忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
7
29 30 31
リンク政治向けメインですけど。
最新CM
[05/29 ローレライ]
[05/28 chtk217]
[05/26 ナオト]
[05/26 ローレライ]
[05/25 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
弁財天 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
前川喜平前文科次官が獣医学部を女性の貧困について語る。文科省のボコハラム・ビジネスが見えてくる。
2017.5.25 21:38 【前文科次官会見詳報(5)】前川喜平氏「出会い系バーに行ったことは事実。実地視察調査で教育行政の課題を見いだせ、意味があった」 会見の途中、汗を拭う前文部科学事務次官の前川喜平氏=25日午後、東京都千代田区(福島範和撮影) 
 --読売新聞に前川喜平氏が出会い系バーに行っていたという記事が出ていた。権力の脅しではないかと思うが、こういう記事についてどう思うか。今回、自ら記者会見することに影響したのか
 前川氏「出会い系バーというものがありまして、読売新聞で報じられたが、そういったバーに私が行ったことは事実です。
 経緯を申し上げれば、テレビの報道番組で、ドキュメント番組で、いつどの局だったかは覚えていないが、女性の貧困について扱った番組の中で、こういったバーでデートの相手を見つけたり、場合によっては援助交際の相手を見つけたりしてお金をもらうという女性がいるんだという、そういう女性の姿を紹介する番組だった。
 普通の役人なら実際に見に行こうとは思わないかもしれないが、その実態を、実際に会って話を聞いてみたいと思って、そういう関心からそういうお店を探し当て、行ってみた。
 その場で話をし、食事したり、食事に伴ってお小遣いをあげたりしながら話を聞いたことはある。
 その話を聞きながら、子供の貧困と女性の貧困はつながっているなと感じていたし、そこで話を聞いた女性の中には子供2人を抱えながら、水商売で暮らしている、生活保護はもらっていないけれど、生活は苦しい。就学援助でなんとか子供が学校に行っているとか、高校を中退してそれ以来ちゃんとした仕事に就けていないとか。あるいは通信制高校にいっているけどその実態が非常にいい加減なことも分かった。
 いろいろなことが実地の中から学べた。その中から、多くの人たちが親の離婚を経験しているなとか、中学・高校で中退や不登校を経験しているという共通点を見いだした。
 ある意味、実地の視察調査という意味合いがあったわけですけれど、そこから私自身が文部科学行政、教育行政をやる上での課題を見いだせた。ああいうところに出入りしたことは役に立った。意義があったと思っている。
 あと、読売新聞がこの問題をどうして報じたのか。私の極めて個人的な行動ですから。それをどうして読売新聞があの時点で報じたのかは私には分からない」
 --権力の脅しかということはどうか
 前川氏「私はそんな国だとは思いたくない」
 代理人弁護士「その点は明らかな証拠はないですから、何とも答えようがない」
 --獣医学部新設計画をめぐる記録文書に関し、1枚目の内閣府からの伝達事項について説明を受けた際に、さらに追加で口頭で説明されたことはあるか
 前川氏「このペーパーに則して内閣府の意向を聞いた。これ以上のことは聞いていないと思うが、その際に、文科省としてのこれまでスタンスですね。構造改革特区で15回にわたって規制緩和をお断りしてきた経緯について担当課から説明を受けた記憶がある。私も昨年の6月下旬に事務次官になったので、それ以前の経緯について十分に承知していなかったので、その辺の経緯についても説明を受けた」
 --前川氏から専門教育課にこの文書に関連して何か聞いたか
 前川氏「詳しいことは覚えていない」
 --問題の文書は幹部で共有したというが、具体的に持っているのは誰か
 前川氏「ものによって違う。共有といっても、担当課が個別に説明にいって渡している。どの資料をどの人に持っていって渡しているかは私も分かりません。担当課でなければ分かりません。
 一連の資料は、いわゆる『レク資料』と呼ばれるもので、部下が上司に説明するときに使う。複雑な課題を、要領よく要点を並べて分かりやすく整理したペーパーで、通常こういうものには日付も付けませんし、担当課の名前も付けませんし、保存用じゃありませんので、その場で説明する場合に使ったものです。どの人の説明にどの説明資料を使ったかは担当課でないと分からない」
 --松野(博一)文部科学大臣がそのうちのいくつかを読んでいる、持っているということは考えられないか
 前川氏「松野大臣の説明にも使った可能性はあります。ただ、その場合は大臣は自分で保管しませんから、その場合は秘書官なり、他の方なり、あるいは担当課が持っているものであれば、大臣がいつも保管しなくてはいけないものではないので」
 --そうすると、大臣が知らないのはおかしくないか
 「そこはちょと、コメントできない」
 代理人弁護士「評価を聞く質問はなしにしてください。事実を聞いてください」
 --朝日新聞にあったが、昨年秋に官邸幹部から出会い系バーにいったことを指摘されたというのは、いつか。幹部とは誰か
 前川氏「日付は覚えていません。指摘を受けたのは杉田(和博)官房副長官からだ」
 --ちょうどそれは加計学園でやりとりしていた時期と重なるのでは。昨年9月か
 前川氏「時期的には重なるかもしれないが、事柄として関連があるとは思っていない」
 --そのときは社会的な探訪と説明したのか
 前河氏「そのときは言い訳はしていない」
 --文書のあるなしについては水掛け論になっている。ペーパーを残していた理由、それが真実と証明できるもの、または手帳でのやりとりだとか証拠のようなものは他にないか
 代理人弁護士「当時ではなくて、現在、彼の手元に書面がある。それについて、現段階は説明を控えさせていただく」
 --その理由は
 代理人弁護士「その理由についても(控える)」
 --証人喚問を控えて、ということか
 代理人弁護士「それもあるかもしれない」
 --(獣医学部新設を認める)4条件に合致していないという説明があったが、具体的にどこが一番合致していないのか
 前川氏「まぁ、あの4条件全てですけども。特に新しい分野における需要が明らかになっているのか。例えば新薬の開発とか水際の対策とか事柄としては出てきているが、本当にそれは具体的な内実を伴うものなのか。そこが薄弱だと思う。新しい分野の具体的な人材需要ですね。
 それから、それが明らかになっていないのが問題なんですが、それがあったとして既存の大学学部では対応できないという条件も検証されていない。すでに16大学でできないから新しい大学を作るという理屈になるわけですが、そこが検証されていない」


「女性の貧困について扱った番組の中で、…普通の役人なら実際に見に行こうとは思わないかもしれないが、その実態を、実際に会って話を聞いてみたいと思って、そういう関心からそういうお店を探し当て、行ってみた。」

獣医学部と出会い系バーw。獣医に注射させ、出会い系バーの女を意識不明にして、京都府立医大に連れ込んで誘拐、殺人、臓器略奪、臓器売買かぁ。
「その場で話をし、食事したり、食事に伴ってお小遣いをあげたりしながら話を聞いたことはある。」
「その話を聞きながら、子供の貧困と女性の貧困はつながっているなと感じていたし、…」
うわー、完全にターゲットを探してる。母親と子供を一緒に誘拐するもりだ。

たしかに京都府立医大は厚労省ではなく文科省統制下にあるわけでw
こんどの加計学園の獣医学部(殺し屋養成)のテーマは臓器略奪だわ。
あべちんGJ杉w

あぁ、いままで中学校のいじめを臓器略奪と関連付けて考えたことはさすがになかったわw。
中学生を保健所に連れて行って殺害する野良犬くらいに思ってる。
ボコハラムの商売の為に。
組織の動機は臓器売買だった。
何か全体像が見えて来たなぁw



・・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


>獣医学部と出会い系バーw。獣医に注射させ、出会い系バーの女を意識不明にして、京都府立医大に連れ込んで誘拐、殺人、臓器略奪、臓器売買かぁ。
「その場で話をし、食事したり、食事に伴ってお小遣いをあげたりしながら話を聞いたことはある。」
「その話を聞きながら、子供の貧困と女性の貧困はつながっているなと感じていたし、…」
うわー、完全にターゲットを探してる。母親と子供を一緒に誘拐するもりだ。


なぜ、加計学園か?の謎が解けた。

安倍組長の盟友の加計さんが全部掌握している「獣医学部」の「獣医」を悪用して、臓器売買しようとしていた。

てか。


>「その話を聞きながら、子供の貧困と女性の貧困はつながっているなと感じていたし、…」

で、意味深だ。

では、文科省はこの対策の教育プランを上げれるか・・・そもそも財務省は嫌がるだろう、教育に金を出したくないのが財務省の本性だからね。


正直言うと、この前川さんが直接にこの臓器売買と噛んでいるとは思えない。


だが、この文科省の情報・統制力が、どうも臓器売買に噛んでいると思えてしまう。


>あぁ、いままで中学校のいじめを臓器略奪と関連付けて考えたことはさすがになかったわw。

イジメで自死した子供の臓器を、売買する・・・。腎臓は死後でも不可能ではない・・。

そのために滋賀県とか関東・仙台の「いじめ自殺の多さ」かもしれない。

小5の子供がいじめ自殺・・・普通はあまり考えれないが、これも臓器調達用に「自死」させた・・・。


ネットゲリラ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
みんなぶちまけてやれ
野次馬 (2017年5月26日 04:07) | コメント(4)
売春次官なんだが、どうも目撃者の証言によると、「オンナを買っていた形跡がない」という事で、ただ座って、たまに女の子と話をしていただけらしい。売春窟に行って、そんなアホな、とネトウヨは騒ぐんだが、おいら、自分でそういうの散々やっていたので、別に不思議だとは思わない。ゴーゴーバーしょっちゅう行っていたし、たまにはカネ払って連れ出したりしていたが、せいぜいディスコに行くくらいで、飯食って、小遣い渡してオシマイ。女の子の身の上話を聞いたりするのが面白い。売春窟の実態を黙って観察しているだけでも面白いw 売春婦とセックスしても、別に面白くないw

▼国有地投げ売り「核心の共謀メール」
森友学園問題で「新証拠」が浮上する一方、安倍晋三首相の「腹心の友」が経営する加計学園についての疑惑が表面化した。
両学園には接点があり、彼らを結びつけたのは、ほかならぬ安倍昭恵氏だった。
「私が思っていたのと違うので、皆さんにお見せしないといけないと思った」
森友学園(大阪市淀川区)の籠池泰典前理事長は5月16日、再び民進党のヒアリングに応じ、"安倍晋三記念小学校"の建設用地として取得した国有地(大阪府豊中市)の価格交渉についての関係者の電子メールを公表した。
メールは複数ある。昨年4月1~10日、近畿財務局、大阪航空局の担当者、森友学園から受注した藤原工業...

タイにはマッサージパーラーという売春窟もあるんだが、アレはオンナを買わないと済まない仕組みなので、ほとんど行った事がない。覗いて帰って来た事は、何度かある。ホステスの女の子が次々ステージに立って歌う、カフェというのもあるんだが、それは何度も行った。女の子が連れ出せるので、そういうのも売春窟なんだが、タテマエは飲食店なので、オンナを買わなくても許されるw おいらの入り浸っていた店は、台湾系で、食事が旨かったw 要するに、オンナを買わなくても済む売春窟で、あたりを観察しているのが好きなのだw そういう趣味の人は、実は、意外に多いw

元官僚の出会い系バーに行った理由「女性の貧困を知るため」っていうのが叩かれてるっぽいけど、昔、神主でもトップクラスの知人がほぼ毎晩水商売ねーちゃん系の店に出没してて、「何やってるんすか」って訊いたら「下界に降りて現世を観察してる」って冗談と本気半分で言ってたし、そんな感じだと思う

実際、ゴーゴーバーの客というのは、半分以上は「オンナを買わない客」です。まぁ、身銭でやっていた事なので、オンナを買っていたところで、何の問題もないんだがw


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

もう少しいうと、なぜスタップ{STAP}細胞がつぶされたか?

