忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・

安倍政権5年間のツケ払いがこれから始まる。もう、戦時体制でワヤクチャはなくなった。
今日の安倍チンの所信表明演説。

まったく、覇気がない。これは、9月24日の衆議院解散表明のときと、同じ内容。

しかも、高等教育については、抜けていました。

28日の解散総選挙で、小池・前原の「希望の党」と組んで、公明党は外して、一気に、憲法改正から、北朝鮮での「戦闘」に、自衛隊を派遣しようとしていた、ジャパンハンドラーの思惑が、完全に崩れてしまった。

当然、影の指揮官だった、JR東海の葛西さんは姿をくらましました。

「緑の狸」の小池さんは、都知事に専念といいますが、こちらには、罠も大波も控えています。議席を失った、東京都自民党の一派。さらに、本来の護憲派にもどった、公明党・創価学会。

そして、なにより、築地・豊洲問題は、ゼネコンが及び腰になってきた。

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E9%83%BD%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E3
%82%92%E8%A5%B2%E3%81%86%E4%BA%94%E8%BC%AA%E5%B4%A9%E5%A3%8A%E
3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8E%EF%BC%81%E8%B1%8A%E6%B4%B2%E3%81%A7%
E3%82%BC%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%8C%E5%8F%97%E6%B3%A8
%E6%8B%92%E5%90%A6%E3%81%AE%E8%A1%9D%E6%92%83/ar-BBF3Fh6?li=AA570j&ocid=spartanntp


日本の北朝鮮での、軍事関与拡大路線がこのトランプ東アジアツアーで終わった。この変化は、すべて、国連で、9月11日、全会一致の「制裁」が決まった後に、練られたものでしょう。

トランプが19日に「ロケットマン」と言い、翌日、陛下の高麗神社行幸、安倍の「さらなる圧力」という中で、10月22日の衆議院選挙までに、キッシンジャーと駐米中国大使の崔氏が策を練り上げ、トランプの娘で補佐官のイバンカに、日本と北朝鮮を、どう処理したらいいか、それをわからせるように、方向付けをしてきた成果でしょう。

 私は今回の半島での「軍事の火消し」の、あまりにも鮮やかな展開に、まるで古代中国で、秦の崩壊後の、項羽と劉邦による覇権争いと、おなじ次元の智謀が使かわれたように思えてなりません。劉邦に漢中に入らせた張良は、「鴻門の会」での危機を切り抜いた後、劉邦が大将軍に抜擢した韓信を使って、地政学的にいかに劉邦軍を優位に立たせるかを考えた。さらに、圧倒的に戦闘に強い項羽軍の、頭脳であった軍師の范増を、項羽本人から離反させる「離間の計」を仕掛けたのが、陳平でした。こうした古典に十分に学んだ知恵が、この両者の間で練られたのでしょう。



東アジアで、米軍を戦闘に巻き込ませない。 安倍の背後にいる、戦争屋の思惑をつぶす。

 これが、アメリカの軍の意志であり、これは、中国の習近平政権とも一致です。

新華網は、安倍チンが訪米する前の、2月3日に、中国の崔天凱駐米大使が、1日に開いた、今年の春節(旧正月)を祝うイベント「楽しい春節―中国文化の夜」に、トランプ大統領の長女イバンカさんが娘のアラベラ・ローズちゃんと一緒に出席した、と伝えていました。

これに対し、日本の外務省はトランプが真珠湾にいる11月3日のイバンカ来日では、ガラガラの女性会議を用意したあと、なんと、大統領トランプの接待にピコ太郎を用意したのです。
今年2月の安倍の訪米前に、アラベラちゃんが喜んでピコ太郎のマネをしていたことで、これがご機嫌取りに使えると考えたのです。
チエが浅すぎますね。日本の外務省は、この9か月の間、外交的に何も手を打つことができず、結局、イバンカの活動に57億円のプレセントの形になり、そのあと、5日のトランプの横田基地入りを迎えたわけです。

 今回のトランプの東アジア・ツアーのあと、習近平が安倍チンをみるときに、きちんと顔を向けて、愛想がよくなったと指摘する人間はいますが、これは、安倍の思惑が完全につぶれたことに対する、余裕の姿勢です。

 トラちゃんはアメリカ経済のことだけを考えていた。しかも、米軍兵士の無駄死には、完全に政権を失うことになるので、これにはきわめて慎重なのです。ミサイル騒ぎと、それに対抗した日本海での軍艦の陳列は、日本に軍備を買わせるのには好都合でも、実際の戦闘では、米軍が空爆し、日本の自衛隊に命令だけして、在韓米軍は全く無傷のままというのはありえない。

