忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

DQN力っていうか日本会議カルトパワーに唖然とする。

http://seinenunion.blogspot.jp/2015/03/black_24.html 

上記文抜粋
・・・・・・・・
研修というより洗脳!?「ブラック研修」が国会で取り上げられた

会社全体として技能向上を果たすためには、労働者個々の技術向上が欠かせません。
そのために実施される研修のはずなのに、なぜか「お百度参り」や「川行」-。

こんな「ブラック研修」の実態が23日の参院予算委員会で取り上げられました。


ネット上でも大きな反響を呼んでいます。



取り上げたのは共産党の吉良議員。
それによれば、医療関連企業が宗教法人に依頼して実施した2泊3日の「研修」において、お経の練習、光明真言を1000回唱える、三礼100セット合計300回連続で行う、御宝号を1000回唱える、般若心境の写経、十三仏真言、お百度参り、川行、滝行を行うこととされています。

光明真言(こうみょうしんごん)は、正式名称は不空大灌頂光真言(ふくうだいかんぢょうこうしんごん)という密教の真言である。密教経典である「不空羂索神変真言経(菩提流志訳)」や「不空羂索毘盧遮那仏大灌頂光真言(不空訳)」に説かれる。
Wikipediaより
南無大師遍照金剛(=なむだいし・へんじょうこんごう)は御宝号といい、真言宗で唱える一番短いお経です。
高野山東京別院ホームページより
十三仏真言とは、真言宗で勤行や法要の際に順に唱える十三の如来・菩薩・明王の真言。(一部の宗派では行われない)
みんなの知識ちょっと便利帳より
百度参り(ひゃくどまいり)は、日本の民間信仰で、神仏に祈願するために同一の社寺に百度参拝することである。お百度(おひゃくど)ともいう。百度参りの方法は、社寺の入口から拝殿・本堂まで行って参拝し、また社寺の入口まで戻るということを百度繰り返す。俗にこれを「お百度を踏む」という。
Wikipediaより
滝行(たきぎょう)とは滝に入って行う修行のことである。色々な方法があるが、大きく分けて激しく流れる水の下に行く場合と、周辺にたまっている水につかる場合がある。
Wikipediaより

これについて、上川法相は「業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与えているならば、人権擁護上の問題がある」と答弁しました。

本来、業務を遂行するために必要な研修のはずですが、このような研修のねらいは、会社にたてつかない労働者に洗脳することにあります。
人を洗脳するには、
逃げられないようにして、
日常生活から隔離し、
身体的、精神的に弱らせ、
自己否定させ、
刷り込み、それを定着させる
といった方法がとられますが、まさにそれです。
研修の時間に賃金を払っていればいいというようなものではありません。

ここまであからさまでなくても、業務の適性範囲を超えていると思われる研修の実態を告発する相談は寄せられます。
労働者をブラック企業のなすがままにするための研修は止めさせなければなりません。

・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


このブラック研修は、半分は理にかなっている。

てのは医療のては結構そういう「負の気」を大量に受ける。

のでそれを祓うか、それに堪え得る気・精神を持つのが大事になる・・・。


けど、やりすぎっていうか、洗脳でしょう・・・。


激しい修行の後に洗脳するなど、しやすいので、高野山や永平寺でなく、むしろダビストック研究所ですは。


王陽明や大塩中斎がいうに
「人を目覚めさすとか、無理にしてはいけない。堯も子供を啓発しきれず、舜でも親父や義弟を更生しきれなかった。周公でも兄弟を啓蒙しきれず処刑したもののいた。凡人がそれを望もうとなど・・」


ていうか、ならば、せいぜい「出来る人は参加してみんなでお遍路回ろう」くらいしかないのでは・・。

て私は社員研修のこの手の奴の効果ってあるとは思えませんけど?

その気があるやつはほっといても自分に合った修行してますし。

まあ、「個人の信心を、他者に押し付ける」のは、日本の東亜の思想・やり方ではありません。


それは国際秘密力・あるいは耶蘇金のやり口です。



まあ社員研修する以前に、指導者・経営者が、修行して事上磨錬することです。


て、DQNの日本会議カルトの、阿呆力には、呆れてしまいます。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR