。用途別には商業地が4.0%上昇し、全体を底上げしている。



 東京圏の商業地をエリア別に細かくみると、東京都内は23区が7.2%上昇した。上昇率が5%以上のエリアが千代田、中央、港といった都心区だけでなく北、墨田、板橋、足立といった周辺区に広がっている。多摩地域でも府中市、日野市、稲城市などで上昇率が高まった。

 神奈川県では東京23区に隣接する川崎市が4.2%上昇した。特に武蔵小杉駅のある同市中原区は店舗需要が堅調で上昇率が5%以上に及んだ。横浜市の上昇率は3.3%だった。

 埼玉県も東京近郊で高い上昇率があった。さいたま市は4.0%上昇だが、大宮駅や浦和駅の周辺エリアの上昇率は5%以上に達している。千葉県内も浦安市や市川市など東京23区の隣接地で5%以上の上昇率がみられた。千葉市は2.4%の上昇だった。

 一方、東京圏の住宅地は1.0%の上昇だ。細かく見ると東京23区が4.3%上昇した。なかでも荒川区など都の北東部で上昇率の拡大が目立っている。JRの上野東京ライン開業などで都心へのアクセスが改善したためだ。

 実際、荒川区内の西日暮里駅近くの地点が東京圏の住宅地で最も上昇率が高かった。川崎市の上昇率は1.7%、さいたま市が1.6%だった。

・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

>細かく見ると東京23区が4.3%上昇した。なかでも荒川区など都の北東部で上昇率の拡大が目立っている。JRの上野東京ライン開業などで都心へのアクセスが改善したためだ。

なんか変だよね。

正直は経済が普通なら、こういう下町が、都市部よりも地価が上がることはないように思える。

金持ちが、気を効かせて、通常の経済なら、都市部の住宅地の方が上がる。

でも都市部から、金持ちが逃げ出し始めている・見放し始めているとなると、周囲の下町が都市部を超えることがあるように思う。


もしかしたら、こりゃ~経済セレブどもが、「第二次関東大震災」のような情報か、経済破綻の情報を拾って、対策を取り始めたかもしれないような気がする。


なんとなくね・・・


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

血よりも家柄よりも、人がすべて・・・。

神戸だいすき より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
43. 希ノ醍 輝平左ヱ門 2018年09月18日 12:39


国内問題って、こういうことですか?

日本人が単一のものではないこと、数千年来、地球の各地域から移民してきた人間達の集団に過ぎないこと。

明治以降の天皇家は、原住民の上に君臨している疑似政府に過ぎずないが、その子供たちは、女系により継承された、王家の血筋である事。

数千年来、日本国内には、大陸で戦乱があるたびごとに逃亡してきた王族や貴族たちが開いた、町や村が存在していること。

旧来の支配階層すべてに、日が当たっているわけではない。

現在、勝ち組と称される「セレブ」(新興貴族)と、負け組弱者と称される、一般人とにふるい分けられ、政府は、負け組弱者を切り捨てている。
こういう経済身分社会を固定化する仕組みを維持し続けるための新法(悪法)作っています。

もしも、国民を大切に思いいつくしみ育てるのなら、安倍政権は不要です。
「勝ち組VS負け組」といった、社会身分の分類方法は、人を、くじけさせる、捨てるべきモラルです。

天皇家は自らの安泰のために、外国軍を国内において、ガードマンとして君臨させている。
外国軍は、日本の統治を、外国人達に任せて、日本原住民たちを間接統治している。

しかし人選が甘かったために、今日の日本国の惨状を招いた。




(コメント転載おわり)


私は、この方に御贔屓にしていただいて、嬉しいですよ。


まだ、整理がつかないけど、私が、考えていた日本の歴史とは、趣の違う事実があるみたいです。


中国や半島からの流入は想像していましたが、どうも、英国からの流入というのもあるみたいですね。

江戸末期から後だとは思いますが。


明治維新の本当の姿は、もっともっと違うみたい。

確か、新井信介さんは、薩摩の島津斉彬が、あの時死んだと言うのは嘘で、彼は、あのまま英国に渡り、そこから維新の采配を振るったと、言われるし・・・


また、徳川慶喜は、今の大河ではくそみそですが、現実は、全てを見通した名君で、彼あってこそ、日本は、あの時占領されないで済んだみたいです。


単純に、明治天皇がすり替えられたテロリスト政府と言うのも、事実とは違うみたいだし。


魑魅魍魎さんに言わせれば、女系ではちゃんと天皇家は続いたと言うし。


何千年も続いた「万世一系」が、そう簡単に崩されるとは、思えませんよね。

だって、睦仁親王だけではなく、宮廷ごと移動しているはずだし。

皆殺しにしないと、完全には変えられないでしょうに。


一見、体制が続いているようにみえるわけですからね。


私は、ついこの間まで、日本人は崇高な民族だと思いいていましたが、最近、イメージが崩れました。


なんか、わからなくなったわ。


けど、みなさん、私も魑魅魍魎さんの御説を聞くのは好きだけど、彼自身「未来は未定」だと、おっしゃっていますから、あんまり、悲観したくないです。



8. 希ノ醍 輝平左ヱ門
2018年09月18日 16:26
書き忘れましたので、追記します。

この意味で、安倍ぴょんは李氏朝鮮王朝の末裔ですし、明治時代以降の移住者の子孫ですので、分類上は外国人という事になります。

彼は李氏朝鮮人ですから、日本人のセンスなんて期待する方が間違いっていうことだよ。

だいいち、今上帝だとて、日本に明治時代以降に移住してきた、ドイツ人とイギリシ人と日本原住民との混血の子孫ですからね。

それでも、日本人としての生まれ育ち、そして自己修練によって日本人化しているようですから、名実ともに日本の天皇陛下でしょう。

海外から移民してきた人達は、個々人の置かれた、事情によって、それぞれの個性が異なりますので注意してください。

要は人物次第で、人を判断分類する目安として下さい。

現代日本の現状は~、日本の歴史から判断すれば、移民の急増などと、驚く方が非常識ですよ。

~私は、当分の間、投稿を、休みます。
読んで下さって、どうも有難うございました。


・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

この魑魅魍魎さんは良い意見を書いてます。

>海外から移民してきた人達は、個々人の置かれた、事情によって、それぞれの個性が異なりますので注意してください。

>要は人物次第で、人を判断分類する目安として下さい。

全く持って正論。

天皇家の人間でも糞はごまんといる。

ましてやその閨閥は、ごみ糞ばかり。

在日の方にも日本の柱石に足る偉才は沢山いる。


>魑魅魍魎さんに言わせれば、女系ではちゃんと天皇家は続いたと言うし。

平家後抄って本に、女系で平清盛の子孫は生き延びて、その後の宮中・日本に影響を及ぼしていることが書かれている。

そういう意味で、「男系至上主義」的な考えは、オカシイよね。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]