 韓国は北との戦闘は望んでいない。それに対し、喜んで軍事出動させたがる日本の安倍チン。

 この構図が国際政治上でも浮き彫りなって、それが挫折。その象徴が、バンカーでのスッテンコロリン。

 今日17日、安倍チンの所信表明演説まで、日本の地上波TVの話題を占めたのは、大相撲の日馬富士の殴打事件。これは、モンゴル力士たちの八百長の臭いが漂うものです。貴乃花親方は、兄の若乃花との優勝決定戦で勝を譲った時以外、いつもガチで相撲を取っていました。今回の被害者は、その貴乃花が親代わりになっている貴ノ岩でした。 相撲の話題は、

 森友・加計事案を隠すには、好都合だったのでしょう。

安倍チンが13日にフィリピンから帰国してから、待ち受けていたのは、実は、放射能のことでした。

国連人権委員会で、福島原発事故被害者の人権状況について、懸念が表明されたのです。
http://m.greenpeace.org/japan/ja/high/news/press/2017/pr201711142/

これは、6年前から専門家から指摘されていたことですが、国連の委員会が言い出すとなると、国際政治マターになります。

今回の選挙でも、国連のほうから監視団派遣を申し出がありましたが、これを安倍政権は無視していましたから、国連には、シンパはもういないでしょう。

 貧困と少子化が、国民の関心だと、安倍政権は理解したようですが、放射能は、人命、とくに生殖能力にそのものにかかわるのです。

日本国内では安倍チン応援団が相変わらずメディアをジャックしたままですが、日本の宗主国アメリカは、自国経済の存亡のために、人民元SDRをもった中国と組むことを決めたばかりです。

2020年の東京オリンピック開催は、安倍自身がアルゼンチンのプレゼンテーションで「アンダーコントロール」と言って勝ち得たものでしたが、さて、どうなるか?

小池都知事ともどもこれから、安倍政権の本当の地獄が始まります。

官僚と企業の論理でない、「クニ造り」と「ヒト生かし」。

 私は、こっちに進みます。 

それは、利権を産み、それにすがる「制度のクニ」ではなく、

 真実から離れない、自立のための「ヒビキのクニ」です。

私は、こっちに進みます。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

>貴乃花親方は、兄の若乃花との優勝決定戦で勝を譲った時以外、いつもガチで相撲を取っていました。今回の被害者は、その貴乃花が親代わりになっている貴ノ岩でした。 相撲の話題は、

>森友・加計事案を隠すには、好都合だったのでしょう。


これも、スピンで使ったのだろうが、日本の社会的な病根を暴露するモノである。

下手したら、これも世界中に垂れ流しされるだろう。

そもそもボクシングの選手が仮にリング以外で人を殴ると。即引退とか下手したら、永久追放・・・

で相撲は・・・けいこ以外の場所で殴っても、「無かったこと」ってなるのは、異常でしょう?

この件自体は「不起訴で示談」でいいけど、そういう甘いところが今後社会的な課題になる。

そもそも要因に武力に近い暴力を容認するような社会が、本物の人が死ぬ武力を適切に管理できるか?

否!

三国志の猛将趙雲が晩年あたりに「一度戦端を開くと容易に収拾できない」と警告をしている話がある。

孫子も「怒りで戦争するな、憤りで戦闘を始めるな。怒りは収まり憤りは晴れる。でも戦争で滅びた国は戻らない。戦闘で死んだ人々は帰ってこない。」


暴力・武力を厳格に管理できてこそ、戦えるのだが。それが無い日本に独立などあり得ない・・。



>韓国は北との戦闘は望んでいない。それに対し、喜んで軍事出動させたがる日本の安倍チン。

>この構図が国際政治上でも浮き彫りなって、それが挫折。その象徴が、バンカーでのスッテンコロリン。

チンピラのケンカ程度しか軍事力の行使を考えてない、安倍政権・日本会議・・・。

こりゃ、馬鹿ですは。


>安倍チンが13日にフィリピンから帰国してから、待ち受けていたのは、実は、放射能のことでした。

>国連人権委員会で、福島原発事故被害者の人権状況について、懸念が表明されたのです。
http://m.greenpeace.org/japan/ja/high/news/press/2017/pr201711142/

