忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

神々がうごいとーと

上記文抜粋
・・・・・・・・


1月5日、11時2分。
新年早々の東京湾の地震につづくブキミな着信音に、びっくりされた方もいると思う。
僕も一瞬、「お、早くも来たか?」と思った。
>地震発生。強い揺れに備えて下さい。
緊急地震速報だ。

ごぞんじのとおりこの速報、気象庁の誤報だった。
同時刻に発生した二か所の地震をひとつの地震だとまちがって判断したらしい。
富山県西部を震源とする震度3(M4.0)と、茨城県沖の震度3(M4.5)である。

たしかに緊急地震速報としては誤報だった。
でも事象的に見ればどうなんだろう。
3秒間に連続して起きたふたつの地震は、じつは「ナガサキへの神戸(かんど)が開いた」ってメッセージではないのか。
いわば、緊急事象速報だ。

僕らは現在、2ndステージのナガサキ(水蛭子出産)⇒月のミロクの流れにいる。
ふたつの地震が発生した11時2分は、かつて長崎に原爆が投下された時刻。
また二か所の震源を見れば、みごとに去年の世界一おろかなクリスマスツリーや、イザナミのひとり天之御柱神事の流れをくんでることがわかる。

とくに富山県西部は一目瞭然。
神戸のあすなろの木の、氷見市だ。
読んでくださってるみなさんなら、これ偶然じゃないなってピンとくると思う。

水蛭子を祀る蛭子(えびす)信仰の総本社は、神戸のおとなり兵庫県西宮市の西宮神社。
祭神は蛭児大神。事代主命のエビスとは別系統。
水蛭子事象の指標として、ずっと注目してきた神社だ。

その西宮神社でことし、とうとう「これは!」ってニュースが来た。
十日におこなわれた毎年恒例の開門神事。ことしの一番福は市立尼崎高の3年生。
おどろいたのは名まえだ。
なんと、玄主(クロス)くん!

5日の緊急事象速報でナガサキの神戸(かんど)が開いたのでは?と考えていたところに、こんどは蛭児大神の開門神事である。
これはもう、水蛭子の神戸もご開門というほかはない。
しかもクロス。

まさに、水蛭子のうみの十字だ!
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-333.html
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-334.html
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-336.html
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-337.html
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-338.html
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-339.html

『水蛭子のうみの十字(4)』(2014.10)では、海氷の溶解による北極圏の黒化現象とあわせてストーンズの名曲「Paint it Black」を紹介した。
 

玄主(クロス)くんの「玄」という字は、色では黒、方位的には北、さらには時空を超えた天地万象の根源を意味する。
そういう「玄」の「主」とくれば、まぎれもなく天御中主神。
天地初発(あめつちはじめ)の時に生(あ)れませる神。
高天原の至高神だ。

天御中主神は1月6日の星野仙一氏の訃報と北極男の南極点単独徒歩到達でも示された。
7月には、新しい観光列車「あめつち~天地の初発の時」が母なる出雲を走る。
https://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56589427.html

正直いって、このクラスの神は出てこないのがフツーである。
当ブログでも、2011年のフクシマ(初発神社)まではほとんど記述が見あたらない。
もちろんフクシマの相馬妙見や熊本大地震がらみの八代妙見など、妙見信仰と習合してるからこそ出てくるって部分はあるのだが、「極」や「地球軸」的な天御中主神ならではのキーワードも多出するようになった。
リオ五輪閉会式の地球をつらぬく「安倍マリオの土管」もそうだ。


じつにブキミ!

とくに2014年の888回千葉妙見大祭を契機として、2016年以降の事象への登場頻度といったらないよな。
これマジで地球ヤバいんじゃないの?とさえ思えてくるレベルだ。

その天御中主神と"父なる火の禊"のもと、いま水蛭子(ナガサキ)を出産しようとしているのが黄泉の99り姫イザナミだ。
日本列島の十字の中心で、ひとり天之御柱神事をやっている。
かつて水蛭子を産んだ神事だ。

問題はイザナミが大地母神でもあるってこと。
ひとり天之御柱神事で水蛭子出産だけでなく「国生み」をもやるつもりなら、それは極端にバランスを欠いた地殻変動を誘発する可能性がある。

神戸のクリスマスツリー=死の生命の木も、ひとり天之御柱神事のあらわれ、投影だ。
だからこそ、そら植物園の西畠代表と神戸市の鳥居副市長はいらんこと(欲をかいて)ツリーを大震災と融合させた。
鎮魂ビジネスである。
その思惑のバックには、確実に黄泉のイザナミがいた。

天之御柱は天御中主神の依代(よりしろ)。
神戸のツリーは、いわば天之御柱の依代。
天御中主神と黄泉の大地母神イザナミの組みあわせは、はっきりいって....いやいわなくてもヤバい。
そのヤバさは、ツリーをめぐる「大震災」と「鎮魂」や、氷見市の「一刎(ひとはね)」といったワードのブキミさだけでなく、その氷見市でさっそく地震が起き、予兆のごとき緊急地震速報まで引き起こした事実からも容易に想像がつくと思う。

 イメージ 2

イメージとしては、イザナミのポールダンス(天之御柱神事)って、こんなカンジ。
まるでブラックホールに吸い込まれるかのように、あらゆる事象が99られてゆく。
いっそ1stステージみたくひと思いにやってくれないと、長引けば長引くほどとんでもない事態になりそうな気がするよな。

緊急地震速報のふたつの地震がどういう属性かは、ふたつの震源を緯度と経度で列島の十字のようにクロスさせてみればわかる。
このテの事例では、たいていそこが事象源だ。

クロスポイントにあるのは、岐阜県郡上市の白尾山と白鳥町。
白尾山は、白山の尾根の山って意味。
白鳥町は、白山信仰の三大拠点のひとつ。
白山比咩神社の加賀馬場、平泉寺白山神社の越前馬場とならぶ、中世の美濃馬場(長滝白山神社)である。
(ついに出そろった)
そしていまや、白山の99り姫はイザナミなのだ!

 ※)ちなみに美濃馬場の担当は南。東海地方など太平洋側、だ....。


>「十字+御柱+死」の巨大クリスマスツリーが移植された神戸市では、12月10日に4ヶ所 (四柱)の公共施設に電力や熱を供給する世界初の水素発電実証実験施設まで完成し ている。
水蛭子出産の神戸(かんど)でもあるということか。
2014年に示された「水蛭子のうみの十字」が、日本列島の十字とオーバーラップする。
                                     ~ 『世界一おろかなクリスマスツリー(4)』より

日本三大"事象の十字"は、日本列島の十字(諏訪大社)、ミロクの犠牲の十字(平城京)、そして福岡県の宇美(うみ)八幡宮を中心とする「水蛭子のうみの十字」だ。

イザナミが列島の十字で天之御柱神事をやってるなら、「水蛭子のうみの十字」もきっと共鳴するはずだと思っていた。
そういった意味でも、イザナミに99られた天皇皇后両陛下の宗像市訪問には注目していた。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/gyoukoukei291027.html

第37回全国豊かな海づくり大会ご出席のため、両陛下が「水蛭子のうみの十字」の福岡県宗像市を訪れたのは10月29日。
27日の朝倉市ご訪問とリンクしたのは「スバル」。
29日(日本時間)はなんと、「北極+地震」だった。
ユーラシアと北米のプレート境界とはいえ、まれにしか地震のない北極点付近で、観測史上最大の地震(M5.7~6.0)が三回も発生したのだ。

 イメージ 7
https://earthreview.net/historic-mega-earthquake-hit-near-noeth-pole-what-happen/
 
もちろんこの時点ではまだ、もしかしたらイザナミを介した「水蛭子のうみの十字」と天御中主神の共鳴かもな、ってレベルだった。
だが10日の西宮神社開門神事で確信した。
なんせ蛭児大神=水蛭子。
玄主=天御中主神。
クロス=十字、だ。

去年4月の静岡セッテイングで日本列島の十字とミロクの犠牲の十字が一体化したように、天御中主神とイザナミのひとり天之御柱神事の99りのもと、水蛭子のうみの十字も一体化した。

わかってもらえるかわかんないけど、この日本三大"事象の十字"の一体化は、ずっと事象を追いつづけてきた身としてはそりゃもうよくもわるくもカンドーもんだし、ああいよいよだなって感じだ。

去年七夕の核兵器禁止条約採択でノーベル平和賞を重賞した「ICAN」の事務局長がこの時期に来日した理由も、安倍首相が面会を拒絶した理由も、日本国民が聞く耳をもたない理由もよくわかる。
この国の核拡散時代の機織姫は、「水蛭子のうみの十字」の姫古曽(ひめこそ)神なのだから。

僕は去年、あすなろの木が生田神社境内社の鳥居になったら水蛭子出産の神戸(かんど)が開くと書いたけど。情報がないので鳥居ができたのかできてないのかまだわからないけども。
それを確認するまでもなく、すでに水蛭子出産=ナガサキの神戸はひらかれた、そう宣言せざるをえないよな。
そして時期的には、天皇の朝倉訪問とスバル(統べる)、宗像訪問の水蛭子のうみの十字+天御中主神から、やはり天皇退位と即位にシンクロするカタチになるのだろう。

ICANのフィン事務局長が初来日し、ナガサキを訪問した12日、-33℃の寒気による収束帯が「みらいくん」と越前馬場の福井、加賀馬場の石川、氷見市の富山の北陸3県に記録的な大雪をもたらした。
気象も事象もつながっている。
映画『The Day After Tomorrow』ばりにクリスマスから全米を襲った大寒波。
その大寒波と北朝鮮の白頭山の合わせ技でもたらされたこの収束帯もまた、天御中主神(北極)+イザナミのポールダンスと関係しているのだろう。
なんかもうすでに地球規模で99られとるんじゃないかってカンジだ。

ご指摘いただいた強烈な矢印>>>>の収束帯と、長崎付近の〇がなんか気になるよね。

 イメージ 3


「水蛭子のうみの十字」は2014年6月6日の姫古曽(ひめこそ)神社火災と、7月15日の志登(しと)神社火災によって示された。
糸島市の志登神社火災を水蛭子と結びつけたのは事象的な理由からだが、スピリチュアル的にも豊玉姫が水蛭子を守るお社だと、当時おしえていただいた。

「安倍+七夕」の雛型もまた「水蛭子のうみの十字」にある。
宗像大島(宗像大社中津宮)がそうだ。
宗像大島は安倍首相の祖先の発祥地で、七夕伝説発祥の地でもある。
で、"七夕サミットのシクミ"のもと安倍政権と結びついた七夕姫が、「水蛭子のうみの十字」のタテのラインの恐怖の姫古曽神だったってわけ。
日本における核拡散時代の世界秩序の機織姫だ。
2014年6月6日の火災だけでなく、去年6月6日にも「みらいくん」再稼動と連動して警官による妻子殺害事件が起きた。
6月6日はごぞんじ恐怖の日だ。

そりゃ去年七夕に国連で採択された核兵器禁止条約なんて反対するに決まってるし、そんな世界秩序の機を織るICANとの面会も拒否るわな。
なんせ安倍に憑いてるのは、人々の半数は殺さないと気が済まない破壊的世界秩序の機織姫だもん。
その破壊をへて僕らはようやく、この国の自立には核廃絶しかないと気づくのかもね。


                                     (長くなっちゃったんで次回へ)
・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

>この国の自立には核廃絶しかないと気づくのかもね。

そうなのだから・・

>なんせ安倍に憑いてるのは、人々の半数は殺さないと気が済まない破壊的世界秩序の機織姫だもん。
>その破壊をへて

となるのか・・・

超高層マンション スカイヲーカー より

上記文抜粋
・・・・・・・・
第二次朝鮮戦争不発の場合、首都直下大地震作戦実行となる。


「マグニチュード7・3の首都直下地震が起きると、首都圏で19万5400戸の家屋が全壊するとされるが、ほかに斜面を支えるコンクリートや石の壁(擁壁)が崩れるなど宅地での被害が約36万カ所で起きうることが、国土交通省の推計で新たにわかった。」


政府が営々として推し進めてきた首都圏集中政策で、

官僚の権限集中、公務員の給料アップは大成功したのかもしれないが、

極端な東京集中政策で、経済が完全に東京だけに集中してしまい、

地方経済はまるでゴーストタウン化してしまった。

確かに、地方公務員は極端な高額所得者になって、

公務員だけは豊かな生活が保障されたが、

非正規雇用の急拡大で、公務員と大企業の正規雇用以外は発展途上国の底辺並みになった。

学生が職を得ようにも、

公務員になるか大企業の正社員になるしかまともな生活が維持できなくなった。

地方では地方公務員しか職がなく、民間企業の求職はほとんどない。

もはや、地方民は生きるためには東京に出るしか選択肢がなくなった。

ここで、十分に集中した首都圏の地下で核爆弾を破裂させて大地震を引き起こすと、

日本経済木っ端微塵ってワケなんだろう。

北朝鮮先制攻撃作戦が失敗した場合のオプションとして首都直下大地震があるんだろう。

だから、第二次朝鮮戦争不発の場合は危険なオプションが実行されるんだと思う。


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

なにか共時性的・・・


さらに

青洲のブログ  より

上記文抜粋
・・・・・・・
巨大地震が、2月に発生?

 世界中の火山が連続噴火しています!!

 昨年7月にアリューシャン列島でM7.7が発生して、14日にペルー南部沖でM7.1の地震が起こりましたが、実は1946年に同じパターで地震が起こり、1ケ月後に日本でも「昭和南海地震」が発生しています。

 昨年の12月119日に、「地震調査推進本部」が「超巨大地震の発生が切迫している」と警告しています。
・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


戦争よりも地震がマシとはいえ・・・

なにせ

>この国の自立には核廃絶しかないと気づく


ことが無い限りに、大地震は必至だろう・・・・



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
今日は18日。1月なので初観音。

皆さんに幸いありますように・・・


{書写山 如意輪観音 }


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
北朝鮮との国交断絶求める河野外相


twitterを見たら、河野外相が北朝鮮との国交断絶を各国に呼びかけたというスプートニク日本版の記事について、もし本当なら、もしくは、スプートニクはやらしが多いから云々という発言があったのでちょっと補足したい。

河野外相 北朝鮮との国交断絶を各国に呼びかけ

https://jp.sputniknews.com/japan/201801174478251/?utm_source=https://t.co/9ujmMDv5GX&utm_medium=short_
url&utm_content=g4df&utm_campaign=URL_shortening




多分、スプートニク日本語版の記事はNHK国際版の記事に基づくのではあるまいか。一応NHK国際版は日本のオフィシャルの一つとみなされてるでしょ、きっと。

で、そこには、

河野氏は、各国は、例えば、外交関係を切るとか、北朝鮮労働者を帰還させるといった、それぞれ独自の制裁を強化し、かつ、北朝鮮に対する関連する国連制裁の完全かつ厳格な実施をする決意を新たにするべき時である、と述べた。

Kono said it is time for countries to step up their own sanctions, such as severing diplomatic ties or sending back North Korean workers, and to renew their determination to fully and rigorously implement the relevant UN resolutions against North Korea. He said that only through such measures Pyongyang will change its policy.

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20180117_04/

とある。

自分で訳してて、なんなんだこの戦前の軍部みたいな強硬な見解はと驚く。押せ、押せ、押せ! 押せばかならず相手は引く!と信じ込んでるよね、これ。

しかも、この記事を通しで読むと、そのロジックも強硬一本やりなのがよりわかる。見よ、北朝鮮は対話に応じているではないか、これは制裁が効いている証拠なのだ、みたいな。一読して、怖い。

国交断絶に関していえば、外交関係を停止することと断絶は一緒ではないが、河野の場合、halting diplomatic ties(外交関係を停止する)とか、じゃなくて、sever(切断する)と言ってるからなぁ。そりゃやっぱり断絶でしょう。

というわけで、翌日のスプートニク日本語版が、

北朝鮮との国交断絶求める河野外相の呼びかけは『戦争事由』になるおそれ

https://jp.sputniknews.com/opinion/201801184481060/


国連安全保障理事会の決議に外交関係の水準を下げる勧告はなかった。そして、河野氏がこうした勧告に影響したり勧告する権利を持つとは考えづらい。日本自身は北朝鮮と外交関係を持っていないが、いずれにせよこの関係の樹立や断絶は各国の個人的な問題だ。

(中略)北朝鮮労働者に関しては、制裁に関する直近の決議に則り、元々彼らを送還する必要があった。だが、北朝鮮に対する制裁のポテンシャルがとっくに使い果たされた以上、これは非建設的な措置だと思われる。そして、現在制裁と呼ばれているものは実際には、禁輸と封鎖という他のより厳しい言葉で定義されている。

と、ひとつずつ論点を追って、このやり方は、相手に、開戦かさもなくばお前の政策を変更せよと選択を迫っていることになる、だから、もし相手が開戦を選んだら、この選択を迫ったことが開戦自由となる可能性も否定できないだろう、とまとめている。

理解できるし、無理もない。

ただ、河野が恐ろしい(笑)。



(双方凍結のアイコン)

■ オマケ

でさ、さっき書いたばかりだけど、アメリカの中では、北朝鮮問題を前の朝鮮戦争時に北が受けたおそろしいまでの米の爆撃から考えて、なぜ彼らがああも突っ張るのかというのを正面から見ようという流れは確実にあるわけですよ。なにもチョムだけではない。むしろ、デモクラッツ側は右派側より遅いとさえいえる。

双方凍結案を語るチョムスキ

そうであるのなら、河野式の提案は、アメリカ全体と一緒とは言えない可能性は高い。つまり、あたりを見回すと日本が一人ネオコンになる可能性が日々高まっているというべきじゃなかろうか。いいの、これ?


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり
ふと思うに、河野太郎は、安倍政権とそれを作った日本会議カルトと日本の土豪・プチセレブを抹殺するために、外国に攻撃させ、東京明治帝国を滅亡させるための「自爆攻撃」をしている。外交で破滅させ、大義名分ない勝手な戦争をさせて、東京に核兵器をぶち込ませる正当性を拵える。

これで天皇家も霞が関も経団連も東大も横田のアメリカ幕府も消去する。


なにか、そこまで阿呆なのが天皇真理教徒の公家・皇族の末裔か。あるいはもっと上の指図か?


>あたりを見回すと日本が一人ネオコンになる可能性が日々高まっている


同感。なにか天皇真理教徒・天皇家を消滅させるためにしているのか・・・


お読みくださりありがとうございます。




拍手[2回]

産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して)))  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
トランプは偽ユダヤの作った報道権力に挑戦する初めての大統領  

中共には、報道という概念がないので問題外ですが

米欧の社会は、偽ユダヤの作った債務通貨と嘘報道で成り立っている。

(両方とも嘘だ)

この嘘システムの承認を得たものだけが、大統領になっていたわけだが

トランプは初めてこの壁を破壊した

フェイクニュース大賞を作って進呈したそうだ

本物はこっち

おもろい!

こういうことをすれば嘲笑されるのが位置だったが

今や、嘲笑されるのはマスごみとFRB

今後20年で銀行とますごみが消滅するのかもしれない

そういや、仮想通貨と、情報の自己発信を可能にしたシステムは

旧来の操作では操作できない。

変われば変わるものだ

「うそは統治者、権力者の特権」から嘘はいけないよ、という時代に入ったのだろう。

とにかく世界を退屈させない男だ。プロレスそのまんま



・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


面白いトランプ。

やっぱ米ロは面白さでも世界の双璧だったのか。

日本は、ダメですは・・・。アベシンゾウの尻舐めてばかりですから・・・。


京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
政権維持に、検察・裁判所の人事を掌握。アベノミクスの実態隠しに外交をフル活用。
 こんにちは。

今年に入って、「京の風」の書き込みが少ないと、心配している読者がいるようですが、私自身に変化があるわけではありません。著作の最後の段階です(「日本書紀」原文で、敏達・推古・皇極以降のすり合わせ)。

ただ、日本の安倍政権のこれまでの施策が失敗続きで、対外的にも、どんどん苦しくなっているせいか、国内では、マスメディア、さらに、検察や司法について、人事権を使った、引き締めが特に強まっていて、どうコメントしようか、考えあぐねていました。

これには、三つの問題の軸があります。

①は、日米安保の行方

②は、経済政策

③は、エネルギー政策、なかでも原発です。 これは、医療政策とも直結します。

国家の統治体のもつ権力(暴力)を、どこに、どう使うか、といったとき、

 今の日本の政権は、これまでの「戦後体制」の維持に、すべての権力・権能を使っています。

①は、戦後日本の宗主国でったアメリカが、静かに「世界の警察官」を引き下げ、中国の存在をみとめるという戦略上の大変化を進めている中、その特別行政自治区の日本が、その事実を認めない、受け入れない、という断固とした方針のままなのが、今の安倍内閣です。

 これに派生して出ている国際問題が、北朝鮮のミサイル と 韓国の慰安婦・竹島問題です。

 北は、ここ数年、ずっと、日本が、アメリカの傘(宗主国=虎の威)から出ることを求め、

 南は、竹島を占領(実効支配)したまま、安倍政権と和解した朴政権を否定し、日本に、慰安婦で「さらなる詫び」を求めています。

②経済政策では、日銀黒田総裁による「異次元緩和」が、為替を円安にして、金融市場に、マネーをあふれさせたが、国内では、安倍氏のお友達を除いて、日本国民の所得は減り続け、節約が加速し、未来が見えず、外食もままならない事態が広がっています。

 「311」原発事故以来、国民のイノチを守ることよりも、これまでの体制(政治経済・国家マネーの分配)を守ることを最優先。

 それでいて、観光客の誘致(インバウンド)が経済成長の力と言って、国内の不動産管理をユルユルののまま、外国資本を取り込んできた。今年に入って、ようやく、土地の管理に入った。

 年金・日銀マネーを、株価維持に特化して使う。彼らの目には、国民のイノチと心の中は映らない。

 放射能でも高齢者はなかなか死なないが、経済現場で人が疾病・急死してもそれを政治問題として取り上げない。 所得減で若者が結婚できなくなると、人口は増えない。年金・医療も破たんする。ここで、外国からの移民を増やして、数字上は破たん回避を考えだしているようです。

③エネルギー。世界的に、化石燃料は、最後の段階。

 原油売買の「ドル建て原則」は、もう崩れている。サウジもロシアも人民元で中国に売る。人民元はAIIBでの融資の通貨だし、「一帯一路」での金融決済は、人民元建てのマネーが主流。この動きが、東南アジア・中央アジアだけでなく、日本にも、ジワリと迫っている。

 もう、米ドルには、基軸通貨としての信認性は完全にないのだが、その亡霊を最後まで支えるために、日銀マネーが使われている。この事実が、日本国民にまったく知らされないから、大量の日本円が国民のために生かさない。

 一方、宗主国のアメリカ自身(これは、特にFRBの周りのウルトラリッチか)は、日銀を支配下に置いているうちに、人民元の国際通貨化と、仮想通貨での、新しい「大きな信用構造」の創造に入っている。

 今は、人類にとって、歴史的な大変革期なのですが、

 ここで、日本円が、まったく、主体的・戦略的に使われていない。

 ICANがノーベル賞をとっても、被爆国日本の現政府は、安保政策の中で軍事緊張がほしいから、これに参加しない。

北のミサイル騒ぎを、自国の軍事力増強に、とことん利用した。この手法は、トランプも学んだ。

 「緊張」があること。 これは、実は、日本では「原発政策」をつづけること。 これと一体。

 ただし、人民元を国際通貨にして、「一帯一路」を進める中国との和解は絶対に必要だとして、キッシンジャーが絵を描いた通り、財界と自民の二階幹事長のラインは、もう、安倍チンに中国敵視政策を捨てさせた。その象徴が、葛西氏のJR東海での代表権の卒業。 

 しかし、「北」と「南」のイチャモンに、安倍は絶対に譲らない。これをアメリカの軍事産業は歓迎する。 

 これまでの、経済政策とエネルギー政策の「間違い」を日本の官僚たちは、絶対に認めない。大本営だ。

 今の安倍政権は、そのために、検察・裁判所の、人事権にまで、つぶさに関与。

 ここでは、田中角栄の追い落としのときにアメリカからうけた圧力とは、同じような激しさはないにもかかわらず、これは、国内の体制維持と、アジアでの主導権確保という妄想のために、変化を嫌がっている。いや、それをしたら、日本国家が壊れると、勝手に恐れているのかもしれない。

 どこまで、やるのか? 国民が、中でも優秀なビジネスエリートや研究者が、

  国家(統治体)を見捨てるときまで、それをするのか? 

 しかし、一番情けないのは、

 一旦は政権を取った、元民主党の政治家の面々。ここが、変革を言いながら、「平和憲法」護持以外、何も言い出せない。

 自治労・連合は、自民と同じカマド(戦後体制)のパイを食べる、既得権のグループ。彼らは、非正規労働者の代表ではない。まして、共産・公明の福祉利権の代表者となったままだ。

 なにより、フクシマの原発処理、特に、放射能被曝の安全基準と、今の疾病の関係を、311当時の為政者だったものが、政治的に、全く取り上げない。立憲民主の枝野ですら信用できないのは、この点だ。「直ちに影響はない」と言い放ったままの輩だ。そして、忘れてならないのは、福井地裁での大飯原発の差し止め判決で示された、<地震の加速度と原発の構造上の強度問題>で、これは、国家どころか民族絶滅にかかわる重大問題なのだが、これについても、何も言わないままなのだ。昨年の広島高裁の伊方原発の判決でも、この点をわざとそらして、阿蘇の火砕流の話にすり替えていた。

 さらに、困ったこと。

  中国の習近平が、日本の農産物(特に福島産)の輸入にゴーサインをだした。

 これは、日本の体制維持について、中国が政治的に積極支援を表明したことになる。

一方、プーチンの旧ソ連圏やEUは、深刻化していた人口減の対策に、遺伝子組み換え食品を禁止、放射能にも注意を呼びかけるが、中国は「一人っ子」政策をやめても、人口削減政策は継続中。もともと、環境汚染対策は、及び腰の国だった。

 一昨日の、北朝鮮に対するバンクーバー会議。中国とロシアは参加しなかった。南の外相の康さんを、日本は相手しなかった、と日本のメディアは報じますが、 南が北との間で、オリンピックの合同チームの結成発表です。これが、このまま、北が核ミサイルを持ったまま、南北が統一されると、統一の朝鮮国が核兵器保有国となる。

  その事態は、戦後の日米安保体制の、存続基盤そのもの変更になる。

 だから、日本の外務省は、太郎ちゃんの尻を思い切りたたく。ここにはCSISの残党もいるね、きっと。

 河野太郎チャンは、これまでの外務省の代表だから、当然、この半島の動きには反対で、ここでは、慰安婦の案件の見直し拒否に加え、竹島問題を言い出す。 

 まあ、ドンパチがない限り、外交合戦は、大いに結構。

で、私たちの個人生活はどうなるのか? 

 日本国内の体制維持に、税金は上がるし、物価も上がる。放射能・電磁波、GM食品、大量の添加物、非正規労働ばかり、国内競争の激化のまま、サイフの中身が、急速に減少。

 なけなしのマネーをどう使うか? 同じ、買うなら、何を買う? どこにいく?

私は、イノチの現場の「実態つくり」。 

国家は「人為」だが、国民がこれを支持していれば、変わりようがない。

本来の政治とは、宇宙・自然、太陽と大地を味方にする、「天意」とともにあるもの。

ここ数年、日本政府が進めた「政策」では、ITのネットワークとは、なんだったのだろう? 

イノチの次元で、希望のために、利用していただろうか? お上による「マネーの騙し」が多かったのでは?  政府・NHKも含め、商業的な、だましあいの次元の情報が、多すぎたのではないか?





個々の人間の行動の判断基準が、国家からのカネ をもらうことを、第一義に考えていたら、

今の日本では「三権分立」が機能しなくなっているので、「安倍サマの日本」を白紙委任する応援団の一員になってしまいます。





 現場の声を上げる。現場で「だましのない実態」を創る。私には、これ以外に、思いつかない。

いい悪いを言っていられないほど、 今の政治は、個人をなめ切ったまま 追い込んでいます。

文部省は「考える教育」と言いますが、何を考えさせるように するのでしょうか?

国家マネーの取り方を考えるだけなら、たとえ、東大を出ても、高給社畜か、高給詐欺師への道でしかない。 

 本当のイノチで繋がれ。 政治は、人為だが、 最初の一歩は自分から。それが主権者。

 「上に政策あれば、下に・・・」。 太陽と微生物は、裏切らない。自分の身体と心がアンテナだ。   

・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

>国家は「人為」だが、国民がこれを支持していれば、変わりようがない。

>本来の政治とは、宇宙・自然、太陽と大地を味方にする、「天意」とともにあるもの。


その通り。


>文部省は「考える教育」と言いますが、何を考えさせるように するのでしょうか?


私もよくわからない。そもそも高級官僚に考える力が無いのだから・・・あれば前川さんのようにたたき出される、


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

アバンギャルド精神世界 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
日本人と奇跡への期待感

奇跡は突然には起こらない

ドストエフスキーの小説カラマーゾフの兄弟で、ギリシア正教会のゾシマ長老が周辺信者などから、死にさいして、死体が腐らないで芳香を発するなどの奇跡を期待されたのだが、予想に反して、ゾシマ長老の死体は腐臭を発し始め、周辺の人々に、奇跡が起こらなかった当惑が広がっていったくだりがある。

これに対して日本人の奇跡への期待感は、童話笠地蔵の話が一つのシンボルである。老人が、雪が降りしきる大晦日に、売れ残った笠を町はずれの地蔵様にかけて帰宅したら、老妻だけがそれを喜んでくれた。その夜地蔵様が返礼の宝を満載して自宅前に置いて帰っていったというもの。

そんなことは実際にはほとんどないかに見える。でもそれは一日一晩では起きることはまずないが、人は何十年かけて、細かなとるに足らないように見える善行を積み重ねて、大八車に満載された宝を得るということはわりとあるものだ。

時間軸を何十年と長くとれば、笠地蔵のような奇跡はよくあるし、一日一晩でそれが起きないことも日本人は生活の知恵として知っている。ロシア人と違って、その辺の分別はあるのが日本人というものだ。

本家ババジも人間にとって最も重要な修行法の一つはカルマ・ヨーガだとも言っている。因果は昧(くら)ますことはできない(不昧因果)。カルマ・ヨーガに一発逆転はないが、現世利益を積み上げることはできる。

だが、積み上げた現世的メリット、この世的幸福や金は、時間が経つにつれ変質し、死によってすべてを喪失することが見える。そこで人は、人生の空たるに直面し、それまでの頑なな考え方に飽くまで退行したり、絶望してうつや自殺に行ったり、オープン・マインドして直面して覚醒に向かったりする。

ゆえに万人にとって、この世で生活するというカルマを果たしつつ、この色即是空の局面に準備をするというのがノーマルな求道生活である。

出家者であったスワミ・ラーマなら、名前は肉体に付属するが、魂は死をはさんで継続するみたいに、はなからこの世的幸福を問題にしないのだが、凡俗はそうはいかない。

超人的能力を発揮する人というのはいるものだが、そうした人は前世から修行を積み重ねているものだと思う。

ハタ・ヨーガをやる人は、ハタ・ヨーガで鍛え上げた肉体でもって次の転生で覚醒しようと目論むものだし、出神を一生修行してきた気功の人もその人生ではちょっとしか出神しないこともあるので、次の転生で勝負をかけようと思うこともある。

音楽、絵画、将棋、囲碁、スポーツなどで、そういう超人的能力を示す人がいた場合、世間では生まれつきなどというが、一回の人生ではそうはなるまいと思う。それこそ何回も生まれ変わっては、同じ道での努力を積み重ねてきた人物なのだろうと思う。

奇跡は突然には起こらない。


・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

積善の家には福来る。と易。

「ひたすら義を集積する」と王陽明。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

前のページ 次のページ

12 2018/01 02
S M T W T F S
24 25 26 27
28 29 30 31
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
P R

忍者ブログ [PR]
template by repe