忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

酔生夢人のブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
インフルエンザで会社が潰れた話

前に、インフルエンザで離婚というスレッドを載せたが、今回はインフルエンザで会社倒産というスレッドである。インフルエンザの社員を強制的に出社させるというアホな会社はそうなって当然であり、因果応報、自業自得である。

まあ、こうしたスレッドが読まれることで、日本の会社や学校が風邪やインフルエンザに対してまともな対応をするようになれば結構なことだ。
なお、ワクチンを打っているからインフルエンザにならない、ということは絶対ない(インフルエンザウィルスは毎年DNAが変わるので、あらかじめそれに対応したワクチンを作るのは不可能。)ので、ワクチンを打っていることを会社への忠誠心の印のように見なす風潮もやめにしたほうがいい。


(以下引用)


正月休み明けインフルなのに強制出社させられたワイ、会社を潰す
2018/01/10 12:33 34

by Tatsuo Yamashita - Flickr


1名無しさん2018/01/09(火) 21:20:12ID:MBv返信
ワイと派遣のおっさん以外全員インフルで休み
すでに契約3件破棄・今日納入必須な案件4件全部ぶっちぎって賠償問題発生な模様

ちな転職先決定済み




9名無しさん2018/01/09(火) 21:29:45ID:UNO返信
よくやった


10名無しさん2018/01/09(火) 21:29:48ID:MBv返信
ムカついたから取引先の電話全部「インフルの社員を出社させたせいで集団感染起きてるんで無理です」からのガチャ切りで対応
電話やらメールやらで怒号が飛び交うも知らんぷりでおっさんと交代でパチ◯コ打ちに行ってただけ


12名無しさん2018/01/09(火) 21:30:26ID:UMO返信
これは有能イッチ


14名無しさん2018/01/09(火) 21:30:52ID:MBv返信
数千万単位の契約4件ぶっちぎって向こうにも倒産危機レベルの損害だしてるし確実にアウト
連鎖倒産の始まり


17名無しさん2018/01/09(火) 21:32:03ID:7iI返信
ぐう有能
日本の会社の正常化に貢献してる

・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

>ぐう有能
>日本の会社の正常化に貢献してる


同感。

でもそういうことを少し前は言わなかった。

「アホが~、この悪人!!」って言っていただろう。

確実に人心が変わりつつある。以前の「社畜」「異常な滅私奉公精神」への忌避・反感とそれが「人間を奴隷化・家畜化する悪行」てことがわかり始めた・・・

なんというか一種のこれも「反動・反作用」

マドモアゼル愛のいう「反作用」なりマボサクの「取り返し」が動き始めた・・・まだまだ弱い状況かまだ始めかわからんが・・。


追記

ふと思ったのが、どうも日本人の「職人指向がすぎる」のが日本人の致命的に欠点に思える。

職人は、良い意味で「自分を道具」にする。でもそれは環境の変化に弱くなる。環境に会わない道具が捨てられるように。

捕鯨問題で、日本が追い込まれた一因は、捕鯨の職員の再雇用やクジラ産業の縮小が皆があまりに「すぐれた道具化」してしまい、他のモノに変われなくなったこと。組織・システム自体の完成度が高すぎて、違う環境や状況には、陸の上の河童になってしまうのである。

ウナギ取り過ぎ問題も、原発の問題も、これであろう。


また、この「職人気質的なモノ」は高級官僚とか高位の国家・社会の指導者もこれに染まってしまっているので、変化に対応できないのであろう・・・。

職人の生き方は過ぎると、人間を「道具化」してしまう・・・古代には高級奴隷とされたゆえんか・・

職人でなく、「人間」としてのありようが欠けると、人間は簡単に道具・奴隷・家畜になるのである。

その「職人指向からの教育も含めた人間の奴隷化・道具化の傾向」が日本の弱点。明治以降はそれがあまりに強くなり過ぎたように思う。






お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
フクイチ現実:しんちゃん‏ @shinchann2008 2号機の格納容器を核燃料デブリ調査を行っているはず。19時のNHKニュースで何もやらない。東電の記者会見は、いつ? 誰が真実を話すの?

※この現実をきちんと見ない政治は、人類にとってありえない。
・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり


みずがめ座時代 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・・
風雲急


マスコミはあまり騒ぎませんが、アメリカの政府運営が資金面でストップしそうです。重要な部門では問題ないのですが、いかんせん、お金がない。

昨年末につなぎ法案によって1月19日までの運営資金が供出されましたが、今回も2月16日までのつなぎ法案を予定していたところ、法案が決まらずに19日を迎えてしまったようです。

トランプはアメリカの金融ショックも辞さないと内心で思っていたのではないかという気がしましたが、今回の件ではっきりとわかると思います。

しかし、今回どうにか一か月の資金猶予ができても、これから毎回つなぎ法案を通してでないと政府の運営ができないということは変わりません。もう無理じゃないでしょうか。

民主党はトランプじゃダメだという目的で法案に臨むでしょうし、アメリカデフォルトはそんなに先のことではないかもしれません。

ハワイでの空襲警報、日本でもありましたが、本来、間違いでそんなことが起こるわけがないと思います。

デトロイトでは幾多の火球が降ってくる。自然災害と見せた攻撃と脅しの可能性も高いでしょう。

何としても戦争を起こし、金融の行き詰まりをうやむやにしたい勢力と、たとえデフォルトしてでもやつらを無力化するというトランプの争いは、クライマックスが近い気がします。

リーマンショックの時も、リーマンが危険と言われていたのです。でも、政府の救済策が必ず入る、、、という安心感ですべての人が対応していた矢先でした。

今回も似た臭いを感じます。私には風雲急を告げているように思えるのですが。

今回何とか緊急につなぎ法案が通ったとしても、毎回これができるか、、となると、答えは見えています。

だから何だ、、、ということですが、要するに、今年は何が起きてもおかしくない、、、ということは、肝に銘じておいた方が良いと思います。


・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


>トランプはアメリカの金融ショックも辞さないと内心で思っていたのではないかという気がしましたが、今回の件ではっきりとわかると思います。

なんとく、以前文韓国大統領の発言を見て韓国の闇の歴史まで掘り起こしても日本の非道を糾弾する覚悟をみた。肉を切らせて骨を断つ覚悟を・・・


それを同じことをトランプが考えているってことか・・・

このまま「見ないふり」を続けると死ぬ・滅びる。そういう時代になりつつあるようで・・・。


見ないふりを続ける日本の権力が、死ぬ。巻き添えにならないように気を付けないと・・・やつらは原爆で心中狙う可能性から厄介・・・


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

密門会HP  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
人体は、 巨大なネットワーク 重々帝網じゅうじゅうたいもうなるを即身と名づく


明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い申し上げます。 本年も昨年に続き、 仏法興隆の為、 努めたいと思います。 時間の流れは留まることはありませんが、 平成という年号もあと一年余になりました。 凡人には一つの区切りとして、 新年を迎えるにあたり、 気持ちを新たにして弘法大師の教えと隆弘先生の教えを、 われも信じ人にも説いていくつもりです。 会の活動としては、 毎日の加持施法をはじめ、 恒例通り、 毎月の法話会、 勉強会、 講習会 (今年は六月に福岡でも開きます)、 正五九の観音会等、 毎月門戸を開いておりますので、 気軽に質問してください。

 さて昨年十月より、 NHKで 「人体」 という番組が始まり、 毎回興味深く見ております。 同じシリーズが、 二十八年前にも放映されましたが、 科学の進歩は目覚ましくこの度放映された、 小宇宙ともいわれる人体の、 ミクロの世界の画像には、 目を見張るものがあります。 少し長いが、 面白い内容なので、 私なりの要約を紹介します。

 従来は、 脳が人体の司令塔となり、 他の臓器はそれに従うものと考えられていました。 しかし最新科学はその常識を覆しました。 体内の臓器が互いに直接情報をやり取りすることで、 わたしたちの体は成り立っているという、 驚きの事実が明らかになりました。 このいわば、 臓器同士の会話を知れば、 わたしたちの若さと美しさの秘訣も見えてきます。 更に、 深刻な病気の多くは臓器同士の会話で間違った指令が送られるなどの異常によって 引き起こされることがわかりました。 その結果医療の世界に大革命が起こりつつあります。 癌や認知症、 高血圧、 メタボ、 アレルギー。 骨粗鬆症など悩ましい病気が、 臓器の会話を操ることによって、 治すという、 全く新しい治療法が成果を上げ始めました。

 今まで、 脳の一部がメッセージを出していることはわかっていましたが、 更に各々の臓器のすべての細胞が、 声をかけながら調和しながら、 わたしたちの生命が維持されているということが分かってきました。 脳が信号を送るのはもちろんであるが、 今は脳が一番偉いというよりも全身の細胞が対等だと、 今まで当然と考えられていた組織を劇的に変えました。 今の最先端科学が示すわたしたちの体の新しいイメージとは、 体=巨大ネットワークなのです。 最先端顕微鏡技術 (アメリカ ハワード・ヒューズ医学研究所のノーベル化学賞受賞者エリク・ベツィグ氏 によって体の中の驚くべき世界や、 生きた細胞が躍動する姿を、 ありのままに見ることができます。 顕微鏡内の細胞をそのままスキャンし、 コンピューター上に立体的に再現すると、 100分の1ミリ以下から、 10万分の1の世界が見えてきます。 たとえば免疫細胞が癌細胞を飲み込む動画が、 いろんな角度から見られます。 免疫細胞のドラマチックな世界が世界で初めて捉えられた。 日本でも8Kカメラを使い、 十六倍の広範囲を一度に見渡すことができます。 例えば、 血栓の動きの一部始終が写し出され、 また、 血管の中を流れる血流免疫細胞が敵を探しパトロールする様が明らかに映し出されます。

 臓器同士の会話。 ある臓器 (腸) が別の臓器にメッセージを送る。 腸の絨毛細胞からミクロの物質を放出。 これが血液の流れに乗って全身に運ばれます。 脳や胃や膵臓など他の臓器に、 腸からメッセージを伝える特別な働きをしますが、 メッセージを発する時、 物質を放つ瞬間をとらえた画像を見ることができます。

 かって、 医学界では、 メッセージ物質を出すのは脳などごく限られた臓器だけが常識でした。 脳が出すメッセージ物質はホルモンと呼ばれています。 脳細胞の内にまるいカプセルにホルモンが入っている。 ところが寒川賢治氏 (国立循環器病研究センター所長) は、 思いもよらぬことに脳以外の臓器にも同じようなカプセルがあることを発見しました。 その臓器とは血液ポンプ心臓でした。 心臓のカプセルを調べると脳が出すホルモンと同様、 他の物質に伝達するホルモンが入っていて、 この心臓の出す物質をANPと名付けられました。 心臓が一体どういうメッセージを出しているのでしょうか。 何らかの原因で血圧が昇り心臓に大きな負担がかかると、 心臓の細胞はメッセージ物質ANPを大量に放出します。 これは、 いわば疲れたしんどいという、 心臓のつぶやきです。 ANPが血管を通じて全身に運ばれます。 それを受け取るのは腎臓です。 腎臓の細胞にはANPをキャッチする装置があります。 心臓のメッセージを受け取った腎臓は、 尿の量を増やします。 体内の水分を外に出し血液の量を減らし、 ポンプである心臓の負担を軽くするためです。 こうして速やかに血圧を下げることで心臓を楽にします。 脳とは一切関係なく心臓と腎臓が直接会話しながら助け合っていたのです。

 その後、 ANP (メッセージ物質) の更なる働きが解明されました。 それは癌治療に革命をもたらしつつあります。 心臓が出すメッセージ物質が新しい薬になったのです。 癌手術の際、 患者にANPを投与すると、 その後の、 再発、 転移を大幅に抑えられることが明らかになってきました。 ANPが腎臓以外にも作用した結果、 心臓から出て全身の血管に作用し全身の血管を守ってくれる。 血管の細胞にもANPを受取る装置がある。 受け取ると思わぬ変化が起きる。 傷んだ血管があり、 そこに血液が滞ると心臓に負担をかける原因になります。 ところがANPを受け取ると血管がささくれを速やかに修復し、 心臓を楽にします。 心臓と血管でひそかにかわされている会話、 それをうまく利用することで癌の転移を防ぐことができるのです。

 癌を手術した直後はわずかな癌細胞が血液中に流れだし、 全身を巡っている。 これらは数日で死ぬために問題にならない。 ところが、 血管に傷んだ場所があると、 そこから癌細胞が入り込みやすくなる。 そこでANPを血液に投与すると、 心臓からのメッセージが来たと感じた血管は傷んだ壁を修復し、 癌細胞が付け入るスキをなくし転移を防ぐことができる。 心臓が体内にメッセージを送っているという寒川さんの発見が、 画期的な癌治療を生み出しつつあるのです。

 今や心臓だけでなく様々な臓器や細胞からメッセージが発信され、 われらの体に大きな影響を与えていることが明らかになってきています。

 例えば腎臓が、 酸素が足りない時に出すメッセージ物質EPOは、 運動選手の持久力をアップすることが明らかになっています。 だだの脂あぶらだと思っていた脂肪が、 メッセージ物質レプチンを放出し、 なんと脳に働きかけ食欲や性欲までコントロールしていることがわかってきました。 人体は様々なメッセージ物質による臓器同士による会話によって成り立っているのです。

 ANPは心臓が出しているメッセージ物質の一つですが、 何百種類のメッセージがわかっています。 それぞれの細胞が意思を持っている。 人体の中ではあらゆる細胞同士がメッセージ物質のやり取りをしている。 血管という情報回線の中を臓器や細胞からのメッセージが飛び交っている。 人体は巨大なネットワークだったのです。

 以上が、 「人体」 の要約です。 毎日、 加持で難病患者を祈っている私には大変参考になりました。 まさに六大無碍の世界です。 意識とか心といえば今までの科学では脳の働きだと断定してきましたが、 脳と直接会話しなくとも、 なんと細胞の段階で臓器同士で意思を伝達している事実の発見です。 この伝達物質を作り出させる働きはどこから発しているのでしょうか。 まだ科学の世界では、 識の働きというより、 ホルモンとか伝達物質という物としてとらえていますが、 一方臓器や細胞同士が会話しているという表現を取っていることから見ると、 紙一重で、 臓器や細胞にも心があると言っているような気がします。 科学者は目に見える証明がないと識・心の働きとは言えないのでしょう。 しかし、 伝達物質ということになると、 同じ個体間での形あるものを通した伝達で、 せいぜい一人の人体の中だけでの 「会話」 で、 別の人格には及びません。 しかし、 加持という祈りの心は、 一切衆生に通じる心の働きです。 密教では、 マクロの世界では、 心は宇宙に遍満しているし、 ミクロの世界では、 一細胞にも心があると見ます。 心は時間や空間に左右されません。

 加持を受けに来る病人や代理人にも加持感応があります。 遠隔加持の場合は、 本人は祈りの場にはいませんが、 祈りは通じる。 祈りという心の働きが、 遠くはなれた人の肉体にも働きかけるのです。

 空海は 『即身成仏義』 に、 「六大無碍にして、 常に瑜伽なり」 と述べておられる。 この世に存在する森羅万象は、 六大によって成り立っていると見ます。 地大、 水大、 火大、 風大、 空大、 識大です。 前五大はどちらかといえば形あるもので、 識大は無形です。 無形ですが五大と融合しているし、 五大を動かしています。 識大のない五大はあり得ない。 われらの身体でいうと、 地大は骨格・筋肉といった体の基礎となるものです。 水大は、 血液やリンパ液のような水分です。 火大は、 体温やエネルギーである。 風大は、 内臓や筋肉などの動きを表し、 空大は空間、 鼻腔、 耳穴、 口腔、 消化器、 皮膚呼吸、 肺呼吸、 また細胞内の空間等を表します。 そして、 識大は、 形も色もない目に見えない心の働きです。 前述の顕微鏡で見た体内のミクロの様子は、 六大の道理で人体の内部を見ると、 われわれの身体と心の関係は、 成程無駄が一つもない完璧な満ち足りた 「輪円具足りんねんぐそく」 (曼荼羅) の世界であると違和感なく感じられます。

 腎臓は何も尿を生成するだけの臓器ではなく、 血液を微妙にコントロールする極めて複雑微妙な臓器で、 血液がまた情報回線にもなっているという。 自然法爾の生み出した不可思議なる世界です。 脳は確かにわれらの行動の指令を発するところであることはわかります。 脳も細胞の一つであれば、 細胞が話す、 考える、 意思を伝達するといっても過言ではないでしょう。

 どんな生物でも初めは一個の細胞から始まると言われている。 この 「人体」 の映像を見ると、 体は迷っていない、 生れてから死ぬまで、 一時も休まず身体を健康な状態に維持しようという心が働いている。 病やけがをすれば、 各臓器や細胞がお互いに助け合って命を正常な状態に戻そうとします。 ただ身体と心との関係が今一つ明瞭ではありませんが、 この度の 「人体は巨大なネットワークなり」 と、 「重々帝網なるを即身と名づく」 という見方には相通ずるものがあるからです。 最後に、 もう一度空海の 『即身成仏偈』 を引用します。

六大無碍にして常に瑜伽なり、
四種曼荼各々離れず、
三密加持すれば速疾に顕る、
重々帝網なるを即身と名づく、
法然に薩般若を具足して、
心数心王刹塵に過ぎたり、
各々五智無際智を具す、
円鏡力の故に、 実覚智なり

 心と体、 識と物質は、 共に密接な関係にあり、 心だけでも身だけでも成立たない。 仏教の根幹は色心不二を悟ることにあります。 身体と心は、 もともと一つものです。 色心不二がわかれば、 心も軽やかになり体も喜ぶ (開神悦体かいじんえったい)。 この度の人体の映像を見て、 思わず合掌しました。 例えば、 腎臓の糸球体の動画などみると、 何と自分は不思議な宝を頂いているのだろうと自分の身体に感謝するばかりです。 病気になる前でも、 なってからでも、 われらに与えられた体の不思議を知るなら、 病の半分は治るかもしれない。


・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


臓器同士のネットワーク。

漢方やインド医学は、似たようなことを言っている。

今更西洋医学が、鬼の首を取ったようにいうのは、バカバカしい。けど、まあこれも一神教の弊害・というよりはキリスト教の弊害ってことだろう・・。


>例えば、 腎臓の糸球体の動画などみると、 何と自分は不思議な宝を頂いているのだろうと自分の身体に感謝するばかりです。 病気になる前でも、 なってからでも、 われらに与えられた体の不思議を知るなら、 病の半分は治るかもしれない。

然り・・・


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

ポスト米英時代 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
東京・オウム結審。第七サティアンの隣が笹川財団でその隣が富士演習場、宗教詐欺はサックスである
http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/735.html


湘南似非右翼の息子が幹部だの、創価や統一の改宗草組がいるの、ベクテルある所地震ありだの、湘南似非右翼が不自然に議員辞職だの、ロシア進出だのと色々あったが、ネット以前だったからダマスゴミサックスが出鱈目を報道できたが、トランプのロシアゲート詐欺を考えれば、偽ユダヤがオウム詐欺をロシアの仕業にしようとしたのは明白で、オウムのロシア進出も嘘ではなかろうが、それはプーチンが精力的に追い出したオルガルヒサックスの手引きによるものである。
湘南似非右翼が日本人右翼を騙れていたのも、当時はキムチについては在日と通名しか知られていなかったが、自公が長く続き、小泉サックスが政権を取り、安倍サックスに禅譲した辺りから、ネットが光の定額制になり、明治背乗り、大正背乗り、昭和背乗りの存在がクローズアップされ、極めつけはお笑い番組が創価キムチだらけになり、当時の若者がフジデモを起こして、岡村芸人が嫌なら見るなとほざき、ご存知のように最下位に転落というかテレビ全般が信用を失った事で、ダマスゴミが電通マンサックスの統制下にあり、背乗り社員や通名社員だらけである事がバレて、今やNHKが当時のフジ状態である。
世界に目を向ければ、キムチの背乗りどころの話ではなく、キムチの飼い主の偽ユダヤがユダヤどころか欧州王族も背乗りしてきたことがバレて、サイモンセンターも火消しができない状態で、飼い主の背乗りや通名の火消しどころではなく、日々、安倍サックスが長州背乗りの子孫である事が常識化している所である。
そんな中で、宗教は怖いねーなどと寝ぼけた受け止め方をしてくれる馬鹿がいる筈もなく、大作サックスもGHQサックスに選ばれた大森の朝鮮部落出身のサラ金営業部長だったという事で、戸田が後継者に考えていたのは石田幸四郎公明党委員長の兄だったという、当時の週刊誌報道はガセではなかった訳で、幸福の科学サックスもオウムサックスもからくりは同じである。
大体、オウムサックスが問題を起こした場所の殆どが横田空域で、三権分立も尊重しない米軍が植民地の信教の自由など尊重する筈がなく、日本の政官財も宗教もサックスのキムチによるサックスの為の運営が今日までされてきたという訳で、下山三鷹も三億円もサックスによるミステリー詐欺だったというオチである。

・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


その通り。

ていうか、有史以来。いくら緩く見積もっても、明治以降、日本は「天皇サックス」のペテン師詐欺師に騙し取られ続けている。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して)))  より

上記文抜粋
・・・・・・・
西欧文明の本質はディスインフォメーション  

そのうちわかります

パウロ教の前のユダヤ教からそうです

論理の組み立てが強奪用に特化している

吉本隆明たち左翼はは見事騙されて骨抜き

そのフォラーわーも皆

明治維新から根こそぎですわ


・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり



ですは・・・


京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
海外の報道機関は、「福島の危機」を訴え続けているが国内の報道機関は沈黙している!!
高山氏が、村田光平先生の危機意識を海外が取り上げていることを、紹介しています。

http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666


http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/fdf7c300c5da69f92853271229a949c8

今の日本列島にある統治体の、今の政権の存在・権力行使のやり方を、

天意は、世界は、良心は、このまま、続けさせるのでしょうか?

そこに、「希望」は、あるのでしょうか? 

30年先を見据えながら、徹底的に現実(政治経済の実態に加え、生活環境と自分の身体)を知って、

「新しい関係性」を、自分から、真っ正直になって、小さくても創り出すしかない。

 自分の抱える真実を語り合える仲間を見つけ、繋がるしかない。 

イノチのある食品・岩清水・ミネラル・共振・ 生命律動と微生物

 ・・・ 国境や目先の損得(既得権)にこだわっていたら、ますます歪んでしまう。
    民間に眠っている宝(技術・人材・チエ)は、国家を当てにしていたら、出てこない。


・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

みずがめ座時代 より

上記文抜粋
・・・・・・・
歴史詐欺から目覚める時

歴史は人類が歩んだ記録のことですが、どうしても今を生きる権力者によって、ゆがんだものになりがちです。

私たちも学校で習った歴史が本当に正しい情報であったかどうか、疑ってかかった方が良いかもしれません。

歴史とマスメディアはとても似ています。事実を伝えるよりも、時代運営に都合の良い情報に置き換えられるためです。

歴史の嘘は詐欺と呼べるほど高度で、ほとんどが嘘と言っても良いかもしれません。

ユングは時代の根底にある潜在意識を調査した際に、この世はあきらかに悪魔によって運営されている、というような内容を語ったことがありました。

悪魔的なものが地球を運営してきたのですから、一般市民にはどうしても嘘を伝える以外にないはずです。

マスメディアは今起きている出来事を伝えるのが使命であり、歴史は人類が歩んできた内容を伝えるのが使命です。

そして事実を伝えてしまったら、人々は憤り、反対を表明し、場合によっては戦うでしょうから、どちらも嘘を突き通す以外にないということになります。

何せ、悪魔的なものが支配しているのですから、マスコミが語る最大の嘘は、この世が善意で動き、この世がいかに素晴らしいかという嘘に行き着く構造を持っています。

なんで、戦争がなくならないのか、、、とマスコミは困った顔で、よく特番など組んで言い続けていますが、なんてことはない、原因を知っていてそれを隠す仕事だからでしょう。

皆さん、戦争は人を支配し、物をぶっ壊し、人類に恐怖を植え付けるために必要なんです。物を壊せば再生で儲かるし、戦争やむなしと思わせられれば、何回でも起こせますし、戦争で人を減らせるし、戦争で物を壊せば壊すほどまた作ることになりますので、とんでもなく儲かるんです。

などとは、口が裂けてもマスコミは言うわけがありません。なぜ、戦争がなくならないのか、、、と、まるで、人間存在の中にそうした遺伝子が入っているから仕方ないという印象に導こうとしているかのようです。

嘘には必ず目的がありますから、嘘にもいくつかのパターンが出てきますので、よく見ていれば、あああのパターンか、、次はこのパターンでそろそろ来るぞ、、、というように、競馬検討よりも簡単にできる面があると思います。

日曜日になんで火事が多かったり交通事故が多いのか、、、ニュースを見れば必ずそうなっています。あらかじめ、取り上げるニュースを決めているからでしょう。

確かにその日起きた事件なのでその日のニュースであることは間違いないのですが、他の曜日にだってそれ以上の交通事故は起きています。

日曜のお茶の間に届けるニュースは、はい、火事、交通事故、、、などを取り上げようと、長い間決まっていたとしか思えません。

理由は簡単取材で対応できるから、、、そしてさらに深い理由は、教育にあると思います。みなさん、また火事ですね、、、また交通事故ですね、、、生きることは大変なんですよ、、、怖いんですよ、、、と、毎日曜のたびに国民教育をしているわけで、その心は国がなくちゃみなさん、生きていけないんですよ、、、だから素直になるんですよ、、、とういうことにあるわけです。

まあ、バカにした話しなのですが、何せ、歴史の大ウソを続けなくてはなりませんので、日ごろから国民を教育しておかなくてはダメ、、、マスコミが果たす役割は非常に大きいわけです。

世の中の嘘はでは何か、、、というと、もうすべてと言っていいくらいだと思います。体に良い食べ物幻想をつくれば、それが売れます。体に良い薬と言えば、それが売れます。

30代になったら家を作らなくては、、、そう仕向けます。そうなれば、仕事に縛り付けることができます、一生。

病院にいかなければ健康になれないと思わせます。破綻した北海道の町では、破綻した以降の方がグンと傷病率が下がりました。イスラエルでも病院が長期ストライキになった時の方が傷病率が下がりました。それも劇的に。

すべて嘘というよりも、必ず、嘘が混じっています。嘘が90で本当が10程度ですと、本当の10を見せておいて嘘の90で人を支配するわけですね。

現在の嘘も重要ですが、その嘘を決定づけるのに絶対に必要なことが、歴史なんです。本当の歴史を知ってしまったら、現在を維持できない構造があります。

911がマスコミが言わないことの方に真実があると、多くの人が今ではわかっています。でも当時は嘘などと言ったら、愛国者じゃないと言われて仕事もできなかったことでしょう。

魔女の時代とまったく同じなんです。なんで飛行機がビルに突っ込むとビルが粉々になって崩壊するのか、、、あり得ません。嘘をついて、それでイラクまで押し込んだのですから、凄い話しです。嘘で動かされていたわけですね。

そういうと、決まって陰謀論と言って、事実を語る人を煙たがるように仕向けるのですが、陰謀論という言葉を作ったのも、UFO事実を隠す勢力であったとは、よくできた話し。

真実を隠すために、本当のことを言い出した人たちを、陰謀論者と言って遠ざけようとしたわけです。

陰謀論も何も、最初から今まで、すべてが陰謀なんですから。

しかし、では真実は何だったのか、、、ということになりますが、実はそれが難しいのです。人はわかる範囲のことしかわかりません。自分よりも下の意識は理解できても、上の考えはわからないので、歴史の真実をつかむことも、また難しくなるわけです。

例えば、先の大戦においても、いくつかの考えがあります。そのどれが正しいのかは、どのレベルで考えとらえるかで違ってくるのです。

ただ、今、言われていることが嘘がほとんどであるというのは事実でしょう。

パールハーバーが突然の奇襲だと言われますが、アメリカもチャーチルもそうなることを知っていたと言います。いくつかの状況証拠がそろっていますので、気になったら調べてみてください。

山本五十六が戦後も生きていた、、、という人もいます。ヒトラーも生きていたという人もいて、私は実際に逢ったという人の話しまで聞いたことがあります。

そうなると、あの戦争の意味は何だったのか、、なんで戦争をしたのか、、、誰が、、なぜ、、、となるわけで、少なくとも国民が犠牲になったことだけは確かなわけです。

そして、二度と戦争は起こしません、、、とまるで国民が起こしたかのうような印象付けになっています。

私の息子たちが戦争を起こそうとしない限り、戦争は起きません、、、とのたまわった財閥の女性もいましたし、誰かが、何かが先導していることは間違いないのです。

戦争は必然ではなく目的のために起こされる、、、それを隠す理由が必要なだけです。

病気、戦争ひとつとってもこの通り。お金もまさにインチキ、陰謀の代名詞です。説明されている方が多く今ではいますので、気になったらこれもぜひ調べてみてください。

すべて、知ってしまったら、続けられないことばかり。嘘のオンパレード。

それを可能にするのが、歴史の嘘となるわけで、歴史で嘘を塗り固めなくては、今やっていることの正当性を保つことはできなくなります。

なので、歴史にどうしても嘘が多いわけです。嘘で保つ部分が多ければ多いほど、そこに至る歴史の嘘も多くなります。

これから始まるみずがめ座の時代は、アイノウの時代。すなわち本当のことがすべてのベースに来る時代ということです。

嘘を突き詰めれば、いくつかの大ウソに突き当たります。

人は死んだらおしまい、、、
物がすべて、、、、

死後も意識の世界は続くのに、人は死んだらおしまいとすることで、この世で得した方が良いとの目先価値観を植え付けることができます。これによって、幾多の先住民族の人々が殺されていったことでしょう。

物がすべて、、、と思わせることで、魂が大事という意識よりも物優先の時代観を作れます。

しかし、それが嘘だとしたら、すべては立脚点のないジエンドの構造を持っていることになります。

嘘をいつまで突き通せるか、、、嘘がばれて、真実の歴史を始めることができるか、、、大きな瀬戸際に来ているのが現在ではないでしょうか。

ちょっとしたほころびから、大きな嘘がばれていく出来事がこれから多くなってくるでしょう。

嘘がばれると空間支配していた構造に弱点が出てきて、これまで蓄積してきた嘘の反作用が始まります。

なので、支配者は何をしても空間支配を続けなくてはならないのです。しかし、タイムリミットがあります。宇宙の唯一の原理である反作用がこれから起こります。

やったことは必ず戻ってくるのです。私たちは今の時代からやがて投げ出されますが、それを投げ出されたと思うか、自由になったと思うかで、未来も違ったものになっていくと思います。

もう歴史が元に戻ることはありません。無理に無理して築いた嘘は、崩壊の過程に入っています。すべてご和算にして出直すことで、大きな厄災をむしろ避けることができるようになると思います。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


西欧文明は、「うそつき」が得意。

天皇制は「政治面は、嘘ばかり」


なので、明治維新は「天皇真理教国家」になった。




もう、嘘はつかれた・・・放射能まで浴び続けさせられるのだから、阿呆かお人よしの日本人も耐え切れない・・・

死ぬか革命しかないようで・・・


泳無くださりありがとうございます。

拍手[3回]

前のページ 次のページ

12 2018/01 02
S M T W T F S
24 25 26 27
28 29 30 31
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
P R

忍者ブログ [PR]
template by repe