>これは、6年前から専門家から指摘されていたことですが、国連の委員会が言い出すとなると、国際政治マターになります。


漸くか・・・


所詮人食いの日本国の権力層・・・もう「天皇」を看板にしようが人食いは要らない。



お読みくださりありがとうございます。


追記

心理学者 中山治さんの「生き方探し」の勉強法」をまた開いてみたが、やっぱ日本人は「社会科音痴」だな・・これ致命的・・・

ちなみに彼は社会科音痴を「島国」と「神仏習合」が原因としているが、それは私と違う。

私は「島国」と「天皇」であると確信している。「神仏習合」と「八百万の神」志向は、中国もインドも似たモノを持っているからね・・違うのは「革命の有無」ですは。」

おなじく 誇りを持って戦争から逃げろ! (ちくま新書) は読んでみたい


拍手[0回]

PR
16日の朝方の夢。

・・・・・・・・・・

本屋で本を買う。

成功の秘訣の本らしい・

が、なんか店員が「これもおまけに・・」

と「聖書の秘密」とか「神様万歳」とかいう耶蘇関係の小冊子を付けてくる。


ので、もうその本を買うのをやめようと思った・・・。


・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・


17日 朝方の夢


・・・・・・・・・


本多正信の大河ドラマか長編時代劇の最終回。EDテーマが流れていて、私は泣きそうになっている。


・・・・・・・・
・・・・・・・


不思議で、2日続けてなので、載せました。


あと正信は自称「藤原氏の末裔」

どうも藤原氏劇場の終わりってか・・・。


とおまけで、正信は、「3万石のまでの加増は受けていい」と遺言したが、これは張良が「3万戸は要りません。留の地に封じてください」って言ったのと掛けていると思う。
明哲保身を目指したわけで・・・


ではまた。

拍手[1回]

産めよ増やせよ大和撫子 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・

未来は未知と情熱の組み合わせでくる。過去からはこない  

こういう構造を過去に視線を縛り付ける役割が

NHKなどの

マスゴミです

要するに敗戦に民族の視線を固定させることで


現状を受け入れさせる

こういうトリックが効くのはせいぜい3代だろう


若者よ、ジジイと暴れて見ないか?




・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


金玉満堂ブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
便利になりたいという思い

未来は未知と情熱の組み合わせでくる。過去からはこない

とおっしゃる

もう一つ

便利になりたいという思い

それを叶えて差し上げようと思う奉仕の心



・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


お二方の言い分を、端折っていうと、愛ですは・・・人間愛ですは・・


マザーテレサが「日本は愛が薄い国」って言った。

で、日本人の愛の薄さは、職人たちの超絶技巧も、オタクたちの超テクノロジーも、手の打ちようがなかった・・・。挙句は・・。

中韓に、技術も経済も、追い抜かれた・・・・


で、もっとも愛の薄い「日本国の権力者」「天皇真理教徒」が日本人を支配している。

これでも明日があるというのかね・・・・。

天皇制なくして愛を回復。革命起して日本復興。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]



私もよーすけさんの言う左翼でありたい。


お読みくださりありがとうございます。




拍手[1回]

ゆるねとにゅーす  より

上記文抜粋
・・・・・・・
小林よしのり氏が、週刊文春による山尾志桜里議員の報道に大激怒!小林氏「デマ文春に地獄を見せてやる!」ホリエモンも激しく賛同!


どんなにゅーす?

・週刊文春に不倫疑惑を報じられた山尾志桜里議員の支援者である小林よしのり氏が、現在も執拗に追跡取材を続ける週刊文春に大激怒。山尾氏を尾行していた文春記者の顔をさらすなどの強行的な対応に出たことで大きな話題になっている。

・小林氏は「週刊文春は決定的な証拠も無く、悪質な印象操作で山尾議員の不倫報道を煽っている」と主張。今後も徹底的な対処を行なうことを明言しており、この小林氏の動きに、かつて文春スクープの被害に遭った堀江貴文氏もエールを送っている。


・・・・・・中略・・・

山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と1泊2日の大阪出張

山尾志桜里衆院議員(43)、倉持麟太郎弁護士(34)の2人が1泊2日で大阪出張していたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

11月12日、2人は、彼らの後見役を自任する漫画家・小林よしのり氏が主催する言論イベント「関西ゴー宣道場」に参加。イベントでは、倉持氏が「日本で最も有名な弁護士です」と紹介され山尾氏が爆笑するなど、終始、和気藹々とした雰囲気だった。