笹井教授が殺され、小保方さんがつるし上げられたか。

臓器売買の敵になるような発明を、臓器売買関連機関の理研でよりによって発明してしまったからだろう。

日本人研究者の脅しのために「自殺」したのである。


スタップ細胞の有無が、長期をかけて慎重に審査して、それで「やっぱなかった」ことなら、まだ良い。

それが急に持ち上げられ、その後に急に日本の全権力により全力で叩き潰された。

この異様な行動・流れこそ、私は「日本国が臓器売買・臓器収奪」をしている可能性が大と感じている、最大の要件・証拠である。





お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
弁財天 より

上記文抜粋
・・・・・・・・



「97条なんてのがありましたけどそれ全部“ストーン”切り落としましたから」w
どうして真顔でこんな発言をしているのか?
ボコハラムが国策ならば誘拐・殺人・臓器略奪・臓器売買・マネロンを違法ではなく推奨しなければならない。 人間臓器養殖場の人々に基本的人権があっては困るわけですな。 憲法97条を「ストーンと切り落として」、マネロンと公務員犯罪の障害になる「国際組織犯罪防止条約」も締結してなかったw。

次は憲法改正で何かやらかすつもりだわ。あべちんw。天才?w


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

憲法97条

日本国憲法」、法令データ提供システム。

第九十七条
この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

国家が「犯罪集団」にすぎないと、そりゃ、日本など崩壊してますは。

犯罪組織にすれば、基本的人権や民主主義・人間の自由など商売の邪魔。

まさに犯罪組織日本国!!!

simatyan2のブログ  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
すでに日本は崩壊している!

「おとなまき」という、まるで胎児の格好をするリラックス法が
あるそうです。



https://www.fastpic.jp/images.php?file=3538698026.jpg


安らぎを求め、

「もう生まれたくないです」

と言う人。


https://www.fastpic.jp/images.php?file=4433295315.jpg

健康法だというが、何か不気味なものを感じます。

幼児退行どころか胎児退行と言っても良いくらいですね。

新しい民間医療法「おとなまき」のビジュアルが怖すぎる
https://togetter.com/li/919409

マツコデラックスが言うように、

「もうみんな限界に来てるんだろうね、いろんなものが」
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1775438.html

ここ数年の時代の閉塞感がそうさせるのでしょうか?

何を言っても庶民の民意は届かず、声の大きい詐欺師がのさばり、
それを世論とする日本。

事実、2ヶ月前の「世界幸福度ランキング」では、日本は51位
だったわけで、幸福感に浸っているのは極わずかな日本人である
ということが明らかになりました。



https://www.fastpic.jp/images.php?file=0953047815.png
「世界幸福度ランキング」、日本は51位だった
http://toyokeizai.net/articles/-/164020

一方で、大手のタワーレコードが下の様な究極のサービスを
打ち出しています。

CDの特典として、ジュニアアイドルが特別な部屋で添い寝を
してくれるのです。




https://www.fastpic.jp/images.php?file=7451280323.jpg

https://www.fastpic.jp/images.php?file=8702909337.jpg

https://www.fastpic.jp/images.php?file=3767973230.jpg

結構繁盛しているようですが、ここまで性のモラルの破壊度が
低年齢化するとは思いませんでした。

アイドルの下半身を集中して撮るする撮影会もあります。

https://www.fastpic.jp/images.php?file=4227865630.jpg

以前にも「握手会」などを取り上げたことがありましたが、

まさに悪夢! これが「取り戻した日本」の姿か?
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12087440322.html

今回はインディーズ系じゃなく大手ですから驚きます。

アイドルと言ってもジュニアか地下アイドルですが、AKB48も、
ももクロもPerfumeなども、過去は地下アイドルだと言われています。

つまり電通の秋元康がプロデュースしてるということでしょうね。

秋元康は安倍晋三のブレーンですが、日本維新の会の橋下徹が
顧問をしている飛田遊郭も最近またブレイクしてるようです。



https://www.fastpic.jp/images.php?file=1080712546.jpg

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/pvQC3QgQFuM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

下は「嬢」と呼ばれる女性の一日の収入ですが、132500円
を稼いでいます。


https://www.fastpic.jp/images.php?file=1012274428.jpg

橋下徹は、あくまで料理の値段だといってますが、わずか15分
で12000円、しかも料理を食べるにしても短すぎなので無理
があります。

グレーゾーンだからとか、自由恋愛が必要悪とか言うならそれも良い。

しかし、それなら政治を変えるだとか、維新だとか偉そうなことを言う
資格はない。

チンピラ弁護士に元暴走族が牛耳るゴロツキ「日本維新の会」と
芸能界の闇。

こういう連中が安倍晋三とともに、教育勅語や戦前の「家族制度」
を復活させようとしてるんですから、まともなはずがありません。

こんな連中がテロから国民を守るために共謀罪だって?

まともに使うはずがないでしょう?

せいぜい「国民世論から政権を守る」ために使うのが関の山でしょう。

彼らを支持しているネトサポネトウヨが使ってる言葉を見れば
いかに低俗かがわかります。

「マジで」「ガチで」「ぶっちゃけ」「めっちゃ」「シナチョンざまあ!」

こればかりです。

ある集団(日本会議、統一教会、電通、闇社会の住人)によって
日本は大混乱し、精神の崩壊は数年前から始まり、今最終局面に
差し掛かったようです。


・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


>結構繁盛しているようですが、ここまで性のモラルの破壊度が
低年齢化するとは思いませんでした。


性道徳は、むしろ「取戻し」に入っているのかもしれないが、簡単に売春めいたことではないのに、そちら行っているのが怖い。
読めないニックネーム 再開版 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
 ――性道徳の変質と赤松民俗学本のメモ―――

民俗学も当然勉強している。
真の日本の伝統を知りたいなら必須科目。
一番耶蘇に変質させられたのが性道徳だとわかればOK。
耶蘇の工作員ってエロが嫌いそうだよね!
性にこそ宗教の教義がもろに出るもんね!
ラノベの巫女って単なる和服着用シスターだもんね!
性の観念を見れば神道が超絶捏造歪曲されたとよくわかるよ。
フィクションの神道キャラは中身がシスターだから和風耶蘇。
巫女は処女って意味不明だ。神殿娼婦って知ってる?
旅芸人や遊女を兼ねていた歩き巫女って知ってる?

あなたも観音様から産まれた。『もののけ姫』の元ネタ②。網野善彦『宮本常一「忘れられた日本人」を読む』。宮本常一『忘れられた日本人』
http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-92.html
”・歌垣や市場や特別な芸能が行われる法会の場は、無縁の場所でありそこでは俗世の親子や夫婦の縁もきれて一人の女性と男性になるので自由な性交渉が行われた。
中世の参籠の場も無縁の場だった。お伽噺や説話の中によく寺社に参籠したら子どもを授かり、立派に育ったというものがあるが、これは寺社という無縁の場で性行為したから子どもを授かったのだろう。

(ある程度成長した巫女が処女ってありえないんじゃないかな。

Spica ‏@Kelangdbn 2013年7月2日
日本ほど処女信仰の希薄な社会も珍しい。まあいわゆる「未開社会」に行けば似た例は幾らもあるんだろうけどやまと言葉に「処女」にあたる単語がないぐらい膜への意識が低い。マリアまで処女にしちゃったキリスト教圏は世界でも屈指の処女崇拝地域。

「おとめ」は未婚女性のことで処女ではないんですよね”

もぐらさんも性道徳の対立を利用して工作員を共食いさせる手法を提案。

村手 さとし‏ @mkmogura 2014年5月31日
“@lanekota 反撃しません。真言立川流を盛り上げ、神道馬鹿とキリスト教を共食いさせるように仕掛けます
原理主義的な宗教は、貞操観念への締め付けはどれも厳しいからね。 天皇の正統宗教がセックスカルトだとしられたら、いろいろマズすぎるし、キリスト教原理主義と歩調以前に妥協点がみつからなくなるだろうなと、“

・・・・・・・中略・・・・・

・夜這いと結婚は別。夜這いは商業的売春ではなく、双方に選択の自由がある、性交を楽しむもの。
いったい日本の農村で一夫一婦的結婚様式が必要であったのか、まずそれが疑わしい。

(一夫一婦の結婚ってはっきりいってキリスト教でしょ。しかも夜這いは野蛮な悪魔儀式だそうで)


・・・・・・・中略・・・・


・中世の西欧にも東洋にも初夜権があった。初夜の最初の花嫁と寝る者が、領主その他夫より目上の者である民俗をいう。ある民俗学者は最初の夜、花嫁と床を共にする者は神であったと説く。初夜の交接による流血は原始人たちは非常に怖れたのでそうした悪魔の祟りを避けることのできる者、換言すれば神に最初の夜を捧げしめたというのである。神とは神を祀るものであったわけだが三輪山伝説の大蛇といった人外婚ないし人獣婚といもいうべき話も頗る多い。これはトーテムを異にした氏族間の結婚を神話化して伝えたものだと考えてもよかろう。
初夜の晩に花嫁と共床することを恐れた習慣は世界的に広く見いだされる。やがて神が神を祀る者、神官や僧侶であることが明らかになるようになれば、族長や王侯が権利として初夜を領民から要求するようになる。かくして暴力的な初夜権が成立したわけだ。
近代封建社会の結婚に処女童貞の結婚があったか否か、頗る疑わしい。

・・・中略・・・・・

・農作業の労働唄に、極めて性的なものが多いのは知られている通りだ。ただ文字化されて報告されているのはお上品にお上品に加工された者であり、実際は更に濃厚である。過酷な労働作業をすると、戦争で死が近いときみたいに、性欲が高まるから、娯楽と休憩もかねていたのだろう。
・ムラの夜這いや性風俗は、非登録、無償を原則としたから、明治新政府はもうからなかった。強大な税収源を作るために、ムラのすみずみまで仲居、酌婦、芸子を普及させ、料理屋、風俗旅館、酌婦宿などの機構を通じて収奪を強行した。これらの営業税、遊興費と酒その他の飲酒の税収は巨額であり、国家財政、特に軍事費(国防は勿論必要である。程度問題だ)に流れたのは間違いあるまい。一夫一婦制だの、青年処女の純潔教育など、ただの飾りたてた嘘看板である。

・柳田國男の民俗学は性という重要事項を無視したもの

・夜這いは戦前まで、一部では戦後しばらく間で一般的に行われていた現実であり、実に多種多様な営みであったが、このような重要な民俗資料を、日本の民俗学者のほとんど無視し続けていた。日本民俗学の泰斗といわれ郷土研究や婚姻の話を著したりしている柳田國男は、著者の郷里から目と鼻の先の出身で、子どものころから夜這いが大っぴらに行われているのを見聞きしながら育ったはずだが、彼の後継者同様にその現実に触れようとしなかった。かつてはムラで普通だった性習俗を民俗資料として採集することを拒否しただけでなく、それらの性習俗を欧米列強が押し付けたキリスト教道徳で判断し淫風陋習であるとする側に協力したといえよう。古来の習俗を明らかにする民俗学で最重要なもののひとつである性について扱わない時点で似非だ。農政官僚の柳田は保身のために性を無視したのだ。柳田の方法は、全国からいろいろな材料を集め、自分に都合のよいように組み合わせるといったものである。夜這い一つとってみても、隣村同士でも多様なのに、あちこちの県のムラから広範囲に類似のネタを集めて一つのことを語ろうとする。著者に言わせれば、アホでもできることである。
著者が田舎に帰ったころ、柳田は山村調査をしているが、採集手帳を読むと、小作と地主といった、実在しない言葉を使っている。それでいて「常民」というコンセプトを持ちだしてくる。戦前までの政府が、労働者を資本家も含めて勤労者、地主も小作も日雇も含めて営農者と呼んだような不自然な造語でどうやって、「常」を語れるのかわからない。婚姻の調査についても、彼らがわかっていないのは、明治から大正、昭和初期にかけて生きた女性の大半は、マチなら幕末、ムラなら村落共同体の思考、感覚でしか生きていなかったことである。教育勅語によってそれほど汚染されていないということだ。尋常小もろくに出ていない人間に家父長制だとか一夫一婦制だとか処女崇拝だとか思想に馴染まないのは当然で、夜這いに悪いイメージなんてものはなく、性の解放が当然だと考えているし、離婚も普通でありバツイチ、バツニ、バツサンでも別に悪いことだとされていない。女学校やキリスト教的な教育を受けた女たちとの落差を大きく、ムラでは中等教育以上を受けた女は、だいたい「スソナガ」「スソヒキ」と呼ばれて孤立していた。
著者の、夜這い最末期段階の経験によると、明治で教育を受けた女と、大正で教育を受けた女とではムラでもマチでも性感覚ではかなりの大差があった。教育勅語に汚染された=「新しい女」という言うのはとんだ勘違いで、こんな勘違いのままではムラでは孤立して当然である。
時代が古いほど村内婚が多く、双方とも生まれた時のころから分かっていたので、仲介人など必要ない。村内婚は明治以降むりやり入籍結婚にさせられてしまったが、これまでは夜這いの延長みたいなもので同棲したからとって別に性的に独占できたわけではない。
村外婚が普及し仲介人や仲介業者が一般に活動するようになったのは大正に入ってからのことで、三三九度の盃を上げてという小笠原式の婚姻が普及するようになったのはさらに後のことだ。こうしたことを柳田派の人たちは率直に記述しようとしない。
(単に欧米を真似て、欧米に「ほら進歩的=キリスト教的でしょう?」って主張するため。まあ生き残り戦略であり仕方なかった側面があったのだろうということは忘れないようにしよう)

・民俗学者というのはほとんどが世間知らずだから、ムラの公式的な答え(タテマエ=嘘)ですぐ安心してしまう。特に性風俗などはよほど信頼されないとほんとのことは言わない。仕事を手伝ったりいろいろ仲良くなってやっとわかるもんやねん。男女の機微に通じてへん奴にはようつとまらんて。著者は著作を読むに少なくともモテる方だったろうな。男色家に狙われたこともあったそうだし。だから性風俗については調べやすかった。
・夜這いがあるところでは、避妊具が現代のようにあったあるいは普及していたわけではないので自然、子どもが生まれることになる。結婚していても同棲している男との子どもかはわからないが、夜這いが自由なムラでは当たり前なので、深刻に考えたりしなかった。少なくとも母親は自分が産んだのだから自分の子どもだし、子どもはみんなで育てるものだ。

・郷里の播磨や、奉公先の大阪などで生活してみると、小学校の修身で教えられた純潔教育、一夫一婦制結婚生活などは全く虚構であることがわかった。修身はただの暗記物に過ぎないと思ってはいたが、実社会に出て見るとそのあまりにも甚だしい乖離に驚いた。盗みをするな、嘘をつくなは、まあわかるが、性生活や性風俗になると教えられたことの片鱗さえ残っていない。
遊郭での客の好みはさまざまだが、中には十二、三歳でまだ月経もないオチャコを水揚げしたいというものもいる。幼女を二、三日かけて破瓜にするそうである。ひどいのは苦しむのや出血の多いのを楽しむものもいて、玄人のババアですら呆れる。中には、出血が少ないから処女ではないと(初物好きは単なる好みであって、道徳ではない)ひと悶着あり、大変な世界であった。警察の監督も実にいい加減であった。十六を超えた女の初見世でもほんとの水揚げは女衒やオヤジがすませているのに、店では初見世の紙を張って四、五日かけて何にもの男に売るのである。
こんな暗黒の世界を見ると、ムラの夜這い民俗など極めて健全であり、かつ健康であるというほかはなかった。こんな闇世界を残しておいて解消もせずに、国民道徳だの純潔教育だのとあまり笑わせないでくれよ、と笑いながら涙が出るのであった。
夜這いは、性におおらかだと言われる江戸時代であっても、地方文書でマチやムラの夜遊び夜這いの禁止の圧力をかけたりしていて、享保ころから激しくなってくる。しかし何度も同じような金星を出しているから余り効果はなかった。夜這いの必要とする原因を改めずに禁止だけを命令しても効果はない。特に儒教的な思想からの禁圧は殆ど効果がなかった。明治維新後の教育勅語による禁圧でもほろんど効果がなかった。文部省や役所のインチキ報告では是正だとか改善だとか廃絶だとかあっても嘘であった。とは言え、教育勅語的指弾ムードと戦争中の弾圧的な風潮、そして戦後のお澄まし顔民主主義の風潮の中で、しだいしだいに消えて行った。
(戦乱や飢饉などによる村の全滅を防ぐなど、性行為を奨励して人口を増やす。生殖能力の高い者の子孫を多く残すシステム)

・性教育といっても、難しい理論など教育しなくても実地教育をやればすぐわかる。性交をさせない性教育などかえって危険。性知識教育するくらいなら教えない方がまだよい。よけいな知識をつけるだけで成年式の二十まで性交禁止を理想とするなどどんな根性しているのかわからん。もう十一、十二歳になったら性交をやらせる教育をしないとほんまに子どもがかわいそうだ。性理論やら性知識だけ教える先生方は、理論や知識だけ教えて、実行を禁圧することの恐ろしさを知らないのか。いつ実行させるのか聞きたい。
(キリスト教の布教がしたいのですよ)

・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

夜這いを止めて、売春になる・・・

これって、回帰だけど、ななめ側に戻って行って、より女性の「商品化」ってこと・・・

まさに、明治憲法無責任官僚の好きそうなこと。



「日本を取り戻す」って、こういうこと。

金持ちが、金で日本人を人身売買できる「耶蘇大名システム」を取り戻すってか、日本会議・日本国さん。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

ひょう吉の疑問  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
民主主義は収奪する

・・・・・中略・・・・・・


私は事実を書いたつもりだが、民主主義の終焉を決して望んでいるわけではない。
民主主義の危機として書いた。

民主主義とは何なのか、そして資本主義とは何なのか、その実態はいまだ解明されていない。

一つだけ言えることは、多くの人が生活苦にあえぐ貧困な社会では、民主主義は成立しないということだ。
それと同じことだが、表面上豊かな社会でも、多くの人が過重労働を強いられ、生活にゆとりのない社会でも民主主義は成立しない。
民主主義を崩壊させるには、国民に過重労働を強いること、という逆説も成り立つ。


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

>一つだけ言えることは、多くの人が生活苦にあえぐ貧困な社会では、民主主義は成立しないということだ。
それと同じことだが、表面上豊かな社会でも、多くの人が過重労働を強いられ、生活にゆとりのない社会でも民主主義は成立しない。
民主主義を崩壊させるには、国民に過重労働を強いること、という逆説も成り立つ。

戦後も、明治からすでに「国民に過重労働を強いる」日本。

民主主義も人権も仮想現実だった・・・。

お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]


その通り。

「仕える主人・国を過つのは、男児一生の過ち」by三国志演義の田豊。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

ちょっとつれづれに安倍政権の今後を易に聴いてみた。


雷山小過 3爻 

参考 

上記文抜粋
・・・・・・・・

三爻 爻辞 弗過防之。從或壯之。凶。
(すぎずしてこれをふせぐ。したがわばあるいはこれにそこなわる。きょう。)

対処法
「壯]は傷害を被ること。「出すぎないようにして防ぐ。人に従えば傷つけられる。凶」。外からもたらされる災難や迷惑に備えるべき時 です。悪い仲間とは関係を絶ち、誘惑から身を守ること。

◎あなたの考え方、進み方に大きな欠陥があります。よく反省し、方針の転換をしましょう。

・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり




参考 2

上記文抜粋
・・・・・・・・・

【表面に表れたヒント】
・目立たないよう、何事につけ控えめにすること。
・腹八分目にして余力を残すよう気をつけること。
・追い風はいずれ吹く。遅れは取り戻すことができる。

【ヒントを解釈する指針】
・降りかかった火の粉を払う必要があるが、冷静さを失うと事態はさらに悪化する。逆上すると火に油を注ぐ結果となる。

【背後に隠された微妙な機微】
・無理せず、優れた指導者を探し出して指示を仰ぐとよい。
・周囲をよく観察すること。

・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

参考 3

上記文抜粋
・・・・・・・

三爻

case.1

積極性を出してしまえば、 自滅するだけ。 凶運を自分で招き、 最悪の結果となるでしょう。 静かにやり過ごすことを考えて。
case.2

積極性は禁物。 攻めてしまえば、 執拗に撃ち落とされる。 やり過ぎなぐらいに、 守って防いで身を潜めて、 じっと動かずにいるべき段階。
case.3

そこそこに流しましょう。 まともに受け止めてはダメです。 なんとかしようなどと思わずに、 なんとなく通り過ぎるのを待って、 控えめに大人しく静かにしていましょう。
case.4

相手と一緒になって、 大きなことに乗り出せば、 確実に、共倒れ。 相手の主張を通さずに、 何がなんでも、強引にでも、 相手を、踏み止まらせるべき。 消極的過ぎると非難されても、 頑として、消極性を貫いて。
四爻



・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり



共謀罪で海外から結構圧力がくるかも。

それで、外交で解決しようと強気にでると、コケル。


あるいは「刺される」


先日の
「離為火 の3爻」 参考

よりも安倍政権の情況は悪化しているのがわかる。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

忍者ブログ [PR]