山尾氏は11月7日に倉持氏を政策顧問として起用することを発表。今回の大阪出張は、2人の動向に注目が集まっている矢先のことだった。

大阪でのイベントが終了後の午後6時頃、2人は別々に会場を離れた。「週刊文春」取材班は、翌朝の新大阪駅で時間差で帰京する2人の姿を確認している。

山尾氏の事務所は、大阪出張について、次のように回答した。

「ゴー宣道場に参加したことは事実ですが、終了後、倉持弁護士含め道場師範の方々とは全く別行動を取っており、倉持弁護士と一緒に宿泊したという事実は一切ございません」

【文春オンライン 2017.11.15.】


狂気に走る週刊文春(その1)

さきほど6時過ぎ、週刊文春のストーカーチームのデスク・赤石晋一郎がわしに電話してきて
「倉持氏はどこのホテルに泊まったのですか?」
と聞いてきた。
「わしが予約したホテルだが教えない。他の師範と同じホテルだ」
と応えてやった。
(山尾氏が)「大阪で倉持さんと泊まりましたよね?」という決めつけは、何の根拠もないねつ造なのだ。

昨夜、ホテルに帰ったあとも、倉持氏は友人の記者を呼び、高森氏と3人で、深夜までバーで酒を飲んでいた。
翌日、倉持氏は友人の告別式があるので、朝早く一人で帰った。

さて、東京駅で山尾氏を襲撃した週刊文集の記者たちは、改札までずっと質問しながらついてきて、山尾氏がタクシーに乗るとやっと諦めた。

「大阪で倉持さんと泊まりましたよね?」 記者たちは山尾氏を昨夜から尾行して来たくせに、そういうでっち上げの記事を書こうとしている。

週刊文春から山尾氏事務所に来た質問書には
〈昨日(11月12日)、山尾先生は「ゴー宣道場」に出演された後、大阪で倉持麟太郎弁護士と一緒に宿泊していましたが、間違いございませんか。〉

と神田知子の名で、書いてある。
「一緒に宿泊していましたが」と既成事実のように書いているのだから狂っている。
大阪での証人が、山尾にも、倉持にも、複数いるのに、それでも嘘をねつ造しようとする狂気はもう常軌を逸している。
さらに追加質問で
〈山尾先生は大阪にはどのような目的、日程で出張されたのでしょうか。お答え下さい。〉
とファックスしてきているのだ。これも神田知子だ。

そんなクダラナイ質問に応える必要もないが、「ゴー宣道場」に登壇するために決まっているじゃないか!
週刊文春、もう完全に狂っている!
いくら山尾志桜里をつけ狙っても、絶対に100%、不倫を証明する事実は発見できない!
記事が出たとしたら、それはねつ造である!


【BLOGOS 2017.11.13.】

週刊文春の敗北宣言だった!

週刊文春の記事を見たが、全マスコミ関係者に言っておく。

小林よしのりVS週刊文春の戦争は、わしの完全勝利である!

週刊文春の赤石晋一郎は、わしに「この事態を収束させる方法を話し合いたい」と言った。
そこで土曜日に会って、直接会談したのだ。

赤石はわしに、山尾・倉持に男女関係があることを証明する「切り札がある」と言った。
「決定的証拠を実は持っているが、山尾が謝罪しなければ、それを出さざるを得ない」と脅しをかけてきた。
わしを騙して、わしに山尾を説得させ、「自白」「謝罪」させようとしたのだ。
だがわしは、それを蹴った。
切り札があるなら、わしにすがるはずがないからだ!

果たして「切り札」などない証拠に、翌日彼らは大阪までやって来て、尾行していたのだ。
つまり、不倫が続いているという決定的証拠を押さえるしかないと焦っていたのだ!

そこでわしは「宣戦布告」して、徹底的に週刊文春を挑発した。
これで「決定的証拠」を出さねば、嘘だったということになる。
そして明日発売の記事には・・・やっぱり大阪行きの報告で記事を作るしかなかったのである!

~省略~

ちなみに政治家の「説明責任」は公的な問題に関しては必要だが、プライベートの「説明責任」などない。

森友・加計学園の問題は、我々国民の財産(土地)や税金が絡む公的な問題だから、「説明責任」がある。
「パワハラ・セクハラ」も当事者だけの問題ではなく、いまや犯罪に属する行為であり、公的な問題である。

だが「不倫」は当事者だけの問題であって、何ら法に触れていない。
姦通罪はもはや存在しないのだ。
姦通罪より、政治家としての仕事の能力を評価する人たちが多かったから、愛知7区で山尾氏は当選した。
愛知7区に近代的国民が多かったということなのである。

もはや山尾氏に「説明責任」などない!それが結論だ。

【BLOGOS 2017.11.15.】

デマをどう報じるワイドショー?

週刊文春の新聞広告が、「デマ拡散」が目的になってしまった。
デカデカと「山尾志桜里、一泊二日一緒に大阪出張」と書いて、あたかも山尾と倉持が、逢引きするために、一緒に大阪出張をしたようにしか見えない。

100%のデマだ!
山尾と倉持が大阪で一緒にいたのは、「ゴー宣道場」の会場だけ!
あとは行きも帰りも、宿泊先もまったくの別々!
これで「一泊二日一緒に大阪出張」と書くのは「デマ拡散」である。

この記事をもとに、ワイドショー「ゴゴスマ」と「ミヤネ屋」でまた山尾バッシングをやるか?
週刊文春を信じ込んで、「魔女狩り」を続けるか?
「ゴゴスマ」は小林よしのりと週刊文春の「全面戦争」を報じるようだ。それはむしろありがたい。

~省略~

ストーカー・チームの写真を持ってる者は送ってくれ。
どんどん発表しよう。
これが読者から送ってきたチームのデスク・赤石晋一郎だ。

匿名性に守られた正義があると思い込んで、他人の人権を「デマ拡散」までやって侵害している週刊文春を、謝罪に追い込むまで戦うのだ!

【BLOGOS 2017.11.16.】

・・・・・・中略・・・・









山尾氏の不倫疑惑への執拗な取材を続けている文春に激怒の小林よしのり氏、文春記者・カメラマンの実名&顔写真を公開し、全面戦争を宣言!

山尾志桜里議員の文春スキャンダルに小林よしのりさんが大激怒しているみたいね。
確かに、小林さんが主張している話が全て本当なのでとしたら、あまりにも酷い話なんじゃないかしら!?

つまり文春は、結局は決定的な証拠は握っておらず、あくまで推測メインで記事を書き、第一報を報じたということなのかな?
小林氏によると、今回の続報も、事実を大きくねじ曲げた内容に基づいて、二人が不倫関係にあるような印象を与えるべく記事を出しており、現在も執拗に関係者への追跡・尾行を続ける文春に、小林氏が堪忍袋の緒が切れたということみたいだ。
(見たところ、ホリエモンも例の件で相当文春に恨みがあるようだね…^^;)

確かに、こんなどうでもいいようなネタに多くの時間と労力をかけている暇があれば、国民の大量の税金を腹心の友の民間人に横流ししようとしている疑惑がある、加計疑獄の核心部分への調査や取材を敢行すればいいものの…この文春の行動は、安倍政権にとっては最高の価値があるものの、国民にとっては全く何の価値もないどころか、むしろ害になるものですらあるだろう。

何度も言うけど、こんな当事者同士の恋愛問題は、国民にとっては全く何の影響もないし、罪に問われるものでもない。
政治家のスキャンダルというのは、政治家の仕事に関する、国民に損害を与えることに繋がる不正や犯罪を徹底的に追及するのが正しい姿であり、この文春の姿勢は、完全に安倍総理の政敵である山尾氏潰しが目的である以外の何物でもないだろう。

全くその通りだわ!
ネット上を見ても、異常に山尾議員のデマや誹謗中傷、人格攻撃の動画の書き込みで溢れかえっているし、こういうのも、安倍官邸(内閣調査室)やネットサポーターズクラブの指示でバイト工作員が率先して広げているとしか思えないわ!

↓安倍政権によるネット工作業務が疑われる動画群。


とにかく、こうした安倍政権による下劣で悪質な洗脳工作に騙されることのないよう、ボクたちはしっかりと物事の本質を見失わないようにして、テレビのワイドショーなども常に一定の疑いを持って見ていくことが重要だ。
この先、小林氏と文春の全面戦争がどういう結末を迎えるか、今後の展開をよく見ていくこととしよう。



・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


マスコミが「報道の自由」の美名のもと、下衆い行為を繰り返している。

もうそれに普通の人が、激怒を始めた・・・・・のか!



本当に、日本でも動き出したのか、変革・解放の動きと、既得権寄生虫の戦いが・・・。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved